2009年12月30日

最終週 -3- “スポーツ”や“アート”を通して伝えていく

ファイナルウィークとなる今週は、ご出演頂いたゲストの方々の活動をふり返ります。

今夜は“スポーツ”で笑顔を広めている方々。ビーチクリーンを広めているライフセーバーの飯沼誠司さん。オリンピックメダリストの朝原宣治さん。視覚障害者も参加できるフリークライミングスクールを企画、運営されているNPO法人「モンキーマジック」の小林幸一郎さん。モータースポーツとエコについてもお話ししてくださった、国際レーサーの井原慶子さん。

そして番組がスタートしたばかりの頃、海洋冒険家の白石康次郎さんもいらしてくださいました。ヨットでの「太平洋横断最短記録」を達成された直後で、過酷なレースに挑戦し続ける白石さんならではの貴重なお話はとても印象的でした。心の強さが色々な記録にもつながっている、ということを感じました。
白石さんは、夏に「子供向けセーリングプログラム」を開催されているそうです。ご自身が自然から学んだことを子どもたちにも伝えていきたいと、子どもたちを実際に船にのせて、まさに体感するプログラム。そしてまた、大会にも挑んでいきたいということで、これからも応援していきたいです。

“アート”に携わる方たちのお話もたくさん伺いました。「明後日あさがおプロジェクト」の話をしてくれたアーティストの日比野克彦さん。「どうぶつgoenプロジェクト」について教えてくれたアートディレクターの森本千絵さん。岡本太郎さんの壁画「明日への神話」の修復を手がけた、絵画修復家の吉村絵美留さん。カリカチュアアーティストのKageさんには、KIKIと薫堂さんの絵も描いていただきました。

そして、多くの美術賞を受賞している美術監督の種田陽平さん。種田さんが大事にしてる、昔の思い出や記憶、原点に戻ること。何かプランができたときに「これで大丈夫かな。」と思ったら、映画好きの子供時代の自分の視点で検証してみる。そうすることで、よりシンプルで力強いところに戻れる、というお話には薫堂さんも強く共感していました。対談に来て下さった時に「アジアの映画を極めたい」とおっしゃっていましたが、まさに今も、台湾の映画と、日本の映画、2作品同時に美術監督をされていて、国内外飛び回っていらっしゃるそうです。 これからもいろんな映画で種田マジック、楽しみにしたいですね。

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/41228