アニメ『BORUTO』のOP曲「Lonely Go!」に込めた思いは? Brian the Sunが語る

2019年01月11日

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。1月9日(水)のオンエアでは、Brian the Sunから森 良太さん(Vo.、Gt.)と白山治輝さん(B.)が登場。アニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のOP曲であるニューシングル『Lonely Go!』について伺いました。


■「NARUTO世代」が書いた背中を押す曲

昨年10月からアニメでオンエアされていた『Lonely Go!』。Brian the Sunは「NARUTO世代」だと言います。どんな気持ちで制作したのでしょうか。

サッシャ:歌詞の内容は、信頼する友人の曲?
:友人というか、頑張っている人の背中を押したいというのが一番、頭のなかにありました。人って頑張っているときは孤独になったりするじゃないですか。「なんでそもそも頑張っているの?」と自分に問いただすと、大事な人のためだったり仲間のためだったりしますよね。でも、いったんひとりで頑張らないといけない、みたいな……。
サッシャ:だから『Lonely Go!』なんですね。

曲は、まずOP用に90秒で制作。「90秒あれば言いたいことは言えるし、90秒で伝わらないことは3分やっても1時間やっても伝わらない。そこで言いたいことをガツンと言って、あとは足していった感じです」と話しました。

サッシャ:演奏する立場としては?
白山:オープニング曲だったので、それはメンバーで意識して制作した感じはありました。勢いは大事なので。
サッシャ:聴きどころは?
:治輝が一生懸命ダウンピッキングしているところ(笑)。
白山:この辛さはバンドマンにしかわからないけどね(笑)。右手が鍛えられた曲です(笑)。

Brian the Sunは3月から全国7都市をまわる全国ツアー「Brian the Sun TOUR 2019『Lonely Go!』」を開催します。東京はファイナルとなる4月13日(土)に渋谷クラブクアトロで開催。全てワンマンのツアーは今回がはじめてだそうで、「原点回帰したようなツアーにしたい」と語っていました。気になった方はぜひチェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/
Recommended by

News Ranking

Archive