2008年08月05日

遠藤秀一 -2- 仲間がいることでできたこと

今週のゲストはNPO法人ツバル・オーバービューの代表であり、写真家でもある遠藤秀一さんです。

endo_2b.jpgツバル・オーバービュー結成の経緯。まずは10年前、遠藤さんがツバルを訪れ、写真を撮り、すぐにホームページを開設されたそうです。最初は遠藤さんの個人的な活動として始まったんですね。写真展をしたり、講演会をしたりしているうちに、「手伝いたい」という人が少しずつ集まってきたそうです。
1人でやっていくには限界があります。協力してもらうことで活動に幅が出てくると遠藤さん。他にも組織にすることでメリットが。経済的な面では、企業の支援を受けやすいということがあります。個人の募金も、個人にするより、NPO法人の方がなんとなく抵抗が無い人も多いと思います。そうして2年前、ツバル・オーバービューはNPO法人として結成しました。
実際、ひとりでやっていたときと、仲間が集まってきたあとには活動の変化も大きかったそうです。1人だと自分のやりやすいようにしかやらないけど、人が集まることで幅が広がったと遠藤さん。メンバーはそれぞれ違った背景、視点があり、その違った価値観からさまざまなものが生まれてくるんですね。endo_22.jpg
Photo:(C) Shuuichi Endou

活動が広がった実際のエピソードをひとつ、話していただきました。去年、バリで温暖化防止会議が行われたとき、ツバル政府のブーススペースで写真展をしたそうです。それは遠藤さんひとりではできなかったこと。仲間に英語ができる人、国際的な手配ができる人など、そういった人たちが集まって実現できたとおっしゃっていました。これからも、どんどん人の輪と活動が広がっていきそうですね。

WEB: Tuvalu Overview (ツバル オーバービュー)

ShareSmile Staff| 22:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:mon-thu

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/25690