ポール・マッカートニー、ノンストップで駆け抜けた“日本愛”あふれるステージ!「フレッシュン・アップ ジャパン・ツアー」スタート

2018年10月31日

ポール・マッカートニーの最新ワールド・ツアー「フレッシュン・アップ」が日本上陸! 10月31日(水)、東京ドームで行われたジャパン・ツアー初日の模様をお届けします。

10月29(月)夕刻、東京・羽田空港に降り立ったポール・マッカートニー。空港には約500名のファンが駆け付け、通算7度目となる日本ツアーのために来日したポールを祝福しました。

最新アルバム『エジプト・ステーション』を携えて行っているフレッシュン・アップ・ワールド・ツアーは、9月17日、カナダ・ケベックのビデオトロン・センターからスタート。アメリカ・オースティンを経て、ここ日本へとやってきました。初日の会場・東京ドームには、開演前からたくさんのファンが集結。グッズ売り場には長蛇の列ができ、開演まで途切れることはありませんでした。

手を振りながら登場したポールは、まず颯爽と『A Hard Day's Night』を披露し、「こんばんは、東京。ただいま! 日本語がんばります」と挨拶。今回から参加したホーン隊の音色が冴える『Letting Go』など、さまざまな表情を見せながら、MCでは「日本に戻ってこられて嬉しいよ。東京が大好きなんだ」と微笑んでファンを喜ばせました。

ポール・マッカートニー

曲が進んでもポールが減速する様子は全くありません。「ジミ・ヘンドリックスに捧ぐ」と『Let Me Roll It』を、「妻のナンシーのために。今晩も来てくれてるんだ」と『My Valentine』を演奏。手でハートマークを作るという、お茶目な一面ものぞかせます。『From Me To You』では観客と合唱し、東京ドームがあたたかな空気に包まれました。

「この曲は、今日が(日本で)初披露なんだ」と歌ったのは、36年ぶりに全米アルバム・チャート1位を獲得した最新アルバム『エジプト・ステーション』からの楽曲『Fuh You』。背後のスクリーンにミュージックビデオの映像が映し出され、軽快なナンバーでオーディエンスを楽しませてくれました。

ステージではザ・ビートルズ時代の名曲も多数披露。『Love Me Do』で大合唱が起こったかと思いきや、ギターの弾き語りが奏でるやさしい『Blackbird』にオーディエンスが聞き惚れる場面も。ジョン・レノンに捧げる『Here Today』では、ポールのジョンへの想いを一瞬でも聞き逃すまいと静かに聞き入る観客たちの姿が印象的でした。

ポール・マッカートニー

花火が咲き誇るような演出が見る者を興奮させる『Live And Let Die』、観客と声を重ねる『Hey Jude』など名曲のオンパレード。ポールがステージを去ると、アンコールを求める拍手と大歓声が沸き起こります。再び姿を現したポールは、この日がハロウィンだったことから、なんとスクリームのマスク姿! 日本の国旗を振り回すポールに、驚きの声が上がりました。

『Yesterday』で優しくギターを爪弾き、『Helter Skelter』では多くの観客が立って体を揺らしました。3時間近くに及ぶ熱いステージをノンストップで駆け抜けたポールは、明日11月1日に東京ドーム、11月5日に両国国技館、11月8日にナゴヤドームで公演を行います。なお、ポールにとって、名古屋での公演は初めて。両国国技館とナゴヤドームの公演はすでにソールドアウトしていますが、明日の東京ドームは当日券も発売されます。ポールの圧巻のステージは見逃せない!

ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニー


【ポール・マッカートニー フレッシュン・アップ ジャパン・ツアー2018】
11月1日(木)東京・東京ドーム
開場16:30 / 開演18:30(予定)
各日15時30分より東京ドーム22ゲート前の当日券売り場にて当日券を販売致します。
席種・価格は当日券窓口にてご確認ください。
[問]キョードー東京 0570-550-799(平日11:00〜18:00 土日祝10:00〜18:00)

カメラ:山本倫子

WEAVERの新作は「音楽と小説」の融合! ヒロインの気持ちを歌うのは…

2018年10月31日

J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)。10月29日(月)のオンエアでは、WEAVERから杉本雄治さん(Vo.,P.)が登場。配信リリースとなった『栞 feat. 仲宗根泉(HY)』について訊きました。


■ドラマー・河邉による小説とのコラボ

これは、WEAVERの河邉 徹さん(Dr.)が書き上げた小説『流星コーリング』に楽曲を合わせた音と文字のプロジェクト第2弾。杉本さんに解説していただきました。

杉本:「WEAVERの中で物語を書いてサントラを自分たちで作ろうよ」みたいな感覚です。今年の5月に河邉がはじめて小説1作目を書いて、じゃあWEAVERで音楽を、ということで、今回が第2弾になります。
西沢:どんな本なんですか?
杉本:10代の登場人物の物語なんですけど、時間が何度もループしていくなかで、色々なことに気づいていくという小説です。栞というヒロインが出てくるんですが、ヒロインの気持ちを僕が歌うよりも女性に歌ってもらったほうが響くんじゃないかと思い、HYの仲宗根泉さんをフィーチャーしました。
西沢:WEAVERに女性ボーカルを入れるのははじめてですか?
杉本:コラボ自体がはじめてですね。仲宗根さんはラブソングの名曲がたくさんあるので、女性に歌ってほしいというときに真っ先に浮かんだので、引き受けていただいて本当に光栄です。

河邉さんの小説『流星コーリング』は、ハイブリッド総合書店hontoで一部連載中。小説とWEAVERの楽曲が同時に第4弾までリリースされる予定です。

西沢は『栞』を聴いて「全く違和感がない感じのデュエット。びっくり」と感想を述べました。

杉本:意外と僕、あまり雄々しい声じゃないので、最初はどうなるかなと思いました。
西沢:映画の曲でよく男と女で激しく違うものあるじゃないですか。あれとか濃くて疲れるからね!
杉本:今回よい溶け具合になりましたかね(笑)。


■読んで聴いて、世界観に浸ってほしい

来年の春にニューアルバムと小説が同時発売になるWEAVER。アルバムには『流星コーリング』の楽曲に加え、配信シングルになっていない曲やサントラとしてインスト曲も収録するそうです。

西沢:じゃあ小説『流星コーリング』が売れないと困るね。アルバムは売れたけど「『流星コーリング』って何?」みたいな。
杉本:相乗効果を狙って、両方読んで聴いてもらうのが一番世界観に浸れると思うので。
西沢:河邉さんが一番プレッシャーがかかっているんじゃないの?
杉本:作品自体はできあがっていて校閲をやっている段階なので、僕たちもストーリーはもう読んでます。僕もそんなに小説を読むタイプじゃないですけどすごく読みやすい作品なのでオススメです。
西沢:小説家に彼は向いているんですか?
杉本:向いてますね。もともとメンバーも「向いているのかな」と思っていたんですよ。短い歌詞よりも、長い小説のほうが彼の頭の中の世界は描けるんじゃないかなと思っていたので。

来年3月には、東名阪ツアー「WEAVER TOUR 2019」も決定しています。東京は3月31日(日)マイナビBLITZ⾚坂です。杉本さんは「今年はちょっと充電期間にもなっていたので、来年10周年に向けてライブもできるだけやりたいのでもう一度注目してください」と語っていました。ライブの詳細は公式ページをチェックしてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GROOVE LINE』
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分−19時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

7秒かけて座るだけ! お腹痩せ&腰痛改善に期待できるダイエット法

2018年10月31日

J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。10月31日(水)のオンエアでは、“7秒かけて座るだけダイエット”を紹介。お腹痩せや、腰痛改善にも効果が期待できるダイエット法です。この方法の提唱者で、工藤内科のダイエット外来専門医で副院長の工藤孝文さんに話を伺いました。


■日常の中でカロリーを消費する活動「NEAT」

工藤さんは、日常の運動以外の身体活動、「NEAT(Non-Exercise Activity Thermogenesis:非運動性熱産生)」に注目。これは、ウォーキングやスポーツではなく、運動以外の日常生活の中でカロリーを消費する身体活動のことをいいます。

工藤:例えば、買い物に行ったり、通勤時の歩行、家事、座っている時や立っている時などの姿勢保持がNEATに当てはまります。
別所:7秒でいいんですか? それに、なぜ15秒でも5秒でもなく“7秒”なんでしょう?
工藤:7秒が、太もも周りやお腹周りに効いてくるちょうどいい時間帯なんです。5秒だと簡単すぎるし、15秒だと継続が難しいので、7秒にしました。年齢によって難しい方は、ゆっくり座るだけでも効果がありますので、7秒にこだわる必要はありません。30代、40代の方は7秒を目安にやってもらうといいと思います。
別所:具体的にどんな筋肉を使いますか?
工藤:基本的にはスクワットに近いような運動なので、1週間続けることで、太もも周りやお腹、背中が細くなる一方、下肢の筋肉がしっかりとつきます。


■7秒かけて座るだけダイエットのやり方

1.立った状態で、手を前に伸ばし、背筋を伸ばす。
2.7秒かけて、お尻に椅子がつくようにする。

早速、別所が実践してみると、「3秒過ぎぐらいからきつくなってきた」と、やや苦戦していました。



工藤:筋トレとしてやる場合は、筋肉の超回復の時間がありますので、1日10回程度を、2日に1回やれば大丈夫です。NEATとして行う場合は、例えばコピー機に行って戻ってきたときに7秒かけて座るとか、ランチのあとに7秒かけて座るだけでも痩せていきます。日常生活に取り入れていただくのが、簡単で面白いと思います。

皆さんもぜひ実践してみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

水樹奈々、香川からお取り寄せしてまで毎朝食べている大好物とは?

2018年10月31日

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。10月30日(火)は、声優の水樹奈々さんを迎えて、毎朝食べている大好物の話や、新曲制作秘話についてお訊きしました。


■上海のファンは熱狂的!

水樹さんはライブを開催した上海から帰ってきたばかりです。上海のファンは熱狂的で、サプライズまで用意してくれたそうです。

水樹:私のイラストが入った光るプレートを作ってくれていて、それを会場の全員が持っていて、アンコールで振ってくれてたんです。最初は前列の方だけが有志で作ってくれたのかと思ったら、会場中で!
サッシャ:すごい! 現地ならではの中国語コールってあるんですか?
水樹:それが日本語コールだったんです。コールアンドレスポンスも全部日本語で、ダブルアンコールで私のライブの定番曲を日本語で歌ってくださって、合唱してくれたんです。感動でした! 私も少しですけど中国語を勉強していって、発音が難しいけど「ちゃんと、皆さんに言葉が通じてる! よかったー」って思って。


■14年の作品の思いが詰まった曲

そんな水樹さんは、38枚目のシングル『NEVER SURRENDER』をリリースしたばかりです。アニメ映画『魔法少女リリカルなのは Detonation』の主題歌です。

サッシャ:すごく思い入れのある作品の曲なんですよね?
水樹:『魔法少女リリカルなのは』は、私が14年前からキャストとして参加していて、主題歌も作詞も含めて担当させていただいてます。『NEVER SURRENDER』は歴代の主題歌の集大成のようなものを作りたいと思って作ったので、本当に時間がかかりました。
サッシャ:作品をずっと手がけていると、同じ言葉遣いをしちゃうと同じ曲になっちゃうし……。
水樹:そうなんです! 似て非なるものを作らないといけないので、「これは『なのは』の曲だな」って感じでもらう要素はありつつも、違ったアプローチをするっていうのが一番難しいんす。
サッシャ:わざと同じ単語を使うときあるんでしょ。作詞に悩むよね。
水樹:そうなんですよ! 贅沢な悩みなんですけど、それだけ何曲も作らせていただけているということなので。歴代の主題歌で使ったキーワードをちりばめながら、しかも映画が前編・後編の二部作だったから、対になるような言葉を入れたりして。入れたい言葉が多すぎて、どうやってまとめるか、本当に迷いました。
サッシャ:聴きどころは?
水樹:歌謡曲チックなメロディラインがポイントで、そこに今風のアレンジを取り入れているので、塩梅がすごく難しかったんです。
サッシャ:歌謡曲っぽくなりすぎず、それでいて、歌謡曲テイストも残しつつということですね。
水樹:そうなんです。14年という長い作品だから、音楽の要素も流行もどんどん変わっていくじゃないですか。なので、古き良きものを残しながら、今の最新のアレンジも取り入れながらという。


■絶品! ぷちぷち食感のお餅

後半では、美容と健康のために水樹さんが毎日食べている「まるざ古代餅」を紹介していただきました。

水樹:100パーセント発芽玄米でできているお餅で、無添加、無農薬なんです。真空状態で香川県から届きます。魚焼きのグリルやオーブントースターで焼いて毎朝食べてます。
サッシャ:そうなんですか!
水樹:声優の後輩の茅野愛衣ちゃんに、今年の春ぐらいに「奈々さん、絶対に好きだからー!」って勧められて定期購入してます。
サッシャ:めっちゃうまい!
寺岡:歯ごたえがプチプチしてます!
水樹:そこがたまらないんです。普通はお餅に醤油をつけたりしますが、味付けをせずに、ただ焼いたただけなんです。私はいつも2個食べていて、1個は普通に食べて、もう1個はお雑煮にして食べたり、海苔を巻いたり、梅干しと一緒に食べたりと、いろいろな形で楽しんでます。

「食べてみたい!」と思った人は、「まるざ古代餅」の公式サイトで調べてみてください。


■フルオーケストラライブを開催

水樹さんは、6年ぶりの3回目となるフルオーケストラライブ「NANA MIZUKI LIVE GRACE 2019 -OPUS III-」を、2019年1月19日(土)・20日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催します。前回は77人のコーラス隊も登場し、200人ほどがステージに上がりました。

サッシャ:リハーサルから気合が入りそうですね。
水樹:全員が集まれる日が4日しかないんです。それぞれが練習してくるので、緊張感が凄いです。あと全員が入れるスタジオがないので、ホールでリハーサルをやるんです。
サッシャ:お客さんいないのにホールを借りるんですか! なんて豪華な!

こちらもチェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

フレデリック、新曲『LIGHT』初オンエア!「めっちゃドキドキする」

2018年10月31日

J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(火曜担当ナビゲーター:フレデリック)。10月30日(火)のオンエアでは、先日行われたフレデリックと、雨のパレード、夜の本気ダンス、My Hair is Badが出演したライブイベント「あれから何年たった?」の感想メールを紹介しました。


■雨パレの“謎の新曲”のカッコよさで盛り上がる

メッセージを送ったリスナーは、フレデリックの番組で流れた雨のパレードの曲を聴いて気に入り、ライブイベントでさらにハマり、ワンマンライブに行くことを決めたとか。このメールにフレデリック一同は、「いいですね!」と自分たちのことのように盛り上がりました。

赤頭:雨パレ(雨のパレード)、あの日、新曲やっとったやんか?
高橋:やってたやってた、超かっこよかった。
健司:めちゃくちゃかっこよかった!
赤頭:あの曲は何ていう曲なんやろな。
健司:な!
赤頭:セットリストにも「新曲」としか書いてなかった。
高橋:決まってないのかな?
赤頭:謎の新曲。めちゃくちゃかっこよかった。

盟友である雨のパレードについて盛り上がりました。このライブイベントのアンコールでは、フレデリックの『オドループ』を4組で演奏したそう。

赤頭:「スペースシャワー列伝」のときもそうやったやんな?
健司:そうそう。2016年の「列伝」でやったから、そのときを思い返すのも含めて「じゃあ『オドループ』やりましょうや!」みたいな感じで。
康司:こうやってアンコールの最後で、曲を出せるっていうのはすごいいいことやな。俺らの曲で最後締められるっていうのは、俺はすごく嬉しいことやなと思って。
健司:あれは楽しかったなあ……。

イベントライブの思い出を噛み締めるフレデリックでした。


■新曲を初OA!

そしてこの日の放送では、11月16日に配信リリースされるフレデリックの新曲『LIGHT』がラジオ初オンエアされました。エレクトロサウンドを取り入れたダンスロックナンバーです。

康司:新曲が「初めまして」する瞬間ってめっちゃドキドキするけど、なんかめっちゃ嬉しいな。
高橋:ね、なんか感慨深い。
康司:なあ! こんな曲ですよ! でもこれからラジオでもライブでもネットでも、この曲で音楽の楽しみ方を俺らがどんどん提案していけたりするんで、ほんまにみなさん楽しみに待っててください!
健司:こっからがおもしろいですよ!

「感想ほしいな!」とメンバー。曲を聴いて感じたことを、ぜひ番組に送ってみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『THE KINGS PLACE』
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

ゲームクリエイターは、他のゲームをどう楽しんでる? ポルカ・雫が解説

2018年10月31日

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(火曜担当ナビゲーター:雫<ポルカドットスティングレイ>)。10月30日のオンエアでは、ゲームクリエイターの裏側の話や、雫が好きなお酒の話で盛り上がりました。


■愛する人と観に行ってほしい映画

ポルカドットスティングレイは、映画『スマホを落としただけなのに』の主題歌『ヒミツ』を歌っています。そこで、気になる女の子と映画を観に行くことになったという学生から届いた「映画デートのアドバイスと作品の魅力を教えてください」という相談に答えました。

「映画デートのアドバイスに関しては、全くの無力なんですけど……」という雫。そこで、作品の魅力を紹介しました。

:監督の中田秀夫さんは『リング』を手がけていることもあって、Twitterを見たら「すごく怖い話なんじゃないか」って予想されてたりするけど、全然怖くなくて、実際はめっちゃ「LOVE」って感じです。恋人との愛についても深く描かれているので、ぜひ愛する人と観に行ってほしいと思います。あと、いいところで「ヒミツ」というセリフが出てくるので、「今、『ヒミツ』って言った」という感じで検索してみるといいと思います。

映画は11月2日(金)公開。ぜひ劇場に足を運んでください。


■雫はお酒が好き

続いて答えたのは、「お酒は飲みますか? 飲むならどんなお酒ですか?」という質問。

:私はお酒は大好きですね。日本酒も10合ぐらいは飲みますね。歌うから普段は控えてるんですけど。日本酒と赤ワインが好きだけど、けっこう何でも飲みますね。焼酎はにおいが強いから苦手なんですけど、ビールは日本のビールなら「プレモル」(ザ・プレミアム・モルツ)が好きです。海外のビールなら「ハイネケン」とかね。ウチのメンバーは、ユウくん(ベース)はめっちゃ飲む、私も飲む、ハルシ(ギター)は好きだけど弱い、ミツヤス(ドラム)は飲めないという感じですね。概ねイメージ通りなんじゃないかと。


■ゲームクリエイターは楽しい?

「SPARK DREAMER」のコーナーでは、ゲームクリエイターの雫が、ゲーム業界の裏側を解説しています。今回は、ゲームクリエイターが他のゲームをプレイするときに注目している点について話しました。

リスナーから届いたのは、こんな質問。

「自分で他のゲームをプレイする際、クリエイターならではの視点というか、変わった楽しみ方をしたりするんでしょうか?」

雫は、ソーシャルゲームを例にして答えました。

:みんな、ダウンロードしてから最初に何万円かつぎ込みます。最初はマネーパワーでまわしますね。どこで何が用意されているかという、我々からみると“データの塊”とか“プログラムの塊”に見えているので、どこでどんなデータが用意されていて、どこまで作ってあって……みたいなのをさっと全部見て、参考になるところがあったらメモしますね。「果たして楽しんでいるのか」っていう感じなんですが、ゲームクリエイターは趣味と仕事の境目がガバガバなので、それでもなんとなく楽しいね。みんな、仕事中はわりとゲームをしています。PCに向かって仕事をしながら、画面の横にiPadとかスマホを置いてゲームしてます。ソシャゲをオートでプレイしながら仕事をしている光景は、けっこう見ますね。「いいな!」って思うかもですが、そのかわり、この仕事は家には帰れないです。ゲーム業界に入りたい人を応援するコーナーなのにね(笑)。

さて、次回11月6日(火)の放送は、ポルカ初の映像作品DVD『秘密』のリリース記念と、メジャーデビュー1周年を兼ねて、メンバー全員でお届けします。どうぞ、お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

マライア・キャリー、登場しただけで空気が一変! 究極のポップスターの近況は?

2018年10月31日

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。10月25日(木)のオンエアでは、いきものがかり・水野良樹とのコンビでお届けしました。

注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題のアーティストなど、週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週は10月29日(月)から4年ぶりに来日公演を行っている、世界の歌姫マライア・キャリーを特集。最終回となるこの日のオンエアでは、ここ数年の活動について紐解きました。

【第1回】来日公演直前! 世界の歌姫マライア・キャリーが打ち立てた記録がスゴすぎる!
【第2回】全米の音楽シーンに衝撃! その後のヒットチャートの流れを変えたマライア・キャリーの一曲
【第3回】世界の歌姫マライア・キャリー 低迷期から復活までを振り返る


■登場しただけでスタジオの空気が一変

水野が音楽番組でマライアを観たときのエピソードをこう語ります。

水野:世界のアーティストを目の前で観るってなかなかないですよね。マライアさんはパフォーマンスどうのではなくて、「これがスーパースターなんだ!」っていうオーラがすごかったです。彼女が登場しただけで、スタジオの空気が一変する光景を見ました。こんな機会はめったにないなと思いました。


■「究極のポップスター」ランキングで1位!

2014年にアルバム『Me. I Am Mariah... The Elusive Chanteuse』をリリースしたものの、デビュー以来最低の初動セールスを記録。しかし、絶対的な存在感のあるマライアは、アメリカのニュース誌『TIME』が発表した「究極のポップスター」ランキングで見事1位に輝きました。2015年5月からは2年間にわたり、アメリカ・ラスベガスにあるホテル「シーザーズ・パレス」で「Mariah Carey #1's」と題した長期公演を開催。

藤田:2017年くらいまでマライアは、コンスタントに歌をずっと届けていたんですよね。「シーザーズ・パレス」で長期公演をはじめたのは、セリーヌ・ディオンだったと記憶しています。このプロジェクトを知って衝撃を受けました。
水野:「You 来ちゃいなよ」の世界ですよね。アーティストが各地をまわるのではなく、「こっちに来いよ」っていう公演。長期でやればセットとか演出とかいろんなことができますよね。だから理想の形態を自分で探していけるってことかもしれないですね。
藤田:一方で「シーザーズ・パレス」も2年間にわたってお客さんを常に呼ばなくてはいけないから、“ちょっと人気”くらいのアーティストだとリスクが大きい。スーパースターじゃないと任せられないからね。


■プライベートでも話題のマライア

プライベートでは、2014年に大富豪のジェームズ・パッカーと出会い、2016年1月に婚姻が報道され、35カラットのダイアモンドの婚約指輪が話題となりました。しかし、同年内に婚約を解消。マライアは2018年9月にリリースした曲『GTFO』で、ジェームズとのことを表現しているのではないかと言われています。

藤田:優しくなまめかしい曲なんですけど、「出ていきなさいよ」「友だちのところでもどこでも行きなさい」と歌っています。
水野:きわどい言葉も入っていますよね。

ジェームズとの破局後、マライアのバックダンサーを務めていた日系アメリカ人のブライアン・タナカと交際。今ではブライアンがマライアのマネージャーを務めています。

そんなマライアが10月29日(月)から来日公演「Mariah Carey Live in Concert Japan Tour 2018」を開催しています。

藤田:日本はマライアのファンが多い国で、マライア自身も日本が大好きだそうです。以前、マライアに会ったときに「お味噌汁が好き」と言っていました。

日本の文化も気に入っているというマライアは、日本限定のベストアルバム『マライア・キャリー ジャパン・ベスト』を10月17日(水)にリリースしたばかりです。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

News Ranking

Archive