プロレーサーも通う! 初心者でもプロと同じレースを体感できるスポット

2019年03月15日

J-WAVEで放送中の番組『CHINTAI ACTIVE ON SUNDAYS』(ナビゲーター:森矢カンナ)。3月10日(日)のオンエアでは、プロレーシングドライバーの千代勝正さんをお迎え! モータースポーツの世界に注目しました。


■日本のトップドライバーも使用するシミュレーター

千代さんは、国内外のレースで活躍する日本を代表するトップドライバーです。今シーズンは、耐久レースの世界選手権「INTERCONTINENTAL GT Challenge」に参戦しています。

今回は、千代さんがアドバイザーを務める、秋葉原の「D.D.R」でお話を伺いました。ここは、プロも通う、レーシングシミュレーターが体験できるスポットです。D.D.Rについて、詳しくお話を訊きました。

千代:僕たちが実際にやっている、レーシングカーでサーキットを走るということを、一般の人が簡単に体験できる場所です。僕自身もレースで世界中のサーキットを走るので、行ったことのないサーキットは、ぶっつけ本番ということがあるのですが、映像の確認以外で一番練習できるのがレーシングシュミレーターなんです。D.D.Rは「誰でもレーサー」という意味で、誰でもレーサーになれるお店です。

およそ自動車1台分もの値段がするというレーシングシュミレーターですが、D.D.Rでは10分単位で気軽に体験できます。プロのレーサーも、この施設に練習に来ているとか。見た目はゲームセンターにあるレースゲームに似ていますが、違いはあるのでしょうか。

千代:レースゲームは、どんな人が乗ってもすぐに楽しめるように、少し簡単に作られています。小さいお子さんでも乗れるようになっていますが、レーシングシュミレーターは本当のレーシングカーを忠実に再現しているので、簡単にスピンしたり壁に当たるので全然優しくないです。リアルを体験してもらうのがレーシングシュミレーターなんです。


■ドライバーのレース中の心理は?

千代さんはレース中、前の車に対して「絶対に抜いてやる」と追いかけながら、どうやったらタイムが上がるか、何個もあるコーナーを1個ずつどのように走るかなどを、常に考えてレースをしています。

千代:1周前の記憶を次の周回に活かすんです。1周前に「このコーナーはオーバースピードだったな」と思ったら次の周はブレーキを早めにしてみたり。「まだ行ける」と思ったらスピードを上げたりと、微妙な修正を毎周しながらレースをします。けっこう頭を使っているんですけど、考えすぎても集中できないので感覚的にやっています。ただ、走る前にイメージトレーニングをしておかないと、コースに出てどうしたらいいか分からなくなるので、走ってない時間にも考えます。そういう意味では、シミュレーターでイメージを作るのはけっこう大事だと思います。

アスリートの要素も強いレーシングドライバーですが、「車が好きでレースをはじめたので、プロスポーツ選手になる感覚はなかった」と千代さん。実際は、長時間集中力を切らさずに走るのはフィジカル的にも辛く、心拍数は190〜200とフルマラソンと変わらない程になると言います。さらに、真夏のレースでは車内温度が50度近くになることもあり、過酷な条件でレースをすると「僕たちはアスリートだな」と実感すると語りました。

昨年は、日本を中心にSUPER FORMULAなどに参戦した千代さん。今年は、世界を転戦する「INTERCONTINENTAL GT Challenge」で世界の強豪ドライバーたちと戦います。「優勝してシーズンチャンピオン。日本に帰ってきたときは、ファンの前で優勝したい」と抱負も語りました。

オンエアで森矢は、実際にレーシングシュミレーターを体験! 「普段味わえないスピードやエンジン音もリアルに体験できるので、車好きの方は行ってみてください」とオススメしました。ぜひ足を運んでみてください!



この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『CHINTAI ACTIVE ON SUNDAYS』
放送日時:日曜 12時-12時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/activesundays/
Recommended by

News Ranking

Archive