2009年05月08日

SMART FRIDAY - 「TOKYO APPLAUSE」を終えて

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト[TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。

5月5日のスマートドライバーズデーにお送りした特別番組「TOKYO APPLAUSE」。皆さんからの温かい応援のおかげで無事に9時間の放送を終えることができました。天気のことなどもあり、少し心配していたのですが、始まってみたらあっという間でした。

やっぱり楽しいのは、リスナーの皆さんとコミュニケーションが取れるということ。そして驚いたのは、首都高の事故を減らす「スマートメッセージ」の応募の数。APPLAUSEメッセージと合わせて本当にたくさんいただきました。

その中で、5つの作品を優秀賞・大賞として選ばせていただきました。この5作品が横断幕となって首都高に掲げられることになったのですが、それ以外にも本当に素敵なメッセージをたくさんいただいたんです。もちろん当日の放送でもいくつか紹介させていただきましたが、今夜もいくつかご紹介。

RN:たにひろ さん 「何もかも慎重だった初デート…その気持ちで運転も(はぁと)」」
”初デートのときのような慎重さで運転もしましょう”という可愛らしさもあるメッセージ。

RN:もやい結び さん 「前の車も隣の車も この道で出会った仲間です」
「〇〇するな」とか「〇〇しましょう」という、なんだか上から言うような交通標語も多い中、
もっと違った角度からの心に響くメッセージは本当に多かったです。

全てに目を通していると、本にして読みたいくらいです。メールにはスマートメッセージだけでなく、何故この言葉を書いたか、どんな状況で書いているのかなども書いてくれていて、その発想に至った過程も、ストーリーがあって、またおもしろいんです。

9時間の生放送を通して、1件でも事故が減っていたとしたら。そして、あの放送のときだけでなく、それをきっかけにして、そういった意識が広がれば本当に嬉しいです。

来週からは、SHARE SMILEもリニューアル。月〜金曜日の毎日、KIKIと小山薫堂のふたりで素敵なゲストをお迎えしてお送りします。改めて、これからも宜しくお願いします。

WEB: TOKYO SMART DRIVER presents TOKYO APPLAUSE
WEB: TOKYO SMART DRIVER - SMART DRIVER'S DAY

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年05月01日

SMART FRIDAY - 「スマート ドライバーズ デー」 am/pmでも

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト[TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。

いよいよ、「スマート ドライバーズ デー」の5月5日が迫ってきました。この日のために様々な企業の方や一般市民の方たちに協力をしていただいています。そんな中今夜は、一緒に「事故ゼロ」を目指す心強いパートナーのうちの一社、am/pmジャパンから広報の粟生菜摘さんをお迎えしました。am/pmではエコに関しても様々な取り組みをされていますが、5月5日にはデリスタウン大宮店と中目黒にあるエーピー・エンタ目黒東山店でクラップ・カードの配布とピンクチェッカーの装飾が行われます。この日はお店の中でも9時間の生放送特番「TOKYO APPLAUSE」を聴くことができるそうです。

この2店舗で配布されるクラップ・カードは「誰かを褒めましょう」というメッセージの込められた、香つきのピンクチェックのカード。このカードは2万枚配布の予定。

当日はこの日限定の様々なイベントも実施される予定なんだとか。ドライバーの方たちに喜んでもらえるようなプレゼントや割引サービスも考えられているそうです。具体的に何をするかは当日のお楽しみ。ぜひ、この日はam/pm デリスタウン大宮店・エーピー・エンタ目黒東山店へ行ってみてくださいね。

※5月5日(火)、小山薫堂&KIKIで9時間の生放送をすることになりました!!タイトルは「TOKYO APPLAUSE」。色々な仕掛けを考えているので、ぜひ、みんなで「事故ゼロ」にチャレンジしましょう。
そのうちのひとつとして、去年、たくさんご応募をいただいた「安全運転したくなるスマートメッセージ」を再び募集します。あなたの考えたスマートメッセージが首都高に掲げられるかもしれませんよ。すでに募集は始まっていますので、TOKYO APPLAUSE のサイトからご応募ください。

WEB: TOKYO APPLAUSE 特設サイト

ゴールデンウィークもスマートドライブでお願いします。
WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年04月24日

SMART FRIDAY - 運転しながら脳トレ!

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト[TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。

5月5日の「スマート ドライバーズ デー」が近づいている今夜は「事故ゼロ」のスペシャリスト、日産自動車からテクノロジーマーケティング室長の土井三浩さんをお迎えしました。

スマート ドライバーズ デーに9時間の生放送を通して「事故ゼロ」を呼びかけますが、そのためのアドバイスをいただきました。事故を無くすために、車だけではできることは限られていて、やはり運転する「人」がどれだけの気持ちを持って運転するかということが重要だと土井さん。
基本的には「エコ運転=安全運転」。急ブレーキや急加速など「急」のつく運転をしないこと。無駄にアクセルをバタバタしないこと。それから2台前、3台前の車の状況を読みながら運転すること。これらを意識するだけで、ずいぶん運転が変わりそうですね。

なるべくアクセルを一定に保ったまま運転すると燃費がよくなるそうなのですが、日産自動車にいるエコ運転の達人は、足の裏が0.3ミリくらいしか動かないほど一定なんだとか。長年やっていると自然にできるそうなのですが、そこがポイントで、みんなが普段運転しているとき、意識していないことが実はたくさんあるそうなんです。人間には、無意識のようでいて、実は様々な注意をはらっていたり、注意を切り替えたりするところがあります。その意識していないことを、意識の上にあげることができると、運転が上手くなるということなんだそうです。

そのトレーニングのひとつとして、おもしろいゲームをおしえていただきました。車の運転中に「今、何キロで走っているか」メーターを見ずに、当ててみる。これは意識してトレーニングするとだんだん分かるようになってくるそうで、日産の車を実験をするために常に正確な運転をしなければいけないテストドライバーの方たちは、±1キロの中でで走れるんだとか!最初のうちは意識しないとできないので、脳トレしながら走っているような感じになりますね。それができると、一歩運転が上手くなると土井さん。これは特番の中でもできるかもしれませんね。

WEB: 日産自動車

※5月5日(火)に小山薫堂&KIKIで9時間の生放送をすることになりました!!タイトルは「TOKYO APPLAUSE」。色々な仕掛けを考えているので、ぜひ、みんなで「事故ゼロ」にチャレンジしましょう。
そのうちのひとつとして、去年、たくさんご応募をいただいた「安全運転したくなるスマートメッセージ」を再び募集します。あなたの考えたスマートメッセージが首都高に掲げられるかもしれませんよ。すでに募集は始まっていますので、TOKYO APPLAUSE のサイトからご応募ください。

WEB: TOKYO APPLAUSE 特設サイト
WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年04月17日

SMART FRIDAY - スマートドライバーズ・デー

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト[TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。

今夜は首都高速西東京管理局 調査・環境グループから池田博久さんをお迎えしました。スマドラでは、一般の方を巻き込んだスマドラミーティングを重ねてきていますが、先日も4回目を行いました。嬉しいことに、回を追うごとに参加者の人数が増えてきているそうです。最初は、池田さんたちから話すことが多かったそうなのですが、最近ではスマドラ会員の方からの報告をしていただける場にもなってきているんだとか。どうしたらスマドラが広がっていくのか、会員の方たちがそれぞれに、楽しみながら考えてくれているということにすごく感激していると池田さん。

そういったスマドラの盛り上がりをさらに加速させるべく、5月5日を「スマートドライバーズ・デー」として、今、様々に動いてくれている市民の方たちと、みんなで一緒になって、首都高で起こる事故をゼロ件にするということにチャレンジしてみる日にします。
まず、自分の身近な人、近くにいる人に「拍手」を送る。そういった人に感謝したり讃えたりする気持ちから、事故を減らすことができないでしょうか。例えば渋滞の中にいると、つい、イラっときたりすることがありますが、「合流させてくれてありがとう」と心の中で拍手を送ってみたり。。。

他には企業の方も巻き込んで、もし、本当にこの日に「事故ゼロ」を達成できれば、あるいは昨年より事故件数が減ったら、ご褒美をプレゼントしてもらえるように検討しているそうです。スマドラでやっているスマートチャレンジの特別版のようなものですね。

今までの首都高の東京エリアでの一番少ない事故件数は5件くらいの日があったそうです。ただ、今年が今までとは違うのは、高速道路の料金が安くなって、首都高も期日割引で500円になりました。そうすると交通量も増えそうなので、それだけ事故も起こりやすくなってしまいます。そこへ敢えての挑戦。

そんな「スマートドライバーズ・デー」をサポートしたい!ということで、5月5日(火)に小山薫堂&KIKIで9時間の生放送をすることになりました!!タイトルは「TOKYO APPLAUSE」。色々な仕掛けを考えているので、ぜひ、みんなで「事故ゼロ」にチャレンジしましょう。

WEB: TOKYO APPLAUSE 特設サイト
WEB: TOKYO SMART DRIVER

さらに、KIKI・小山薫堂からのお知らせ!

◎Kiki主演の新しいドラマ『漂流ネットカフェ』(TBS系 水24:29)今週15日(水)からスタートしました!
◎小山薫堂からはスマドラの話題も出てきます著書を2冊リリース。『もったいない主義 不景気だからアイデアが湧いてくる!』(幻冬舎新書)、『人を喜ばせるということ―だからサプライズがやめられない』(中公新書)

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年04月10日

SMART FRIDAY - シークエンスデザイン

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト[TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。今夜も先週に引き続き、アーバンスケープ・アーキテクトの韓亜由美さんをお迎えしてお送りするSMART FRIDAY。

韓さんは様々なデザインをされていますが、今夜は首都高のデザイン「シークエンスデザイン」のお話をお聞きしました。これは、ドライバーに向けてのデザイン。首都圏は非常に過密なところを縫って走っているので、なかなか難易度が高い道路。カーブや勾配が多かったり、分岐が次から次へと出てきたり。。。それを少しでもデザインの力を使ってドライバーの方のアシストができればという思いから。
ここはカーブになっていますよ。」や「ここは下り勾配になっていますよ。」というような道路の形の情報や環境の情報を標識を立てるわけではなくて、路面や壁面を使って感覚的に感じられるようなデザインを取り入れる。言語や記号の文字でいっぱいにすることなく視覚的に分かりやすく表示するということなんですね。
大宮線の下り美女木ジャンクションのあたりに、下り坂を知らせる「オプティカルドット」というものがあります。これにより速度超過の車が減ったそうです。ストレスなく、自分から自然にスピードを落とせるデザイン。シークエンスデザインは直接的に事故を減らすものというよりは、首都高をより快適に楽しみながら走れる環境にすることを実現するための体質改善のようなものだとおっしゃっていました。

最近、韓さんは「首都高サイエンスデザインプロジェクト」というのを立ち上げました。これは、シークエンスデザインを実行していくにあたってデザインという側面だけでは充分ではないので、多方面にわたる科学の諸分野の先生方に集まっていただいて、ひとつひとつ、どのように次に活かしていけるか相談しあいながら進めているんだとか。これからどんなデザインが出てくるのか楽しみです。

WEB: Studio Han Design
WEB: (shutoko + science) design

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年04月03日

SMART FRIDAY - 東京をデザイン

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト[TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。

今夜はアーバンスケープ・アーキテクトの韓亜由美さんをお迎えしました。韓さんはテーマを都市全体において、都市生活者のためにデザインができることがまだまだたくさんあるのではと考え、高速道路や公園などのパブリックな場所をデザインされています。例えば新宿駅の南口前のターミナルをつくる工事現場での仮囲いを中心に300メートル以上。そこにグラフィックを展開して、新宿の歴史や新宿青春ワード募集、新宿に生きる人たち183人の写真を掲示したりしていました。この写真に写る人は募集をしたそうなのですが、とても様々な人たちから応募があって、その人たち同士では1回撮影で会っただけなのに、そこで友達になったりもしていたそうです。新宿のような大きな駅では1日とても多くの人がすれ違っているけど、普段ではそのまますれ違っていくだけ。でもちょっとしたきっかけで、つながりが生まれるのかもしれません。

薫堂さんからも東京をデザインするアイデアがひとつ。高いところから見るとよく見える多くのクレーン。これを東京のキャンドルにするというもの。どこかの展望台などである機械にふっと息を吹きかけると一瞬消えるとか素敵ですね。みんなが参加できる遊び。オリンピック招致のイベントとしてもいいですね。

WEB: Studio Han Design
WEB: (shutoko + science) design

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年03月27日

SMART FRIDAY - 「渋滞」を解消する方法とは?

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト[TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。今夜も引き続き、東京大学工学研究科の准教授 西成活裕さんを迎えてのSMART FRIDAY。

事故と渋滞の関係はニワトリとタマゴの関係。事故があれば渋滞があるし、渋滞があれば事故が起こる。なんと高速道路の事故原因の2割が渋滞からくるものなんだとか。なので、この悪循環を断ち切るためにも、どちらも減らしていかなくてはなりません。

以前、高速道路のお盆渋滞のときに、それを緩和させるために2台の車でその渋滞に乗り込んで行ったことがあるという西成さん。渋滞のポイントへ行って、渋滞を吸収するというもの。たった2、3台の車でだいぶ変わるんだとか。1キロ以下の小さな渋滞だったら取る自信があると力強くおっしゃっていましたが。。。いったい、どうやって吸収するのか気になりますよね。

基本的には渋滞している場所まで車が行かなければ渋滞は無くなりますよね。そこで、渋滞しているところまで到着するのを遅らせればいいという理論。渋滞ポイントの前の地点でゆっくり走る。そうすることで、後から車がどんどん来る前に渋滞が少しずつ解けていく。それを、どこからどれくらいのスピードで走ればいいか計算することができるんだそうです。それで実際に成功されているそうです。現在では、そうしてゆっくり走っていると、割り込まれたりしてしまうこともあるそうなのですが。確かにゆっくり走っている段階では、もっと早く行きたいと思ってしまうかもしれませんが、実際にトータルで考えると、走っている全員にとって良い結果となるそうです。なので、「渋滞吸収専用車」が一目で分かるようになって知れ渡るようになれば、もっと気持ち的にも受け入れやすくなるかもしれません。

事故がどうしたらもっと減っていくのか、西成さんにお聞きしてみるとポイントは2つ。ひとつはお互いが譲り合うということ。これは事故や渋滞が減るし、運転する上でとても大事なこと。もうひとつは、指示や看板の数を減らしたり分かりやすくするということ。西成さんが個人的に調べてみたところ、事故が多い場所は、看板の数がとても多いところなんだとか。ドライバーが瞬間的に判断できる数というのは2つなんだそうで、3つ以上あると混乱してしまうそうです。なので、なるべくシンプルな標識や看板が良いそうです。オランダでは実際におもしろい例があって、あるとき、標識を全部とって信号も止めてしまったところ、死亡事故がグッと減ったそうなんです。みんなが慎重になって運転をすることで、ずいぶん変わるということなのかもしれません。だから流れに合わせて自然に判断できるような「仕掛け」をそっとつくることが良いかもしれないと教えてくれました。

◎ところで、今週来週のWEEKEND、「目黒川桜まつり」になぜかホメパトが登場します!
開催日時:3月28日(土)29日(日)4月4日(土)5日(日)10:00〜17:00
開催場所:首都高速中央環状新宿線 大橋ジャンクション建設予定地
詳しくはスマドラWEBをご覧下さい。

WEB: TOKYO SMART DRIVER 首都高の事故を減らすプロジェクト


◎そして、モデルとしてのKIKIが大胆にキュートに登場する新しいWEBサイトが立ち上がりました!春のファッションの参考にどうぞ。

WEB: KIKIのあたらしいサイトとは…

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年03月20日

SMART FRIDAY - 首都高で渋滞学

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト[TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。今夜も先週に引き続き、東京大学工学研究科の准教授 西成活裕さんを迎えてのSMART FRIDAY。



もちろん、首都高も渋滞学の研究対象になっています。首都高が設計されたのは東京オリンピックのとき。当時の交通量と比べて現在ではなんと100倍!だから当時2車線でいいだろうと思われていたところが悲鳴をあげてしまっている状態です。

道路は1時間に最大2000台くらいまでしか流せないため、それ以上の車が来たら、どこでも渋滞してしまうそうです。とはいえ、やはりできるだけ渋滞を解消しなければいけません。そのために色々なアイデアを考えて試みているそうです。例えば、昔の箱崎と同じ構造の小菅ジャンクション。そこは流れがクロスするところで渋滞も多くて、事故も多いところ。

箱崎は立体交差にして、少しは緩和されました。でも、立体交差にするにはすごくお金がかかってしまいます。なので、今、西成さんたちが提案しているのは、交わるところに車線変更を禁止する線を少し引いてみること。そうすると2つの道が合流したときに、合流できないので、車が少し並んで走ることになります。その隣の車と並んで走る期間を少し作ると、ドライバーはお互い気持ち悪いから、ズレようとします。ズレた後に合流すると、交互に合流できます。これを「ジッパー合流」と呼ぶそうです。こうしてスムーズに合流できると、莫大なお金がかかることもなく、事故も渋滞も減るんですね。

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年03月13日

SMART FRIDAY - 渋滞学

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト[TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。

今夜は東京大学工学研究科の准教授 西成活裕さんを迎えてお送りしました。西成さんは少し変わった学問「渋滞学」を提唱されています。もともと流体力学を研究されていて、水や空気の流れの研究が進んできたので、同じ「流れ」でも車や人の流れを研究してみようと思いついたそうです。

渋滞学は車の渋滞に限らず、ATMや搭乗口など様々な行列に及びます。




例えば現在、成田空港と羽田空港と共同研究していて、セキュリティーチェックや入国審査をいかに早くするかということも研究されているんのだとか。なので、よく空港へ行って、実際に列を見ながら、どうしたらいいかアドバイスもされているそうです。まず改善策としては誘導員を適切につけて、一列で待って空いたところへ行く、という並び方「フォーク待ち」を効率よくやるということ。

そして、今夜は西成さんにおもしろい公式を教えていただきました。行列で待っているとき、自分の番がいつくるのか気になりますよね。そういうとき、大体の待ち時間の予測がつくという公式。 「待ち時間=待ち人数÷人の到着率」
例えば自分が並んだときに、前に10人待ってるとします。そして1分間計ったら、自分の後ろに2人来ました。そうすると「10÷2」で待ち時間は5分。これは数学で1961年に発見された「リトルの公式」というそうです。待ち時間が分かるだけで、だいぶストレスが減りますよね。一気に大勢の人が来てしまうようなところでは合わないそうなのですが、ぜひ、計算してみてください。他にも渋滞の中に、こういった隠れた公式がいくつもあることが解かってきたとおっしゃっていました。

西成活裕さんの著書「渋滞学」、「クルマの渋滞 アリの行列」は書店で販売されていますので、ぜひ、手にとってみてください。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年03月06日

SMART FRIDAY - オスカー薫堂とメッセージご紹介

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト

[TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。
今夜は1月に募集したTOKYO SMART DRIVER のシールシートプレゼントの応募に添えていただいた、首都高の事故を減らすためのアイデア・ご意見をいくつかご紹介しました。
◎ RN.よんたろうさん
「先日、久々に首都高を走りましたが、年末ということもあり、空いていて、とっても快適でした。 混んでいる首都高は、怖いという印象が強かったのですが、空いていれば怖くないみたいです。 首都高がスキになりましたー。 渋滞がないこと、それが安全につながることは言わずもがな、ですが、ホントにそうだなぁと実感しました。 」
混んでいると、イライラしてしまったり、焦ってしまったりすることもありますが、空いていると気持ちにも余裕ができて、安心して走れますよね。ただ、それによるスピードの出しすぎで起こる事故が増えていますので、注意が必要ですね。油断せずに安全運転、心がけてください。

◎ 川崎市の誠二さん
「ボクが首都高の事故を無くすのに良いと思うのは、幼稚園や小学校低学年の子供たちのメッセージをいたるところに貼ってみたらよいと思います。小さな子にパパやママへ向けた安全運転のメッセージを書いてもらえば、きっとドライバーに何か伝わると思うのです。」
子供たちの書く独特な字やストレートな言葉、そして大人には思いつかない表現。子供のメッセージって響きますよね。

◎ RN.Shigeさん
「今の交通情報はロボットが話しているような機械的で渋滞情報が先ずくるので気持ちを急かす感じです。本当はできたら、首都高だけで聴ける楽しいFM/AMがON AIRになっていたらWONDERFULですよね。」
確かに渋滞情報は無機質な感じがあるかもしれませんね。それに慣れている人はどこからどこまで渋滞しているのか、すぐ頭に思い描けると思いますが、慣れていないと、どこがどう渋滞しているか分からないこともあると思います。それをもう少し分かりやすく伝える情報があったり、もっと工夫できるかもしれません。

◎ RN.10月のカタツムリさん
「走っているときに 小さなうれしい発見がみつけられるような環境を作ることだと思います。 ありきたりですが、四季の変化を感じやすいように植物を植えるとか…」
これはいいですね。緑化計画も少しずつ進んでいますし、そこへさらに花が咲いていたりと四季の雰囲気が出てくると、無機質な感じが無くなって、温かい感じが出そう。他にも、電光掲示板を使って季節感を出すこともできそうですね。

他にもたくさんのご意見・メッセージをいただきました。
ありがとうございました。
これからも、首都高の事故を無くすようなアイデア・メッセージお待ちしています!
WEB: TOKYO SMART DRIVER


ところで、小山薫堂氏が初めて挑んだ映画脚本作品「おくりびと」が、映画界最高の栄誉である第81回米アカデミー賞 外国語映画賞を受賞しました!なんと、国内外での受賞は合計60冠。
SHARE SMILEにも通じるあたたかいストーリーですので、まだ観てない!という方は、ぜひ映画館に足をお運びください。
WEB: おくりびと
ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年02月27日

SMART FRIDAY - スマートチャレンジ!

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。

今夜は首都高の交通安全対策グループから錦戸綾子さんをお迎えしました。大学で土木のことを学び、橋を造りたかったんだとか。確かに首都高は道路と言いつつ、橋のようなもの。子供の頃からかっこいいと思っていたそうです。今は交通安全対策グループに所属されていて、事故が起こらないようにするにはどうすればいいかを考えられています。

SMART DRIVER では現在、前の月より次の月の事故件数を減らそうという「スマートチャレンジ」を実施しています。成功すると、登録されている方の中から抽選でプレゼントをお贈りしています。このプロジェクトで大事なのは失敗するか成功するかではなくて、失敗または成功の裏にどんなことがあるのか、ということ。
それらを皆さんに知っていただくことで、事故を減らすヒントに。書いてあることは首都高のことですが、そこからヒントを読み取れば、首都高以外の道でも気をつけることなどを知ることができます。

そもそも、事故がどれくらい起こったかということに、なかなか関心を持てない人も多いと思います。そこにまず目を向けてもらって、交通安全の意識を高めてもらおうというもの。例えば、株もそうですよね。自分が持っていると、株価の変動も気になるし、経済に興味が湧きます。持っていないと日経平均株価が下がっても、そんなに自分には関係がないと思ってしまいがち。それと同じで、スマドラのHPで自分のアドレスを登録してみれば事故件数も気になるようになるかもしれません。お金もかからないので、ぜひ一緒に見守っていって、事故を減らしていきましょう。

WEB: TOKYO SMART DRIVERスマートチャレンジについてもコチラ

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年02月20日

SMART FRIDAY - 東京に住んでいなくてもスマドラ!

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。

TOKYO SMART DRIVERは一般の方と一緒にやっていくプロジェクト。今夜はスマドラの活動に強く共感してくれて、自主的に色々と活動されている岡崎悦子さんをお迎えしました。岡崎さんはドライバーに特化した派遣会社の株式会社プラウドに所属されています。スマドラのことを知ったとき、最初は、東京に住んでいない自分には関係の無いことだと思ったそうです。

でも一度、首都高講座を受けたときに「首都高を利用する人は首都高を通過する人が60パーセント以上で、中を回っている人はほとんどいない」という話を聞いて、自分でもできることがあるのかもしれないと気がついたと岡崎さん。
それからは、お子さんと一緒にイベントに行ったり、フリーマーケットでよく出店もされるそうなのですが、そのお店にスマドラのホメ玉とチラシを一緒にしたものを入れた箱を置いてくれているそうです。お子さんたちも共感、応援してくれていて、学校のスクールバックにスマドラのステッカーを貼ってくれているんだとか。なんと今日、岡崎さんのネイルアートはスマドラのピンクチェックでした。

そして先日、富士スピードウェイで行われたママチャリで6時間走る耐久レースにプラウドチームも出場したそうです。このときの自転車もピンクチェック。結果は983位中61位と高成績!私たちももっと楽しみながら頑張らなきゃ。と思いました。ぜひ、皆さんもメンバー登録、お願いします。
ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年02月13日

SMART FRIDAY - スマートPA?

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。

今夜は首都高計画環境部の諸橋雅之さんをお迎えしました。諸橋さんは今、スマートPA(仮称)という構想を進めていらっしゃいます。普通、パーキング・エリアは高速道路の中にあって、高速道路を利用した方が休憩する場所。これを、一時、首都高を降りてもらって、首都高の周りにあるお店などを利用してもらって、また再び首都高に乗れるというもの。

首都高はもともと、利用する距離が短いということもあって、最初からはPAというものが計画されていなかったそうです。それがだんだん距離が延びてきて、渋滞の問題も深刻になってきたときに、昔あった本線の料金所を改良したりしながらPAを作っていったんだとか。なので、まだまだ数も少ないし、渋滞用に作ったので、上り線側に多く偏ってしまっているそうなんです。

このシステムはETCができたからこそできるサービス。今回の場合はまだ実験段階ということもあるそうなのですが、ETCを利用している人が改めてスマートPAを利用するために登録をします。そして、スマートPAとなるお店の方にもETCのアンテナを設置して、首都高の指定の出口を降りて、そのスマートPAの施設を利用したことをETCでチェックして、再度、首都高に乗ってもらうときに、それぞれのデータを照合して、制限時間内に利用してもらえれば、それは首都高を降りたのではなく、PAを利用したということになり、1回分の料金で首都高を走ることができるそうです。制限時間はまだ正式には決まっていないそうですが、だいたい2時間くらいで考えられているんだとか。けっこうゆっくりできそうですね。実際にこのサービスが導入される日は決まっていないそうなのですが、ぜひ近いうちに実現して欲しいですね。

WEB: 首都高スマートPAについて

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年02月06日

SMART FRIDAY - 晴海線開通!

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。

今夜は、来週の2月11日水曜日に開通する首都高速晴海線のご担当、東京建設局の相川智彦さんをお迎えしてお送りします。晴海線は臨海副都心、豊洲晴海地区を結ぶ道。区間延長1.5kmという湾岸線から直接行ける出入り口です。そんなに長い距離ではないのですが、それでも便利になりますよ。
構想は平成5年度に都市計画が決定されたときから。実際の工事は平成13年に着手。約7年間かかったんですね。いよいよ来週、開通を迎えますが、「やっとこの業務から開放される」というのが今の気持ちなんだとか。もちろん、長い時間がかかっただけあって、達成感に満ち溢れているそうです。開通後はご家族と一緒にドライブしたいとおっしゃっていました。

この晴海線には画期的なシステムも導入されています。例えば、LED照明の採用。従来よりも消費電力3割削減できるそうです。そして、新形式の床版(舗装の下にあるもの)を採用し、耐久性が上がりました。

そして先日、10号晴海線豊洲出入口誕生記念として一般開放イベント「首都高スカイウォークin晴海」が開催されました。

スタンプラリーや首都高で働く車の車両展示など、様々な楽しい企画がある中で、とても驚いたのは結婚式が行われたこと。これは2つの道が1つになるというジャンクションをイメージしてだったんだとか。この晴海線を通るたびに、結婚式のことを思い出せそうですね。すごくスマイルな試み。

WEB: 首都高晴海線
WEB: TOKYO SMART DRIVER

※1月に募集していた番組からのお年玉、スマドラのシールシートのプレゼント。たくさんのご応募ありがとうございました。当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。メッセージもたくさんいただきましたので、番組でもご紹介したいと思います。

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年01月31日

PRESENT!!!

★「SHARE SMILE」からのちいさなお年玉!
首都高の事故を減らすプロジェクトTOKYO SMART DRIVERでは、ピンクチェックが印象的なロゴマークがいっぱいのシールシートを作りました。

携帯やノート、名刺など、日常のさまざまな場所に貼ってお楽しみください。そこで、KIKI・小山薫堂からの一筆を添えて、30名様にプレゼントします。ご応募の〆切は1/31(土)。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。ご応募おまちしています。
ご応募はコチラ

ShareSmile Staff| 20:59 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年01月30日

SMART FRIDAY - 香りの力

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。今夜も先週に引き続き、アロマセラピストでアロマ空間デザイナーの深津恵さんをお迎えしてお送りするSMART FRIDAY。

深津さんは@アロマ株式会社に所属されていて、先週は去年発売したスマドラ用の車内アロマ「ドライブ・タイム」のお話を伺いしましたが、@アロマがスマドラに協賛してくれたきっかけは、もともと首都高のいくつかのパーキング・エリアのパウダールームの香りを演出していたことから。そして「どうしたら香りの力をもっと広められるだろう」と、首都高と一緒に考えていく中で、車内の香りが出来上がったそうです。

これから、さらに広がりそうなスマドラとのコラボ。例えば渋滞しがちな場所で、さらに東京タワーなどの名所的なランドマークが見えているときに、その香りがふわっとするような、夜景がきれいな東京ならではのプランも。他にも、ETCのあたりに香りを置くというもの。現在、事故が増えてきて、スピードが問題になっているETCレーン。

ちょうどETCのバーのところに香りを置いて、そこが香りのある空間に。香りが欲しいから、窓を少し下げて、ゆっくり走って、香りを取り込んで、通っていく。設備にすごくお金がかかるということもなくて、むしろ事故が一件でも減ったり、バーが折れたりすることが無くなればと深津さん。実現する日が楽しみです。

WEB: @aroma "Drive Time"
WEB: @aroma

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年01月23日

SMART FRIDAY - 香りの力

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。

今夜はアロマセラピストでアロマ空間デザイナーの深津恵さんをお迎えしました。深津さんは@アロマ株式会社に所属されていて、去年、スマドラ用の車内アロマ「ドライブ・タイム」を作ってくださいました。ドライブ・タイムには2種類あります。ミント系のすっとした香りでイライラした気持ちを静めてくれる"Cool Driving"とオレンジ系の甘くて暖かい香りで落ち込み気味な気持ちを明るくしてくれる"Happy Driving"。KIKIもCool Drivingを使っています。イライラした運転はしたくないですからね。

アロマ空間デザイナーの深津さんはフィットネスクラブやスパなどの健康増進施設、医療関係の施設、ブランドショップ、オフィスなどなど。。。ありとあらゆる生活空間の香りをデザインされています。香りで印象を変えることができると深津さん。特に天然の香りには、気持ちを変えられる力があるそうです。実際に香りによって、ショッピングセンターなどの商業施設で、みんな心地良くなって消費が上がるというレポートもあるんだとか。今は不況を実感している人も少なくないと思いますが、街中に不況を吹き飛ばすような香りを出せたらいいかもしれませんね。

WEB: @aroma "Drive Time"

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年01月16日

SMART FRIDAY - レーシングドライバーからドライビングレッスン

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。

今夜はレーシングドライバーの井上啓子さんをお迎えしてお送りしました。レースは男女別ではないので、女性レーシングドライバーといっても、男性の中でレースをしています。井上さんはスマドラのプロジェクトに賛同していただき、自主的に色々なことをしていただいたり、提案をいただいたりしています。

そのうちのひとつが走行会。常々井上さんたちがやっていることなんだそうですが、そこにぜひスマドラのメンバーの方や一般の方に参加していただいて、高速道路などで飛ばすのではなく、車の運転を楽しみたいのであれば、然るべき場所へ行って、安全に走ったほうが良いのではないか、ということを提案したいと井上さん。。

走行会ではドライビングレッスンを行っていて、希望すればレッスンを受けることもできます。助手席に井上さんたちが乗って、その人の運転をまず確認して、それぞれに合ったアドバイスをしてくれるんだとか。次に運転席に井上さんが乗って、具体的な例を見せてもらえるそうです。免許を持っている人で、ワンボックスカーでなければ自分の車で受けることができます。

明日、あさってになりますが、1月17日、18日にも富士スピードウェイを貸しきって、走行会など行うそうです。ホメパトの展示やレーシングドライバーと身近に話せるような企画も立ち上げているそうですよ。実際のレースで走るのと同じコースを走れるなんて魅力的ですよね。

今週末開催の富士スピードウェイでのイベント詳細については、井上さんのWEB「MINT WEB」をご覧下さい。1月17日(土)「4時間走行会」、1月18日(日)「7時間耐久」
WEB: MINT WEB

★ところで、遅ればせながら「SHARE SMILE」からのちいさなお年玉!

首都高の事故を減らすプロジェクトTOKYO SMART DRIVERでは、ピンクチェックが印象的なロゴマークがいっぱいのシールシートを作りました。携帯やノート、名刺など、日常のさまざまな場所に貼ってお楽しみください。
そこで、KIKI・小山薫堂からの一筆を添えて、30名様にプレゼントします。
ご応募の〆切は1/31(土)。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

ご応募はコチラ


ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年01月09日

SMART FRIDAY - 首都高がもっと良くなるアイデアを

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。今夜も先週に引き続き、首都高速の佐々木克己社長をお迎えしてお送りするSMART FRIDAY。

去年、番組で募集して実際に横断幕となった、首都高の安全運転したくなるスマート・メッセージ。今までは社内で標語を募集していたそうです。でも、いざ一般の方に募集をかけてみると、センスがあっておもしろかったと佐々木さん。一番のお気に入りは「たくさんの人生が走っているんです」なんだとか。
首都高を走っているドライバーだけの目線ではなくて、家で待っている家族の目線であったり、本当にいろいろ素敵なメッセージがありました。

今年も番組と首都高のコラボで何かできればと思っているのですが、すでに番組宛にメッセージやアイデアをたくさんいただいています。
ひとつご紹介すると、RN.おくとさんからいただいたメッセージ。
「パーキングに有料の給茶サービスがあれば、マイ水筒を持っている人にはありがたいし、ゴミも削減できると思います。パーキングの無料のお茶はありがたいのですが、そこから距離を走る場合もありますので、お茶の補充が必要なんです。」
マイ水筒のためのお茶を補給できる場所は街中でも増えています。スマドラ オリジナルデザインのマイ水筒を作っても良いかもしれませんね。すぐにでもできそうだから検討してくれると佐々木さん。本当にすぐ実現させてくれそうで、なんだか心強いです。

様々な新しいアイデアがかたちになっている首都高。「トイレ・カー」ができたのを知っていますか?事故などで完全に車が動けなくなってしまったとき、トイレに行きたい人は今まではパトカーに乗せてもらってトイレまで運んでもらっていたのですが、これからはそういった緊急の場合、このトイレ・カーが少しずつ移動しながら、側にいる人が入れるようになるそうです。そしてこのトイレ・カーのデザインがスマドラのピンク・チェッカーなんです。目立つからいいですね。

これからもたくさんのアイデアやメッセージをお待ちしてます!

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2009年01月02日

SMART FRIDAY - 首都高の2009年

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。

今夜は2009年最初のSMART FRIDAY。
ということで、新年最初は、首都高の事故を減らすプロジェクト「TOKYO SMART DRIVER」の舞台となっています、首都高速の佐々木克己社長をお迎えしました。

今年は首都高速晴海線が開通します。そして、中央環状線がもっと繋がっていくそうです。新宿線では、平成22年の3月までに新宿から渋谷まで行けるようになるんだとか。3号線に繋がるんですね。他にも街の再開発と道路事業が一体となった、道路も街をつくる一環として考えるやり方も実現してきたそうです。どんどん進化していく首都高。今年はおそらく景気の影響もあって、車の量は少し減るのではないかと考えられているそうです。そこで、スピードの出しすぎによる衝突事故が増えていて、それが大きな課題。引き続き、安心で安全という首都高の目標はきちっとしていきたい。そのために何ができるかと考えているそうです。

そのうちのひとつ、PA。充分なパーキングエリアを確保するのが難しい首都高では、思い切って首都高から出て、外のコンビニなどでトイレを使って、また課金せずに首都高に戻るというバーチャルのPAをつくろうという案について、だいぶ検討が進んでいるそうです。これはETCが導入されたことによって可能なこと。
スマドラでも提案しているように、リラックスした状態で車の運転ができるような、そういう首都高を目指しているとおっしゃっていました。


新年もスマート・ドライブでよろしくお願いします。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年12月26日

SMART FRIDAY - 今年最後のSMART FRIDAY

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。

今夜は今年最後のSMART FRIDAY。4月からスタートして9ヶ月。

首都高のスマドラプロジェクトについても、多くのゲストの方に来ていただき、おもしろい話がたくさんありました。そしてスマート・メッセージの横断幕の募集。とてもたくさんの素敵なスマート・メッセージをいただきました。実際に会ったことはないけれど、いただいたメッセージから人柄や顔が描かれてみたり。不思議なつながっ
ている感じを覚えました。イベントもとても楽しかったです。ありがとうございました。

首都高に関する色々なところにも行きました。首都高の管制室に行ったり、ホメパトに乗ったり。身近にあるのに、全く知らなかったということに触れました。現在、レインボーブリッジが虹色にライトアップされている時間があって、25日までは東京タワーもダイヤモンドのようにキラキラしたライトアップがされていましたよね。ドライバーとして首都高を走るだけじゃなくて、色々な楽しみ方がありそうでうす。首都高全体をライトアップするキャンペーンなんておもしろそう。

先週と先々週、廃食油を回収して新しい燃料に変えるというプロジェクトをしている染谷さんにゲストに来ていただきましたが、首都高でも廃食油から石鹸を作っているんです。色々なハーブの香りがあって、パッケージも石鹸自体もエコな感じで素敵。これはまだ商品化されていないのですが、いつか皆さんのお目にかかる日が来るかもしれません。

来年もスマドラ・プロジェクトは続きますよ。
ぜひ、年末もスマート・ドライブで。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年12月19日

SMART FRIDAY - 2017年の社会をみつめて

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。今夜も先週に引き続き、TOKYO油田2017プロジェクトを進めている株式会社ユーズ代表の染谷ゆみさんをお迎えしてお送りします。

TOKYO油田2017プロジェクトのひとつ、家庭で出た廃食油を集めて加工してVDFという軽油にしていますが、家庭の油を回収する方法は色々な仕組みを作ってるそうです。例えば近所のおせんべい屋さんが回収ステーションに。そこに使い終わった油を持って行くと、おせんべいが1枚もらえるんだとか。そうすることで、今までおせんべい屋さんに立ち寄ることの
無かった人がお客さんとして来たり、そこでコミュニケーションが広がったりもするそうです。だから、ぜひ使用済みの天ぷら油を町の潤滑油にして欲しいと染谷さん。

現在、このプロジェクトは首都高ともコラボレーションしていて、首都高のPA内にあるレストランなどで使った油を回収したり、それを燃料にして工事車両などの燃料に使っています。今後は、首都高も一般家庭の使用済み油を集める回収ステーションになる予定です。その名も「首都高速パイプラインプロジェクト」

2017年には車の燃費が今よりもっと良くなっているはず。将来はVDFでもリッター100キロ走る車ができるかもしれません。そうなると燃料を入れるタンクも小さくすることができるし、そうすれば車体がもっと軽くなるので、もっと低燃費になりますね。2017年までにあと9年もありません。それまでに、1滴の廃食油も出さずに、すべてが資源となるように、そういった社会にしていきたいとおっしゃっていました。
WEB: TOKYO油田2017

TOKYO SMART DRIVERでは、現在、WEBサイト上で「スマートチャレンジ」を実施中!
首都高速の事故が、先月よりも減らすことが出来れば、毎月様々なプレゼントがもらえ、というもの。ぜひ、スマドラのWEBからエントリーを。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年12月12日

SMART FRIDAY - TOKYO油田2017プロジェクト

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。今夜はTOKYO油田2017というプロジェクトを進めている株式会社ユーズ代表の染谷ゆみさんをお迎えしてお送りするSMART FRIDAY。

「TOKYO油田2017」の「2017」とは2017年のこと。プロジェクトを始めたのが2007年なので、10年後には東京を油田に変えようという思いが込められているそうです。「東京を油田に」といっても、どこかに穴を掘っているというわけではなく、私たちが使った後の天ぷら油を回収して、車の燃料などを作るというもの。そうすれば台所1つ1つが油田のスポットになるということなんです。
1リットルの油から、0.9リットルの燃料が取れるそうです。ほとんど使えるということですね。それを捨てるなんてもったいない!ただ、1つの家庭から出る油はそんなにたくさんの量にはならないので、それを回収するルートを構築していこうというのがプロジェクトのうちのひとつ。全国で出る廃食油は年間40万トンにもなるそうです。これをすべて加工したVDFにできれば36万トンにもなるということ。実はこれから、首都高のPAなどでも回収できるようにする予定なんです。

このプロジェクトを思いついたきっかけは1992年にアメリカのバイオ燃料のことを聞いたとき。新品の油から車の燃料ができるなら、「使った後の油」廃食油でも同じことができないかと考えたんだとか。

そして実験してみたら、できたんだそうです。実はKIKIはVDFを使ったトラクターを見たことがあるのですが、排気ガスの香りが、なんと天ぷらの香りだったんです。原料の匂いを反映するそうで、天ぷらの香りだったり、から揚げの香りだったりするんだとか。これが実現したら、色々な場所で揚げ物の香りに出会えるかもしれませんね。
WEB: TOKYO油田2017

TOKYO SMART DRIVERでは、現在、WEBサイト上で「スマートチャレンジ」を実施中!
首都高速の事故が、先月よりも減らすことが出来れば、毎月様々なプレゼントがもらえ、というもの。ぜひ、スマドラのWEBからエントリーを。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年12月05日

SMART FRIDAY - 「スマドラコース」開設?

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。今夜も先週に引き続き、ペーパードライバースクール代表の関主税さんをお迎えしてお送りします。

ペーパードライバーの人や、もう一度学びなおしたいというドライバーの人に、オーダーメイドに近い形で教習してくれるペーパードライバースクール。首都高に怖くて乗れないという人のために「スマドラコース」を作ってくれたそうです。首都高からも+αの情報として、事故発生件数が多い場所などを聞いたところ、今まで思っいてたことと違うこともあったと関さん。関さんの考えていた危険な場所は新宿のジャンクションの入り口付近。過去はここでの事故発生件数が多かったそうですが、最近では料金所や料金所を終えた後の合流に気をつけたほうがいいそうです。

関さんから首都高に乗る際の簡単なアドバイスをお聞きしました。基本的にはスピードの流れに上手く乗ること。そして目的の道路に入ること。そのためには車線変更が必要になります。これが苦手という方も多いかもしれません。そういう場合、もっと意思表示をした方がいいかもしれないとおっしゃっていました。

そんなペーパードライバースクールでは、さらに新しい案があるんだそうです。それはスマドラで募集をして、毎月ひとりを「スマート・ドライバー」に徹底的に教習するというもの。これは受けてみたいと薫堂さん。でも「褒めて育てて欲しい。」とのリクエストつきでした。

WEB: ペーパードライバースクール


J-WAVEのタイムテーブルをデザインしているgood design companyのアートディレクター水野学さんは、「TOKYO SMART DRIVER」のデザイナーでもあります。

いまスマドラ公式WEBからメンバー登録すると、水野さんデザインによる新しいパンフレットが全員に送られてきますので、こちらもぜひ!

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年11月28日

SMART FRIDAY - ペーパードライバースクール

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。今夜はペーパードライバースクール代表の関主税さんをお迎えしてお送りするSMART FRIDAY。

「ペーパードライバースクール」とはその名の通り、ペーパードライバーの方を対象としたドライバースクール。最初に運転するのは助手席にもブレーキのついている教習車と同じ機能を持っている車なのですが、外から見る分には普通の車と違いは無いそうです。その車で生徒さんのところへ行くんだそうです。だから自分の家から、よく使う道を教習できるんですね。最終的には生徒の方の車を使っての教習。授業も毎週何曜日とかではなく、オーダーメイドメニューのような感じなんだとか。

当初のお客さんは、子育てなどで車の運転をなかなかできなかった女性が、幼稚園や病院などの送迎に使いたいということで、また車を運転したいという人が多かったそうなのですが、最近では仕事で使うために、もう一度基礎をしっかり学びたいという男性の方もとても多いそうです。ペーパードライバースクールでは上からものを言うのではなくて、褒めることも大切にしているんだとか。スマドラと同じコンセプトなんです!

WEB: ペーパードライバースクール


さて、「TOKYO SMART DRIVER」では来週12月1日(月)夜に、スマドラや首都高に対して、自由に前向きな意見やアイデアをぶつけていただく「第1回スマドラミーティング」を行います。みなさんの貴重なご意見が、明日の首都高を変えるかも!

■第1回スマドラミーティング
日程:12月1日(月)18:00〜20:00
会場:東京ミッドタウン5階 デザインハブ リエゾンセンター

参加したい!という方は、スマドラのWEBサイトからぜひ申し込んでください。

WEB: TOKYO SMART DRIVER「第1回スマドラミーティング」

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年11月21日

SMART FRIDAY - グッドデザインカンパニー

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。今夜は先週に引き続き、グッドデザインカンパニーの水野学さんをお迎えしてお送りします。

水野さんは11月11日に「グッドデザインカンパニーの仕事」という本を出版されました。この10年間、仕事を通して勉強したきたものを1冊にまとめて、次のステージに行けたらいいなという思いでつくられたそうです。グッドデザインカンパニーの10年間の集大成のこの本。ぜひチェックしてみてください。
グッドデザインカンパニーはオフィスの中にギャラリーがあります。様々な個展が開かれるこのギャラリーの入場は基本的に無料。25歳で独立した水野さんは、いろいろな人にお世話になったという思いがあって、それをどうやって恩返しするかと考えたときに、自分が若いときに作品を発表する場があればと思っていたことから、若い人を応援するためのギャラリーをつくったそうです。このギャラリーで未来のアーティストたちの作品が発信されていくんですね。

WEB: good design company

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年11月14日

SMART FRIDAY - 首都高をデザイン

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。今夜はスマドラのピンクチェックの生みの親であるグッドデザインカンパニーの水野学さんをお迎えしてお送りするSMART FRIDAY。

水野さんはJ-wave20周年のロゴやタイムテーブルのデザインも手がけています。 色鮮やかで目を惹きますね。

現在、首都高に掲示されているスマドラ標語は、皆さんの考えてくれたスマートメッセージと水野さんのデザインが一緒になって掲げられています。他県から首都高に入ってきたとき、都市そのものが「東京ってセンスある」みたいになるのではと薫堂さん。首都高はもともと走っていて気持ちの良いところだから、そこに似合うようなデザインになったと思うと水野さんもおっしゃっていました。

もし水野さんが「首都高を好きなように使ってデザインしてください」と言われたら。。。この質問は、スマドラ・プロジェクトが始まったときから、訊かれたらどうしようと、密かにずっと考えていたことなんだとか。まずは「標識をつくりたい」と水野さん。もっと分かりやすいものであったり、デザインされているものであったり。他にもパイロンなど、今、あるものを変えていきたいと考えているそうです。
「首都高の見物渋滞を無くすために、事故処理の際、ロールスクリーンのパーテーションをつくってしまえばいいのでは。」というのは薫堂さんの提案。そこにはやっぱり水野さんのデザインがあったらいいですね。


「good design company」は今年で設立10年。そこで、これまでのWORKSをまとめた書籍『グッドデザインカンパニーの仕事』が11月20日、誠文堂新光社から発売になります。ぜひ、書店で手にとってみてください。

WEB: good design company

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年11月07日

SMART FRIDAY - 首都高全体で発電

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介するSMART FRIDAY。今夜も先週に引き続き、株式会社音力発電の速水浩平さんをお迎えしてお送りします。

今夜は発電床の模型を持ってきていただきました。これは上を歩くことで力を加えると、それを振動に変えて発電し、光るというもの。例えばこれを横断歩道に使えば、人が渡っているときには光るので、夜、暗くて見えづらくても安心ですね。このような安全対策や非常用の電源としても応用できればという思いがあるそうです。他にもこの仕組みを靴底に入れることで歩きながら携帯電話の充電ができるということも研究されているそうです。

音のエネルギーを振動にして発電するというのは、言い換えればその装置を通すと音は小さくなるということに。

そこで高速道路の防音壁に音力発電装置をつけることで、発電しながら遮音効果も期待できる、まさに一石二鳥の装置なんだとか。このように首都高の道路の部分も防音壁も発電装置をつけて首都高全体で発電すると、今の発電効率で東京23区の4〜5割の一般家庭の電力をまかなえるんだそうです。本当に何も無駄にできないですね。

首都高に限らず、道路のアスファルトは定期的に剥がして新しくするので、その際に埋め込めていければ、早ければ2020年に道路で発電するということが実現できているかもしれないと速水さん。2020年。遠いようで意外と近い将来かもしれません。

WEB: 株式会社音力発電 soundpower corporation


TOKYO SMART DRIVERの新パンフレットご希望の方は、スマドラ公式WEBからメンバー登録してください。応募者全員に郵送されます。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年10月31日

SMART FRIDAY - 音力発電

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。今夜は株式会社音力発電の速水浩平さんをお迎えしてお送りするSMART FRIDAY。

(株)音力発電では音の力で発電する研究を行っています。音の力で発電するというアイデアは、なんと速水さんが小学生の頃に思いついたものなんだとか。理科の授業で、モーターを電気で回し、そのモーターを回すことで発電するという「モーターと発電機の仕組みの逆」を習ったときに、同じようなことがスピーカーでもできるのではと思ったのがきっかけ。それを大学2年のときに本格的に研究し始めたそうです。

現在は首都高で発電しようというプロジェクトを行っています。

音というのは空気中を伝わる振動なので、音以外の振動でも音力発電の仕組みを応用して、「振動力発電」をすることができるんだそうです。道路は車が通ると路面に振動が発生します。首都高全体の振動を合わせると、かなりのエネルギーになりそう。それで発電することができたらいいのではないかということで、今は足立区にある五色桜大橋の橋の揺れで発電して、イルミネーションの電力の一部にしています。

この発電の仕組みは様々なところで使えそうですよね。例えば電車。電車の車体や枕木に発電装置をつければ、すごい振動の力で発電することができそうです。もちろん車もですね。電気自動車や燃料電池車など様々なエコカーがありますが、将来的にはそういった車にも使えればと思っているそうです。音が溢れている現代、この発電システムの可能性は無限に広がりそうですね。

WEB: 株式会社音力発電 soundpower corporation

WEB: FUJIMI フジミ模型株式会社

*10月7日にホメパトのプラモデルが発売になりました!
模型店かフジミ模型のウェブサイトから購入できます。
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年10月24日

SMART FRIDAY - 事故のないクルマ社会への研究

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。今夜も先週に引き続き日産自動車「社会・フロンティア研究所」の原加代子さんをお迎えしてお送りするSMART FRIDAY。

先週は褒めることと交通安全の関係のお話を伺いましたが、今週は将来、事故のない車社会にするにはどうするかという研究のお話。

先日、CEATECという最先端IT・エレクトロニクス総合展で小さなロボット・カーを出したそうです。それは蜂の脳の仕組みを真似て、何か近くに寄ってくるとさっと避けるというもの。蜂は複雑なことを考えなくても、ある程度自分の方に寄ってくると、ある角度に避けるというすごく簡単なロジックで避けているんだとか。それを車に応用できれば、ぶつからないで避けることのできる車ができるかも。

日産自動車がCEATEC JAPAN 2008で出展した、ハチの行動解析を応用した衝突回避ロボットカー「BR23C」。高さ・幅約60cmで、昆虫の行動解析をヒントにした、次世代の自動車の衝突回避技術を搭載しています。ハチが障害物を避けて飛行するように、複雑な判断を行わず環境に適応した動作を反射的に回避行動を取ります。ハチが障害物を避けるのと同様の素早い行動がをクルマが行う日も近い?

他にも道の研究では、信号をどのように制御すればいいか、交通量によって信号の制御ができないかということなども考えているそうです。そして事故が起きにくい街についても。例えばヨーロッパなどの中心街には、入ると30キロ以上出せないようになっているところも。車も様々な機能が着く現在、「ある地域に入ったら」とか「子供の通学時間帯には」スピードが出せないようにするということも可能なんだそうです。

ロンドンなどでは高い税金をかけて都心部の交通量を減らしていますが、できれば無理やり規制するのではなくて、同じ効果のある違うやり方を探したいと原さん。こういった考えがスマドラと共通するんですね。

WEB: ハチの行動解析を応用した衝突回避ロボットカー「BR23C」


◎ KIKIが大学の卒業制作で発表した「首都高緑化計画」を、いま首都高HPにて掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

WEB: 「首都の細道」KIKIの首都高緑化計画

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年10月17日

SMART FRIDAY - 気分良く運転できるための研究

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。今夜は日産自動車「社会・フロンティア研究所」の原加代子さんをお迎えしてお送りするSMART FRIDAY。

原さんとの出会いは、薫堂さんが番組の中でホメパト構想のことを話していたら、それを偶然聴いていた原さんが「ちょうど私たちもこういったことを研究していました」とご連絡をいただいたことから。

現在スマドラではホメドライブキャンペーンをしていますが、社会・フロンティア研究所でも褒めることと運転との関係を調べているそうです。この研究を始めたきっかけは、スタンフォード大学コミュニケーション学部のクリフォード・ナス教授の「気分が良いときに運転したときと、暗い気持ちで運転したときとは事故率に差がある」という論文を読んだこと。ドライビング・シュミレーターで暗い映画を観た後に運転したときと、楽しくなるような映画を観た後に運転したときとで実験をして、明らかに差があったんだとか。直感的にはそうかなと思っていたことも、実際に実験で証明されたというのがすごくおもしろいと思ったと原さん。では、どうやって褒めたらいいのか?常にドライバーの気分を良くするには?といった研究を始めたそうです。

他にも自分の運転テクニックについて、普通に運転している限り、普段あまり意識しませんよね?まず、運転が上手いって具体的にどういうことだか分からないという人も多いのではないでしょうか。それを例えば、A級ドライバーの人と比べたときに、コース取りがどう違うかなどが分かるようにしようかということや、カラオケの採点システムのように運転が終わったときに点数が出るようにしてはどうか、などなど。。。原さんたちの考えるこのシステムのカラオケよりもっとすごいのは、ここをこうするともっと良くなりますよと教えてもらえるところ。将来の車には、こんなにわくわくする機能が付くのでしょうか?楽しみですね。

この夏、募集した優しい気持ちで運転できるスマートメッセージ。
入選した15作品が実際に首都高に掲示されていますので、見かけたときには笑顔でスマートドライブ、お願いします。

WEB: TOKYO SMART DRIVER
WEB: スマートメッセージ掲出MAP

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年10月10日

SMART FRIDAY - イベントでいただいたメッセージをご紹介

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんと紹介するSMART FRIDAY。

先日、9月27日にShare Smile 初めてのイベント、安全運転したくなるスマートメッセージ授賞式を行いました。KIKIは初めての司会で緊張しすぎて、あまり覚えていないのですが。。。来場してくれた人たちも皆さん優しい雰囲気で、笑顔で帰っていただけたのではないかと思います。私たちも楽しかったです。今回のイベントで、来場していただいた人たちからたくさんのメッセージをいただきました。今夜はその中のいくつかご紹介しました。

「おもわずマメに休憩したくなる仕組みをつくることが良いのではないでしょうか。 危ない!と自分でも思うのは、眠いときです。 でも、休憩するたびに高速を降りるのは高速代がもったいない気がします。 そういうとき、首都高にも休憩所が沢山あればいいのに、と思いますが、 場所がないのでしょうがないです。それなら、高速を降りてから1時間以内にまた首都高に乗れば、料金は半額でよいとか。 ETCならできるのではないでしょうか? 」確かに首都高は場所的な制限があって、休憩所が少ないです。なので、降りたところのファミレスなどとうまく提携できたりするといいですよね。

「統計を取って、事故が減った週の翌週はピンクの旗をグリーンに変更してみるとか、 逆に増えたら赤にするとか。 変化があった方が効果的だと思います。」おもしろいですね。ひとつの目標を設けて、それより減らそうとみんなで意識して安全運転。良いことがあったときに目につくものが出るのは、楽しくできそう。

「運転手だけでなく、同乗者にも安全運転の重要性を認知してもらうために学校で安全運転についての授業や講義を取り入れる。」これを受けて、自動車学校の授業時間の中の1コマをTOKYO SMART DRIVERがもらえないかと薫堂さん。高速教習のサブ補修的なものとか。楽しい授業にしてくれると約束してくれましたが。。。実現できる日が来るのでしょうか?

他にも、なるほどと思うものや実現できそうなものもたくさんいただきました。
そして、この授賞式で表彰された入選15作品のスマートメッセージも実際に掲示されていますので、見かけたときには笑顔でスマートドライブ、お願いします。

WEB: TOKYO SMART DRIVER
WEB: スマートメッセージ掲出MAP

現在、首都高の大黒パーキングエリアで「首都高エコ・ロマンティック・パーキング」を開催しています。今日から12日(日)までの3日間、午前10時から午後5時まで行っていますので、ぜひおでかけください。各自動車メーカーの最先端エコカーが大集合したり、ちょっと未来が見えるような環境イベントです。

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年09月27日

「スマートメッセージ 授賞式」を開催しました!

TOKYO SMART DRIVER SHARE SMILEでは、この夏、
安全運転したくなる「スマートメッセージ」募集を行いました。
たくさんのご応募の中から決定した受賞作。
その発表を兼ねた公開収録イベント
「TOKYO SMART DRIVER SHARE SMILE スマートメッセージ 授賞式」を
Apple Store, Ginzaで行いました。

スマートメッセージを送ってくださった皆さん、
そして当日ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。
受賞したスマートメッセージと、その掲示場所をご紹介します。
順次、掲示されていきますので、見かけたときには
笑顔でスマートドライブをお願いします。


■□■ 大賞 □■□

「くるま」乗るなら、気持ちは「まるく」 
R.N:目黒エビスさん
掲示場所:都心環状線(内)谷町ジャンクション手前

□■□ 優秀賞 ■□■

たくさんの 人生が 走っているんです
R.N:たーちんさん
掲示場所:都心環状線(外)芝公園出口先

大丈夫。ちゃんと待ってるから… 急がなくていいんだよ
R.N:そうちゃんさん
掲示場所:6号三郷線(下)八潮出口手前

ハザードは気持ちを伝える光のウインク
R.N:ふじっ子さん
掲示場所:湾岸線(西)新木場付近

“口笛”を吹きたくなるようなDriveをしよう。
R.N:Shigeさん
掲示場所:湾岸線大黒パーキングエリア内

■□■ 入賞 □■□

深呼吸。ドライブにもブレスが大切!
R.N:ななこさん
掲示場所:3号渋谷線(上)六本木付近

恋愛も、運転も、初心忘るるべからず。
R.N:ツジケンさん
掲示場所:4号線新宿線(上)代々木パーキングエリア付近

マナーのいい運転は 地球にもおサイフにも プラスになるみたい 
R.N:まいどのアタシさん
掲示場所:5号池袋線(上)西神田入口手前

みんなで東京を、世界一のスマート・ドライブの街にしてみませんか? 
R.N:ほおずきさん
掲示場所:9号深川線(上)枝川出口先

大丈夫。追い抜かれても、渋滞でも、後ろには進んでいませんから。 
R.N:タイムマシン車検切れさん
掲示場所:湾岸線(東)東京港トンネル入口

素敵な運転をありがとう。
R.N:ルイルイさん
掲示場所:中央環状線(内)扇大橋付近

はじめて運転したときのことを思い出そうよ。
R.N:ジャーマンポテトさん
掲示場所:横羽線(上)みなとみらい付近

そのハンドルに安全というマイレージを貯めよう
R.N:おくとさん
掲示場所:湾岸線(東)東扇島付近

思いやりで減速。きっと笑顔が加速する。そして広がる… 
R.N:かなあみタイツさん
掲示場所:湾岸線(東)湾岸浮島本線料金所付近

「どうぞ」とスマートにゆずれた時。なんだか、ちょっとウレシイ
R.N:jinさん
掲示場所:横羽線(下)汐入付近

WEB: TOKYO SMART DRIVER
WEB: スマートメッセージ掲出MAP 

ShareSmile Staff| 22:10 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年09月26日

SMART FRIDAY - TOKYO SMART DRIVER を発足して

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。今夜はスマドラを蔭で支えてくれているプロデューサーの山名清隆さんをお迎えしてお送りするSMART FRIDAY。

山名さんは社会的運動を起こすような様々な活動をされています。中でも薫堂さんが好きなのは「愛妻家協会」というの。これは、いそうでいない「愛妻家」を探して、どういう生活をしているかなどを調べるという変わった活動。愛妻家の人たちで集まっているわけではないので、独身の人や女性も入れるんだとか。

スマドラを発足して1番変わったと感じるのはスタッフが良い人になったことだと山名さん。これは最初、様々な思いで集まってきた人たちも、市民の人たちから「本当に素晴らしいプロジェクトですね。」、「私も参加させてください。」などの意見や声援をいただいて、「自分たちはなかなか良いことをやっているかもしれない。」という実感が体の中にまわり始ことから。

薫堂さんもスマドラ発足以前は、運転はあまり慎重な方ではなかったそうです。でもスマドラを始めて安全運転をするようになって、今つくづく思うのが、だから事故を起こさないですんでいるのではないかということ。自分で言いきって、そして外にも呼びかけることでだんだん守られてくる。その輪がこれからもますます、広がりますように。。。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年09月19日

SMART FRIDAY - 首都高の神奈川エリア

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。

今夜はスマドラ活動に熱い熱意を燃やす、神奈川管理局の野村和嗣さんをお迎えしてお送りするSMART FRIDAY。

首都高は東京というイメージが強いかもしれませんが、神奈川・千葉・埼玉にもまたがっています。首都高の神奈川エリアは、全体で200数十km分の70kmくらいなんだそうです。玉川を渡った南側。湾岸線やベイブリッジ、鶴見つばさ橋などの代表的な橋の管理もしているそうです。とても魅力的なところですよね。

走るエリアに、また東京とは違った特徴もある分、神奈川エリア特有の事故の傾向もあるんだそうです。東京に比べて渋滞が少ないので、スピードを出しすぎてしまう傾向があり、カーブを曲がりきれずに接触してしまったり、風も強いので落下物も多いそうです。景色が良いというのもよそ見をしてしまう原因かもと野村さん。他にも、京浜急行バスの背中には「おとしものに注意」という独自のスマドラ標語が。これは野村さんが京浜急行バスに押しかけて交渉したんだとか。

野村さんのお気に入りコースは川崎線(浮島JCT〜横羽線につながる、まだ建設途中で2、3年後につながる予定のところ)の工場地帯の夜景。まだ建設途中なので、一旦、一般道へ降りなければいけないのですが、完成すればそのまま通れるようになるそうです。

神奈川エリアの大黒パーキングエリアでは、9月27日土曜日、「秋の交通安全運動」キャンペーンの一環で、パトカーやホメパトの展示などをするイベントが行われます。パトカーの中に入れたりもするそうですよ。

秋のドライブもスマート・ドライブで。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年09月12日

SMART FRIDAY - 秋ドライブ、しませんか?

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介。
スマドラの発起人である小山薫堂さんとお送りするSMART FRIDAY。

ずいぶんと朝晩は涼しくなりましたね。
秋は紅葉もあり、ドライブにも気持ちのいい季節。

薫堂さんのお気に入りドライブコースは湘南の湾岸線を通って、
逗子・葉山・鎌倉の秋の海コース。
Chris Rea の「On The Beach」を聴きながら走るのもおすすめ。
冬に向かっていく寂しげな感じが好きなんだとか。

KIKIが好きなのは山コース。
箱根の方へ行くことが多いのですが、大きく息を吸い込んだときの
ひんやりとした感じが気持ちいいんです。
他にも、山はやっぱりキノコがおいしいのも嬉しいところ。

9月は秋の交通安全キャンペーンが様々なところで行われます。
秋の楽しいドライブも、ぜひスマートドライブで。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

そして明日13日の土曜日から、薫堂さん脚本の映画「おくりびと」が公開になります。
第32回モントリオール世界映画祭のグランプリを受賞し、話題になってますよね。
笑えるところもたくさんあるのですが、心にぐっとくる映画です。
ぜひ、観に行ってみてくださいね。

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年09月05日

SMART FRIDAY - 江戸しぐさ

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介。
スマドラの発起人である小山薫堂さんとお送りするSMART FRIDAY。

薫堂さんは日産銀座ギャラリーでホメパトを展示していたとき、首都高の新社長に就任された佐々木克己さんにお会いしたそうです。その際、このTOKYO SMART DRIVERのプロジェクトに対しての感想をお聞きしました。

TOKYO SMART DRIVERについて最初に聞いたとき、スマドラは現代における「江戸しぐさ」のような粋な言葉だと思ったと佐々木さん。

「江戸しぐさ」、皆さんはいくつ知っていますか?

例えば人とすれ違う際に傘同士がぶつからないようにお互いに傘を反対側に傾ける「傘かしげ」。他にも、足を踏まれたとき、踏まれた側も「こちらがうかつでした。」と謝る「うかつあやまり」。断り無く相手を訪問したり、約束の時間に遅れたりして、相手の時間を奪うのは重い罪だということで「時泥棒をしない」。先入観で人を判断しないように、初対面の人に年齢・職業・地位を聞かないという「三脱の教え」。などなど。。。たくさんの人が密集して暮らす江戸で、お互いが気持ちよくいられる思いやりのあるルールがあったんですね。それは都会的で成熟した都市におけるマナー。これを守ってきた人たちを粋だとし、「江戸っこ」と呼んでいたそうです。車でも他の車を出し抜いて行くのではなくて、思いやりを持って走ることは大切なことですよね。現代でも、この「江戸しぐさ」を取り入れることで、みんなが気持ちよく過ごすことができそう。

7月、8月で募集していたスマートメッセージ。たくさんのご応募、本当にありがとうございました。

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年08月29日

渡辺潤平さんと一緒にスマート・メッセージをご紹介!

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介。
スマドラの発起人である小山薫堂さんとお送りするSMART FRIDAY。

都高に現在掲げられているスマドラ横断幕のコピーを作られた渡辺潤平さんをお迎えして、ただ今、皆さんから寄せられているスマート・メッセージをご紹介しました。

◎R.N:Shigeさん 「口笛を吹きたくなるような Driveをしよう」
 シンプルだけど、ただ安全運転のことを言っているのではなくて、優しい気持ちをうまく描いていますね。

◎R.N:ジャーマンポテトさん 「はじめて運転したときのことを思い出そうよ」
 車を運転している人なら誰もが知っているドキドキ感やわくわく感をうまく伝えていて、これは僕も書けば良かったと渡辺さん。

  
薫堂さんが渡辺さんっぽいなぁと思ったのは
◎R.N:ツジケンさん 「恋愛も運転も 初心忘れるべからず」
 運転に何か違うものをプラスすると、すっと気持に入ってくる言葉になるんですね。
 
◎R.N:ななこさん 「深呼吸。ドライブにもブレスが大切!」
 自分の好きなことや関係のあることから言葉を探してくるのは良いことだと渡辺さんもおっしゃっていました。
 
他にもたくさん、安全運転をしたくなる素敵なスマート・メッセージをいただいています。実際に首都高に掲げられるのは、どんな標語になるんでしょう。


スマート・メッセージ募集もあと少し!

募集: 「安全運転したくなるスマート・メッセージ募集」
WEB: TOKYO SMART DRIVER

■SHARE SMILEからの夏休みの宿題は、あさって31日(日)しめきり。
首都高と番組との連動企画『安全運転したくなるスマートメッセージ』募集中です!

優秀作のプレゼント決定しました!
・大賞1名(副賞:首都高レインボーブリッジが美しく見える「インターコンチネンタル東京BAY」のペア宿泊券)
・優秀賞4名(副賞:iPod nano)
・入賞10名(副賞:スマドラグッズ&J-WAVEグッズセット)

あなたのアイデアが、首都高の流れを変えるかも!
ご応募お待ちしています。

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年08月15日

SMART FRIDAY - スマート・メッセージを作るコツ

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。

今夜は、首都高に現在掲げられているスマドラ横断幕のコピーを作られた渡辺潤平さんをお迎えしてのSMART FRIDAY。安全運転したくなるスマート・メッセージをつくる際のコツをお聞きしました。

渡辺さんのつくる標語は今までの交通安全標語とは少し違った目線で、心に響くもの。実際に首都高を走っていて、こういう風景にこういうメッセージがポンと出てきたらおもしろいかなぁとかいうことを考えたりしながら作ったものもたくさんあるそうです。運転しながら見るものだから言葉自体は短いけれど、言っていることがドライバーの人たちに届くように、ドライバーの目線で書いたそうです。標語というよりは、ドライバーへのメッセージとして。だから心に訴えてくるんですね。

中でも薫堂さんのお気に入りは「隣の車は ライバルじゃなく、仲間です」というもの。これは渡辺さんの実体験から。一ノ橋ジャンクションの合流がすごく苦手で、そんなときスッと譲ってくれる車に会うことがよくあったんだとか。そうすると気持ちがやわらかくなり、お互いこういう風に走るのが1番良いんだと思っていたそうです。これはずっと昔から思っていて、この言葉はわりと最初の方にふっと出てきたとおっしゃっていました。
確かに場所を意識したメッセージもおもしろいですね。風景に近いメッセージができそう。ビルの背景と一緒に溶け込んで掲げられていることが多いスマドラ・フラッグ。だからあまり堅苦しくても、逆にふざけすぎてもしっくりこない。気が利いていて、東京らしさもあり、ウィットに富んだメッセージだと街にも溶け込むと思うと渡辺さん。それはアート・ディレクターの水野さんと緻密に計算して作っていったそうです。
場所を意識したメッセージということで、薫堂さんの例えば。焼肉屋さんのそばの道で「ゆっくり走って 窓を開けてみてください 良いにおいがしてきたでしょ?」とか。。。? 今夜のアドバイスを聞いて、また新しいスマート・メッセージができそうですね。 引き続き、優しい気持ちで運転ができるような標語を募集中です。


募集: 【安全運転したくなるスマート・メッセージ募集
WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年08月08日

SMART FRIDAY - スマート・メッセージをご紹介!

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介。
スマドラの発起人である小山薫堂さんとお送りするSMART FRIDAY。

現在、スマドラで募集している首都高の 交通安全標語。               嬉しいことに、たくさんのご応募を     いただいています。              今夜はその中から、             いくつかご紹介しました。
                              *photo: 益永研司

◎R.N:ローマは一日にして奈良漬さん
                     「渋滞中、気持ちにワイパーかけてみよ」
 渋滞中に気持ちをリフレッシュさせられれば、優しい運転ができますよね。

◎R.N:アイベルさん 「首都高ダイエット!きっとスマートだと思われてます」
 「首都高ダイエット」というコピーが良いと薫堂さん。
 余分なスピード、イライラ、焦る気持ちなど、色々ないらないものを
 減らしていけそうですね。

◎R.N:たーちんさん 「たくさんの人生が 走っているんです」
 シンプルで分かりやすいですね。
 確かに同じ場所、同じ時間にいる人でも、家に帰る人もいれば、
 仕事中の人もいたり。。。

◎R.N:かめのこさん 「運転注意はやりすぎなし」
 こちらもシンプル。本当にその通りですよね。

◎R.N:どんちゃんさん 
 「そんなに急がなくても、あなたのことはちゃんと待ってるから…」
 1人で運転中だとつい、自分本位になりがちですが、
 自分の周りにも人がいることや、その人たちのことも考えたいですよね。

他に本当にもたくさん、素敵なスマート・メッセージをありがとうございます。
実際に首都高に掲げられるのは、どんな標語になるんでしょう。
まだまだスマート・メッセージ募集中です!

募集: 【安全運転したくなるスマート・メッセージ募集
WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年08月01日

SMART FRIDAY - ホメパトに会えます!

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介。スマドラの発起人である小山薫堂さんとお送りするSMART FRIDAY。

先週、お知らせしましたが、もうホメパトに会いに行かれましたか?
現在、日産銀座ギャラリーではホメパトとNISSAN GT-Rが展示されています。

今夜は、日産自動車マーケティング本部の押野直美さんをお迎えしました。NISSAN GT-Rというと、男性のイメージが強いと思いますが、もともとオートマなので、オートマ限定免許をもつ人も多い女性でも運転しやすく、マニュアルモードもあり、楽しく運転できるそうです。

日産自動車の提案する、これからの自動車についておききしてみると、環境にやさしいことはもちろん、ただ移動する手段としてだけでなく、車でしか味わえない楽しさを提供していきたいとおっしゃっていました。なんだかこれからも色々なスマイルが増えそうで楽しみですね。

ホメパトは日産自動車社内でも「かっこいい」と評判なんだとか。
ぜひ、実物を見てみてくださいね。

TOKYO SMART DRIVER in NISSAN GALLERY
■展示期間:7月25日(金)〜 8月10日(日)
■展示ギャラリー:日産銀座ギャラリー
■展示車:NISSAN GT-R「ホメパト」他

募集: 【安全運転したくなるスマート・メッセージ募集
WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年07月25日

SMART FRIDAY - NISSAN流 ホメ方

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをスマドラの発起人である小山薫堂さんとご紹介します。

今日から日産銀座ギャラリーで、ホメパトの展示が始まりました!
と、いうことで今夜は日産自動車から日産自動車マーケティングマネージャーの高口吾郎さんをお迎えしてのSMART FRIDAY。

日産自動車はTOKYO SMART DRIVERの考えに賛同してくれました。もともと社内では「褒める」という文化が定着していたんだとか。例えば、毎年1回、日産賞や金・銀・銅賞など、成果に対しての表彰。他にも管理職の人は「サンクスカード」というカードを持っているそうなのですが、これは業績などではなく、
日々の活動の中で頑張ってる社員に「ありがとう」の気持ちを込めて渡すというもの。この「サンクスカード」、スマドラの「ホメ玉」と同じですね! ホメパトが展示されている期間、日産銀座ギャラリーでは平日先着60名に ホメ玉がもらえるそうですよ。土日祝日は先着200名にホメパトステッカーが。 この機会にぜひ、ホメパトを見に行ってみてくださいね。

TOKYO SMART DRIVER in NISSAN GALLERY
■展示期間:7月25日(金)〜 8月10日(日)
■展示ギャラリー:日産銀座ギャラリー
■展示車:NISSAN GT-R「ホメパト」他

募集: 【安全運転したくなるスマート・メッセージ募集
WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年07月18日

SMART FRIDAY - みんなでエコドライブ!

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介。スマドラの発起人である小山薫堂さんとお送りするSMART FRIDAY。

皆さんは「エコ」を気にして実践していることはありますか?
薫堂さんは「ソースなども含め、食べ残しをしない」ようにしているそうです。そうすることで、お皿を洗う際に使用する洗剤や水を減らすことができるから。KIKIは以前から「MY箸&MYボトル」を愛用しています。好きなお茶を持ち歩くことができるし、フタがあるので、人に勧めることもできるのが良いコミュニケーションになるんです。

他にも様々なエコ対策がありますが、この夏、政府や民間で「エコドライブ」が推奨されています。 例えば「暖機運転は適切に」。。。現在販売されている乗用車は、寒冷地など特別な状況でない限り、暖気運転が不要なんだそうです。他にも「タイヤの空気圧をこまめにチェック」。。。これはエコのためだけでなく、安全運転にもつながりますね。ガソリンスタンドなどで見てもらうこともできますよ。
そして意外と気がつきづらいのは「不要な荷物は積まずに走行」。。。ゴルフバックなど使わないときも、そのまま積んだままになっていませんか?その日にいらないものは積まないようにすると、走りも軽快になりますよ。

募集: 【安全運転したくなるスマート・メッセージ募集
WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年07月11日

SMART FRIDAY - みんなで優しさ広がる標語を

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介。スマドラの発起人である小山薫堂さんとお送りするSMART FRIDAY。

首都高にある標語。気にしたことはありますか?
最近、今まであった交通安全標語とはちょっと違う、身近な感じがするものがたくさんあるんです。例えば「事故が多いのはここ。気をつけて。」なんだかドキっとしませんか?他にも「早く着くことより、無事に着くことが大事」「隣の車は、ライバルじゃなく、仲間です」「少し、距離を置かないか。前の車と。」などなど。

自分でも考えてみたくなりませんか?そこで薫堂さんの提案。「みんなで考えましょう!」良いものは採用して、実際に首都高のどこかに掲げたいと考えています。ぜひ、TOKYO SMART DRIVER らしく、みんなが楽しめて、優しくなれるものを。

たくさん素敵な標語が増えて、いつか「標語を見に行こうよ」ってなるかも。
詳しくは左のバナーから!


*photo: 益永研司

応募フォーム: 【安全運転したくなるスマート・メッセージ募集

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年07月04日

SMART FRIDAY - なごみ系 栗コーダーカルテットが登場!

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介するSMART FRIDAY。

今夜は、ゲストに栗コーダーカルテットの川口義之さんと関島岳郎さんをお迎えしました。
栗コーダーカルテットのサウンドはとってもなごみ系。実はTOKYO SMART DRIVER の公認アーティストなんです。スマドラのために「サンセットドライバー」という曲も書き下ろしてくれました。この曲は6月25日に発売されたマキシシングル「サヨナラのおまじない / 栗コーダーカルテット&松本素生」の中に入っています。

メロディーやサウンド、それに乗って流れてくるメッセージはほっとするものが多く、知らず知らずのうちに優しさを広げていっていそう。。。そんな栗コーダーカルテット。競争していくというよりは、自分たちが楽しくやる。そうしていくうちに、いろんな人に声をかけてもらって、様々な活動につながっているそうです。
「今後も、こんな風に無理しないペースでやっていることが、自然とほっとする感じで伝われば良い。」とおっしゃっていました。

ぜひ、「サンセットドライバー」を聴きながら運転してみてください。
きっと、いつもよりゆったりした気分になれますよ。

WEB: 栗コーダーカルテット
WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年06月27日

SMART FRIDAY - 道路を守る人たち

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介。スマドラの発起人である小山薫堂さんとお送りするSMART FRIDAY。

先週、先々週とホメパト試乗レポートをお送りしましたが、ホメパトに乗る前に首都高の心臓部とも言える中央管制室に行ってきました。巨大なボードの前で十数人の人たちが常に目を光らせていて、事故などが起こると、警察と連絡を取り合って早急に対応できるようになっています。中央環状線山手トンネルには100mごとにカメラがついていて、全部でなんと161台。

私たちは普段、道路はまるであるのが当たり前かのように走っていますが、実際は建物の中を走っているようなものだということに気付かされます。道路も建物のようにつくる人、守る人がいて、安心して走行することができるんですね。。

山手トンネルができたことで、渋滞の長さが22%減ったそうです。渋滞が減ったということはCO2排出量も減っているということですね。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年06月20日

SMART FRIDAY - 小山薫堂ホメパトドライバーに!

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介するSMART FRIDAY。今夜は先週に引き続き、ホメパト試乗レポート。スマドラの発起人である小山薫堂さんが運転してくれました。

ホメパトのハンドルを握りながら、薫堂さんは車に対する想い溢れる話をしてくれました。

スマドラのパンフレットに写っているレンジローバーは薫堂さんが27歳くらいのときに最初に買ったもの。ずっと乗っていたけれど、1度手放してしまったそうです。でも、「歳をとってくると初恋の人に会いたい」ような気分になった薫堂さん。「今頃どうしてるんだろう、あれにもう一度乗りたい」と思い、呼びかける企画をしようと考えてるとラジオで話をしたら、それをたまたま聞いていた人が、買ったのは自分ですと連絡をくれたそうです。
でも実はその1ヶ月くらい前に事故を起こしてしまって、他の人に部品取り用として売ってしまっていたのです。それを聞いて、その人にすぐに連絡をした薫堂さん。買った値段より高く買いますと言っても、承諾してもらえなかったそうです。その人にとってもようやく見つけたものだったから。だからその人には少し待ってもらって、同じ型の古い車を探したそうです。それは幸い見つかり、薫堂さんが最初に買ったレンジローバーは再び薫堂さんのもとに戻ってきました。それはすごく奇跡的な巡り合い。少しでもタイミングがずれていたら、それは叶わなかったかもしれません。でも時々、薫堂さんは思うそうです。「いっそバラバラになっていたら、諦めもついたのに。」

ホメパト運転中、スマートドライバーにたくさん会いましたよ。
みなさんの優しい運転で、優しい気持ちになりました。
引き続き、スマドラメンバーを募集しています!

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年06月13日

SMART FRIDAY - ついにホメパトに乗りました!

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介するSMART FRIDAY。

ついにスマドラの発起人である小山薫堂さんと「ホメパト」に乗ってきました! ホメパトドライバーのためオリジナルユニホームを着たホメパト専属ドライバー梅田さんのスマートドライブで、どこへ連れて行ってもらえるのでしょうか?

到着したのは代々木パーキングエリア。「都市の中の小さな森」というコンセプトで、森を意識しているそうなのですが、本当に緑が多くて気持ちいいです。入るところにソーラーパネルと風車があって、太陽光と風力で発電する施設があります。ここで作られた電力は、PA内にある携帯電話の無料充電器に使われているそうです。

2階の休憩所の眺望も最高なんですよ。明治神宮の森が見渡せて、4号新宿線の上下線の状況も見えます。この代々木PAには、その日のホメ件数などが書かれたホメッセージボードも置いてあるんです。ホメ件数を増やしに来たホメパトドライバーさんに会えるかもしれないですね。

毎日、様々なルートを通るホメパト。
今日はどこでホメドライブを広げているんでしょう?

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年06月06日

SMART FRIDAY - 愛車を大切にすることからでも

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介するSMART FRIDAY。

今夜はスマドラ発起人の小山薫堂さんと、自分の車をどんなかたちで大切にしているかというお話になりました。

薫堂さんは愛車をいつでもピカピカにしているそうです。ワックスなど洗車グッズを見に行くのも好きなんだとか。そして車を買い替えたときには必ず、最初に聞く曲を決めているんだそうです。それは Billy Joel の「Honesty」。初めて車を買ったときに、たまたまラジオで流れていたのがこの曲。初めて車を手にしたときの喜びを忘れないために、いつも最初に聞くんです。いつまでも初心を忘れない。なんだか薫堂さんらしい話ですね。

KIKIは車内に植物をかかしません。例えば山に行ったときに拾ったお花や葉っぱを少し、ダッシュボードのところに置いておくとドライフラワーになります。
自分の車を大事にする気持ちは、運転を含め、いろいろなところに優しさを広げることにつながりますよね。

引き続き、「誉めることで事故を減らそう」というホメドライブキャンペーンを実施中です!
マナーの良い運転をしている人をホメブログに書き込んでいます。もしかしたら自分のことが書いてるかも?ピンクのチェッカーフラッグのついてる日産GTR「ホメパト」と遭遇した日は要チェックです!

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年05月30日

SMART FRIDAY - 路面デザイン

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介。小山薫堂さんを迎えてのSMART FRIDAY。

みなさんは首都高の路面でオプティカルドットを見たことがありますか?

まだ、大宮線下りの美女木ジャンクション付近での試行運用なので、見たことのない人も多いかもしれません。 路面に楕円形の模様が書いてあるのですが、例えば徐々にドットの間隔を狭めていくことで、ドライバーが視覚的に速度感を感じるようになります。これによって、下り坂で上がりがちになってしまう速度を落せるというもの。

逆に自然渋滞が起こりがちな上り坂ではドットの間隔を広くします。他にもカーブの手前から徐々にドットを曲げることで、カーブを認識できます。
実際に運転してみるとどう感じるか、ぜひ体感しに行ってみたいですね。

あさっての6月1日から道路交通法の改正によって後部座席のシートベルト着用が義務化されます。
万が一のときには効果がありますので、ぜひシートベルト着用を。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年05月23日

SMART FRIDAY - ふと感じたこと、それがおおきな一歩。

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介。スマドラの発起人である小山薫堂さんを迎えてのSMART FRIDAY。

首都高の事故を減らすプロジェクト「TOKYO SMART DRIVER」ではウェブサイトでメンバー登録を受け付けています。「でも本当に大切なのは、車を運転しているときの気分・心を変えること」と薫堂さん。例えば、同じ渋滞の中を走るのでも、イライラしているよりは前に誰かを入れてあげて「ありがとう」のハザードをもらった時にちょっと幸せな気分になる方がいい。

そして今夜はスマドラメンバーの方からのメッセージをいくつかご紹介しました。たくさんのメッセージを読んでいると、自分だけでは気づけなかった優しさや嫌なことに気づくこともできました。その人それぞれの「気づき」が大切なんですね。みなさんもぜひ、それぞれのスマートドライブを!

引き続き、スマドラメンバーを募集しています!
みんなで優しさやスマイル、シェアしましょう。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年05月16日

SMART FRIDAY - 首都高を眺めながら東京ホテルステイ

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介。小山薫堂さんを迎えてのSMART FRIDAY。

首都高の景観は構造物として魅力的です。KIKIが個人的に好きなのはレインボーブリッジの遊歩道。 ちょっと遠くから眺めたり、ドライブするのもいいけど、違った目線で歩くというのが良いんです。薫堂さんも道に感情移入するのはとてもいいことだとおっしゃっていました。好きな場所ができると、自然と安全運転になったり、思いが変わりますよね。

そして今夜は車とホテルが好きな方には嬉しいニュースも。TOKYO SMART DRIVERでは首都高が見えたり、首都高から近いホテルに協力をしてもらって、スマドラのホテルプランを展開しています。ホテルの予約サイト「一休.com」とコラボレーションして、「TOKYO SMART DRIVER STAY」というプランをやっています。いろんな特典がつくかわりに、少しだけ「SMART DRIVER」のことを考えて欲しいというプラン。泊まったお部屋から首都高が見えて、それがキレイな見え方をしていたら、今度は運転しているときに「あ、ココだ」って思えて、なんだか愛着も出そう。

こういったドライバーへのサービスや新しい楽しみはまだまだ他の形でも広がっていきそうですね。
引き続き、ドライバー同士がホメ合うことで事故削減を目指す「ホメドライブ・キャンペーン」も実施中です!

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年05月09日

SMART FRIDAY - 緑あふれる道路への一歩

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介。小山薫堂さんを迎えてのSMART FRIDAY。そして今夜はもうひとりゲストが。首都高の緑化に取り組んでいる長谷川栄一さんです。

約80%が高架式だという首都高。緑化は難しいとのこと。主に高架下と壁面を使っての緑化です。

4月25日にオープンした代々木パーキングエリアの中でも、壁面の緑化を始めたそうです。それに使われているのが溶岩を貼り付けたボード。溶岩は水を含んだり、微生物がついたり、小さな種子が付着したり…と植物との相性がとても良いんです。緑をただ植えるのではなく、緑が生育しやすい環境をつくるところから始めるんですね。

植物の生育には時間がかかります。だから今すぐにというものではないですが、3年後、5年後の首都高の表情がどう変わっているか、楽しみですね。

TOKYO SMART DRIVERでは、ドライバー同士がホメ合うことで事故削減を目指す「ホメドライブ・キャンペーン」実施中です!

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年05月02日

SMART FRIDAY - ホメパト首都高出動!

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介するSMART FRIDAY。今夜は、小山薫堂さんを迎えてホメドライブ・キャンペーンのうちのひとつ、「ホメパト」のお話を伺いました。

「ホメパト」とは首都高で走る「褒めてくれるパトカー」のこと。先週の土曜日から走っているんですよ。もう見かけたという方もいらっしゃるかもしれないですね。

日産のGTRで色はシルバーです。ボンネットにSMART DRIVERのロゴプリントがしてあるのですが、実はコレ、反転してあるんです。それがどうしてかというと、前の車のバックミラーに映ったときに普通に見えるためなんです。おもしろいですよね。

ホメパトは「ホメドライブ・キャンペーン」の、そして東京のSMART DRIVEの象徴的な存在であるという薫堂さん。このホメパトを見たら「ホメドライブ」思い出してくださいね。その助手席には、もしかしたらKIKIが乗っている…かもしれないですよ。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年04月25日

SMART FRIDAY - 褒めて広めるホメドライブキャンペーン

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介するSMART FRIDAY。今夜は、小山薫堂さんに「ホメドライブ」のお話を伺いました。

ホメドライブキャンペーンには3つの軸があります。

1つはホメパト。ホメパトとは褒めるために走るパトカーのこと。首都高では1日110万台の車が走っているそうなので、110万分の1の確立で会えるんです。ピンクのチェッカーフラッグのプリントが入っているので目立つちます!


2つめは「ホメ玉」。それぞれ8種類の誉め言葉が書いてある飴玉です。料金所などで貰えることが。

3つめは「ホメール」。褒めたい相手がいたら、TOKYO SMART DRIVER のWEBからメッセージを送ります。運転のことに限らず「褒めたい!」と思えばなんでもいいそうです。いろんな人のそれぞれの褒め言葉を見ていると、それだけで優しい気持ちになれそうですね。

薫堂さんが去年、TOKYO SMART DRIVERを考えたとき、最初に思いついたのが「褒めて広めるキャンペーン」だったそうです。「褒める」って人と人との間の潤滑油になる気がします。褒めたほうも褒められたほうも気持ちいいし、優しい気持ちになる。それが交通安全にもつながるんですね。

WEB: TOKYO SMART DRIVER

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年04月18日

SMART FRIDAY -中野信治さんのスマート提案-

「SMART FRIDAY」今週はレーシングドライバーの中野信治さんをお迎えしました。

日本を代表するトップドライバーがスマドラとタッグを組んでカーアイテムを作りました。それが「ドライブタイム」のCOOL drivingHAPPY drivingという2つの香り。(販売元:@アロマ)
COOL drivingはスッとする爽やかな香りで、HAPPY drivingは甘い柑橘系の香りです。車のシガーソケットに差し込んで使うのですが、形は小さなホイッスルのような感じ。
「車の運転は人の意識や感情によって左右されるものだと思うので、香りで心の状態を良くできたら。」という思いから、この2つの香りを提案したそうです。 「心に余裕ができればゆずりあいの気持ちができる。そうすれば事故も減っていくと思う。」と中野さん。好きな香りで気持ちが安定していれば、自然と優しい運転ができる。 これなら手軽にSMART DRIVERになれそうですね。
◎中野信治 PROFILE:11歳でゴーカートを始め、以来国内外数々のレースで優勝。 1997年には日本人5人目となるF1ドライバーデビューを果す。 2000年からはアメリカに渡りCARTシリーズ、INDY選手権等に出場。 2005年にはルマン24時間耐久レースに出場、日本人として初めて 世界3大レース(F1モナコGP・INDY500・ルマン24)すべてに参戦を果す。 現在も日本を代表するトップドライバーとして世界を舞台に活躍中。

WEB: Shinji Nakano Official Web Site
WEB: >TOKYO SMART DRIVER

◎来週のゲストはライフセイバー、そして俳優の飯沼誠司さんです。お楽しみに!

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年04月11日

SMART FRIDAY -首都高がこんな空間になったら!-

金曜日は、首都高にやさしさを広げるプロジェクト [TOKYO SMART DRIVER] にまつわるトピックをご紹介する「SMART FRIDAY」です。

SMART FRIDAY2回目の今夜は、小山薫堂さんとの「首都高をもっと良くするアイデア」のお話。

例えば、斜線にLEDをつけて滑走路みたいにしてみる。夜の滑走路ってキレイでワクワクするから。
そんな道路があったら、走ってて気持ちいいし、あの道を走りたい!って思う。そうしたら道路に対する意識も変わるはず。

そして、とても共感した薫堂さんの言葉。「感情移入させることが大切。好きな人が作った料理のほうが、知らない人が作ったものよりおいしいと思うから。」すごく分かりやすい例えですね。

実は、KIKIの大学の卒業制作は「首都高の緑化計画」だったんです。いつか「KIKI道路」作れたら楽しいです。

WEB: >TOKYO SMART DRIVER

◎来週のゲストは、100万人のキャンドルナイトなどを手がけるマエキタミヤコさんです!お楽しみに。

ShareSmile Staff| 21:59 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday

2008年04月04日

ドライバーにやさしさを!SMART FRIDAY

今週から始まりました、TOKYO SMART DRIVER SHARE SMILE。金曜日はTOKYO SMART DRIVERにまつわるトピックをご紹介する「SMART FRIDAY」です。

SMART FRIDAY、1回目の今夜は、スマドラ発起人・小山薫堂さんとの「スマイルをシェアする方法」のお話。




誰かにほんの少し優しくするだけで、その人がまた誰かに優しくする。そんなスマイルの連鎖。お互いのコミュニケーションが上手くとれれば、事故は減る。それをすることが無理しているんじゃなくて、むしろ楽しそうな薫堂さんでした。

薫堂さんが感動したエピソードが、池波正太郎さんの書籍『男の作法』の一節。
池波さんは、タクシーに乗ったら100円でもチップを渡すそうです。

「100円チップをやることによって、やったほうも気分がいいし、もらった方も気分がいいんだよ。」

「その人がその日一日、ある程度気持ちよく運転出来るんだよ。それでおおげさかも知れないけど、交通事故防止にもなるんだよ。少なくとも、次に乗るお客のためになっているわけだ。みんながこういうふうにして行けばだね、一人がたとえ百円であっても、世の中にもたらすものは積みかさなって大変なものになるわけだよ。どんどん循環してひろがって行くんだからね。」

さて、4月6日(日) からは春の交通安全運動が始まります。みなさん、ぜひ スマートな運転を。

[TOKYO SMART DRIVER]とは、ドライバーひとりひとりの力を結集して、首都高の事故を減らすプロジェクト。今、首都高では年間12,000件もの事故が起きています。しかもその事故のせいで発生する渋滞は、年間25,000km以上。ということは、事故を減らせば人々のイライラも減り、同時に地球の負荷も軽くなる。つまり、事故を起こさないように心がける、ということは最も身近で、誰でもすぐに始められる一つの社会貢献なんです。一人一人が事故の原因を知り、今より少しだけ優しい運転をするだけで、きっと事故は減ります。それが、[TOKYO SMART DRIVER]です。

WEB: >TOKYO SMART DRIVER

◎来週のゲストは、LONG LIFE DESIGNなどをテーマにされているデザイナーのナガオカケンメイさんです!お楽しみに。

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:smart-friday