『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』OPテーマに抜擢! miletが音楽を志したきっかけ

2019年03月15日

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。3月10日(日)のオンエアでは、シンガーソングライターのmilet(ミレイ)さんをゲストにお迎えしました。


■miletが影響を受けたアーティスト

ラジオ初出演というmiletさんは、「ちょっと緊張しています」と感想を一言。カナダにも住んでいたことがあり、向こうでジャスティン・ビーバーなど、洋楽のポップスに初めて触れました。そんなmiletさんが最初に手にした楽器は、フルートでした。

milet:一番最初に吹いたのは、坂本九さんの『見上げてごらん夜の星を』でした。あまり楽譜が読めなかったので、耳で聴いてコピーしました。
クリス:影響を受けたアーティストは?
milet:クラシックだと、ベートーヴェンとパガニーニがすごく好きです。ロックだと、クーラ・シェイカー、Muse、シガー・ロス、ビョークとか。
クリス:シガー・ロスとクーラ・シェイカーは対象的な感じもしますね。結構ロックがお好きなんですね。
milet:大好きです。


■心地よく聴こえる歌い方を探しながら…

昨年から本格的に音楽活動をスタートしたmiletさん。音楽を始める前はどんなことをしていたのでしょうか?

milet:基本普通の学生をやっていました。映画やフランス文学を勉強していましたね。
クリス:ほかの勉強をしていて、「音楽をやろう」と思ったきっかけは?
milet:数年前に友だちに歌を聴いてもらう機会があって。初めて感動されて、そのことに対して私も感動して……そのときに初めて歌を視野にいれました。
クリス:人を動かすことができるって気づいたわけですね。

ハスキーで力強い歌声が印象的なmiletさん。幼い頃からこの声だったのでしょうか?

milet:喋る声はこれですけど、歌う声は違いましたね。
クリス:でも、喋る声に歌の成分が入っていると思います。ボイストレーニングとかは?
milet:デビューが決まってからですね。自分でマイクを通した声を聴くようになってから、歌い方が変わってきましたね。歌っていても、自分の耳で聴いても心地よく聴こえる歌い方を探しながら、この歌い方にたどり着きました。

milet
■『inside you』制作秘話

アーティストとして活動をはじめてからの1年についても伺いました。

milet:今までインプットしてきたことをアウトプットすることがなかったので、すごい放出している1年ですね。
クリス:気持ちいいですか?
milet:すごく楽しいですね。自分の知らない自分を知っているような。
クリス:濃密な1年だったわけですね。
milet:今までにない1年でした。

番組では、3月6日リリースのmiletさんのメジャーデビューEP『inside you EP』から『inside you』をオンエアしました。

『inside you』は、ONE OK ROCKのToruさんがプロデュースした1曲です。どんなコミュニケーションを取りながら制作したのでしょうか?

milet:Toruさんとセッションさせていただく機会があって、別の曲をやっていました。その曲が一段落して、リラックスタイムにToruさんがギターを弾いていて、私がたまたま鼻歌で歌っていたメロディが『inside you』です。「これいい感じだね」ってボイスメモを回し始めて、その場でフルを作って。次会うときまでにToruさんがアレンジして、私は歌詞つくって、出来た曲です。

『inside you』がドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)のオープニングテーマに抜擢されるなど、早くも注目を集めているmiletさん。これからの活躍にも要注目です!

この記事の放送回をradikoで聴く】 PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:日曜 13時−16時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/
Recommended by

News Ranking

Archive