GRAPEVINE・田中が「昔から歌詞によく使う」キーワードとは?

2019年01月30日

J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「VOLVO DESIGN YOUR LIFE」。1月26日(土)のオンエアでは、GRAPEVINEの田中和将さん(Vo./Gt.)が登場。「どんな子どもだったか」という自身のお話から、2月6日(水)にリリースを控えるニューアルバム『ALL THE LIGHT』について伺いました。田中さんが昔から歌詞によく使うキーワードとは?


■RCサクセションを聴いて「こりゃ何じゃ?!」と衝撃

田中さんは、1974年に兵庫県・神戸で生まれ、小学校3年生頃から大阪で育ちました。

渡辺:どんな子どもでしたか?
田中:普通といえば普通……若干やんちゃやったような気もします。成績も小学生の頃は全然普通でした。特によすぎるわけでもなければ、悪すぎるわけでもないような。
山田:スポーツをやったりもしましたか?
田中:スポーツも普通でした(笑)。みんなサッカーをやっているような時代だったので、みんなと一緒にサッカーやったり、野球やったりしてました。

10歳上の兄に、さまざまな影響を受けたという田中さん。まだ漫画も読めない歳の頃に、「漫画の読み聞かせ」をしてくれるほど優しかったとか。音楽でも影響を受けました。

田中:兄がRCサクセションを聴いていて、「こりゃ何じゃ?!」というところから、僕も音楽に興味を持ち始めました。それは中学生くらい。14歳のときに初めてギターを買いました。
山田:将来、バンドをやりたいなって思い始めたのはいつ頃なんですか?
田中:まさにその頃です。13歳くらいに兄が聴いているものを聴いて、14歳でギターを買いまして、そのときには「将来バンドで食っていくぞ」くらいの勘違いをしてました(笑)。

番組では、田中さんがセレクトしたDeep Purple『Highway Star』をオンエア。「僕の洋楽の入口といいますか、兄が『カッコイイから聴け』って言って聴かせてくれた曲です」と紹介しました。


■読書が好き!『ミレニアム』シリーズにハマる

田中さんは読書家。本は、歌詞にも影響を与えているのだとか。ノンフィクションやエッセイより小説を好み、最近ハマっているのは『ミレニアム』シリーズ(著:スティーグ・ラーソン)。

田中:今さら読んでます。流行ったの10年くらい前じゃないですか。最近、映画化とかされて、巻き返している感じはありますけど。たまたま3部作が全部、家にあったんです。当時は読んでなかったし、読んでみようかなと思いました。

現在、2部を読んでおり、「このあともう1部あるかと思うと楽しみでしょうがない」と期待をのぞかせました。


■光の印象が残るニューアルバム

GRAPEVINEは、2月6日(水)にニューアルバム『ALL THE LIGHT』をリリースします。本作が16枚目のアルバムで、「自分たちでも数えるのが嫌になっています」と田中さんは笑います。
渡辺:濃いアルバムですね。タイトルを見ると、「光」がキーワードになっているのでしょうか。
田中:タイトルは、収録曲の『すべてのありふれた光』とか、そういうところから引っ張ってきているんです。「光」は昔から歌詞によく使うんです。ドライな言い方をすると、便利というか使いやすい。いろんな意味を含ませやすい言葉でもある。「希望の光」的な使い方もできれば、「影を濃くする残酷なもの」みたいな使い方もできるので。今回もそういう使い方をした曲がいくつか入っております。『すべてのありふれた光』はアルバムの最後に収録されていて、聴いたあとに、光の印象が残るアルバムになるんじゃないかなと思って、アルバムタイトルを『ALL THE LIGHT』にしました。

アルバムを聴いた渡辺が「大人が歌う歌詞だなと思った」と感想を述べると、「自分の視点で書きますので、どうしても『大人の』といいますか、それなりの哀愁みたいなものが出てきます」と田中さん。若い頃には作れなかった曲を作れるようになった……という実感はあるのでしょうか。

田中:日々ひしひしと実感しているようなものでもないんですけど、当然若い頃は、若い自分の目線で書いているわけです。今、自分が見つめるものについて歌うのは自然なことなのかな、という気はしてます。

田中さんは、3月9日(土)に両国国技館で開催される「30th J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE supported by azabu tailor」に出演します。「両国国技館に立てることなんてないですから、この機会はなかなか貴重ですね。楽しみです。弾き語りとかはあまりしないんですけど、『両国ならいいか』と思いました」と語りました。チケットは現在発売中。気になる方は公式サイトをご覧ください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『RADIO DONUTS』
放送日時:毎週土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/
Recommended by

News Ranking

Archive