ProgramInfo

EVERY SUNDAY 20:00-20:54 小暮真久/浦浜アリサ

RSSで番組情報をGETしよう

RSSで最新の番組情報をGETするには…?

2012年12月アーカイブ

12/30:『YOUR DREAM』CCS 世界の子どもと手をつなぐ学生の会とは?

SCC_400.jpg

「CCS 世界の子どもと手をつなぐ学生の会」から、
代表の慶応義塾大学法学部3年生、江森靖さんをお迎えしました。

『CCS』とは "Club of Children & Students" の略で、
外国にルーツを持つ子ども達の教育支援や
エンパワーメント活動をされています。

主に日本語を教えたり、
学校の勉強について行く事が出来るよう
勉強を教えたりされているそうです。
家族の出稼ぎによって日本に来ている子どもは
日本語学校に通えない現実があり、
そういった子ども達も含めて幅広い子ども達をサポートされています。

同じ境遇の子ども達が出会える場所にもなっていて、
CCSの輪はどんどん広がっていると言います。

【CCS 世界の子どもと手をつなぐ学生の会】

12/30:『YOUR EXPERIENCE』湯女子大学とは?

湯女子_400.jpg

湯女子大学学長の寒河江麻恵さんにお話を伺いました。

『湯女子大学』は温泉好きの女性を全国から集め、
浸かるだけではない温泉の愉しみ方を一緒に学ぶとともに
「女子のパワーで温泉地を盛り上げたい」という想いで
次の世代への日本の温泉文化の継承や
温泉地の観光振興を目的として活動されています。

寒河江さんがこの活動を立ち上げられたきっかけは東日本大震災。
自分にできることは何かと模索されていた矢先、
ふるさとである山形県の温泉地から声がかかったことをきっかけに
温泉の持つ再生の力や温泉地の魅力を発信するために
『湯女子大学』を発足されました。

『湯女子大学』では温泉好きな女子の入学を随時募集しています♪
寒河江さんはファッション誌『Figue』の「湯女子のゆ」というコーナーで
温泉連載もされています。是非そちらもチェックしてみてください。

【湯女子大学】

【湯女子大学 職員日誌】

12/30:『SHARE THE VOICE』音速ラインの藤井敬之さんが登場!

R0015303_400.JPG

音速ラインの藤井敬之さんが誰かのためを想ってしていること、
それは東日本大震災後に立ち上げた「ONandON Project」。


何か自分にも出来る事はないかと思い、
曲を配信してその収益を義援金として送ったりしていましたが
それでも何をしていいかわかりませんでした。

でも最近やっとやりたいことが決まって来て、
被災して親族を亡くしてしまった子どもたちや
居場所のなくなったペットたちを継続的に支えていきたいと思っています。

1日1日を自分らしく生きる事が大事な事だと思うので、
そんなメッセージも届けていけたらと思っています。

【音速ラインオフィシャルサイト】

【ONandON Project オフィシャルサイト】

12/30:『YOUR PASSION』世の中の体温を上げる... 株式会社スマイルズ 遠山正道さん!

IMG_2760_400.jpg

2012年最後のゲストには
「PASS THE BATON」や「Soup Stock Tokyo」「giraffe」等、
幅広く手がけられている株式会社スマイルズの代表、
遠山正道さんにお越しいただきました。

遠山さんが事業を手がける上で柱となっている理念は
「世の中の体温を上げる」ということ。
はじめからビジネスとして捉えてしまうのではなく、
感覚的に「もっとこうしたい!」と想ったことを形にして行く事から
様々な事業が生まれていったそうです。

中でも小暮さん、アリサちゃんが気になったのが
セレクトリサイクルショップの「PASS THE BATON」。
「PASS THE BATON」では個人が物を出品する事が出来、
出品者の顔写真、名前、プロファイル、出品する物のエピソードを添えて
出品する仕組みになっています。

このプロジェクトも、遠山さんの
「個人ひとり一人に、歴史も文化もセンスもあるはず。
もっとそういう物をシェアしたい」という想いから始まりました。
オシャレでスタイリッシュな新しいカルチャー。これからも楽しみです!


【世の中の体温を上げる... 株式会社スマイルズ 遠山正道のブログ】

【株式会社スマイルズ】

【PASS THE BATON】

12/23:『YOUR DREAM』理系女子開発プロジェクト「リケチェン」とは?

IMG_0578_400.jpg

東京理科大学理工学部土木工学科4年生の大林沙紀さんに
大林さんが代表を務める「リケチェン」についてお話を伺いました。

「リケチェン」では進路選択に悩む女子中高校生に
理系女子の将来像を伝える事をされています。

理系の場合、学部学科名を聞いただけでは
実際にどういった活動をしているかわかりにくく、
その先どういった職業に就くのかもわかりにくい部分があります。
そういった女子中高生の悩みを解決し、
理系に進みたい女子のために、
実際に理系に進んで働いている社会人の方を
進路に悩む女子中高生をつなげることで、
女子中高生の悩み解決のサポートをされています。

この活動で、視野の広がった理系の女子中高生も多く
数学が苦手だから理系に進む事を諦めかけていた子が、
将来像を描けた事で理系に進むことを決心してくれたなど
嬉しい声がたくさん聞かれていると言います。

【理系女子開発プロジェクト リケチェン!】

12/23:『YOUR EXPERIENCE』日本から世界へ『ハバタク』?

ハバタク_400.jpg

ハバタク株式会社の小原祥嵩さんにお話を伺いました。

ハバタクでは日本の、そして世界の全ての人が
自分自身の夢や志しを持ち、
そのために未来を切り開いていく力を身につけ
実現して行くことができるような社会をつくることをビジョンとし、
環境や仕組みづくりに取り組まれています。

例えば日本の高校生とベトナムの高校生をつないで
国境を越えた共通のプログラムに共に取り組む事や、
日本の若手のビジネスマンがベトナムに飛び込んで
ベトナムの若者と新しいビジネスにつくるなどの
機会や仕組みづくりをしています。

小原さんはこの活動を通して「華僑」ならぬ
「和橋」を育て、世界へ「ハバタク」人材育成をして行きたいと言います。

12/23:『SHARE THE VOICE』flumpoolの山村隆太さんが登場!

experienceメインアー写_400.jpg

flumpoolのボーカル山村隆太さんが描いている夢
それは、来てくれる全てのお客さんが楽しめるライブを作る事。

小さなライブハウスから大きなドームまで
いろいろな規模のライブの形がありますが、
周りにたくさんの人がいても一人一人が自分が1番楽しんでいる
と思えるようなライブを目指しています。

【flumpool(フランプール)オフィシャル ウェブサイト】

12/23:『YOUR PASSION』注目のブランド「andu amet」とは?

IMG_1351_400.jpg

エチオピアの最高級シープスキンを使った注目のレサーブランド
「andu amet」から代表の鮫島弘子さんにお越しいただきました!
東アフリカの最貧国と言われる国、エチオピアの羊の皮を使った
バッグなどを製造・販売されています。

鮫島さんは青年海外協力隊としてエチオピアを訪れた時、
それまで訪れたどの国よりも貧しく、衝撃を受けました。
元々、ファッションブランドでも働かれていた経験もあり
青年海外協力隊のデザイナーとして派遣された鮫島さんは
この国のために何かできないかと「andu amet」を立ち上げられました。

立ち上げられてからも様々な困難があったと言います。
中でも、現地の職人さんに日本の顧客向けの製品のクオリティを
理解してもらう事が大変な事だったそうです。 

しかしそうした中でエチオピアの経済は徐々に発展して来ています。
精神的にも豊かであって欲しいと、鮫島さんはエチオピアの工房の
みなさんとの交流と職場の環境を大事にしていると言います。

IMG_0707 (1)_400.jpg

2013年1月14日(月)まで
六本木ヒルズ 2階 ウェストウォークワゴンにて
期間限定で「andu amet」を手に取って購入する事が出来ます。
鮫島さんも店頭に立っている日もあるそうなので、
是非素敵な商品と鮫島さんに会いに行かれてみてください。

12/16:『YOUR DREAM』学生団体Smile Projectの活動とは?

Smilie Project_400.jpg

「世界に果てしなく続く笑顔を!」をコンセプトに活動されている
学生団体Smile Projectから早稲田大学3年生の古川奈央さんにお話を伺いました。

初代代表の方がネパールに行った際、
600人いる学校にサッカーボールがひとつしかない現状を見て、
ネパールにサッカーボールを届けることを始めました。

それからは、年に1度毎年ネパールを訪問し、
現地の子どもたちにサッカーボールを届けに行かれているそうです。
今後は、サッカーボールだけではなく、
ネパールに図書館を建てようというプロジェクトも進行していくといいます。

【SMILEPROJECT】

12/16:『YOUR EXPERIENCE』ラルフ・ローレンのピンク・ポニーキャンペーンとは?

pinkpony_400.jpg

ファッションブランド「ラルフ・ローレン」が取り組む
「ピンク・ポニーキャンペーン」とは、
癌の早期発見、診断、治療に関する知識を向上させ、
医療格差をなくすことを目的に、
「ラルフ・ローレン」が10年以上に亘り世界中で行っている活動です。

デザイナーのラルフ・ローレン氏自身がプライベートの資産から
数億円を投じ、ニューヨークに「ラルフ・ローレン・キャンサー・センター」
を創設しました。そこでは経済的に病院に行けない人にも治療を施しています。

日本では「ピンク・ポニーキャンペーン」関連商品の売り上げの10%を
公益財団法人日本対がん協会に寄付し、
がん全体の検診、早期発見、治療、研究などをサポートしています。

「ピンク・ポニーキャンペーン」関連商品は、
ラルフ・ローレン表参道店他、全国主要百貨店や下記サイトで購入する事が出来ます。

【Ralph Lauren Japan】

12/16:『SHARE THE VOICE』SHELLYさんが登場!

スターダストプロモーションSHELLY_400.jpg

SHELLYさんが描いている夢、
それは、日本中の子どもたちが安心して笑顔で笑っていられる社会。


いま東北の子どもたちは、
なかなか安心して遊べる場所がなかったり、
親御さんが遊びに連れて行ってあげられる場所がなかったりして、
ストレスが溜まってしまっている毎日を
過ごしているのではないかなと心配しています。

そんな状況を改善する為に、
私の主催するチャリティイベントで集めさせていただいたお金で
岩手県大船渡市三陸町の越喜来(おきらい)という町に
「ラフラブハウス」というものを建てる計画を立てています。

子どもたちが宿題をしたり、お絵描きをしたり、お友達と会ったりする
憩いの場を作ってあげたいなと思っています。


【東日本大震災復興支援チャリティイベント「ラフラブ〜Laugh & Love〜」】

12/16:『YOUR PASSION』西川貴教さん「STAND UP! JAPAN 中央共同募金」への想い。

IMG_4074_400.jpg

西川貴教さんが東日本大震災後に立ち上げた
「STAND UP! JAPAN 中央共同募金」について伺いました。

滋賀県出身の西川さんは阪神淡路大震災時に感じた想いを
東日本大震災後にすぐに行動に移し、
「STAND UP! JAPAN 中央共同募金」を立ち上げられました。
自分も何かしたいと思っていた人に参加して欲しいと言います。
そして西川さんは善意のすべてを届けたいと言う想いから
口座振り込みの手数料をなくすために力を尽くし
「STAND UP! JAPAN 中央共同募金」に手数料なく振込ができるようになりました。

「小さな子が100円を募金してくれるときに手数料があるなんて解せなかったんです。」

西川さんの人への思いやり、そして被災地への熱い想いが伝わってきます。
出来るだけ長くこの活動を続けていきたいと話してくださいました。

【東日本大震災チャリティプロジェクト STAND UP! JAPAN 2011 中央共同募金】


T.M.Revolutionとしてのライブも熱いです!

「T.M.R. LIVE REVOLUTION'12 -Strikes Back X-」
日時:2012/12/24(月)
会場:横浜文化体育館 
開場:16:00 
開演:17:00

「T.M.R NEW YEAR PARTY'13 LIVE REVOLUTION」
日時:2013/01/01(火)
会場:日本武道館
開場:17:00
開演:18:00

日時:2013/01/02(水)
会場:日本武道館
開場:15:00
開演:16:00

詳しくは下記公式サイトをご覧ください。

【T.M.Revolution】

12/9:『YOUR DREAM』宮城県七ヶ浜復興促進チーム「7up-reteam」!

IMG_7958_400.jpg

七ヶ浜復興促進チーム「7up-reteam」の代表、
早稲田大学法学部の大曽根悠太さんにお話を伺いました。

宮城県にある七ヶ浜町という東北最小面積の町を拠点として
復興支援活動をされています。
その活動内容は大きく分けて3つ、
・がれき撤去
・人との交流
・観光支援
を中心に活動されています。

大曽根さんの言う七ヶ浜の魅力は、
その名の通り町を囲む「七つの浜」。
大曽根さんはこの美しい町をより多くの人に知って欲しい、
そして大震災後に失われてしまったコミュニティを復活させるために
人が集まれる公共施設を作る事を目標に
これからも活動を続けていきたいと言います。

12/9:『YOUR EXPERIENCE』「ATSUSHI(Dragon Ash / POWER of LIFE) Presents POWER of LIVE in Shibuya」開催!

ATSUSHIヨリ_400.jpg

以前スタジオにも来てくださったDragon Ashのダンサー、ATSUSHIさん。
今回、ATSUSHIさんが取り組まれている「POWER of LIFE」の活動の一環として
「POWER of LIVE」が開催されます!

日時:12月18日(火)18:00開場 19:00開演
開場:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

ATSUSHIさんをはじめ、番組にも来てくださった坂本美雨さんや、
ATSUSHIさんが福島で出会ったアーティストのみなさんとのライブです。

詳しくは下記サイトをご覧ください。

【ATSUSHI(Dragon Ash/POWER of LIFE) Presents POWER of LIVE in Shibuya】

12/9:『SHARE THE VOICE』為末大さんが登場!

為末大jpg_400.jpg

為末大さんがシェアしたい、シフトしたいと思っている事は
「アスリートのセカンドキャリアの問題」です。


アスリートが長い競技人生を経た後に
引退した選手が次の人生にシフトしにくいという問題があります。
これは世界中でも同じ問題があるのですが、
日本では特に現役の間に競技に集中してしまうため
競技以外の事をやらない、またはやることを周りが良しとしない
文化があるので余計に次の人生に進めないという現状があります。

僕は、この現状を変えたいなと思っていて、
まずは現役アスリートのうちから社会と接点を増やし、
そして中高生のうちからスポーツを通して社会とつながって
いくべきだということを啓蒙していきたいです。


為末大「走りながら考える〜人生のハードルを越える69の方法〜」
(ダイヤモンド出版) 絶賛発売中!

12/9:『YOUR PASSION』GAKU-MCさんの起こすムーブメント、Rap+とは?

IMG_5838_400.jpg

日本ヒップホップ界のレジェンド、GAKU-MCさんをお招きしました!

J-POPに一大ブームを巻き起こしたGAKU-MCさん。
昨年、所属されていた事務所から独立され、
「ラップで世界をプラスの方向に」という想いを込めた
ご自身のレーベル「Rap+Entertainment」を立ち上げました。

何のために音楽をやって来たのかということに改めて立ち返り、
自分のやっている音楽にも意味をもたせたいと取り組まれています。

その一環として取り組まれたのが東日本大震災復興支援。
震災が起こってからすぐ現地にテントを張って炊き出しや泥かきなどに
従事されたり、「ACOUSTIC CANDLE LIVE TOUR 2011〜希望の灯〜」では、
キャンピングカーで日本を縦断しながらライブツアーをされました。
訪問された各
所で、
キャンドルと共にライブをしながら集めた
被災地へのメッセージを福島に届けるなど、パワフルに活動されています。

【Rap+Entertainment】

そんなGAKU-MCさんのワンマンライブ「マイクチェックワンツーワンツーワンツー」が12月12日(水)に渋谷 duo MUSIC EXCHANGEで開催されます!詳しくは下記サイトをご覧ください!
【GAKU-MC OFFICIAL SITE】

12/2:『YOUR DREAM』津田塾大学のフェアトレード推進団体とは!?

IMG_2445_400.jpg

フェアトレード推進団体「チカス・ウニダス」代表の
津田塾大学3年生、櫻井秋那さんにお話を伺いました。

「チカス・ウニダス」はスペイン語で「子どもたち」と言う意味。
ムヘレス・ウニダスというペルーの女性手芸グループが作った商品を
日本で販売し、その売り上げを彼女たちに送る支援をされています。

55%が女性たちの賃金、10%が輸送費、5%が作業所などのコミュニティ費、
残りの30%が材料費として、学生のみなさんが価格を設定されています。

アリサちゃんが被っている赤いニットの帽子はアルパカ100%で3000円!
かわいくて、温かくて、お手頃!さらに離れた国で頑張っている女性の
支援をできるなんて素敵なお買い物ですよね!

【フェアトレード推進団体 チカス・ウニダス】

12/2:『YOUR EXPERIENCE』日本の技術を途上国で活かす仕組みとは?

コペルニク_400.jpg

コペルニク代表の中村俊裕さんにお話を伺いました!

コペルニクでは途上国向けのテクノロジーをカタログ化し
Webサイトに掲載しています。
それを見た発展途上国の団体がニーズに合ったテクノロジーを
活用できるようにし、これまで11カ国に日本のテクノロジーを届けられました。
特に人気があるのは太陽光発電や浄水器の仕組みだそうです。

コペルニクのこの仕組みを通じてテクノロジーを得た人々の生活は
目に見えて変わって来ていると言います。
これからもさらに多くの国の多くの人々の暮らしを豊かにするために
プロジェクトの数を増やしていきたいとお話しくださいました。

12/2:『SHARE THE VOICE』LOVE PSYCHEDELICOが登場!

201207_LOVEPSYCHEDELICO_400.jpg

LOVE PSYCHEDELICOのKUMIさんとNAOKIさんが
誰かの為を想ってしていること、
それは「音楽をやっているときは真心で」。


例えばラジオからふとジョン・レノンの曲が流れて来た時に
優しい気持ちになれるように、
音楽は日常の中で心のギアチェンジをしてくれます。
自分たちが音楽に助けられてきたように
これからも良い音楽をたくさん作って、
その音楽が流れている間だけでも温かい気持ちになってほしいです。

12/2:『YOUR PASSION』「ハサミノチカラ」とは?

ハサミノチカラ_400.jpg

美容室「SORA」代表の北原義紀さんをお迎えして、
「ハサミノチカラ」という活動についてお話を伺いました。

フィリピンの貧困地域の支援をしている方との出会いをきっかけに
自分も何か役に立ちたいと立ち上がった北原さん。
フィリピンを訪問し、美容室に行けない貧困地域の人々に
ボランティアで髪を切る活動を続けられています。

現地では孤児院や小学校などを周り、
日が落ちるまで一人でも多くの子どもの髪を
切ってあげると言います。

それだけではなく、
現地の子どもたちが大きくなった時に自分たちで髪の毛が切れるように
来年にはカットの仕方を指導するアカデミーを開催される予定です。