2009年12月28日

最終週 -1- 音楽を通して伝える

1年9ヵ月にわたってお送りしてきました「SHARE SMILE」。多くのゲストの皆さんから素敵な笑顔の秘密を分けて頂きましたが、今週、ファイナルウィークを迎えることになりました。そこで今週は、番組にお越しいただいたゲストの方々の活動をふり返ります。

これまで「ドライブ」、「食」、「アート」、「スポーツ」などなど、様々な活動を通して笑顔のネットワークを広げてくださっているゲストの方にお越し頂きましたが、
今夜は「音楽」を通して活動をされている方々をふり返ります。

「THE BOOM」や多国籍バンド「GANGA ZUMBA」などで活躍されている宮沢和史さんには、音楽を生み出す熱い原動力を伺いました。また、同じく「GANGA ZUMBA」のメンバーで、音楽と自然とのつながりを大切にされている高野寛さん。そして、アップルストア銀座で開催した番組のイベントに参加して下さった秦基博さん。ライブもして頂き、優しいオーラに包まれた1日となりました。最近では、スタジオで生演奏を披露して下さったチェリストの古川展生さんや、ap bank代表理事としても活動をされている音楽プロデューサーの小林武史さん。小林さんは“食”に対しても真剣に考え、取り組んでいらっしゃいました。

番組に来て頂いたみなさんをご紹介はできませんが、“音楽の持つ力”を改めて感じます。映画音楽をはじめ、多くのCM音楽も手がけていらっしゃる音楽家の久石譲さんは、音と脳の関係についてもお話頂きました。なかでも「映像と音楽が同時に流れると、音楽のほうが早く認識してしまう。」というお話は印象的でした。
普通に考えれば、光の方が届くのが早いはずなのに。脳では視覚の情報より聴覚の方が直結で届くから早い。脳で起こることの問題だったんですね。直結の分、聴覚からの情報には心に響くものもあるのかもしれません。

現在、久石さんが音楽をてがけたドラマ「坂の上の雲」が放送中です。薫堂さんは、久石さんが作曲された音楽に作詞をされたそうです。それを歌うのはサラ・ブライトマン。薫堂さんが作詞をされた日本語そのままに歌っています。その曲は「坂の上の雲」のサウンドトラックに収録されています。

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/41226