E-girls・鷲尾伶菜「聴いて切なくなりました」 定番の卒業ソングTOP3を発表!

2019年03月15日

J-WAVEで放送中の番組『AVALON』。金曜の夜を豪華ナビゲーター陣が週替わりでお届けしています。3月8日(金)のオンエアでは、ナビゲーターにE-girlsの鷲尾伶菜が登場! アシスタントのホビーとともに、ニュージェネレーションに伝えたい卒業ソングをお届けしました。


■思い出がある曲は『旅立ちの日に』

鷲尾にとって、卒業式の思い入れがある曲は『旅立ちの日に』(合唱曲)です。

鷲尾:私はアルトパートで、その曲を聴くと学校の頃を思い出します。普段はバカやってはしゃいでいるみんなが、卒業式の日だけは鼻をすすりながら先生の話を真剣に聞いているのは2度と見られない、最初で最後の光景だと思います。
ホビー:鷲尾さんも泣いちゃうタイプですか?
鷲尾:泣いちゃいましたね。私はあまり学校で泣いたことがなかったんですけど、卒業式の日は泣いちゃいました。

『旅立ちの日に』以外には、スキマスイッチ『奏』やEXILE『道』が好きと鷲尾。

鷲尾:同世代の子たちが好きな曲は、私もすごく好きです。
ホビー:E-girlsに卒業ソングはあるんですか?
鷲尾:ありますよ。E-girlsだと『約束の場所』、Flowerだと『Spring has come』です。『Spring has come』は青春が一区切りした曲で、爽やかで切なく、卒業式にはぴったりだと思います。


■定番「卒業ソング」TOP3!

AVALONが調査した定番の卒業ソングTOP3は、以下のようになりました。

第3位:『旅立ちの日に』(合唱曲)

『旅立ちの日に』は、1991年に埼玉県の教員が作った合唱曲です。今では全国の学校で歌われています。

鷲尾:E-girlsの楽屋で誰かがこの曲を歌いはじめたら、みんなが参加してきます。それぞれのパートを今まで練習してきているので、みんな歌っていましたよ。
ホビー:贅沢な『旅立ちの日に』になりますね。
鷲尾:クライマックスの「今」の部分からがグッとくるんですよね。

第2位:EXILE『道』

『道』は2007年2月に発売され、「全国カラオケ事業者協会 卒業シーズン推薦ソング」に選ばれています。

鷲尾:めちゃくちゃいい曲です。私、この曲を聴きながら上京しました。飛行機の中で聴いて切なくなりました。

第1位:『仰げば尊し』(合唱曲)

今回おこなった調査の約50パーセントが『仰げば尊し』と回答しました。

鷲尾:そっか。素敵ですもんね。
ホビー:卒業シーズンじゃなくても感動しますよね。


■DA PUMP『U.S.A.』を合唱で歌うと…

続いて、「卒業とは関係のない曲でも、合唱をすれば卒業ソングっぽく聴こえるのではないのか」という仮説のもと、青山学院大学の合唱サークル「グリーンハーモニー合唱団」のみなさんに合唱してもらい、実験しました。

曲はDA PUMP『U.S.A.』です。

鷲尾:卒業ソングっぽくなったと思います。たとえば、大好きな先輩が卒業するときに仲間が集まって、先輩が好きな『U.S.A.』を歌って送り出したら、卒業っぽい曲になると思います。
ホビー:始まった瞬間、爆笑していましたけどね。
鷲尾:はじめの部分が面白かったです(笑)。コーラスが重なると「こんな感じになるんだ」って。あと、ピアノがかっこよかったです。E-girls『Follow Me』とか、ポップな曲を合唱したらどうなるか聴いてみたいですね。

卒業ソングも世代ごとに定番は変化しますが、『仰げば尊し』はいつの時代でも愛される卒業ソングだということがわかりました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『AVALON』
放送日時:毎週金曜 20時−22時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/avalon/
Recommended by

News Ranking

Archive