待ち時間なしでランチをテイクアウト&子どもの成長に合わせておもちゃをレンタル…東京のサブスク事情を紹介!

2019年05月17日

J-WAVEの新番組『CHINTAI COLORS OF WONDER』(ナビゲーター:堀口ミイナ)。カラフルな東京の今をキャッチするこの番組。5月12日(日)のオンエアでは、東京のサブスクリプションサービスに注目しました。

製品やサービスを一定期間利用するために代金を払うシステムとして、サブスクリプションは音楽や映像、衣食住など様々なジャンルで広がりをみせています。


■1食あたりの費用を抑え、「何を食べるか」だけに集中できる

今回、堀口が取材したのは、月額定額制テイクアウトサービス「POTLUCK(ポットラック)」。事前にお店と受け取り時間の予約をすると、待ち時間なしでランチをピックアップすることができます。代表取締役の谷合竜馬さんにお話を訊きました。

谷合:「POTLUCK」は街の食券をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。チケットをまとめ買いしていただいて、僕らが提携しているレストランや飲食店に日々予約をして、自分が事前予約をした時間に受け取りに行くとランチを用意してくれてピックアップできるサービスです。
堀口:どうして定額制のサービスにしたんですか?
谷合:ランチは毎日働いていると食べるものなので、月の食費も定額にしておくと、シンプルに「何を食べよう」と考えて使ってもらえるのがサブスクに向いていると思いはじめました。

毎日のランチを定額にすることで「何を食べるか」だけに集中できるのがポイント。人気のプランは、チケット12枚で月額7800円というもの。1食あたり650円に抑えることができます。現在は渋谷区を中心に展開していて、約130店舗が登録されています。「POTLUCK」のサブスクならではのお得感についても伺いました。

谷合:お店で食べると1000円以上するメニューがテイクアウトでお手頃な価格で食べられるのと、うちのサービスを使って色々なお店を試して自分のお気に入りを見つけてもらうといいと思います。今だと、昼夜1ヶ月食べ放題、予約し放題というプランがあるので、1ヶ月30日だとして最大60回予約できて、1食あたり400円くらいで収まるプランもあるのでお得かなと思います。

「POTLUCK」に料理を提供しているお店の店長は、「以外とテイクアウトのお客さんが多いことに気づきました。新規のお客さんも増えて広めることができました。普段は予約制なので、満席でもテイクアウトでお店の味を食べることができるのはいいと思います」と、そのメリットを話します。利用者にも、「自分の知らないお店で食べれるのはいいと思います。メニューを見るのも楽しかったです。並ばなくて済むし、予算が立てやすい」と好評でした。


■子どもの玩具とサブスクリプションは相性がいい

続いて、子ども向けの知育玩具がレンタルできる定額制サービス「トイサブ!」の代表・志田典道さんにもお話を伺いました。

志田:子どもは成長していくので、成長にしたがって過去に買ったものがすぐに使えなくなります。でも捨てるに捨てられないし、売ろうとしても金額がつかない。家の肥やしになる可能性が高いんです。そこで、レンタルの仕組みで定期的にモノが届いて交換して、常に子どもが遊ぶおもちゃだけがある状況があるべき姿ではないかと。リビングが子どものものでいっぱいになるようなライフスタイルを避けていきたい世代が増えていると思うので、子ども向けの玩具のサブスクリプションはニーズがあると思いました。

対象年齢は0歳から3歳。赤ちゃんの成長スピードに合わせておもちゃを所有せずレンタルすることができる、何を買っていいかわからないときもプロの目利きで送ってくれるというメリットがあります。一方で、サブスクリプションサービスならではの悩みもあったと言います。

志田:長い期間ビジネスをしていくなかで、長く使っていただいている方には、どういうものをお届けすればいいか悩みました。長く使っていただくお客さまは大事にしたいのですが、最初のころにはじめたお客さまとは、ライフスタイルも課題も変わっているので、そういったお客さまにどういったものをお届けするかは常日頃課題だと思っています。

志田さんは今後について、「今はおもちゃを仕入れてユーザーに届けていますが、ゆくゆくは私たちのなかで集まったデータを使い、自分たちで玩具を製造することにチャレンジしたいです」と抱負を語りました。

番組では、「サブスクリプションマガジン」の編集長・杉山拓也さんにもお話を訊きました。「サービスは3年くらい続いているものが多いですが、日本で注目を集めたのは昨年あたりから。コンテンツを定額で使う行動文化が浸透してきたのが大きいです。所有から利用へ。家具なんかも引っ越しのときに費用がかかりますし、気軽に買い替えができないので、必要なときに必要なものを必要なだけ借りる考え方が浸透してきているのだと思います」と、サブスクリプションのブームについて解説しました。

また、杉山さんが注目しているサービスとして、プロの料理人が家に来て料理を作り置きしてくれるサービス「シェアダイン」と、美容室の月額定額サービス「MEZON(メゾン)」を挙げました。気になった方はチェックしてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『CHINTAI COLORS OF WONDER』
放送日時:日曜 12時-12時54時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/colorswonder/
Recommended by

News Ranking

Archive