e-STATION SHUFFLE! blog
みんしる
番組登録方法
RSS - iTunesから番組登録
iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録できます。
RSS - Podcasting
iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
RSSでPodcastingを楽しむには…?
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE



HOME
« 「カポーティ」★★★★★ | メイン | 福岡で発見!!! »
2006年10月12日
「ワールド・トレード・センター」★★★☆☆
オリバー・ストーン監督9.11を題材に映画を撮ると聞いて、一体、どんな切り口で描くのか、興味深いものがありました。「プラトーン」「7月4日に生まれて」「JFK」など、ストーン監督の代表作を見た人なら誰しも、社会派監督と呼ばれる彼なりのメッセージを期待せずにはいられません。でも「ワールド・トレード・センター」は、ある意味、私達の期待を裏切る、そんな作品。なぜならば、ただシンプルに、家族愛・人間愛を描いた作品だからです。

きっと誰もが、いつもと変わらぬ一日を過ごすはずだった2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。旅客機がマンハッタン上空を横切り、ニューヨークのシンボル、ワールド・トレード・センターに激突します。私達が何度もニュースで見たあの映像は登場せず、低空飛行をする機影が一瞬、ビルに映るだけなのに、胸がざわつき、その後に起こるであろう悪夢に思わず身構えてしまいます。港湾局警察官のジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)は部下と共に現場へ急行。あまりの惨状に呆然となる警察官達。でも、一時も早くこのビルにいる人々を避難させなければならないと、マクローリンはウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)の他2人の部下と、ビルの内部に入っていきます。そして、再び起こった轟音とともにビルが倒壊。マクローリンとヒメノは奇跡的に生き残りますが、瓦礫の下敷きになり身動きが取れない状態のまま、生死をさまようことになるのです。

このビル倒壊のシーンが怖い。ワールド・トレード・センターが倒壊する様を、外からの映像でしか見たことがないけれど、内部はこんな有様だったのかと想像するだけで、背筋がゾッとしました。そして、ニコラス・ケイジマイケル・ペーニャの主人公2人は、この後ずっと、瓦礫に埋もれたまま。2次災害によって、さらに瓦礫は崩れ、二人は顔がどうにか見えるという状態での演技。見ているこちらも、息が詰まりそうになります。そんな中で、互いに励まし、家族を思いながら生きるために戦う二人。意識を失いかける度に思う妻の姿。一筋の光に見る幻。そして、情報が錯綜する中、無事を祈る家族たちと、1人でも多くの生存者を見つけようと、自らの危険を顧みず現場で捜索活動を続ける消防士、警官たちの姿が映し出されていきます。ただ、“神”のように登場する海兵隊員を、どう捉えるのかは、人それぞれかも知れませんが。

この映画は、なぜ9.11が起きたのかとか、その内幕を暴くということは全くなく、ただただ、あの大惨事の中で奇跡的に助かった二人と、彼らを救うために手を差し伸べた人々の姿を、丁寧に描いているのです。“悪”を行うのは人間だけれど、多くの人間を救うのもまた人間である、ということ。家族、仲間、そして人の絆の大切さを、等身大で描いたストーン監督。今までの彼らしい演出からは想像できないほど淡々と進む物語は、実話を忠実に描いて欲しい、という実際に救出されたマクローリンさん、ヒメノさんの強い思いを受けたからなのでしょう。

派手さはないけれど、ポジティブな光を感じられる映画。ストーン監督作品は苦手という人にも見て欲しい作品です。

| 15:24 | カテゴリー:映画
2014年 10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


バックナンバー
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年6月 (2)
2014年5月 (2)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (1)
2014年1月 (1)
2013年12月 (1)
2013年11月 (2)
2013年10月 (2)
2013年8月 (1)
2013年7月 (1)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年3月 (2)
2013年2月 (2)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (3)
2012年8月 (2)
2012年7月 (3)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (2)
2012年1月 (2)
2011年12月 (3)
2011年11月 (2)
2011年10月 (4)
2011年9月 (1)
2011年8月 (4)
2011年7月 (4)
2011年6月 (3)
2011年5月 (2)
2011年4月 (4)
2011年2月 (4)
2011年1月 (4)
2010年12月 (3)
2010年11月 (1)
2010年10月 (3)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (4)
2010年6月 (2)
2010年5月 (3)
2010年4月 (4)
2010年3月 (4)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (6)
2009年11月 (5)
2009年10月 (3)
2009年9月 (3)
2009年8月 (3)
2009年7月 (3)
2009年6月 (6)
2009年5月 (3)
2009年4月 (5)
2009年3月 (3)
2009年2月 (3)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (4)
2008年10月 (2)
2008年9月 (4)
2008年8月 (3)
2008年7月 (3)
2008年6月 (1)
2008年5月 (1)
2008年4月 (2)
2008年2月 (1)
2008年1月 (4)
2007年11月 (2)
2007年9月 (4)
2007年8月 (6)
2007年7月 (8)
2007年6月 (6)
2007年5月 (4)
2007年4月 (6)
2007年3月 (6)
2007年2月 (9)
2007年1月 (8)
2006年12月 (4)
2006年11月 (10)
2006年10月 (6)
2006年9月 (9)
2006年8月 (10)
2006年7月 (7)
2006年6月 (9)
2006年5月 (10)
2006年4月 (8)
2006年3月 (11)
2006年2月 (10)
2006年1月 (10)
2005年12月 (7)
2005年11月 (7)
2005年10月 (11)
2005年9月 (7)
2005年8月 (14)
2005年7月 (11)
2005年6月 (15)
2005年5月 (11)
2005年4月 (10)
2005年3月 (10)
カテゴリー
PRIVATE (49)
エンターテイメント (32)
セレブ (4)
プライベート (8)
映画 (135)
映画館で・・・ (6)
韓国情報 (27)
最新記事
ミリオンダラー・アーム
猿の惑星 新世紀 ライジング
悪魔は誰だ
ソニはご機嫌ななめ
her/世界でひとつの彼女
グランド・ブダペスト・ホテル
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
ラスト・ベガス
とらわれて夏
ブルージャスミン
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.