TOKYO UNITED STAFF blog


  • Breakfast English ちょっと心配……(?)

    生きた英語を体験できるモニター募集、題してBreakfast English。
    モニター体験者、孝生さんですが……ちょっと心配です……

     

    さて、朝英語もどんどん佳境に入ってまいりました。しかし、ここでとあるアクシデントが……

     

    なんだか最近モチベーションがあがらなかったのです。

     

    朝英語だけはずっと続けておりましたが、なんだかいつもと違う、いつも通りにうまく聞き取れない……こんなモヤモヤが私の中でずっとありました。

     

    そんな時、テキストを読んでいると下記のようなことが書いてありました。

     

    「朝英語脳のつくり方」いつも新鮮な気持ちで学ぶには。。。

     

    本講座は短時間集中型の学習を朝にこなします。したがって、余裕のあるときに、テキストの英文のわからなかった部分や読み飛ばした箇所に立ち返ってみるのもよいでしょう。こういって理解をのばしていくと、「アハ体験」(ひらめきや気づきの瞬間、「あっそうか!」と、思わず膝を打ちたくなること)ができる。またドーパミンも味方につけるといいとのこと、普段とは違ったアプローチで朝英語に向かってみるといい……/p>

     

    こんな感じの事が書かれていました。ですので、これを機に一度朝英語の学習方法をもう一度原点に戻りつつ、「アハ体験」並びにドーパミンを味方につけれるような学習方法を探して、残り1ヶ月、できるだけ吸収していきたいと思っております。

     

     

    これに対してもうお1人の万理子さんは真逆です。やる気満々で、さらになんと……

     

    Text2 WK3/Day1-5

     

    早くも5月の三週目。最近はすでに梅雨に入ってしまったかのような雨続き。足元悪いときの通勤は本当に一苦労。

     

    でも、MP3のスイッチを入れたとたん、そこが通勤電車である事を忘れてしまいます。そんな楽しい朝英語Bizも半分以上が終わり、残すところあと一ヶ月と少し。

     

    ところで、最近英語に加えて実は中国語も勉強を始めました。

     

    前々から「中国語が出来たら絶対いずれプラスになるから」と職場のボスに言われ続けていながらも、実際は英語がわかればコミュニケーションに困る事はないので、正直「まあいつか気が向いた時にやろう…。」ぐらいに思っていたのです。ところが、朝英語Bizをやり始めて弾みがついたのか、学習意欲が急上昇。そんな時がベストチャンス、とばかりに、一念発起して同時進行で勉強を開始してしまいました。

     

    これが想像よりもずっと楽しく、おもしろいのです〜。

     

    私にとっては、英語が中級レベル(日常会話は問題なし)だとすれば、中国語は赤ちゃんレベル(全くわからない)。読むのは漢字から意味が想像出来るのでそれ程難しくないものの、読みは全く違うので、ただの音にしか聞こえません。わからないものを聞き続けているとすぐに飽きてしまうので、中国語と英語を交互で聞いています。

     

    全くわからない音を聴き続けた後は、脳が理解出来る音を聞きたくて飢えているのか、英語を聞くといつもより音がクリアに頭の中に入ってくる気がします。

     

    外国に旅に行ったときなど、日本語でない音を聴いている中に、突然日本語をしゃべる人がいたら、その声がよく耳に入ってくる体験をした事がありますが、これも同じ事なのかもしれません。

     

    中国語⇒刺激的な未知の音
    英語⇒聞きなれた心地良い音

     

    この繰り返しで、私の脳は絶え間なく刺激を受けています。そのおかげか、最近物忘れが減った気がする…。

     

    続く……


このブログについて

  • ナビゲーター写真:ジョンカビラ
  • 〜JK Radio〜 Tokyo United

    Every Friday 6:00AM to 11:30AM

  • Welcome to a weekly show which unites all corners of the world and interests!

    Join in the fun in catching the latest and earning new perspective.
    Sit back & relax, let us open your door to a brand new world.

関連リンク