e-STATION SHUFFLE! blog
みんしる
番組登録方法
RSS - iTunesから番組登録
iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録できます。
RSS - Podcasting
iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
RSSでPodcastingを楽しむには…?
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE



HOME
« マドンナ先輩…最終章 | メイン | 「山猫」★★★★☆ »
2006年09月21日
「記憶の棘」★★★☆☆
11月頃にNYへ行きたいなぁ、と思い情報収集に明け暮れている毎日。大好きなNYは2003年に行ったきりご無沙汰だったので、気合い入りまくっています。にしても・・・NYのホテルは高すぎる!! 以前泊まった、結構リーズナブルだったはずのホテルの料金が2倍になっているんだもの。BIG LEAGUE TODAYの小林紀美嬢の情報によると、11月の始めはNYシティマラソンがあるため、ホテル料金が値上がりするんだと。それにしても、高すぎる・・・。

そんなわけで、最近、NYという字に惹かれまくりの私が紹介するのは、NYを舞台に描かれる、ミステリアスな作品「記憶の棘」です。

10年前、ジョギング中の心臓発作で夫を亡くした主人公アナ。10年かけて悲しみから抜け出した彼女は、ずっと彼女を待ち続けてくれたジョセフと婚約する。しかし、数日後、家族団らんで行われた母の誕生日パーティの席に、10歳の見知らぬ少年がやって来て、「アナと2人だけでキッチンで話したい」という。言われるままにアナが少年をキッチンへ連れていくと、信じられないような言葉を口にした。

「僕はショーン、君の夫だ。」

この映画のテーマは「輪廻」。そんなタイトルのジャパニーズホラーがありましたが、こちらはミステリアスなラブストーリーという趣きです。最初はショーンの生れ変わりだという10歳の少年の言葉を、アナも家族も笑い飛ばす。そんな非科学的なこと、誰も信じない。けれども、少年の言動によって、アナは再びショーンを亡くしたという喪失感に蝕まれていきます。彼女が信じることを止められないほど、アナの亡き夫への愛は強かったのです。

果たして少年は本当にショーンの生れ変わりなのか?冒頭に流れる夫ショーンの言葉や、ショーンの親友だった男の妻の言動など、様々な謎が散りばめられているのだけど、最終的な判断は観客にゆだねられているという点がユニークなところ。

それにしてもアナを演じる二コール・キッドマンが魅せてくれます。ベリーショートヘアの二コールはハッとさせられる美しさ。ジーン・セバーグやミア・ファローを彷彿とさせます。この作品でゴールデン・グローブ賞にノミネートされた演技も素晴らしい。少年が生れ変わりだと信じ始めたアナが、複雑な気持ちでワーグナーのワルキューレの舞台を見るシーン。表情だけで心の揺らぎを表現する演技力に脱帽です。

少年を演じるキャメロン・ブライト君はカナダ出身の天才子役。最近では「X-MEN ファイナル・ディシジョン」で“キュア”となる少年を演じていました。演技はもちろんだけど、妙に大人顔をしているので、少年ショーン役に説得力がある。監督はジャミロクワイの“Virtual Insanity”など数々のPVやCMを手掛けているジョナサン・グレイザー

スタイリッシュな映像と余韻の残るストーリーもさることながら、アナのシンプル&ラグジュアリーなファッションやアッパーイースト・サイドのライフスタイルも堪能できる作品です。

| 17:32 | カテゴリー:映画
2014年 10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


バックナンバー
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年6月 (2)
2014年5月 (2)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (1)
2014年1月 (1)
2013年12月 (1)
2013年11月 (2)
2013年10月 (2)
2013年8月 (1)
2013年7月 (1)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年3月 (2)
2013年2月 (2)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (3)
2012年8月 (2)
2012年7月 (3)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (2)
2012年1月 (2)
2011年12月 (3)
2011年11月 (2)
2011年10月 (4)
2011年9月 (1)
2011年8月 (4)
2011年7月 (4)
2011年6月 (3)
2011年5月 (2)
2011年4月 (4)
2011年2月 (4)
2011年1月 (4)
2010年12月 (3)
2010年11月 (1)
2010年10月 (3)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (4)
2010年6月 (2)
2010年5月 (3)
2010年4月 (4)
2010年3月 (4)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (6)
2009年11月 (5)
2009年10月 (3)
2009年9月 (3)
2009年8月 (3)
2009年7月 (3)
2009年6月 (6)
2009年5月 (3)
2009年4月 (5)
2009年3月 (3)
2009年2月 (3)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (4)
2008年10月 (2)
2008年9月 (4)
2008年8月 (3)
2008年7月 (3)
2008年6月 (1)
2008年5月 (1)
2008年4月 (2)
2008年2月 (1)
2008年1月 (4)
2007年11月 (2)
2007年9月 (4)
2007年8月 (6)
2007年7月 (8)
2007年6月 (6)
2007年5月 (4)
2007年4月 (6)
2007年3月 (6)
2007年2月 (9)
2007年1月 (8)
2006年12月 (4)
2006年11月 (10)
2006年10月 (6)
2006年9月 (9)
2006年8月 (10)
2006年7月 (7)
2006年6月 (9)
2006年5月 (10)
2006年4月 (8)
2006年3月 (11)
2006年2月 (10)
2006年1月 (10)
2005年12月 (7)
2005年11月 (7)
2005年10月 (11)
2005年9月 (7)
2005年8月 (14)
2005年7月 (11)
2005年6月 (15)
2005年5月 (11)
2005年4月 (10)
2005年3月 (10)
カテゴリー
PRIVATE (49)
エンターテイメント (32)
セレブ (4)
プライベート (8)
映画 (135)
映画館で・・・ (6)
韓国情報 (27)
最新記事
ミリオンダラー・アーム
猿の惑星 新世紀 ライジング
悪魔は誰だ
ソニはご機嫌ななめ
her/世界でひとつの彼女
グランド・ブダペスト・ホテル
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
ラスト・ベガス
とらわれて夏
ブルージャスミン
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.