『テラスハウス』で話題! 石倉ノアの意外な弱点とは…?

2018年09月14日

J-WAVEで放送中の番組『SEASONS』(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「ESTEE LAUDER MAKE TOMORROW BEAUTIFUL」。9月8日(土)のオンエアでは、人気リアリティ番組『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』に出演中のモデル・石倉ノアさんを迎えて、同番組の舞台裏などを訊きしました。


■『テラスハウス』は外国人にも大人気!?

現在放送中の『テラスハウス』に出演中の石倉さん。最近では街角で声をかけられる機会が増えたと言います。

マリエ:『テラスハウス』に出ているのはいつ頃からですか? 
石倉:放送がはじまったのが6月で、そこから今ずっと住んでますね。
マリエ:『テラスハウス』がどれぐらい人気か、ご自身で実感してらっしゃいますか? 
石倉:最初はしてなかったんですけど、外を歩いてるときに声をかけられて、「こんなに観てくれてるんだ」って思いましたね。
マリエ:日本人だけじゃなくて、私の友だちのアメリカ人とか、日本に来るたびに「ハマってる」って、みんな言ってます。海外の人からもすごく人気なんですよね!
石倉:すごいですよね。インド人とか中国人とかにも言われます。


■入居のきっかけは?

もともとパイロットを目指していたと言う石倉さん。同番組に出演したのは、意外なきっかけがあったそうです。

マリエ:ノアさんは、どうして入居しようと思ったんですか? 
石倉:高校卒業後に大学受験して失敗しちゃったんですよね。予備校で浪人してたんですけど、そのときにたまたま事務所に入らないかって声をかけてもらって、人生1回だからっていうチャレンジの気持ちで芸能界に入ったんですよ。でもやっぱりパイロットをやりたいっていう気持ちも若干あったんで、自分でお金を貯めて免許をとろうと思って。
マリエ:すごくお金がかかるでしょ?
石倉:かかりますね。自分でとるってなったら1千万円以上かかるって言われます。芸能界で稼いでとろうかなと思ったんですけど、きっかけがないと芸能界ってなかなか稼げないじゃないですか。そのときに『テラスハウス』に入ったら、いいきっかけにならないかなと思ったんですよね。
マリエ:今しかできないチャンスがあるんだったら、それに向かって走るって、すごく素敵なことだと思います。


■実は共同生活が苦手?

ひとつの家で数人の男女が共同生活を送る『テラスハウス』ですが、石倉さんは共同生活自体が苦手だったと言います。

マリエ:リアリティ番組に出演してみてどうですか?
石倉:リアリティ番組っていうか、そもそも共同生活っていうものに慣れなくて、同性とももちろん、したことがなかったんですけど、異性を含めた共同生活って気を使うことが多くて。なんかね、ちょっとあるじゃないですか(笑)。住んでていろいろな動きもあるし。たぶん、自分を含めて、みんなもすごくしんどいんだと思います。
マリエ:見えないところでケンカとかないんですか? 
石倉:ケンカは意外となかったんですよね。みんな大人なんで。裏で言ったりとかはないんです。
マリエ:それも『テラスハウス』の魅力かなってすごく思います。アメリカのリアリティ番組ってドンチャン騒ぎなんですよ(笑)。ケンカして皿投げ合ってみたいな(笑)。でも、日本の『テラスハウス』が海外の人にも人気なのって、とっても日本人らしい相手へのアプローチの仕方、何かを投げ合うんじゃなくて、感情の交換をおしとやかにする。それがワクワク、ドキドキする、っていうところが魅力だと思うんです。ノアさん自身はハーフですか?
石倉:俺、オーストリアと日本のハーフなんです。あんまり見かけないですよね。あんまり出会うこともないです。
マリエ:でも、実際にこうしてしゃべってみると、かなり“和の心”を持ってるなと思うんですけど。
石倉:そうですね(笑)。けっこう長いんですよね。15〜16年ぐらい。
マリエ:ずっと東京に?
石倉:もともと関西なんです。
マリエ:そこから、『テラスハウス』だったり、芸能界っていうものをきっかけに東京に?
石倉:そうです。東京は今、1年7カ月とかですね。
マリエ:『テラスハウス』で話題になって、SNSとかで自分が見たくない投稿とかもあるでしょ? それにはどう打ち勝っていくの?
石倉:自分を信じてるっていうのが一番かなと思います。もちろん、悪い意見もいい意見も見たくないと思うときもあるんですけど、ちゃんと受け止めなくちゃいけないときもやっぱりあって、必ずしも悪い意見がメチャクチャかって言ったら、たぶんそうでもない。自分がして、間違ってたんだなって思うこともけっこうあるんです。それはバランスを見つつ……。見れる時期と見れない時期ってあるじゃないですか。タイミングが悪いときとか。
マリエ:自分のメンタルを保つためにしていることってあるんですか?
石倉:ストレス発散でジムに行ったり、体を動かすこと。それが一番。
マリエ:ストレス発散になりますよね。脳の活性化にもなるし、マインドコントロールが徐々にできるようになる。すごくわかります。


■石倉ノアの意外な弱点!

10年以上続けてきたバスケットボールに加え、ブラジリアン柔術もこなすと言う石倉さん。苦手なことはあるのでしょうか?

石倉:いっぱいありますよ。生活してて困るなって思うのが、方向音痴。待ち合わせとか、友だちと遊びに行くときは、早めに着いておきたいっていうのが自分の中にあって、その時間にカフェに行ってちょっと休憩して待って。いつも集合場所に10分前ぐらいに行くんですけど、それがもう毎回、反対方向に歩いて行っちゃって、早く行ったのに30分〜1時間遅れて、友だちにもう呼ばれないとかあります(笑)。

最後に、明日を美しくするために心がけていることをお訊きしました。

石倉:将来像をイメージして日々を過ごすことですかね。くじけそうになったり、諦めそうになって「やめちゃおうかな」って思うときが多々あるんですけど、やっぱり自分を信じ続けて突き進むようにしてます。どの業界もそうかもしれないんですけど、なかなか結果に結びつくことって難しい。ただ、そのときに諦めちゃうと終わっちゃうので。

今後の石倉さんの活躍にも注目してみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEASONS』
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/seasons/
Recommended by

News Ranking

Archive