バンドマンって普段どう過ごしてるの? never young beach・鈴木が語る

2018年12月27日

J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(水曜担当ナビゲーター:never young beach)。2018年最後となる水曜日、12月26日(水)のオンエアでは、ドラムの鈴木健人がソロでお届け。この日もリスナーから届いたメッセージにたっぷりお答えしました。


■ 鈴木、休日はどう過ごす?

リスナーから届いたのは、こんな質問。

「メンバーの中で、鈴健さんだけ私の中でいまだに謎めいています。休みの日は何をしていますか?」

普通の会社員であれば、平日は仕事で土日が休みといった規則的な生活ですが、バンドマンの生活はかなり変則的なようです。

鈴木:最近は曲作りで阿南(ギター)の家によく集まって作業をしてるんですけど。スタジオに行ったりとか。それが仕事になるのかもしれないんですけど、友だちというか仲のいいメンバーと集まって、ワイワイ作業をして、ちょっとダラけたりとか、「Uber Eats」でご飯食べたりとか。作業が煮詰まったら早めに切り上げてどこか出かけたりとか、けっこうしてるんですね。それが自分の中では休みというか、いいリフレッシュになるなと思ってます。

一人でいる休みのときは家で音楽を聴いたり、ゲームをしたりしていましたが、最近は意識的に外に出るようにしているとか。

鈴木:あんまりよろしくないなと思って。やっぱり外に出て、友だちのバンドのライブを観たりとか、ひとりで買い物に行ったりとか。あとカーシェアの車でドライブをするのが好きなんで、意味もなく高速に乗って、その中で音楽を聴いたりしてます。

今年の後半は、ライブを観に行く機会が多かったそう。D.A.N、YOGEE NEW WAVES、CHAIなど、身近な人たちのライブを観に行くように心がけていると話します。

鈴木:わりとひとりで行くのが最近は多くて、なかなかいい過ごし方だなって思ってます。


■ 2019年の抱負は「ひと手間かける」

「2019年の抱負を聞かせてください」というメッセージも紹介。2018年1月のオンエアで今年の抱負として「車を買います」と宣言しましたが、実現せずに2018年が終わろうとしています。

鈴木:気づけばカーシェアリングで車を借りまくって、今年一年が終わってしまったので、来年こそは車を買おうかなって思ったんですけど、ちょっとやめます。車はそのうち買います、いざというときに(笑)。

あらためて鈴木が語った2019年の抱負は「ひと手間かける」。たとえば、スーパーでお惣菜を買ったときに容器のまま食べずにお皿に移して食べる。カーシェアで車をレンタルするときは少し遠くの場所で借りる、など。この抱負に決めたことには、ある理由があります。

鈴木:家の近くのカーシェアが埋まっていて、しかたなく家から10分ほど歩くところに借りに行ったんです。そしたらその歩く時間がやけに楽しくて。車に乗ろうとしているくせに。散歩がてらみたいな。

こんな経験もあり、「何においてもひと手間って大事だな」と感じたと言います。

鈴木:こじつけですけど、レコードを聴くのも要はデータじゃなくて、盤を置いて針を乗せて、ひと手間じゃないですか。飯もだし、散歩もあえて遠くに歩く。そのひと手間を大事にしていこうと思いまして。そう思ったと同時に、2019年の僕の抱負だな、とひとりで思ったんですよ。自分が歩いてカーシェアのところまで行ってなかったら、その抱負もなかったわけですね。

never young beachの年内の活動は、30日(日)の「COUNTDOWN JAPAN 18/19」が最後です。鈴木とベースの巽は、サポートメンバーとして参加しているZOMBIE-CHANGのライブが大晦日に入っています。お時間がある人はぜひ足を運んでみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『THE KINGS PLACE』
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/
Recommended by

News Ranking

Archive