「僕が所ジョージの名付け親」宇崎竜童、交友関係を明かす

2019年04月22日

J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。4月20日(土)のオンエアでは、音楽家の宇崎竜童さんを迎えての公開収録の模様をお届け。宇崎さんの幼少期のエピソードや、所ジョージさんとの交友について語りました。


■幼少期、近所にかまやつひろしさんが…

京都府で生まれた宇崎さん。その後、東京都に移り中学3年生まで代々木上原に住んでいました。当時、近所には大物アーティストがいたそうです。

宇崎:近所には、森山良子さんとか、かまやつひろしさんとか、美輪明宏さんとかがいました。美輪さんが歩いている姿を何度も見ました。かまやつさんは僕の姉と同級生で、姉は学校に行っているけど、かまやつさんはギターを持ってうろうろしていましたね。学校に行かずに(笑)。
クリス:すごく華やかな街ですね。
宇崎:今は代々木公園になっている場所が米軍の基地だったんです。そこの兵隊さんたちが街の中をうろうろしていたので、「俺も大きくなったら目が青くなるんだ」「髪も金髪になるんだ」「身長も185センチメートルくらいになるんだ」と思い込んでいました。
クリス:すごく国際的な環境で育ったんですね?
宇崎:だから、はやくに洋楽を聴いていましたね。

小学3年生の宇崎さんは、エルヴィス・プレスリーの『Heartbreak Hotel』と出会い、衝撃を受けたそうです。

宇崎:ちょうどその頃、学校の朝礼で「子どもが歌謡曲を歌うのはよくない」と言われたんです。だけど僕は『Heartbreak Hotel』をデタラメな英語で歌っていたみたいなんです。それを聴いた同級生が先生に「(宇崎さんが)歌謡曲を歌っていた」と密告して、学校に母親を呼ばれたんです。
クリス:えー!?
宇崎:教員室に連れて行かれて、「今朝、歌謡曲を歌ってはいけないと言ったばかりなのに、おたくの息子は歌っていたみたいだけど、どういう教育をしているんですか」って言われました。
クリス:どう返答したらいいんだって感じですよね?
宇崎:そこで僕は「あれは歌謡曲ではありません。ロックンロールです」と口答えをしたんです。そしたらさらに母親が叱られたんですけどね(笑)。
クリス:でしょうね(笑)。

クリス・ペプラー、宇崎竜童


■所ジョージが「賄賂です」と…!?

宇崎さんは、当時アマチュアミュージシャンだった所ジョージさんが訪ねてきたときのエピソードを話しました。

宇崎:所が「デビューしたいんですけど」って言うんですよ。いろんなオーディションを受けたけど、ことごとく落ちていたみたいで。そんなとき、所が僕と向かい合わせでテーブルの下に手を伸ばしてきたから、何かなと思って手を入れたら、タバコのワンカートンが僕の手に入ってしまって。
クリス:それ、賄賂ですか(笑)。
宇崎:タバコを貰ったら、所が「賄賂です」って(笑)。そう言われたもんだから、「わかった。毎月、渋谷のライブハウスでやっているダウン・タウン・ブギウギ・バンドのライブの前座をやりな」って伝えて。

そうして所さんは、髪型をリーゼントにして、サングラスをかけ、つなぎを着てステージに立ちました。

宇崎:その姿で所がステージに出ると、みんながギャーって言うんだけど、よく見てシュンとなって(笑)。
クリス:ダウン・タウン・ブギウギ・バンドと違うなと(笑)。
宇崎:でも、それを見ていたテレビ局のプロデューサーが目をつけて、所はすぐにデビューすることができたんです。

そんな所さんは、宇崎さんに「芸名を付けてくれ」と依頼したそうです。

宇崎:所は埼玉県所沢市の人間だったし、ちょっとアメリカ人みたいな名前にした方がいいなと思って、「所ジョージ」にしました。僕が名付け親なんです。
クリス:すごい!
宇崎:だから今でも所からお中元とお歳暮が来ます(笑)。

宇崎さんが出演する映画『波乗りオフィスへようこそ』が現在公開中です。ぜひチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。 


【番組情報】
番組名:『SAPPORO BEER OTOAJITO』
放送日時:毎週土曜 18時-18時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/
Recommended by

News Ranking

Archive