エリック・クラプトンの超大物エピソードとは? 鈴鹿でアイルトン・セナから…

2019年02月01日

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。1月31日(木)のオンエアでは、株式会社ウドー音楽事務所 代表取締役の高橋辰雄さんを迎え、この春来日するロック界のレジェンド、エリック・クラプトンの知られざる素顔に迫りました。


■クラプトンは紳士でシャイで謙虚、そして真面目

1974年の初来日から45年。エリック・クラプトンが4月に、通算22回目となる来日公演「黒澤楽器店 MARTIN GUITAR Presents ERIC CLAPTON LIVE at BUDOKAN 2019」を日本武道館で5日間にわたり開催します。

そんなクラプトンと親交が深いという高橋さん。クラプトンが初来日を果たした1974年の秋のツアーでアシスタントツアーマネージャーを担当。翌年の1975年からはツアーマネージャーとしてクラプトンとの関係を深め、クラプトンから直接電話がかかってきたこともあるほど。

ロック界のレジェンドとしての印象が強いクラプトンですが、普段はどのような顔を持っているのでしょうか。

高橋:紳士でシャイで謙虚、そして真面目ですね。ただ、近づけないくらいオーラがすごいです。クラプトンが街にいても、まわりの人はなかなか声をかけられない雰囲気で、他のアーティストみたいに気軽にサインや写真をお願いできないです。そのオーラは、クラプトン自身が自分のなかに武器をたくさん持っているからだと思います。その武器をコンサートのステージで全部出すわけです。普段はその武器をしまっているので、それがオーラとなりファンやまわりの人はなんだか分からないけど、近づけない雰囲気になっているように感じます。それがクラプトンのすごさだと思います。

長きにわたりクラプトンが第一線で活躍できるのは、探究心が強く、よく自分との対話をし、これからやるべきテーマを持って進んでいるからだと高橋さん。

サッシャ:初期の頃は高橋さんから日本の文化を学んだそうですね?
高橋:クラプトンは謙虚で、相手の国の文化をリスペクトしています。その中で最初に知り合った日本人が私たちなので、どこに行くにしても私たちのやることを見聞きして、郷に入っては郷に従うように、食べることや習慣など日本の文化を学んでいました。
サッシャ:日本の文化、ひいては日本のファンにリスペクトがあるからこそなんでしょうね。
高橋:そうなんです。日本に対してのリスペクトがあったのだと思います。初めて日本に来て、日本の人たちが非常に親切であり「アグレッシブじゃないところがいい」と言っていました。必ず相手を立てる人間性も好んでいて、「日本とイギリスは同じ島国だから、似ているかも知れない」と冗談も言っていました(笑)。

 エリック・クラプトン


■アイルトン・セナが握手を求めた!

高橋さんは、「いかにクラプトンが世界で認められているかを痛感した」という驚きのエピソードを教えてくれました。

1988年にコンサートのため来日していたクラプトンは、同時期に鈴鹿サーキットで開催されるF1の日本グランプリをどうしても観に行きたいと、開催の2カ月ほど前に高橋さんのもとに連絡を入れたそうです。しかし、直前過ぎるためにチケットもホテルもないという状況でした。

高橋:なんとか名古屋のホテルは取れて、あとは「どうやって鈴鹿まで行こうか」となりました。僕の知り合いがいる、レーシングチームを持っていた会社、レイトンハウスがヘリコプターを持っていると聞いたので、「クラプトンのチケットを10枚あげるから、ヘリコプター貸してよ」と提案したら、「いいですよ」って(笑)。ホテルから空港まで行き、そこから鈴鹿まではヘリコプターで移動しました。

鈴鹿サーキットにたどり着くことができたクラプトンは、主催者の配慮でパスをもらい、各ピットをまわったところ、「クラプトンが来ている!」と世界中の有名なレーサーたちが列を成して握手を求めたそうです。

高橋:アイルトン・セナとか、レーサーたちがニコニコしながら握手を求める光景を見て「クラプトンってすごい人なんだな」ってあらためて感じました。


■クラプトンのライブは安心感と激しさを併せ持つ

続いて、クラプトンのライブの魅力について高橋さんはこう話します。

高橋:過小評価されているアーティストとかヒットしていない曲でも、クラプトンは取り上げて自分なりにアレンジして、自分の曲にしてしまう。それを聴くとすごいなと思います。聴いていて安心しつつも、激しさも持ち合わせているから、他のアーティストのようにイケイケではなく、オンとオフがあることも魅力です。

4月に行われるクラプトンの来日公演を前に、クラプトンのギターも展示しているという、ウドー音楽事務所の50周年を記念した展覧会「UDO 50th Anniversary Special Exhibition 海外アーティスト招聘の軌跡」が3月8日(金)〜3月31日(日)まで、有楽町マルイ 8階特設会場で行われます。ぜひ、こちらもチェックしてみてください!

番組では高橋さんが、クラプトンとの思い出の1曲として『Bell Bottom Blues』を選曲しオンエアしました。以前、体調を崩していた高橋さんを思い、クラプトンが来日公演で高橋さんの好きなこの曲を演奏してくれたそうです。

株式会社ウドー音楽事務所 代表取締役の高橋辰雄さん

次週2月4日(月)から2月7日(木)の『STEP ONE』は、J-WAVEのキャンペーン「START ME UP」にかけて、資産運用、転職、習い事、移住など、ビジネスにも役立つ、今だからこそ始めたい、そんなあなたのチャレンジを番組が応援します。ぜひお聴きください!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/
Recommended by

News Ranking

Archive