吉岡里帆も感心! 北欧のライフスタイルを上手に取り入れる方法

2019年02月06日

J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)のワンコーナー「GOOD LIVING COLLEGE」。2月3日(日)のオンエアでは、「北欧のライフスタイルを上手に取り入れる方法」を、インテリアスタイリストの石井佳苗さんが紹介しました。

石井さんは、イタリアの大手家具メーカーに10年間勤務したのち独立。現在はインテリアや暮らしにまつわるスタイリストとして活躍しています。


■寒い冬を楽しくする方法

石井さんによると、「北欧の人々はインテリアを利用して、家で楽しく過ごす方法を考えている」のだそう。

石井:北欧は寒い国です。冬は特に日照時間が短く、家の中で過ごすことが多いので、家の中でいかに豊かに楽しく過ごすか、家族でアイデアを出して暮らしています。そのなかでも、ファブリックで工夫をしています。ファブリックは大きな面で見せられるので、カーテンやベッドリネン、ラグ、壁掛けにファブリックをかけて楽しんでいる家庭もあります。モダンで大胆な柄のものや、織物でとても温かみのあるものもあるので、季節に応じて楽しんでいます。

また、壁にかけるタペストリーは見た目で楽しむだけでなく、暖をとる効果もあるとのこと。

石井:壁からの冷気を寄せ付けないように、壁にかけています。それがアートになるような楽しみ方で、非常に北欧らしいです。たとえば、小さなラグでもいいですし、通常は下に敷くものを壁にかけてみたり、ピンで止めたりして、アートのように楽しむのも面白いかなと思います。


■ガラスで綺麗な光を演出

北欧の家庭では短い日照時間の光を楽しむために、窓辺にガラスの器をたくさん置いています。ガラスを通した光を家に透過させて、綺麗な光を楽しんでいます。

石井:たとえば、普段はお花を飾らない人でもフラワーベースのものを窓辺に飾ったり、しまってあるガラスの器があれば、綺麗に洗ってピカピカに磨いて窓辺に置いてみてください。そうすると、とても綺麗な光がガラスを透過して部屋の中に入ってきて、また違った表情を見せてくれます。

吉岡は、石井さんの話を聞いて、北欧の家具の魅力を改めて実感したようです。

吉岡:北欧家具は本当に可愛いですよね。空間が狭くてもそれを感じさせなかったり、むしろそのギュッとした感じが素敵に見えたりします。カーテンの色味や素材の遊び方で、自分の部屋が大好きになるかもしれません。

石井さんは『Love Customizer』シリーズ(エクスナレッジ)、『リンネル特別編集 Heima これからの住まい支度』(宝島社)など、著書を多数出版しています。こちらもチェックしてみてください。

190203_goodlivingcollegeTOP.png

次回2月10日(日)の『UR LIFESTYLE COLLEGE』では、吉岡の直筆メッセージと「堂島アイスロール」をセットにして、5名様にプレゼントします。どうぞ、お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『UR LIFESTYLE COLLEGE』
放送日時:毎週日曜 18時−18時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/
Recommended by

News Ranking

Archive