ProgramInfo

EVERY SUNDAY 20:00-20:54 小暮真久/浦浜アリサ

RSSで番組情報をGETしよう

RSSで最新の番組情報をGETするには…?

2012年10月アーカイブ

10/28:『YOUR DREAM』「全国学生環境ビジネスコンテスト」とは?

IMG_3166_400.jpg

「全国学生環境ビジネスコンテスト」を主催されている
em factoryの早稲田大学創造理工学部3年の
中田勝晴さんにお話を伺いました!

「全国学生環境ビジネスコンテスト」とは
課題提供企業やコンサルタントからのアドバイスを受け
環境改善が可能で、且つ実現可能なビジネスプランを策定する
学生主体のビジネスコンテストです。

毎年9月の開催に向けて全国から学生を募集し、
参加者の中でグループを作り、そのグループごとに課題に取り組みます。

毎年、学生ならではの様々なアイデアが生まれています!
興味のある学生の方は是非下記公式サイトをご覧ください!

10/28:『YOUR EXPERIENCE』ブラインドサッカー、11/4(日)新宿で開催!

ブラインドサッカー_400.jpg

以前番組でもご紹介し、アリサちゃんも参加した
「ブラインドサッカー」のイベントが新宿で開催されます。

ブラインドサッカーとは視覚障害者と健常者が
同じフィールドでプレイする事の出来るユニバーサルスポーツです。

日本ブラインドサッカー協会では、
8月から12月にかけて関東リーグを行っており、そのひとつ
【関東リーグ2012】第8節(東京・新宿区立大久保公園)-ダイバーシティDay-が
来る11月4日(日)に新宿区立大久保公園で開催されます。

目指すのは「混ざり合う社会」。
今回はブラインドサッカーの関東リーグ戦だけでなく、
精神障害の方、ホームレスの方、そして外国人の方を招いて
チームを組んで行うサッカーも予定されています。

10/28:『SHARE THE VOICE』柴咲コウさんが登場!

My Perfect Blue_main A写_S_400.jpg

柴咲コウさんがSHAREしたいと思っている事、
それは「心の豊かさ」。


自分の心を豊かにしてくれるものはいろいろあるけれど、
その一つは日本の農家さんが作ってくれる無農薬の農作物。
それを頂く事のありがたさがあります。
消費者として購入する事で少しずつでも応援したい。
贅沢なもの=美味しいものでは決してないと思います。
シンプルでも味わい深く、作り手の努力の結晶が表れているものが
美味しいものだなって思いますし、
そういう美味しいものをいただいた自分が輝かない訳がないと思います。

自分が安らぐものや空間をこれからも大切にしていきたいです。

10/28:『YOUR PASSION』「En女医会」の社会貢献活動とは?

IMG_7232_400.jpg

現役女性医師で結成された社会貢献団体「En女医会」から
会長の疋田裕美さんにお越しいただきました!

疋田さんは都内の産婦人科で産婦人科医としてご活躍されています。
お仕事もお忙しい中、疋田さんが会長を務めていらっしゃる
「En女医会」は、仕事もプライベートも社会貢献も楽しもうと
全国の女医さん約150名が集まって結成されています。

東日本大震災後も東京に避難されてきた被災地の方々の健康相談会をされたり、
女医さんならではの支援をされてきました。
現在も被災地に継続的な援助をするために「En女医会」は
チャリティーグッズの製作にも力を入れています。
そのチャリティーグッズのひとつは「デコ歯ブラシ」。
被災地で生活再建プロジェクトの一環としてネイリストの養成をされている
NPO団体の支援として、被災地でネイリストを目指す方の作った
「デコ歯ブラシ」をEn女医会の会員さんのクリニックで販売する予定です。
女医さんならではのアイデアとネットワークを活かした社会貢献、素敵です!

10/21:『YOUR DREAM』日本ソマリア青年機構とは?

IMG_9704_400.jpg

日本ソマリア青年機構代表の早稲田大学教育学部複合文化学科2年、
永井陽右さんをお迎えしました。

日本ソマリア青年機構は日本人14名、ソマリア人20名で構成された学生団体です。
ソマリアとケニアでワークショップやユースカンファレンスを開催、
そして日本では公開勉強会やソマリア人を日本に長期留学させるプロジェクトに取り組んでいます。

無政府状態のソマリアの現状。陸路では入国できないため
上空から食料を降ろすのですが、武器を持った者だけに渉ってしまいます。
しかし今年9月10日に21年ぶりに新大統領が選出され、
これから新しい政府が立ち上がる「見込み」はあると言います。

そんなソマリアの現状を知った永井さんは、早稲田大学にソマリア人2名が
留学に成功した事を知り、自分もソマリアの為に何かしたいと
学内でそのソマリア人留学生を探しまわったのだそうです。

「ソマリアの為に何かしたい」という永井さんの強い想が伝わってきました。
日本ソマリア青年機構では永井さんと一緒にソマリアの為に活動していく学生も
随時募集しています。詳しくは下記webサイトをご覧ください。


10/21:『YOUR EXPERIENCE』TOMSトムスシューズの取り組みとは?

IMG_9340_400.jpg

日本でTOMSトムスシューズを展開している株式会社シンフォニー代表の
矢澤哲さんにお話を伺いました!

TOMSトムスシューズは現代表のブレイク・マイコスキー氏が
アルゼンチンで靴の履けない多くの子どもたちに出会った事がきっかけで
「One For One」という仕組みを立ち上げられました。
この「One For One」は、靴を1足買うと、
靴の履けない子どもたちに1足靴が届けられる仕組みです。

発展途上国では土壌からの感染症で病気になってしまう子どもが多いそうです。
また、学校へ通うのに靴が制服として義務づけられている学校もあるため、
そうした子どもたちの為に、送るものとして「靴」を選んだそうです。

10/21:『SHARE THE VOICE』小説家の西加奈子さんが登場!

西加奈子さん.jpg

ご登場くださったのは、以前スタジオにも来ていただいた
小説家の西加奈子さん。

西さんがご自身の作品を通して伝えたい事は
「誰もが寿命まで生きることが出来る社会」の実現。

西さんは生きている限り、誰もが自分の寿命が終わるまで
笑って生きることができる社会になれば良いと
作品にも想いを込められています。

10/21:『YOUR PASSION』侍ハードラー、為末大さんが登場!

IMG_8146_400.jpg

「侍ハードラー」「走る哲学者」こと元陸上選手の為末大さんをお迎えしました!

「走る哲学」という著書の哲学的な内容が話題の為末さん。
為末さんにとってアスリートは社会とのつながりが意識しやすい職業だと言います。

為末さんはアメリカのサンディエゴにお住まいでしたが、
スポーツの持っている力で社会を変えたいと日本に帰国されました。

為末さんが特に課題があると考えられている事は
「町づくり」「教育」「医療費」の3つ。
地域のつながりが薄くなって来てしまった日本社会に
スポーツを通じて「町づくり」に取り組みたい、
そして「町づくり」に取り組んでいく中で「教育」「医療費」の
課題にも取り組んでいきたいとお話しくださいました。

10/14:『YOUR DREAM 』ネパールに本を届ける学生団体KIVO!

IMG_9087_400.jpg

学生団体KIVOから代表の日本大学経済学部2年の鬼澤俊彰さんをお迎えしました。

学生という制限がある中で出来る事を社会の為にしていこうという団体です。
主にネパールの子どもたちに本を届ける活動をされています。
初代の学生さんがネパールにボランティアに行った際、
現地の方にネパールの教育現場に足りない3つのものを訊いたそうです。

それは、「教室」「教員の給料」「教科書」だと言います。
その事実を知った初代の学生の方が、自分たちにも出来る事をと
大学生にも身近な本を届ける活動を始めたと言う事です。

識字率の低いネパールの子どもたちの為に、
本は現地でネパール語のものを買って届けています。

KIVOが送った本_400.jpg
(実際に学生団体KIVOからネパールの子どもたちに送った本)

10/14:『YOUR EXPERIENCE』NIPPON IT チャリティ駅伝とは?

IMG_3351_400.jpg

この顔に見覚えのある人も多いのでは?
以前テレビでも活躍されていたチャック・ウィルソンさんです!
今回11/4(日)に開催される「NIPPON IT チャリティ駅伝」について
ご紹介してくださいました。
チャックさんは大会実行委員長をされています。

この「NIPPON IT チャリティ駅伝」は
東京都立潮風公園の太陽の広場近くで開催されます。
15kmを5区間に分けて3kmずつを走る駅伝です。
この駅伝の収益は「引きこもり」「うつ病」の方々の就労支援をする
NPO法人「Future Dream Achievement」に寄付されさます。

エントリーは終わってしまっていますが、
駅伝の他にも、チャリティミュージカルや飲食店なども出るそうです。
さらに、子どもが楽しめる元プロ野球選手の石毛宏典さんによる野球教室も開催されます。
是非足を運んでみてください。

10/14:『SHARE THE VOICE』紗羅マリーさんが登場!

紗羅マリー_アー写 軽量_400.jpg

紗羅マリーさんの描いている夢。
それは「子どもたちが笑顔の社会」。

3.11から、親を亡くしてしまった孤児の子どもたちの
心のケアがどこまで行き届いているのか心配です。

5年後にどれだけ多くの子どもたちが心から笑顔で笑っているか。
その為に自分にも出来る事をしていきたいし、
一人でも多くの人に子どもたちの事を考えてほしいと
お話しくださいました。

10/14:『YOUR PASSION』「希望の国」園子温監督にインタビュー!

IMG_1209_400.jpg

東日本大震災を真っ向から描いた映画「希望の国」について
小暮さんが園子温監督にインタビューした模様をお送りしました。

園監督が「希望の国」を書き出されたのは昨年の夏。
東日本大震災についてのニュースが減り始め、
このままあの出来事を風化させたくないと言う想いから書き始められました。

半年間、実際に福島に通いながら現地の方々にインタビューをし、
映画の中に出てくる台詞もなるべく現地の方々のその言葉を残しているそうです。
「希望の国」というタイトルについては、当初皮肉的な意味もあったそうですが、
今年の元旦、園子温監督自身が南相馬で初日の出を見た時に
その美しさに非常に感動され、本来の意味での「希望の国」
というタイトルで良いと確信したと言います。
映画の中には、「目に見える希望ではなく、目に見えないところで希望を持とう」
という園子温監督のメッセージが込められています。

東日本大震災の真実を追求した映画「希望の国」は
10/20(土)からロードショーです。
園子温監督の並々ならぬ想いが凝縮された映画です。是非ご覧ください。

10/7:『YOUR DREAM』学生団体eat_happyの活動とは?

IMG_6617_400.jpg

学生団体eat_happy代表の日本大学法学部法律学科2年生、
鈴木俊将さんをお迎えしました!

鈴木さんのご実家は農家をされているということですが、
ご自身は法学部を選びました。
農業の知識は地域の農家の先輩方から学ぶ事が出来るので、
敢えて全く違う学問を勉強して、
そこから得た知識で新しい農業を展開していこうと考えているそうです。

そんな鈴木さんが代表を務めるeat_happyは
「食」から「農」を知るということがコンセプト。
関わった事のない人にとって農業はとても入り口の狭い分野だと
感じられている鈴木さんは、誰もが関わる「食」を通して
「農」の入り口を広げたいと活動されています。

鈴木さんの夢は、農業をして法律を勉強する事で
ご自身の家と地域を守っていく事。
一世代と言う訳ではなく、その先にも繋がっていくような仕組みを
作っていきたいと話してくださいました。

10/7:『YOUR EXPERIENCE』コーヒーを飲んで珊瑚を植える?

IMG_0984_400.jpg

35COFFEEを製造・販売している沖縄の会社、宗英道の亀田陽子さんにお話を伺いました。
この35COFFEEのコーヒー豆は、珊瑚焙煎製法を用いています。
珊瑚焙煎製法とは石焼焙煎の石の代わりに風化した珊瑚を使っています。
石焼焙煎の倍以上の時間がかかるため、
時間をかけてじっくりと焙煎され、よりまろやかな味になります。

沖縄の珊瑚は県外への持ち出しや加工ができないため、
沖縄限定のコーヒーになっています。

10年前の10分の1にまで減少してしまったと言われる沖縄の珊瑚の現状。
宗英道では未来の環境につなげていける活動として、
35COFFEEの売り上げの3.5%をベビー珊瑚の移植に充てています。
2009年の3月5日発売以来、約3年間で1127本ものベビー珊瑚を海に移植されました!

スタジオでは実際に35COFFEEを淹れたのですが、
コーヒーをブラックであまり飲まないというアリサちゃんも、
「これはブラックでもおいしい!」とまろやかさに驚いていました!

美味しいコーヒーを飲んで珊瑚の保護活動ができる、素敵な活動をご紹介しました。

10/7:『SHARE THE VOICE』夏木マリさんが登場!

アー写8_400.jpg

夏木マリさんがShareしたいと思っている事、それは「無意識の排除」。

その為に夏木さんが実践しているのは「One Of Love」プロジェクトです。
毎年、6月21日の「世界音楽の日」にライブをして、
一年を通して薔薇を買っていただいているお金を支援金として、
今はエチオピアの薔薇園で働く女性とその地域に寄付されています。

ひとつでも意識的に、自分のどこかにある気持ちを動かしたいと
Shareしてくださいました。

夏木マリOFFICIAL SITE:http://marinatsuki.com/
One Of Loveプロジェクト:http://www.oneoflove.org/

10/7:『YOUR PASSION』ファッションデザイナー志賀亮太さん

IMG_6112_400.jpg

ファッションブランド「RYOTA SHIGA」デザイナーの志賀亮太さんにお話を伺いました!
世界各地のショーで作品が入賞されるなど目覚ましい活躍をされている志賀さんは、
昨年パリで開催された世界最大規模のエシカルファッションショーで見事優勝!
そのエシカルファッションショーでは、通常では考えにくい毛皮を敢えて使用しました。毛皮と言っても志賀さんの使用する毛皮は、80%が養殖のもので自然死した動物の毛皮を選んでいると言います。

コンセプトは「もののけ姫」。人間と動物と自然の共存をテーマに、
志賀さんの服を着た人たちがこのテーマについて考えるきっかけになればという
想いを込めてデザインをしているとお話くださいました。

そして福島県いわき市ご出身の志賀さんは、ファッションの力で何か出来たらと
昨年5月に開催された「RUNWAY for JAPAN」というチャリティショーにも参加。
そこで集まった寄付金を故郷のいわき市に寄付されました。

そんな志賀さんのブランド「RYOTA SHIGA」の秋冬ファッションのテーマは「光と影」。
震災で体感した影の部分と、影の中でもがくことで見える光の部分の二面性を表現されています。

10月26日(金)〜29日(月)の4日間、渋谷ヒカリエ 8F にて「RYOTA SHIGA」の
展示販売会があります!志賀さんの想いを是非手に取って感じてみてください。