「クルミだれ」で、そばを楽しむ! ミルキーで香ばしい「青山 川上庵」の人気メニュー

2018年11月30日

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。

J-WAVEの11月のキャンペーンは“RELAX IN THE BATH”です。今週は、お風呂が大好きな有名人の皆さんが、お勧めの銭湯と、その近くでいただける美味しいランチを紹介しています。11月29日(木)のオンエアでは、女優の南沢奈央さんが、表参道の「清水湯」と、そば屋「青山 川上庵」をおすすめしました。


■おしゃれなお蕎麦屋さん

南沢:清水湯は銭湯とはいいますが、モダンな建物で、若い人がたくさん来ている銭湯です。そんな清水湯に行くときにぜひ足を運んでほしいのが「青山 川上庵」です。軽井沢に本店があるおそば屋さんですが、こちらもそば屋さんという雰囲気ではなく、すごくおしゃれでランチが17時までやっているので、いろいろな時間にふらっと行けて便利なんです。

表参道駅から歩いて2分の「清水湯」、その2軒となりの建物がランチにオススメの「青山 川上庵」です。3階建ての店内は、テーブル、ソファー、カウンターと子ども連れや大人数でも楽しめるお店です。そんな川上庵のコンセプトについて、スタッフの方に詳しく伺いました。

スタッフ:川上庵は軽井沢に本店があり、都内は麻布、青山に2店舗あります。江戸時代には「うまいものを食べたければそば屋に行け」という、そば屋文化が盛んでした。おいしいものを食べて、おいしいお酒を飲んで、締めにおそばを手繰るというのが、江戸時代のそば屋文化です。それを現代に新しく紹介し直したいというのが、このお店のコンセプトとなっています。

そばのこだわりも訊きました。

スタッフ:そば粉は国内産を中心に、自家製の石臼でそばの香りを楽しんでいただくために、少し粗めにそば粉を挽いて毎日打っています。

「青山 川上庵」
お店で最も人気なのが、クルミを出汁にといて提供する「クルミだれせいろ」。

スタッフ:特に女性は、ほぼこれをご注文されますね。信州の昔からの伝統的な文化で、クルミをすり潰してそばの出汁と割って、それにおそばをつけて食べます。信州の食文化に根ざしたものをこちらでもご提案させていただいています。クルミの香ばしい香りとコクが楽しめる、おいしいおそばになっています。

クルミだれせいろは1260円で提供しています。銭湯「清水湯」とそばの名店「青山 川上庵」、ぜひ合わせて立ち寄ってみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone
Recommended by

News Ranking

Archive