ビッケブランカが好きなQueenの楽曲は?「癖になるビートです」

2019年01月11日

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(水曜担当ナビゲーター:ビッケブランカ)。1月9日(水)のオンエアでは、おすすめのQueenの曲や休日の過ごし方を紹介しました


■お正月だったけど…黒豆は食べられない

冒頭では、ビッケブランカの正月の話に。年末は忙しく、疲労も溜まっていたこともあり、三が日は何もしなかったと言います。おせち料理に黒豆がありますが、ビッケブランカは豆が苦手で「テカテカした豆が食べられなかったりして。皆さんが『おいしい』と言って食べてるのを見て、食べたいけど食べられないという、もどかしい気持ちが思い出されるお正月でもあります」と明かしました。


■ビッケが好きなQueenの楽曲

ビッケブランカは、昨年末のフェスでQueenの楽曲をカバー。リスナーから、「おすすめの曲があればぜひ教えてください」とのメッセージが届きました。

ビッケブランカ :僕がフェスで歌った『Killer Queen』もありますし、話題の『Bohemian Rhapsody』もあります。個人的に1番好きなのは『Don't Stop Me Now』。ゆったりしたイントロで始まって、フレディ・マーキュリーが長いこと素晴らしい歌声を聴かせるんですが、突然切り替わって『Don't Stop Me Now』ですから“止めないで!”という勢いを感じさせてくれる曲があります。『Another One Bites the Dust』も、ベースのジョン・ディーコンが作曲の元を作っているという意味でもすごくいい曲で、ずっと繰り返しがあって、癖になるビートです。全部いい曲なので、全部聴いてみて下さい。


■目標を持たない理由とは?

続いては、「ビッケさんの今年の抱負を知りたいです」という質問に答えました。

ビッケブランカ :夢とか目標とか抱負とかを訊かれるのは、昔から苦手です。目標はないのかもしれないですね。自分がやりたいと思ったことを、一生懸命やれてたらいいかなと思います。大きな目標を掲げてしまうと、そこへの道しか見えなくなってしまう気がするというか。例えば、歩いてる途中で横道からすごくいいアドバイスがあったり、いい話があったりしても、目標をあまりにも強く持ちすぎると、それを断らなければいけない。「僕は目標を定めていて、そこ以外は歩く気がないので」となっちゃうと、人としての可能性を閉じてしまう感覚があるので。いい意味で目標や抱負を持たないようにしています。

さらに「お休みの日は何をしていますか?」という質問も到着。

ビッケブランカ :僕は寝ているか、岡崎体育とゲームしているかですね(笑)。最近はw-inds.の橘 慶太さんともよくやらせてもらってます。ゲームは本当にいいですよ。体を使わなくて、安静にしながら楽しめますからね。


■難攻不落のビッケブランカ

ビッケブランカが“難攻不落の最後の男子”となり、リスナーが考えた口説き文句を紹介するコーナー「ビッケに届け♡」にも、作品が寄せられました。

「いつまでも東京に染まらない、格好をつけない、ありのままのビッケが大好きだよ。このまま名古屋弁を忘れないように、名古屋生まれの私にずっとビッケのそばにいさせてくれないかな。あんかけパスタ、一緒に食べに行こう」

ビッケブランカ :なるほど、わかりました。紐解きました。「飾らなくていいんだよ。忙しいんでしょ? 私の前では素でいいよ」というスタンス。しかも名古屋弁、地元に触れていくスタンスで「あんかけパスタを一緒に食べに行こう」と。

ビッケブランカの返事は「ごめんなさい」でした。

ビッケブランカ :声を大にして言っておきたいけど、僕は名古屋弁ではありません(笑)。僕のなまりは、両親の影響で岐阜弁です。だから、そもそも間違っています。僕は名古屋に住んだこともないです。あんかけパスタもいいけど、名古屋に住んでるのであればもっとニッチなところも攻めてほしいですね。王道すぎると“王道バリア”が出ますから。

「見て見て! 雪がとっても綺麗だよ。これはきっと、ビッケさんからのプレゼントだね。雪の結晶のようにキラキラ輝いて。でも、掴むと消えてしまう。分かってる。私ひとりのものにはならないと。でもあなたが好きです」

こちらの返事も「ごめんなさい」でした。

ビッケブランカ :告白してもらえるっていうのは嬉しいんです。ニヤニヤしながら聞いてますが、残念ながら返事は「ごめんなさい」です。飾りすぎてもいけない、ロマンティックすぎてもいけない。投稿してくれた人は北海道出身なんですよね。だから雪に掛けているのは素晴らしいですね。自分が住んでる場所で美しいと思ったものに、僕という“難攻不落の最後の男子”、ビッケブランカを重ねてくれたというのは光栄ではあるけど、もうちょっとストレートでもいいかなって。ちょっと詩的すぎたかもしれないですね。


■おすすめアーティストを紹介

また、放送では昨年末に開催されたフェスで共演したLAMP IN TERRENの『BABY STEP』をオンエア。

ビッケブランカ :フェスは、僕が聴いていて「すごくいいな」と思っていたアーティストの方に直接お会いする場所だったりするし、「ビッケさん、すごく好きでした」って言ってもらえたりする場所で、交流の場として素晴らしいと思います。特にLAMP IN TERRENのボーカルの松本大さんとは仲良くさせてもらっていて、僕の曲を「すごく好きです」って言ってくださって、それがきっかけで僕もLAMP IN TERRENを聴き始めました。心をえぐってくる歌詞、歌唱、大さんが持ってる雰囲気、“人間の説得力”みたいなところもライブを見れば見るほど感じるところがありますので聴いてみて下さい。

そのほか、ビッケブランカの兄妹のエピソードも飛び出す、盛りだくさんのオンエアとなりました。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時ー25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark/
Recommended by

News Ranking

Archive