2008年08月21日

紺野美沙子 -4- どんなに少しずつでも

今週のゲストは女優であり、国連開発計画の親善大使をされている紺野美沙子さん。

様々な発展途上国へ行って、それぞれの現実を見てきた紺野さんの好きな言葉。「Think Globally, Act Locally」。グローバルな視点で考えながら、自分の地域で自分のできる範囲のことをする。

国際協力はプレッシャーを感じてしまうと、辛くなってしまうと紺野さん。「こうあらねばならない」と思っていたこともあったそうですが、今は生活の一部としてそういった活動があると捉えているそうです。

仕事、自分磨き、愛する人と過ごす時間。。。他にもいろいろ大切な時間がある中で、国際協力もその大切な時間のひとつとして。無理の無い範囲でちょっとづつ長く続けることが重要なんだそうです。1ヶ月に半日でも、数ヶ月に1回でも、なんらかの社会貢献できる活動をしている人が当たり前になれば、すごく大きな力になります。

やりたいことがたくさんあるなかでも、それぞれの個性や得意なことを活かした活動をしてみる。自分と愛する人以外の見知らぬ誰かのために自分の時間を使ってみる。そうすると、もっと自分に自信が持てるかもしれないし、自分のことを好きになれるかもしれないと紺野さん。どんなにちょっとづつでも、たくさんの人がずっと続けていけば、大きな力になりますよね。私には何ができるかな。


ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:mon-thu

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/26185