週3で通って10キロ痩せた人も! 「キックボクシング」の魅力

2018年11月06日

J-WAVEの新番組『CHINTAI ACTIVE ON SUNDAYS』(ナビゲーター:森矢カンナ)。「休日をアクティブに」をキーワードに、日曜日の有効な活用法をさまざまな角度から紹介していくこの番組。11月4日(日)のオンエアではキックボクシングの魅力に迫りました。


■有酸素運動×筋トレが両方できる

話を伺ったのは、元K-1ファイターで「K-1 GYM JIYUGAOKA」代表のK-1の戸邊隆馬さん。K-1の選手だったとは思えないような、優しそうな雰囲気でイケメン。ジムでは現役時代の映像が流れていますが、それを見ると別人。完全なファイターでした。

まずは、キックボクシングの魅力とトレーニングの効果について話しました。

戸邊:有酸素運動で呼吸しながら全身運動するのと、パンチやキックで一発強く打つところが、無酸素運動のような筋トレ要素があって、その両方ができるのがよさだと思います。
森矢:どんな人が通っていますか?
戸邊:ダイエットを目的にしているにしている人が多いですね。週3くらいで通えば体も変わって心も変わります。実際に週3で通って、10キロ痩せた人もいます。
森矢:キックで最も効く部位は?
戸邊:1番はお腹です。キックもパンチも体をねじるので、引き締まってきます。脚を上げてお尻周りも引き上がってきたりとか、パンチを打って腕の裏側が引き締まってきたりもします。
森矢:私の場合は、アクションなどの作品に反映できたらと思って始めたんですけども、綺麗なフォームをすれば、筋肉を使うことができているということになってくんですね。
戸邊:フォームが綺麗なら、全身が引き締まって、より強いパンチとか、より強いキックが打てます。


■お腹に「きいてる」のがわかる!

実際に森矢も実践しました。まずはシャドウやミットでウォーミングアップ。その後、フォームをチェックしてもらいながら、サンドバックを使ったトレーニングに挑戦。すると綺麗なフォームかどうかが一目で分かるポイントがありました。

森矢:当たったときの(芯が)入ってるときと入ってないときの感触は全然違いますよね。
戸邊:腕や足の力だけで打つと威力的に弱いので、全身を使って、パンチは下半身を使ったり、蹴りをする時は上半身を使ったりすると、気持ちよく強い蹴りやパンチを打つことができます。

実際に蹴って、「いたたた……」と森矢。

戸邊:痛いのは当たってる場所が違っていて、足首の先の方が立ってしまっているので、足首からスネあたりを当てて“ドスン”という音を出していきます。
森矢:やっていると、お腹に効いてるのがわかります。私の蹴りはどうでしょう?
戸邊:腰がすごく入っていて、形が綺麗でした。

森矢は「絶対に楽しい!」とイチオシ。楽しく運動したい人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『CHINTAI ACTIVE ON SUNDAYS』
放送日時:日曜12時00分-12時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/activesundays/
Recommended by

News Ranking

Archive