藤原ヒロシ「新作はスピード感が増した」 ハマった映画&気になるドラマを語る

2019年02月05日

J-WAVEで放送中の番組『SEASONS』(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「JUN THE CULTURE」(ナビゲーター:藤原ヒロシ)。2月2日(土)のオンエアでは、藤原がハマっている映画や気になる海外ドラマの話をしました。


■おすすめの映画

まずは藤原が鑑賞して面白かったという、映画『蜘蛛の巣を払う女』の話からです。この作品は映画『ドラゴン・タトゥーの女』 の続編です。

藤原:本でいうと4作目です。すごく面白くて、もう1回観たいです。それにともない、『ドラゴン・タトゥーの女』を観なおしてみたんです。これも長いけどすごく面白くて、新作はスピード感が増した感じで、僕にとってはかなり好きな映画でした。ただ、『ドラゴン・タトゥーの女』にはダニエル・クレイグとかが出ているんですけど、新作は僕的には目立った人が出ていなかったんです。でも初めて『ドラゴン・タトゥーの女』を観たときは「ミカエル役はダニエル・クレイグじゃないほうがいい」と思ってたけど、新作を観ると「やっぱりダニエル・クレイグが合ってたな」と思いました。ついでに『ミレニアム』っていうドラマシリーズも面白くて、観なおしました。『ドラゴン・タトゥー』シリーズはやはり面白い。本は途中で読むのをやめてるけど、本も読んでみたいと思います。

ただし、推理小説『ミレニアム』シリーズは、4作目から作者がスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンから、同じくスウェーデンの作家であるダヴィド・ラーゲルクランツに変わりました。

藤原:ストーリー展開が変わって、過去と現在のつじつまが合わないところもあって、強引な作り方になってはいるものの、かなり面白い作品でした。




■気になる海外ドラマ

さらに、藤原が友人から勧められたNetflixオリジナルドラマ『YOU ー君がすべてー』について話しました。

藤原:海外でけっこう話題になっていて、バナーを見たときに「また恋愛ものかな」と思ったんですけど、わりとサイコスリラーとかストーカーになっちゃうような感じのドラマらしいです。話題なっていたので、次の海外旅行用にダウンロードして、ためておこうかなと思っています。最近はHuluもそうですけど、Amazon PrimeとParaviもあるんです。かなりダウンロードをして持って行ってたんですけど、Paraviはダウンロードしても観られる期間が短くて、観ようと思ったら全部終わってて、たくさんダウンロードしたのに何も観られなかったという感じでした。今後は気を付けようと思います。



番組では、サカナクション『新宝島』を藤原がカバーした音源をオンエア。これは、香港でのライブリハーサル用に収録したものです。2月8日(金)には同じバンドで「slumbers 2019 S/S LIVE TOUR powered by FARFETCH」の東京公演が、渋谷WWWで開催されます。こちらもお楽しみに。

次回2月9日(土)の「JUN THE CULTURE」では、藤原がデザインした缶入りのオリジナル・トートをプレゼントします。 番組で発表するキーワードをチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JUN THE CULTURE」
放送日時:毎週土曜 14時10分−14時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/seasons/culture
Recommended by

News Ranking

Archive