J-WAVE GOOD MORNING TOKYO 〜STAFF blog〜
RSSで番組情報をGETしよう!
RSS
RSSで最新の情報を
GETするには…?
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE
J Sounds
CD ONLINE
EC ONLINE
CD ONLINE
Member's Card
HOME
2006年07月15日
児玉さんへ

現地在住の方ならではの視点でのレポートの数々、心より感謝しております。
対外的には「固い、保守的、融通が利かず、楽しむ術を知らないという」ドイツ人への偏見をぶち破る大会運営でした。
わたしもFanFestaなどで現地の方と交流、実に楽しかったです!
特派員へのご参加感謝です!

ジョン・カビラ

| 01:43 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年07月12日
ありがとうございました。
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです。

今週末でおしまいになるこのブログですが・・・。

このひと月余り、いつもより熱心にサッカーに燃える機会を作って頂いたと
思います。まぁW杯は観られるだけ、全部観る、とは思っていましたが・・・。

このブログがご縁で田部井さんご夫妻、球舞さん、そして球舞さんの
取材でベルリンにお見えになったスタッフの方にもお目にかかれて
うれしかったです。
でもカビラさんと水柿さんにお会いできなかったのがとっても残念!

数多くのドラマがありましたね。順不同で思いつくままに・・・。
日本初戦でガツンと喰らわせてくれたオーストラリアの強さ。
ロスタイムに入ってからのゴールの数々、とくに準決勝での
イタリアの2点。
きれいなカーブを描いてストンとゴールに収まったベッカムの
フリーキック。
オドンコアとヌーヴィルというほとんど知られていなかった
ドイツ代表の二人が活躍した対ポーランド戦。
・・・そして最も記憶に新しいところがジダンの頭突き事件・・・。

ジダンの件についてはこれから調査が行われるようですね。
W杯はまだ終わっていないのです・・・。

すでに撤収が進んでいるファンフェスト会場。宴の後はさみしいですね。
写真撮ろうと思ったけど、涙でかすんで・・・(←ウソ。カメラを忘れただけ。)

と言うわけで会期中に協賛クレジットカード会社のブースで撮ってもらった
合成写真。ドイツのスターとなったクリンズマン監督とのツーショットです。

0712k01.jpg

残念ながらジュール・リメ杯は手に出来なかった監督ですが、ドイツでの
株は上がりっぱなし。代表監督続行の願いも出ていますが結局、続けない
ようですね。

ある友達いわく、
「この大会の終わりは次の大会の始まりでもある。」

2010年、また南アフリカでお会いしましょう!

| 06:29 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年07月11日
頭突きでGOOD BYE
kodama.jpg 放心状態、ドイツ特派員、コダマです。

泣きました。あんな、あんな引退って・・・。

もちろん、ジダンのことです。

本当はクールなはずのフランス代表キャプテン。
あそこまで激昂したのにはきっとものすごく深い理由があったのではないかと
思うのです。彼自身、レッドカードで「退場」、なんていうエンディングは
絶対に望んでいなかったはずだから。

私自身はもちろんフランス人の友人たちとジダンがジュール・リメ杯を
高々と掲げるさまを夢見ていました。
そして、それはまさに夢に終わってしまったのですが・・・。

メダル授与式にもジダンの姿はありませんでした。

いくら最優秀選手に選ばれたとは言え、画竜点睛を欠く結果となって
しまったのはとても残念でなりません。
巷ではいろいろな憶測が飛び交っていますが、たぶん人種差別の
許されない罵詈雑言だったのではないかと私は予想しています。
まだ正式な発表はないものの、ジダンをあそこまで怒らせた「理由」が
知りたいところです。

ドイツ版国会議事堂、連邦議会の前にあった「チーム・スピリット」と
いう名のボール。

0710k01.jpg

実は連邦議会前の広場にホンモノの3分の2のスケールで
PV会場としてベルリン・オリンピックスタジアムがありました。
まわりにぐるりとスポンサーであるスポーツメーカーと契約している選手の
肖像も。その中には中村俊輔やジダンもいました。

とにかく終わってしまったサッカーの祭典。
熱かったです。暑かったです。
しばらくは放心状態になりそうです・・・。

| 01:10 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年07月09日
ダンケ、ドイチュランド!
kodama.jpg うるうる状態、ドイツ特派員、コダマです。

いま、ドイツが3−1でポルトガルに勝ちました・・・。

スタジアムで観たアルゼンチン戦に強く優勝への夢をかき立てられ、
その次のイタリア戦で、夢をもろくも崩され・・・ドイツの進退にはいつも
浮き沈み激しい気分を味わいました。

そして今日の3位決定戦。
ドイツ語ではDas kleine Finale、すなわち「小さい決勝」という言い方をします。
これも「決勝」なんです。

この大会でまだToooor!(ゴォォォ〜ル!)を決めていなかった「コブタちゃん」、
7番、シュヴァインシュタイガーが2得点。
2点目を入れたときにはトリコ(ジャージ)を脱いで上川主審から「ピピーッ」っと
イエローカードをもらいましたが、どこ吹く風。意気揚々と下がって交代していましたね。

ドイツのもう一点はポルトガルのオウンゴール。
そしてポルトガルもフィーゴからのキレのあるカーブをヌーノ・ゴメスが
頭でゴールに。
オリヴァー・カーン、ドイツ代表としての最後の失点になりました。

今日はパブリック・ビューイングに行くはずだったんですが、モロモロの事情により中止。
「おウチでゆっくり観戦」になっちゃいました。
でもいろいろと心揺さぶられるシーンが連続し、PVで見ていたら、たぶん
一人で泣いてるヘンな東洋人になること間違いナシだったので、かえって
よかったのかも。

このひと月、サッカー漬けの幸せをありがとう。
ドイツ、よく頑張った。君ら、やっぱりすごいよ。
Danke Deutschland!(ありがとう、ドイツ!)

・・・さて、明日はレ・ブルーアズーリ、本当の決勝、青・青対決です!

| 06:08 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年07月09日
目が♡(ハート)
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです。

ようやく・・・。

球舞の皆さんにお目にかかりました!

ベルリンをベースにあちこちの会場でパフォーマンスをしてきた彼ら。
J-Waveのスタッフの方がベルリンにおいでになって、初めてお引き合わせ頂きました。
で、一緒にお食事なんてしちゃったんですが・・・。

0708k01.jpg

皆さん、めちゃくちゃ魅力的なんです。自分、結婚しているのを忘れて(←オイオイ)、
ドキドキしちゃいました。
彼ら持参のビデオで撮影したパフォーマンスの様子も見せてもらったのですが
「すごーい、どうしてこんなことが出来るのぉ〜?」
とかマヌケな質問してしまいましたよ、だってホントにスゴイんだもん。

彼らにとっても、ものすごく新鮮な経験がいっぱいだったらしい今回のワールドカップ。
今日は以前にベルリンの新聞に載ったことでお話があったFIFA主催のイベントでの
パフォーマンスだそうです。
これからもどんどん活躍の場を広げて、日本のサッカーもすてたもんじゃない!
と世界に発信してほしいっ!

・・・と、“球舞LOVE”なランチタイムでした。

| 02:35 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年07月07日
大御所の返り咲き
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです。

しかし、ついに・・・。

日本でのW杯での活躍とその後CMなどで日本での人気を不動のものにした
オリヴァー・カーン。今回は二番手GKとして躍進するドイツ代表をじっとベンチから
見守り続け、アルゼンチン戦PKの前にはレーマンにアドバイスをする姿も・・・。

そのオリヴァー・カーン、明日の3位決定戦でゴールマウスに立つそうです!

バラックも故障、ポドルスキとクローゼはなんとか、でもフリードリッヒも
メァテザッカーも出られず、とドイツのメディアは
「ドイツ代表、対ポルトガル戦は『B-チーム』での戦い」
なんて言ったりもしていますが・・・。

でもファンはカーンの勇姿が再び見られればそれで満足かな?

| 21:11 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年07月06日
アレ〜レ・ブル♪
kodama.jpg フランス応援に回ったドイツ特派員、コダマです。

ベルリンのファン・マイル(球舞さんもパフォーマンスした最も大きなPV会場)を
揺るがす大合唱・・・。

Allez les Bleus! Allez les Bleus!
「アレ〜レ、ブル!アレ〜レ、ブル!(行け、レ・ブルー!)」

0706k01.jpg


・・・とは言ってもフランスは決勝トーナメントに入って以来ずっと
アウェイの白いジャージなのですが。
でもやっぱりレ・ブルー(青い人たち)と呼ばれていますね。

実はこのブランデンブルク門前のPV会場、門の反対側は「パリ広場(Pariser Pl.)」
と呼ばれ、ドイツのフランス大使館もここにあります。昨日はフランス人の友達と
一緒に見に行っていたのですが、「大使館の人とその家族で一杯だった」そうで。

でもそれ以外に「フランクラーイヒ!」(←ドイツ語では「フランス」をこう呼びます。)
と叫んでいるブルーを着たドイツ人も多数、混じっていた模様。

ついでに「ブルーならなんでもいいか」とサムライ・ブルーの人も・・・オイオイ。

それにしても、ジダン。
この大会で引退を表明しているだけに少しでも長く、あのホレボレとするような
脚さばきに酔わせてほしいと思っていましたが、昨日もやってくれましたね。
きっちりペナルティーが決まって。
フランスは結局、それで勝てたわけですから。
いや、もちろん、ディフェンスの素晴らしさもあります。
最後の方はフランスにかなり疲れが見えていたような気もします。
相手側への攻めが弱くなっていたようにも思えたので。
そんな中、きっちり守っていたディフェンス陣にも拍手。

ともあれ、決勝はイタリア対フランスに。
かっきーさんの大予想ではイタリアの勝利ですが、私はぜひぜひ、
フランスに勝ってほしい。勝ってジダンの花道を飾ってあげたいです。

フランス勝利のあと。

0706k02.jpg


キックオフの直前、夜9時にはまだ明るい緯度の高いベルリンですが、
さすがに終了の11時には暗くなります。

| 21:26 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年07月05日
シュトゥットガルトで会いましょう・・・。
kodama.jpg 泣きはらして目が真っ赤、ドイツ特派員、コダマです。

ああ・・・。

準決勝、ドイツ対イタリア。

1)会場となったドルトムンドでの試合でドイツ代表は負けたことがない。
2)イタリア代表はワールドカップでドイツ代表に負けたことがない。

・・・だったのだそうです。双方、「実力」と「運」は五分五分、と言うところ
でしょうか。直前のインタビューでイタリアは勝てない相手ではない、と
ドイツ代表クリンズマン監督は気丈な発言をしていました。
・・・そしてたしかに、ドイツ代表、よく耐えました。

しかし、なんというドラマティックな結末になってしまったことか。

90分終わって0−0のまま、延長戦に突入。
そして、ドイツ人の誰もが「こりゃまたPK戦にもつれ込むのか」と
思った瞬間、終了寸前、119分。

ズバッと決まってしまったイタリア一点目。

そしてそれに呆けているドイツ軍をあざ笑うかの如く、ロスタイムに
もう一点。

なんだよ、それ!

先週、ベルリンのオリンピア・シュターディオンで見たのがドイツの
快進撃の最後になってしまったなんて・・・。

ドイツ代表ユルゲン・クリンズマンは1990年の優勝時に選手として活躍していました。
今回、監督として優勝すれば74年の優勝時に選手として、90年の優勝時に監督
として君臨した「皇帝(カイザー)」と呼ばれるフランツ・ベッケンバウアー並みの
尊敬を集められるはずだったのですが・・・・。

残念無念。

しかし、3位決定戦の行われるシュツットガルトはクリンズマンの地元。
「ホームゲームに強い」と言うのであれば、ここでぜひ、せめて3位に
なってほしいものです。

そして今夜はフランス戦!
かっきーさん、明朝はフランスのトリコ(ジャージ)を着て応援ですね。

さて、ワタシはやけ食いです。

0705k01.jpg

ファンフェスト会場近くのソーセージ屋台。
フライドポテト添えのカレーケチャップをかけたソーセージ(カリーヴルスト)
はベルリン名物。それにビールでもあれば・・・。
カロリー計算はしないで、憂さ晴らし、憂さ晴らし!

それにしても日本は大丈夫でしょうか?
・・・そしてそんな日本の危機的状況をあまり伝えてくれず、負け戦と
なってしまったドイツ対イタリア戦のニュースばかりなドイツのTVにも
ちょっと危機的なものを感じますが・・・。

| 17:30 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年07月03日
まさか、まさか・・・。
kodama.jpg ショックで口がきけないドイツ特派員、コダマです。

快進撃を続けているドイツ代表にお祭りモードもますますヒートアップ
しているドイツなのですが・・・。

それよりも何よりも。
日本代表の中田ヒデが引退という報をいま耳にして、ボーゼン自失です。

ボルトンとの契約が切れたあと、ベルリンのクラブ、ヘルタに移籍か、という
ウワサも耳にしていただけに、まさか30歳前に現役を引退されてしまうとは・・・。

フランス代表のジダンがこのW杯を最後に引退するということで、彼の
華麗なプレイを少しでも長く見たいとフランスを一生懸命応援しているの
ですが、まさか、ニュルンベルクでみたクロアチア戦が初めてで最後に
観た「世界のナカタ」のプレイになってしまったとは・・・。

ショックです・・・。

0703k01.jpg

ワタシの晴れ晴れとしない気持ちとはうらはらに今日もピーカン、
晴天のベルリンです。
名物、自転車(ベロ)タクシーも一応、ワールドカップバージョンってことで。

ああ、それからイングランド主将のデイヴィッド・ベッカムも主将を
降りるそうです。私が本当に真剣にサッカーを見るようになったのは
2002年からなのですが、すでにあちこちで世代交代・・・。
「花の命は短くて・・・」って、こういうときにも言えるんでしょうか。

| 23:17 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年07月01日
オリンピア・シュターディオン、燃える。
kodama.jpg コーフン冷めやらぬドイツ特派員、コダマです。

ドイツ対アルゼンチン戦。
決勝の組み合わせでもおかしくない、強豪同士の対決。

それだけにやっぱりヒトスジナワではいきませんでしたね。
90分経ってみたところで1-1の同点。
15分×2の延長戦に。
それでも決着つかず、ついにPK戦に。

ドイツ中が祈る気持ちで見守っていましたが・・・。

イェンス・レーマン、止めた!!

感動的でした。

さて、ウチははやる気持ちを抑えられず(?)、キックオフの二時間も
前から入場。でもすでに多くのサポーターが。
ほとんどは白っぽいドイツ・サポーターでしたが、水色、白の
シマシマ、アルゼンチン・サポーターもかなり目立ちました。

0701k01.jpg

昨日のPKを最初につとめたオリヴァー・ヌーヴィルの現在の背番号は
10番ですが、予選までは30番だったそうで。

0701k02.jpg

キックオフまでの時間にチアリーダーのダンスなども余興もありました。

0701k03.jpg

ピッチ、陸上用のトラックに一番近い、一階の一番前。
溝があって、客席からトラックに入れないようになっています。

0701k04.jpg

キックオフ前、面白い仮装(?)のサポーターを探して、カメラマンたちが
客席を熱心に撮っていました。

0701k05.jpg

アテンダンス、72,000人。SOLD OUT.
びっしり埋まったベルリン、オリンピア・シュターディオン。
私がいたところのほぼ反対側、PKが行われたゴールの後ろあたりに
アルゼンチンの大応援団が。
(ちょっと見えにくいかもしれませんが、うっすらと水色に染まって
いるのが見えるでしょうか?)

0701k06.jpg

ハーフタイムに撮ってもらった写真。
オリンピア・シュターディオン参拝記念(?)
レアもの、30番ヌーヴィルは夫。
私は準々決勝特製Tシャツ。それにドラッグストアのオマケの
ドイツ国旗を背負ってます・・・けど、なんかスーパーマンごっこの
コドモのような・・・。

0701k07.jpg

私のすぐ脇は仕切りガラスで仕切られたブロックの境目。
ガラスのすぐ向こうは3人一組のかぶりもののドイツ応援団でした。

0701k08.jpg

ドイツ勝利の瞬間を席から観たところ。

0701k09.jpg

戦い済んで日が暮れて・・・アルゼンチン・サポーター、何となく肩が落ちてます。

0701k10.jpg

帰りがけ、72,000人が一度にスタジアム最寄駅に流れ込む混雑を
避けるために、駅への通路がときどき通行止めに。
そういうときには騎馬警官が活躍。
たしかに馬に蹴られたりしたらこわいので、みんな、そこを無理に
通ろうとしたりしませんね。

PK戦まで行ったW杯のマッチは前回2002年に韓国のスウォン(水原)で
スペイン対アイルランド戦も観ています。その時は「ど根性」プレイが売りの
アイルランドに惚れ込んでいたので、スペインのGKカジージャスに止められて
とても残念だったのです。
ああ、それを思うとアルゼンチンの悔しさがよ〜くわかります。

| 23:30 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月28日
きっちり。
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです。

決勝トーナメント、4日目。
今日で準々決勝出場チームが全部決まります。

水曜、木曜と二日間、サッカー休業日があり、
金曜日と土曜日はいよいよ準々決勝です。

今日はブラジルとフランスが「きっちり」勝ちましたねー。

実は今日のブラジル対ガーナ戦、ちゃんと観られなかったんですが、
やっぱりロナウドも「復活」でしょうか・・・。
今日も始まって5分でGOAL!って・・・。

不調と言われていたのがウソのような大活躍。
日本相手にも2点も入れてくれちゃったし。
なにもこんな時に調子上げてこなくても良さそうなものを・・・。
でもブラジルが優勝してこそW杯、と思ってる人も案外多いみたいですね。

PV会場で見かけた得意げなブラジルファン。

0628k01.jpg

パトロール中?の警察官も路上に向けて放送されている中継に釘付け。

0628k02.jpg


今週末はいよいよオリンピア・シュタディオンに乗り込みます。
ドイツ対アルゼンチン戦、熱い戦いが期待できます。

自国開催を追い風に調子を上げているドイツが勝ち抜けるか、
マラドーナがつきっきりで応援しているアルゼンチンが勝ってしまうのか。

ヨーロッパと南米のサッカーの対決。
観に行くだけなのに武者震いがします。

| 06:54 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月27日
ドイツ、勝つ気です。
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです。

最近、街中でよく聞くこのフレーズ、この歌・・・。

"Berlin, Berlin, Wir fahren nach Berlin!!"
(ベルリン、ベルリン、ヴィア・ファーレン・ナッハ・ベルリン!)
「ベルリン、ベルリン、みんなで行くぞ、ベルリン!」

決勝の地、ベルリン。みんなで行けばこわくない?
決勝までいくぞー!というドイツ人たちの熱〜い意気込みが伝わってきます。

また日本ではビールのCMソングとしておなじみだったジプシー・キングスの
Volare・ボラーレをもじったこんな歌も。

♪"Finale, oo, Finale. oooo!"♪
♪♪「フィーナーレ、オオ、フィーナーレ、オオオオ!」♪♪
「決勝〜、おお、決勝〜、おおおお!」

スタジアムやファンフェスト会場で聞くことも多いかもしれませんね。

さて、日本代表が帰国してしまい、かなり意気消沈・・・。
でもサッカーの祭典は続いています。
決勝Tまでくるチーム、さすがに気力・体力がすごい!

一昨日のベッカムのフライシュトス(フリーキック)が鮮やかに決まった
イングランド対エクアドル戦をPVのあるビアガーデンで観ました。

0627k02.jpg

ビアガーデンとは言っても午後の時間は子供連れの人も来やすい
雰囲気。
木陰で、あるいはスクリーンを設置したテント内で思い思いに
サッカー観戦する人たちが。

0627k03.jpg

私の隣のカップルはサッカーそっちのけでベタベタ・・・。
(さすがにカメラを向けるのは遠慮しました・・・。)
彼女は彼の気をひこうと必死でしたが、キスをしながら彼の目は
しっかりスクリーンに釘付けに・・・。

教訓:男子の気を惹くのに、サッカーの試合中は避けるべし・笑。

| 04:22 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月25日
ドイツ、またしてもイチ抜け。
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです。

一昨日、混迷の末に決勝トーナメントへの勝ち抜け組の最後がきまりましたが、
ドイツはさっそく、準々決勝への第一歩を踏み出しました。

対スウェーデン戦の行われたミュンヒェンは当然ながら、ベルリンでも
勝利のあとで、国旗をはためかせながら、クラクションを鳴らして
走り抜ける車が多かったです。
・・・優勝したわけじゃない、まだまだ先があるっちゅーに!
ドイツ人、かなりうかれやすい、お祭り気質の人たちです。

ドイツの次の相手は強豪アルゼンチン。
昨日のメキシコ戦、主審の審判ミスでオフサイドになってしまった
ゴールがあったのですが、そのあとで長い延長戦にもつれ込んでも
体力、気力を失うことなく、ちゃんと勝てるすごいチーム。

さ、うかれてないで気を引き締めていこーね、ドイツの皆さん!

0625k01.jpg

あらら、レッカー車にもドイツ国旗の小旗が。
やっぱり完全にウカレてます。

| 04:20 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月23日
骨なし。
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです。ぐにゃぐにゃです・・・。

もうすぐ渡独のかっきーさん、すでに南ア貯金開始!
素晴らしいです。見習わなくては・・・。

・・・しかし、今日のところはワタシはもう、ダメです。
チカラ抜けちゃって、グニャグニャです・・・。

玉田の先制ゴールは素晴らしかったし、川口のセーブも
相変わらず凄かった。
でも、でも・・・残念な結果に。
世界の壁はベルリンの壁よりも厚かった・・・。

ブラジルとオーストラリアがF組から次のステージへ。
先週末に引き分けたクロアチアも落ちちゃったんですね。
あらら・・・。

それにしてもオーストラリア。サッカー大国とはあまり聞かない国。
イングランドやドイツでプレーする選手もいるけれども、32年ぶりの
W杯出場というので決してサッカー大国とは言いがたい。
でも16強進出。
監督がいいんだろうか。
前回の大会で韓国を率いていたオランダ人、ヒディング監督です。

今日のドイツのニュースはクロアチアが落ちちゃった話と
ロナウドの復活で持ちきりです。
クロアチアのキャプテン、DFのニコ・コヴァチはヘルタ・ベルリン所属。
ベルリンでの知名度は抜群、ドイツのテレビのインタビューも器用な
ドイツ語で答えていました。

玉田の素晴らしいゴールのシーンよりもロナウドがきめた二つのゴール
ばかり何度も放送されるのは納得がいかん!とTVの前で一人憤慨
している今日のワタシです・・・。

今日のオマケ写真。
「♪♪イータリアァ、イータリアァァァ・・・♪♪」

0623k01.jpg

コンバーチブルでこんなハデハデな国旗を。
イタリアも勝ち抜けました。

さ、明日はドイツ、強豪スウェーデンと対決ですっ!

| 21:54 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月21日
ドイツ、イチ抜け。
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです!

すでに次のステージへの進出が決まっているドイツですが、首都での
初めての試合に朝からベルリンはヒートアップ・・・。

同じ日にイングランド戦もあったからでしょうか、こんなお宅もありました。

0621k03.jpg

試合終了後、ベルリンの目貫通りのクーダムはこんな状態・・・。

0621k02.jpg

みんな勝手にパレード?!

0621k01.jpg

まるですでにワールドカップを手にしたかのような大騒ぎでした。

さぁ、明日はいよいよ日本の決戦、相変わらず暑い、熱いドイツでは
最後の方はスタミナ勝負になってきそうです。
サムライ・ブルーのレプリカ・ジャージ、このあとも活躍出来ますように!!!
祈る気持ちでPVに行こうと思います。

| 23:59 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月20日
ベルリンの新聞に!
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです!

先週末、17日のベルリンの日刊紙、ターゲスシュピーゲルに・・・。

・・・こんな記事が。

0620k01.jpg

・・・おおお?

0620k02.jpg

球舞の皆さんですっ!!

「『球舞』のフットボール・アーティストたちにとってのワールドカップは
楽しい大イベントであると同時に、キャリアを重ねて、次のステージへの
ステップでもある。」

| 17:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月20日
ああっ!惜しいっ!
kodama.jpg ドイツ特派員、ニュルンベルク帰りのコダマです!

試合の結果は皆さんご存知の通りです。それより何より、
タベイさんの素晴らしいレポートのあとで私がなにを
書いたらよいのやら・・・(--;)。

うーん、ニュルンベルクでは田部井さんとも球舞の皆さんにも
お会いできず、残念!

でもこんなにたくさんの日本人が!とスタジアムを半分埋めた
サムライブルーに感動。

0619k01.jpg

これは私のいたスタジアム南西側(イエローゾーン)の端から
対角線上、北東側のグリーンゾーンあたりの様子。
ここ以外に北西側にも大応援団が入っていました。

ニュルンベルクのスタジアムはシートカラーが赤いので、ブルーは
よく目立ちます。

0619k02.jpg


試合の前、スタジアム近くのビアガーデンでクロアチアファンと交流。
ドイツに移民してきたクロアチア人というのがかなり多いそうで、
このおじさんも英語はできなくて、「ドイツ語かクロアチア語で」と
いう人でした。

0619k03.jpg


・・・さて、あとは「食い気」の話(笑)でもしましょうか。
ニュルンベルクのある南ドイツ料理は「がっつり肉!」というイメージ。
ミュンヒェンもそうでしょうが「やっぱりこれだけの肉を食べられる人たちは
スタミナが違う!」と思わざるをえません。

まずは「ショイフェレ」のクロース(ジャガイモ団子)添え。
「ショイフェレ」というのはガーデニングなどに使う「シャベル」のことです。
豚の肩肉をオーブンでローストした料理ですが、脂の部分がカリッカリになるまで
焼いてあって、脂身だけど香ばしく食べられちゃいます。

0619k04.jpg

ショイフェレ、完食。
残ったこの骨が、シャベルに似ているところから「ショイフェレ」というそうです。

0619k05.jpg

その他に有名なのは細くて短い、ニュルンベルク・ソーセージの焼いたもの。
付け合わせはタマネギとオイル、ヴィネガーで和えてあるポテトサラダ、または
ザウアークラウトが一般的なようです。

0619k06.jpg

南ドイツの名物パン、ブレッツェル。
パン生地を苛性ソーダにくぐらせてから焼く、もちもちした
食感と香ばしい味が特徴のパンです。
夫はシュトゥットガルト近郊の出身ですが、
「南ドイツ以外のブレッツェルは食べられたもんじゃない!」
と言っています。たしかにベルリンで食べるのより、香ばしくて美味しい!

0619k07.jpg

ミュンヒェン、シュトゥットガルト、ニュルンベルクにいらっしゃる方は
ぜひ、ブレッツェルの本場の味をお楽しみ下さい!!

| 00:59 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月17日
ドイツ代表、休暇中。
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです!

ほぼ毎日、たいていお昼くらいにドイツ代表の記者会見が
テレビで中継放映されます。日替わりでいろんな選手がインタビューに
出てくるのですが、今日はクリンズマン監督と開幕戦で得点した
フィリップ・ラーム選手でした。

なんと今日のお昼から明日の夕方まで、ドイツ代表は「休暇」だそうです!
家族や恋人の元にとんぼ返りで帰る人あり、家族や恋人がキャンプ地、
ベルリンに来ている人はゆっくり一緒にすごして、英気を養い、
20日(火)の対エクアドル戦に備えるのだそうです。

家族を大切にするドイツ・チームならではの采配。
でもスゴイ余裕だな、と思います。

明日から私もニュルンベルク入りします!

| 04:07 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月15日
スペイン対ウクライナ戦PV
kodama.jpg ベルリン特派員、コダマです!

日本人の大ショックをよそに、サッカーの祭典はどんどん進んでいきます・・・。

先日もご紹介したファン・マイルとも呼ばれるベルリンのファン・フェスト会場。
連日、各国のファンで賑わっています。

スペインファンの少年とそのお友達はドイツファン?開幕戦でドイツに
最初の一点をもたらしたディフェンダー、フィリップ・ラームのジャージですね。

0614k04.jpg

今日の21時からの第3試合はドイツ対ポーランド。
15時キックオフのスペイン対ウクライナ戦の時間帯から
PV会場の場所取りも兼ねて来ていると思われるドイツ人や
ポーランド人がうろうろ。

0614k06.jpg

ドイツ人として、ドイツ戦の日は「旗日」らしいです。
アパートの窓には「黒・ゴールドのドイツ国旗が。
(国旗の一番下の色は「黄色」ではなく「ゴールド」なのだそうです。
黄色というとドイツ人に怒られちゃいます〜!)

0614k01.jpg

トラックや・・・

0614k02.jpg

車にも「ミニ旗」を立てて、なびかせながら運転している人多し!

0614k03.jpg


スペイン対ウクライナは4−0、スペインの圧勝に終わりました。
落胆するウクライナファン・・・元気出してね。

0614k05.jpg

| 02:01 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月13日
あぅぅぅぅぅ・・・。
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです!今日も暑い!

田部井さんは今ごろカイザースラウテルンだなぁ、なんて思いながら
ベルリン市内のPV会場のひとつ、ポツダマープラッツのソニーセンター内に
設営されているオープンスタジオ、ZDFアリーナに行ってきました。

ZDFはドイツのNHKにあたる公共チャンネルですが、もう一つの
公共チャンネルARDと共にワールドカップのかなりの試合を中継していて、
ZDFの中継のある日はこの「ZDFアリーナ」に解説者がやってきて、ここから
コメンテーターの中継をしつつ、PV会場も兼ねています。
(4面に吊られているスクリーンの真下がコメンテーターの場所で、今日は
試合終了後にコメンテーターとしてサッカーの王様、ペレが来たんですよ。)

アリーナには試合開始2時間前から整理券が配られて無料で入場できますが、
場所は早い者勝ち、です。

0612k01.jpg

入場にあたっては一応、ボディチェックや荷物チェックもあり、ペットボトルは
持込み禁止、放送の邪魔になるからでしょう、鳴り物系の応援グッズも持込み禁止
です。

さて、試合・・・。

〜〜〜〜〜〜試合終了〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あああああぁぁぁぁぁーーーーーっっっっっっ!!!!!

今日はもう、なにも言えません・・・。

でもあんなに素晴らしいディフェンス陣はドイツにもいない!
(ドイツは開幕戦で勝ったにもかかわらず、『デフェンスが甘い』と非難ゴウゴウなのです。)
オーストラリアが思ったよりもすごく攻めてきていたので、心配になる場面が何度も
あったにもかかわらず、それをくい止め続けたディフェンスとGKの素晴らしさに
ホレボレしました。

とっても暑くなった中、みなさん、お疲れさまでした!

あ、もう一つ。うれしかったこと。
PVにブラジル人のファンが何人か来ていましたが、今日はみんな日本を
応援してくれていました!「日本は監督がブラジルの人だからね」、と。

| 02:17 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月12日
ベルリン・ファン・フェスト
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです!

田部井さんとご一緒したベルリンのファン・フェストの続き、です。

田部井さんのレポートが素晴らしいので、私が言うことはなんにもないんですが・・・。


ファンフェスト会場にはサッカー以外のお楽しみも。ビーチバレーもその一つですが、その奥に・・・

0612k03.jpg

巨大な観覧車!

0612k04.jpg


中田ヒデが?!

0612k05.jpg


あ、タベイさんでした!

0612k06.jpg

| 23:03 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月11日
フットボール・グローブ@ブランデンブルク門
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです!暑い!

「球舞」の皆さん、大丈夫ですかー?
ワールドカップが開幕した途端にこれまでの寒さとシトシト雨が
ウソのようにめちゃくちゃ天気がよくなってしまったベルリンです。

昨日は特派員仲間の田部井さんご夫妻にお目にかかりましたが
夜8時を過ぎても強い西陽に照らされて
「ジリジリ・・・焼けますねぇ、これは・・・。」
日焼け止め、それから空気が乾燥してるので水分補給用の
ペットボトル、それにサングラスは必需品かもしれません!

さて、田部井さんとご一緒したのはベルリン一の観光名所の
ブランデンブルク門周辺です。今は前に設置されたサッカーボール型の
パビリオン、「フットボール・グローブ」の方が目立っていますが。

0611k01.jpg

「フットボール・グローブ」は2003年からドイツの12の開催都市をめぐってきた
ワールドカップ宣伝用の展示館です。
インターアクティブ・マルチメディア映像でワールドカップのこれまでの歴史が
見られる他、ジダンのサイン入りシューズや・・・

0611k05.jpg

ベッカムのサイン入りシューズや・・・

0611k02.jpg

オリヴァー・カーンのサイン入りGKグローブや・・・

0611k03.jpg

ワールドカップのトロフィーのレプリカが見られます。

0611k04.jpg

このフットボール・グローブの後ろ、「ブランデンブルク門」から「戦勝記念塔」にいたる
6月17日通りがベルリンの「ファン・フェスト(ファン・マイル)」会場になっています。
パブリックビューイング用のよく見える大画面が数カ所に設置され、応援グッズや
ビール・ソーセージなどを売るストールがたくさん出ています。

チケットが手に入らなくても、ここへ来れば各国のファンとの交流が楽しめること、
間違いナシです!

(つづきはまた。)

| 23:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月11日
東ベルリンのシンボルも。
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです!こんにちは〜。

田部井さんご夫妻がすでにちょっとご紹介されていますが・・・。

1969年に建てられた旧・東ベルリンの観光名所、テレビ塔。

アレクサンダー広場駅前にあり、ベルリンのあちこちから
よく見えるランドマーク的建造物です。

0608k03.jpg

普段はこんな姿ですが・・・ワールドカップ期間限定!現在はこんな模様に。

0608k04.jpg

まだら柄がピンク色なのは目立つように、というのもあるでしょうが、
サッカーボール・ラッピングのスポンサーが、ピンクが目印の
ドイツの電信電話会社だからです。ゆえに公衆電話もいつもは
ピンク色の四角いライトが目印なんですが、今だけピンクの
サッカーボール・バージョンが!

0608k06.jpg

こんなの見たら電話かけたくなる?

| 21:20 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月10日
サムライ、ここにも。
kodama.jpg W杯開幕で大興奮、ドイツ特派員、コダマです!

ドイツがコスタリカに勝った試合に続いてのポーランド対エクアドル。

主審に日本の上川徹氏、副審に廣嶋禎数氏、韓国の金大栄氏という
組み合わせ、試合前に短いインタビュークリップが流れ、
上川氏と廣嶋氏が
「私たちは33組目のチームです。」
と日本語で挨拶していらっしゃいました!

ドイツ人解説者が「良い審判に当たってポーランドとエクアドルは
よかったですねぇ。」なんて言っていたんですよ!

| 03:58 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月10日
ドイツ、とりあえず一勝。
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです!

いやー、ドイツ、第一戦を勝利で飾りましたね〜。
ドイツ人的には「まぁ、予想通り」だったみたいですが・・・。
でもキャプテン・バラックを欠いてもあの実力。
クリンズマン監督もボロフスキの動きには満足、と試合後の
インタビューでニコニコこたえていました。

ミロスラフ・クローゼは28歳の誕生日にしっかり2得点!
オメデトー。

| 03:42 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月10日
開幕戦まで30分、切りましたっっ!
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです!ドイツ、キテますっ!

近所の家はみんなドイツ国旗掲揚(!)して盛り上がってますよ〜。
ドイツの代表キャプテン、バラックは本日、出場せず。
ヴェアダー・ブレーメン所属のボロフスキが代わりに
出場します。

ストライカー、クローゼは今日がお誕生日!
勝ってぜひお祝いにしたいところです。

開会式にはサッカー音痴と言われるアンゲラ・メルケル首相や
ホルスト・ケーラー大統領も参列。
これは日本でいえば小泉首相と天皇陛下にあたる人たちです。

コスタ・リカはこれまでに3回、ワールドカップに出場。
でもドイツでは「ホームで戦うドイツの敵ではない」という味方が
一般的な様子です。

ドイツ、いよいよ強気です。

| 00:17 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月09日
W杯便乗アイス
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです!いよいよですね!

近所で買ったそのアイス。
燦然と輝くそのパッケージには

copa mundial de la FIFA
(FIFAワールドカップ)

の文字が・・・!

0609k01.jpg

でも中身は・・・むむむ、わりとフツーじゃないですか。

0609k02.jpg

チョコがけバニラアイスにチョコチップ入り。
コーンをサッカーボール柄の紙でくるんであるのが
それっぽいっていえば、そうかも・・・。

日本の活躍を期待しつつ、サムライブルー着用の人に
試食してもらいました。

0609k03.jpg

・・・スミマセン、モデルはウチの夫なんですが、
「に、日本のジャージなんか着てるところを友達とかに見られたら、
ドイツ人としてきっと総スカンだから、顔は隠しといて・・・。」
・・・気弱なドイツ人なんで今日のところはこれでご勘弁を(笑)。

| 10:36 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月08日
トイレが足りない?
kodama.jpg ども!ドイツ特派員、コダマです!

昨日のクリック・オン・ニュースでめでたく?一位になった
ベルリン中央駅の話題です。

駅構内にこーんなかわいい、特設案内ブースまであるのはいいのですが・・・。

0608k07.jpg

オープンから10日間ですでに700万人の人が訪れたという
ベルリン中央駅。これには関係者もびっくりだそう。
普通はお店がすべて閉まってしまう日曜・祝日でも買い物が
楽しめることや、平日は22時まで営業するお店が多いことなども
人気の秘密。電車に乗らなくてもショッピングセンターとして
利用する人も多いようです。

それだけの人出があることを見越していなかったんでしょうか、
トイレ、たしかに足りていないみたいです。

ドイツの主要な駅にはどこにもWC-Centerという名前でトイレが
設けられていますが、有料で、スタジアムの入り口のような
回転バー式の入り口になっています。
開業して以来、さっそくこの回転バーの故障もあったようですし、
トイレが広〜い駅構内に一カ所しかないため、大混雑。
しばらくは仮設トイレを置いてしのぎ、早々に2カ所目のトイレの
着工にかかる予定だそうです。

それ以外に手荷物あずかり所にも長い行列が。来週以降に荷物の
中身を検査するための2台目の新しいX線装置を導入予定、また
案内表示板や案内所の不備で右往左往する人も続出、案内所も
あと2カ所、増設される予定とも。

また座れるところが少なすぎ、ということからベンチが180台、
追加発注されたほか、構内アナウンスやエスカレーターの不備も
見つかり、開業から10日ですが、
「ベルリンのど真ん中、世界一の最新鋭駅へようこそ!」
というポスター(右側)も・・・これじゃ、なんだかな。

0608k08.jpg

| 20:59 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月08日
やっぱりキャプテンでしょ。
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです!

ベルリンのスポーツ用品専門店内です。

0608k01.jpg

ドイツ代表のレプリカ・ジャージ。
やっぱり人気はキャプテン、13番、ミヒャエル・バラックのようです。

0608k02.jpg

ドイツまで来たけれど
「はっ!サムライ・ブルーのレプリカ・ジャージ、忘れてきたよ!」
なんて言う人はここでも買えるみたいです!
ただし日本人サイズが揃っていないおそれも。
やっぱり日本から持ってきた方が確実と思われます。

| 01:35 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月07日
ゴミも「GOAL!」
kodama.jpg ども!ドイツ特派員、コダマです!

こーんなゴミ箱、見つけちゃいました・・・。

0607k01.jpg

「スローインから・・・ゴォォォ〜ル!」

ゴミの入れ口をゴールマウスに見立てたセンス♪
なんだかかわいくて笑えます。

Einwurf(アインヴルフ)は「スローイン」、すなわち「投げ入れる」の意味が
あるので、「ゴミはココに『スローイン』してね。」ってことなんですね。

ゴミ箱もワールドカップ特別バージョンになってる(笑)ベルリンからでした。

| 01:13 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月06日
まぶしい!
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです!


ワールドカップ優勝回数5回を誇るブラジル。
サッカー大国のドイツやイングランドでも一目置かれる存在です。

ベルリンのとあるビルにはこんな壁画がお目見えしました。

0606k01.jpg


拡大してみましょう。

0606k02.jpg


ブラジル代表の皆さんですね。
神々しいばかりに光り輝いています!

| 03:45 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月05日
ユルネバ?
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマ(東京都出身)です!

このブログをご覧の方々の中に「ユルネバ」でピン!と来る方、いらっしゃるでしょうか?

ハイ、FC東京の応援歌"You'll never walk alone"ですね。

この歌、FC東京だけでなく、世界中のスタジアムで歌われているサッカー・
アンセムだそうで。最も有名なところではイングランド・プレミアのリヴァプール、
スコティッシュ・プレミアのセルティック、ドイツでもドルトムント、マインツ、
カイザースラウテルン、シュトゥットガルト、ハンブルクのザンクト・パウリ、
デュイスブルク、アーヘン、エッセン等々のスタジアムで歌われているようです。

さて、駅で見かけたポスターですが・・・?

0605k01.jpg

You'll never TALK alone.

「話すときは一人じゃない・・・?」

イギリス系携帯電話会社の広告でした。

| 01:30 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月04日
こんなおみやげはいかが?
kodama.jpg 毎度!ドイツ特派員、コダマです!

田部井さんの会社の先輩に怒られちゃいそうですね、私のこれまでの
投稿・・・。ドイツめー、負けてなるものか!って話が多かったんで(笑)。

いや、ドイツもせっかくの自国開催ですしね、それなりに頑張ってください、と
とりあえず言っておこう、小さい声で、そっと・・・。

さて、今度の金曜日にミュンヒェンでの開幕戦を迎えるワールドカップ、
ベルリンもいよいよ盛り上がってきてますよ〜。

今日はベルリンで見つけたワールドカップ便乗?おみやげを
ちょっぴりご紹介します。

ベルリン一の観光名所、ブランデンブルク門のポストカード(絵はがき)です。

0604k01.jpg

サッカーボールが飛び交って、ワールドカップ気分満点♪
右上の小さい容器にプラスチック製のミニミニボールが入っていて
振るとカラカラって可愛い音がします。
(ウンター・デン・リンデン通りの露店で見つけました。2.5ユーロ)


ドイツのトリコ(←サッカージャージのことをドイツ語ではTrikotって言うんですよ)
を着たチビクマくん。キーホルダーになっています。

0604k02.jpg

ドイツサッカー協会のマークの上についた3つの星は
ワールドカップの優勝回数を示すんだそうですね。
(ということはブラジルのジャージには5個も星が並んでるんですね・・・。すごっ!)
(フリードリッヒ通りで発見。4.95ユーロ)


お部屋でかるーくリフティングの練習用にこんなのはいかが?
直径10センチほどのフワフワなミニボールです。

0604k03.jpg

これは日の丸をモチーフにした日本バージョンだけど、もちろんドイツや
ブラジル、イングランド、フランスなんかのバージョンもあり。
でも日本バージョン、この赤い水玉っぽさがカワイイ!
(これもフリードリッヒ通りで3.95ユーロ)


おまけ:あちらこちらでサッカー便乗商法も横行しています(笑)。
これは最近、日本にも上陸したと聞く某スウェーデン系インテリア・家具店の
「粗品」でもらった傘。

0604k04.jpg

ここのところ、天候不順が続いていて、どうも肌寒いドイツなので折りたたみの
レインコートとか傘は今のところ必需品です。
開幕までにはもう少し、お天気が回復してくれて、暖かくなってくれるといいのですが・・・。

| 21:21 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月03日
中田ヒデ、発見?!
kodama.jpg ドイツ特派員のコダマです!

ベルリンの名物キャラと言えば「クマ」。
市の紋章にもクマがついています。
それとは別に市内のあちこちにカラフルにペイントされた
クマたちが立っていて、ベルリンを訪れるお客様を歓迎しています・・・。

このクマたち、United Buddy Bears(ユナイテッド・バディー・ベアーズ)という
名前で昨年の「日本におけるドイツ年」ではJ-Waveのある東京・六本木ヒルズでも
お披露目されたようですが、この度、ワールドカップ開催を記念して、各国の
ジャージをペイントされたクマたちが市内の大きな駅のひとつ、
フリードリッヒ・シュトラーセにお目見えしました。

0603k01.jpg

日本の7番くん。かっこいいぞ!キリッ!

となり、GKの位置にいるのはブラジルくんですね。

| 03:29 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月03日
コブタちゃんだもの。
kodama.jpg ドイツ特派員、コダマです!Guten Tag!(こんにちは!)

昨日に引き続き、ベルリンで見つけた面白広告第2弾です。

民放放送局の駅貼りポスター。

0602k01.jpg

いつも一番前・・・そこにシュヴァイニー

シュヴァイニーは先日の対日本戦で80分にドイツに2点目をもたらした
ドイツ代表ミドルフィールダー、バスティアン・シュヴァインシュタイガーの
あだ名です。「シュヴァイニー」ってブタちゃん、という意味にもとれるので、
それで写真がコレなんですね。

ドイツ代表の7番、ブンデスリーガではオリヴァー・カーンも所属する
FCバイエルン所属、今回のワールドカップでも活躍が大いに期待されて
いますが・・・。

でもサムライの敵ではありませんね、なんたって可愛い「コブタちゃん」ですもの!

| 01:24 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート
2006年06月01日
ベルリンからこんにちは。
kodama.jpg ドイツ特派員、児玉です!ベルリンからこんにちは!

対ドイツ戦、素晴らしかったですね。
結果は引き分けでしたが、敵陣での2点先制はお見事!

ドイツはワールドカップでの優勝経験が3回もあり、また開催国が強い、と
言われているだけにかなり強気です。
開幕まであと8日、決勝も含めて6試合が行われるベルリンでは
街中に「サッカー」があふれているんですよ。

これからそんな街の様子をお伝えしていきたいと思います。

まずはちょうど一週間前にオープンしたばかりの「ベルリン中央駅」にて。

0601k01.jpg

「1954年ベルン、1974年ミュンヒェン、1990年ローマ、
2006年はココで!」

1954年の「ベルンの奇跡」といわれたスイス大会、ドイツサッカー界のご意見番、
フランツ・ベッケンバウアーの活躍した1974年のドイツ大会、そして現代表監督、
ユルゲン・クリンズマンが出場した1990年、イタリア大会。
今年の決勝の地はベルリンです。開催国の意地を見せてますね。

0601k02.jpg

別バージョン。

「2002年は惜しかった。でも自国開催じゃ
なかったもんね。」

・・・開催国が勝つぞ、っていう自信のほどがうかがえますね。


0601k03.jpg

「統計的に見て、ドイツはドイツでは必ず世界の頂点に立っている!」

・・・ドイツがワールドカップを開催したのは今までのところ1974年の一度だけです。
ま、その一回で優勝しているから、今のところ、勝った確率は100パーセントっていう
ことにはなりますが・・・。

さぁ、これからドイツ人の夫にも(無理矢理?)サムライ・ブルーを着せて、
一緒に応援させますっ!(←鬼嫁?)

| 23:37 | トラックバック(0) | カテゴリー:【特派員】児玉レポート


バックナンバー
2006年07月 (31)
2006年06月 (87)
2006年05月 (2)
カテゴリー
【特派員】球舞レポート (18)
【特派員】児玉レポート (36)
【特派員】水柿レポート (29)
【特派員】田部井レポート (37)
最新記事
児玉さんへ
ありがとうございました。
頭突きでGOOD BYE
ダンケ、ドイチュランド!
目が♡(ハート)
大御所の返り咲き
アレ〜レ・ブル♪
シュトゥットガルトで会いましょう・・・。
まさか、まさか・・・。
オリンピア・シュターディオン、燃える。
・当サイトとブログにおけるコンテンツはJ-WAVEに帰属し、無断での複写、転載については一切禁止いたします。
・不適切な書き込みは、断りなく削除させていただくことがありますのでご了承下さい。
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.