Benthamの新曲が『ウルトラマン』主題歌に!「子どもが口ずさめて、パパ世代もグッとくる歌詞」

2018年12月29日

J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(木曜担当ナビゲーター:Bentham)。12月27日(木)のオンエアでは、小関竜矢(Vo./Gt.)と須田原生(Gt./Cho.)のふたりが登場。Benthamの新曲について語りました。


■『ウルトラマン』主題歌のために書き直し

Benthamの新曲『Hope the youth』が、1月5日(土)からスタートする番組『ウルトラマン ニュージェネレーションクロニクル』(テレビ東京)の主題歌に決定しました。

小関:まさか『ウルトラマン』の主題歌に選ばれるとは。決まった瞬間、すげえ震えましたね。
須田:みんなが知るヒーローですからね。
小関:『Hope the youth』が主題歌に決まってから、歌詞を書き直したんですよ。「子どもが口ずさめる曲がいいかな」と思ったんです。大人から子どもまで、『ウルトラマン』のことが好きになるように、Benthamっぽい感じで、子どもに聴いてほしいなと思ったのと、パパ世代が聴いてもグッとくるような歌詞にしました。あと、発表されたけど、2月27日(水)にリリースされるセカンドフルアルバム『MYNE』の中で『Hope the youth』が、一番歌詞を考えたかも。
須田:『ウルトラマン』があったから生まれた歌詞だけど、小関らしい歌詞というか、面白かったよ。読んでいて、「新しいな」というのもあったし、『ウルトラマン』の感じも伝わるんだよね。
小関:Benthamの曲なのに『ウルトラマン』の曲になってるんですよ。これはかなりレベルアップしたんじゃないかと思います。


■アルバムジャケットの美女は…



さらに、『MYNE』の制作裏側を明かしました。

小関:この前、ジャケットやら諸々の情報が解禁されました。楽しみですね。今回はレコーディングが長かったよね。最長じゃないですか?
須田:どうだろう。僕的には一番身が詰まってた。「長い」というより「もうこんなに経ったか」というくらい、あっという間だった。
小関:俺的には「まだ作るのか」って(笑)。厳密には、まだできていませんからね。
須田:集中していたからか、今までで一番早い数カ月という感じでしたね。
小関:全10曲で、メンバー全員の曲が入っています。ジャケットに女性を起用していて、「あの美女は誰なんだ?」とね。あの美女は、僕のタイプです。
須田:誰のタイプかというと、小関のタイプです。
小関:人選に関しては、完全に僕が決めました。本当にプロになってよかったなと思います。
須田:小関が選んだじゃん。でもそのあとに気になるようになっちゃうというか……。結果として、よかったなと思う。
小関:これから解禁されていくんですけど、すごいんですよ。あの方になってよかったなと思うことが連続でありました。
須田:すごく思い入れがある作品になりましたね。

ますます楽しみなBenthamの2019年。今後の解禁情報にも注目です。

オンエアでは他にも、小関が電話でリスナーの悩みに答えるコーナーが好評ということで、年明けまでの延長が決定し、今回も小関が真剣に答えました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『THE KINGS PLACE』
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/
Recommended by

News Ranking

Archive