【J-WAVE30周年】ブラジリアン・ミュージックの女王、ジョイス・モレーノが熱唱! 「TSE」10月2日レポート

2018年10月18日

六本木ヒルズアリーナにて歌唱するジョイス・モレーノ

J-WAVEが2018年10月1日で、開局30年を迎えた。それを記念して、10月1日〜8日に六本木ヒルズにてフリーイベント「J-WAVE 30th ANNIVERSARY FESTIVAL TOKYO SOUND EXPERIENCE(以下、TSE)」を開催した。

TSEのメイン会場となる六本木ヒルズアリーナでは、特設スタジアム「J-WAVE 30th ANNIVERSARY ARENA」が出現し、入場無料のライブステージを開催。日替わりで登場するアーティストのライブパフォーマンスを通して、来場者らは“これまでの”、そして「OVER THE WAVE」した“これからの”、J-WAVEサウンドを体験した。

TSE1002
六本木ヒルズの大屋根プラザは、J-WAVEと同じく今年30周年を迎える「BLUE NOTE TOKYO」とのコラボステージを展開。JAZZと中心に国内から世界で活躍する豪華ミュージシャンが連日ラインナップする入場無料のJAZZ CLUBが登場した。BLUE NOTE TOKYO がプロデュースするフードやドリンクも販売され、音楽/ライブの魅力を発信した。

ヒルズカフェ/スペースでは、これまでJ-WAVEが発信してきた音楽・カルチャーをアーカイブする体感型エキシビションスペース「J-WAVE MUSEUM supported by LEXUS」を展開。開局以来続くJ-WAVEを代表する番組のひとつ「J-WAVE TOKIO HOT 100」30年分のチャート、これまで発行してきた30年分のタイムテーブル、キャンペーンソング、ジングル、J-WAVE発のコンピレーションCDの試聴など、開局当時から現在までのJ-WAVEを体感できる空間が広がった。加えて、人気番組の公開収録イベントほか、シーンの最先端で活躍するトップクラスの音楽プロデューサーが所属し、良質な音楽とコンテンツを創出するクリエイター集団「agehasprings」とタイアップ。気鋭のクリエイター陣と若手ミュージシャンによる公開レコーディング「30th J-WAVE×agehasprings Open Lab. SOUND EXPERIMENT」ほか、トークイベントを開催した。

ここでは10月2日の様子を写真とともにお届けしよう。

TSE1002
「アリーナ」では、J-WAVEの開局と同時にスタートした看板プログラム『SAÚDE! SAUDADE…』がおくるリスナー大感謝祭「NIPPON EXPRESS SAUDE!SAUDADE ...30th Anniversary Carnival」が行われた。ブラジリアン・ミュージックの女王、ジョイス・モレーノが、ゲストに新進気鋭のギタリスト、シコ・ピニェイロを迎え、エネルギッシュなステージを繰り広げた。

TSE1002
TSE1002
なお、ジョイスのステージの前には、番組オープニングテーマを手掛けるSaigenjiが登場。J-WAVEジングルのアレンジからの2003年から2012年のオープニング『走り出すように』を披露。また、次期オープニングテーマに決まった新曲『Sunflower』も披露してくれた。このライブの模様は、10月21日(日)の『NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…』(17:00-17:54)でオンエアされる。

TSE1002

「大屋根プラザ」では、最初にジャズ・アルトサックス奏者・纐纈歩美が登場。この日はギター、ベースのトリオで、美しくクールな音色を響かせ、「こんなに開放的なある場所で演奏するのは初めて」と笑顔で語った。

TSE1002
TSE1002

その1時間後に登場したのは、アリーナでジョイス・モレーノのステージにゲストとして登場したシコ・ピニェイロ。立ち見客も出るほどの大入りのなか、手拍子も沸き起こるほどのパワーあふれる音色をギターで披露した。

TSE1002

終盤には特別ゲストとしてジョイスが登場する場面も。演奏を終えてシコが立ち去った場内には、割れんばかりの拍手が鳴り響く。再び登場したシコはアンコールも披露し、最高潮の熱気のなかステージを終えた。


■オンエア情報

10月21日(日)の『NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…』(17:00-17:54)にて、ジョイス・モレーノとSaigenjiのライブ音源がオンエアされる。ぜひチェックしてみてほしい。
Recommended by

News Ranking

Archive