e-STATION SHUFFLE! blog
みんしる
番組登録方法
RSS - iTunesから番組登録
iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録できます。
RSS - Podcasting
iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
RSSでPodcastingを楽しむには…?
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE



HOME
« 「サン・ジャックへの道」★★★★☆ | メイン | 「ホリディ」★★★★☆ »
2007年03月15日
「デジャヴ」★★★☆☆

“この場面、前にも一度見たような気がする”

普段の生活の中で、不意に現れる擬視感=デジャヴ。ウィキペディアによると“デジャヴ”とはフランスの超心理学者エミール・ブラワックがシカゴ大学在学中に執筆した「超心理学の将来」の中で提唱したものなのだとか。難しいので詳しい説明は省きますが(笑)、デジャヴって不思議だけれど、言葉の響きに惹かれますよね。ビヨンセ様だって歌っていたくらいですから。

さて、今回ご紹介する映画はその名も「デジャヴ」。私のように「言葉の響きがね、好き」なんてときめいたりしちゃってると、あっと言う間に置いていかれる…かも知れません。なぜならミステリアスなサスペンス映画、しかもアクション満載だからです。

ニューオーリンズのカーニバル“マルディグラ”を祝う為、フェリーに乗船した海軍の水兵たちとその家族や友人たち。船内には陽気な音楽が流れ、人々は幸せそうな笑顔を浮かべていました。しかし、突然、フェリーは炎上。結果、543名が犠牲になってしまうのです。ATF(アルコール・タバコ・火器局)の捜査官、ダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)は鋭い観察力と分析力で現場を調査。やがて爆発現場近くで発見されたという若い女性の遺体にたどり着きます。そして、悲惨な姿となった女性クレアを見た瞬間、彼が強烈な“デジャヴ”に襲われるのです。

「私は彼女を知っている・・・?」
う〜ん、ここまで。なんだかサイキックな力による“デジャヴ”が関係しているのか、と思うでしょう?しかし、この後からストーリーは息をもつかせぬ驚くべき方向へと突き進んでいくのです。キーワードは“4日と6時間前”。ダグは爆破事件を阻止しするため、そして、無残な姿となったクレアを救うため、過去と未来に立ち向かうのです!

とにかくストーリーが斬新。事前に情報を得ないで見たほうがいいかも。だってこの映画、その驚きを楽しむこともポイントになっていますから。途中の科学的説明についていけなくても大丈夫。プロデューサーは「アルマゲドン」「パイレーツ・オブ・カリビアン」でおなじみジェリー・ブラッカイマー、監督はヒットメーカーで知られるトニー・スコット。彼らが作り上げる勢いに乗ってしまえば、絶対に楽しめます。ダグを演じるデンゼル・ワシントンはスクリーンに登場したときから、信頼感たっぷりのオーラを放っていて、安心して見ていられますしね。

ネタバレ厳禁な作品なので多くを書けないのがもどかしいのですが、見所は後半のカーアクション。ダグが凄い運転をするんですよ。こういうシチュエーション、今までになかったはず。そして映画ファンとしては、久々にヴァル・キルマーが見られて嬉しかったです。ダグと共に特別捜査をFBI捜査官役で登場するんですけど、最初、誰だかわからなかった(笑)。中年太りって言うんでしょうか、体が大変大きくなられた…。

舞台となっているニューオーリンズと言えば、ハリケーン・カトリーナの被害の影響が未だ色濃く残っている場所。一度は「デジャヴ」も撮影を断念したそうなのですが、ニューオーリンズのためにと映画ロケを敢行することにしたんだそうです。最後のクレジットには「ニューオーリンズの人々に捧げる」とありました。

最初に感じるいくつかの謎が一つずつ解き明かされ、そして迎えるエンディング。最後までハラハラさせるエンターテイメント作品です。

| 17:04 | カテゴリー:映画
2014年 10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


バックナンバー
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年6月 (2)
2014年5月 (2)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (1)
2014年1月 (1)
2013年12月 (1)
2013年11月 (2)
2013年10月 (2)
2013年8月 (1)
2013年7月 (1)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年3月 (2)
2013年2月 (2)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (3)
2012年8月 (2)
2012年7月 (3)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (2)
2012年1月 (2)
2011年12月 (3)
2011年11月 (2)
2011年10月 (4)
2011年9月 (1)
2011年8月 (4)
2011年7月 (4)
2011年6月 (3)
2011年5月 (2)
2011年4月 (4)
2011年2月 (4)
2011年1月 (4)
2010年12月 (3)
2010年11月 (1)
2010年10月 (3)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (4)
2010年6月 (2)
2010年5月 (3)
2010年4月 (4)
2010年3月 (4)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (6)
2009年11月 (5)
2009年10月 (3)
2009年9月 (3)
2009年8月 (3)
2009年7月 (3)
2009年6月 (6)
2009年5月 (3)
2009年4月 (5)
2009年3月 (3)
2009年2月 (3)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (4)
2008年10月 (2)
2008年9月 (4)
2008年8月 (3)
2008年7月 (3)
2008年6月 (1)
2008年5月 (1)
2008年4月 (2)
2008年2月 (1)
2008年1月 (4)
2007年11月 (2)
2007年9月 (4)
2007年8月 (6)
2007年7月 (8)
2007年6月 (6)
2007年5月 (4)
2007年4月 (6)
2007年3月 (6)
2007年2月 (9)
2007年1月 (8)
2006年12月 (4)
2006年11月 (10)
2006年10月 (6)
2006年9月 (9)
2006年8月 (10)
2006年7月 (7)
2006年6月 (9)
2006年5月 (10)
2006年4月 (8)
2006年3月 (11)
2006年2月 (10)
2006年1月 (10)
2005年12月 (7)
2005年11月 (7)
2005年10月 (11)
2005年9月 (7)
2005年8月 (14)
2005年7月 (11)
2005年6月 (15)
2005年5月 (11)
2005年4月 (10)
2005年3月 (10)
カテゴリー
PRIVATE (49)
エンターテイメント (32)
セレブ (4)
プライベート (8)
映画 (135)
映画館で・・・ (6)
韓国情報 (27)
最新記事
ミリオンダラー・アーム
猿の惑星 新世紀 ライジング
悪魔は誰だ
ソニはご機嫌ななめ
her/世界でひとつの彼女
グランド・ブダペスト・ホテル
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
ラスト・ベガス
とらわれて夏
ブルージャスミン
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.