e-STATION SHUFFLE! blog
みんしる
番組登録方法
RSS - iTunesから番組登録
iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録できます。
RSS - Podcasting
iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
RSSでPodcastingを楽しむには…?
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE



HOME
2006年09月28日
「山猫」★★★★☆
映画好きな母の影響で、幼い頃からたくさんのクラシック映画に親しんできました。オードリー・ヘプバーンにマリリン・モンロー、ジーンケリーにグレゴリー・ペック。母の思い出話を聞きながら見るTVの洋画劇場は本当に楽しかった。目を輝かせながら、銀幕のスターたちを話す母がうらやましかったものです。小さな画面じゃなく、私も母のように一度はスクリーンで見てみたかったと…。だから、テクノロジーの進歩によってその思いが叶えられるようになったのはとてもうれしいこと。もはやスクリーンで見ることができないと思われていた作品が息を吹き返し、私達もあの感動をリアルに体感できるんですから、こんな幸せなことはないでしょう?

さて、今回紹介するのは、イタリアの巨匠ルキーノ・ヴィスコンティ監督の最高傑作「山猫」。1963年のカンヌ国際映画祭でグランプリに輝いたこの作品です。1964年、日本初公開時は大幅に短縮された英語国際版で、1981年にようやくイタリア語のオリジナル版が公開されたもののプリントの保存状態が悪かった。それが、国を挙げての文化事業として見事に復元され、今回、両方の良いとこ取りとも言える、187分の“イタリア語・完全復元版”として蘇ったわけです。

これが凄い。パンフレットに書かれてある通り、まさに“映像の世界遺産”。イタリア統一戦争時代に滅び行く貴族社会の最後の煌きが描かれていくのですが、その時間、空間に思わずため息。 巨額の制作費をかけたって、二度と作り上げることが出来ないという、本物の贅沢がここにはあります。圧巻は1時間にも及ぶ大舞踏会のシーンで、屋敷もインテリアも衣装もみんなゴージャス。女性たちが身に着けたドレスが本当に美しいんだけど、見ればその数にビックリするはず。撮影だって贅沢ですよ。殆どが長回しじゃないかと思うほど。どうやって撮ったんだろう?エキストラは一体何人使っているんだろう?って、色んな疑問が頭をよぎる。普通ならばカットされそうな映像も、この映画においては無駄じゃない。なぜならば、そこに流れる空気や匂いまでもを捉えているからです。

そんな貴族社会の落日を冷静に見つめながらも、冷静に己の生き方を貫くサリーナ公爵を演じるバート・ランカスターが渋い。タンクレディ役のアラン・ドロンの美しさにもびっくりしたけど、時代の変化を受け入れながら、他に迎合せず最後まで貴族の誇りを捨てないサリーナ公爵の男の美学にしびれました。また、タンクレディと恋に落ちるアンジェリカ役のクラウディア・カルディナーレの強い眼差しと色気。近くから見るとヴァネッサ・パラディ、遠くから見るとキャサリン・ゼタ・ジョーンズに似ているような…。

名門貴族ヴィスコンティ家の末裔だったルキーノ・ヴィスコンティ監督が描く、シチリア貴族の豪華絢爛な一大叙事詩。映画史に残る名作を、ぜひこの機会に大きなスクリーンで体感してください。

| 17:25 | カテゴリー:映画
2006年09月21日
「記憶の棘」★★★☆☆
11月頃にNYへ行きたいなぁ、と思い情報収集に明け暮れている毎日。大好きなNYは2003年に行ったきりご無沙汰だったので、気合い入りまくっています。にしても・・・NYのホテルは高すぎる!! 以前泊まった、結構リーズナブルだったはずのホテルの料金が2倍になっているんだもの。BIG LEAGUE TODAYの小林紀美嬢の情報によると、11月の始めはNYシティマラソンがあるため、ホテル料金が値上がりするんだと。それにしても、高すぎる・・・。

そんなわけで、最近、NYという字に惹かれまくりの私が紹介するのは、NYを舞台に描かれる、ミステリアスな作品「記憶の棘」です。

10年前、ジョギング中の心臓発作で夫を亡くした主人公アナ。10年かけて悲しみから抜け出した彼女は、ずっと彼女を待ち続けてくれたジョセフと婚約する。しかし、数日後、家族団らんで行われた母の誕生日パーティの席に、10歳の見知らぬ少年がやって来て、「アナと2人だけでキッチンで話したい」という。言われるままにアナが少年をキッチンへ連れていくと、信じられないような言葉を口にした。

「僕はショーン、君の夫だ。」

この映画のテーマは「輪廻」。そんなタイトルのジャパニーズホラーがありましたが、こちらはミステリアスなラブストーリーという趣きです。最初はショーンの生れ変わりだという10歳の少年の言葉を、アナも家族も笑い飛ばす。そんな非科学的なこと、誰も信じない。けれども、少年の言動によって、アナは再びショーンを亡くしたという喪失感に蝕まれていきます。彼女が信じることを止められないほど、アナの亡き夫への愛は強かったのです。

果たして少年は本当にショーンの生れ変わりなのか?冒頭に流れる夫ショーンの言葉や、ショーンの親友だった男の妻の言動など、様々な謎が散りばめられているのだけど、最終的な判断は観客にゆだねられているという点がユニークなところ。

それにしてもアナを演じる二コール・キッドマンが魅せてくれます。ベリーショートヘアの二コールはハッとさせられる美しさ。ジーン・セバーグやミア・ファローを彷彿とさせます。この作品でゴールデン・グローブ賞にノミネートされた演技も素晴らしい。少年が生れ変わりだと信じ始めたアナが、複雑な気持ちでワーグナーのワルキューレの舞台を見るシーン。表情だけで心の揺らぎを表現する演技力に脱帽です。

少年を演じるキャメロン・ブライト君はカナダ出身の天才子役。最近では「X-MEN ファイナル・ディシジョン」で“キュア”となる少年を演じていました。演技はもちろんだけど、妙に大人顔をしているので、少年ショーン役に説得力がある。監督はジャミロクワイの“Virtual Insanity”など数々のPVやCMを手掛けているジョナサン・グレイザー

スタイリッシュな映像と余韻の残るストーリーもさることながら、アナのシンプル&ラグジュアリーなファッションやアッパーイースト・サイドのライフスタイルも堪能できる作品です。

| 17:32 | カテゴリー:映画
2006年09月21日
マドンナ先輩…最終章
行ってきま〜す!
終っちゃった…
プレミアシートのお土産
9月20日、マドンナ先輩の“コンフェッションズ・ツアー”@東京ドームに行ってまいりましたっ!!!いやぁ〜、凄かった。マドンナ先輩、凄すぎますっ!!! 

自腹の5万円プレミアシートは中央ステージから見て左側スクリーンの前のあたり。すっごい近いというわけではないけれども、オペラグラス無しでマドンナ先輩の表情がわかるくらいの席。周りには芸能人やミュージシャンも多く、誰かが登場する度、会場がワ〜ッと盛り上がっておりました。その他、海外(特にアジア各国)からやってきたヒップな人たち(とかそうでない人とか)、ストレートからゲイの方々まで気合いの入った老若男女が集まっていて、盛り上がりは半端じゃない。スーパースター=マドンナ先輩、さすが開演は約1時間遅れ(笑)でしたが、話題の巨大ミラーボールからのステージ君臨は、そんなストレスも吹っ飛んでしまうほどでした。

登場の時に着ていたゴルチェのデザインと思われる乗馬スタイルが、もうカッコよすぎ。あのセットはエルメスで売るべきですよ、ゴルチェさん。馬に見立てたイケメンダンサーに跨り中央ステージへと向かうと、私の席の方にある回転木馬に乗りかえ、アクロバティックな動きをしながら“Like a Virgin”を熱唱。私の周りはみんな合唱。楽しい〜〜〜〜〜っ!

続いてはロシアで問題になった十字架。このあたりから、マドンナのメッセージが強く押し出された演出になっていきます。飢餓やAIDSに苦しむ子供たちの映像、世界の政治家たちのモンタージュ。映画の主題歌だった“Live to Tell”をこのステージで体感した人々は、新たな意味を発見したことでしょう。ダンサーたちも素晴らしく、バツグンの身体能力で魅せる。思わずフランス映画「ヤマカシ」を思い出してしまいました。

その後、ギターを飽き鳴らすロックなステージへと変わり、“Japanese Do It Better”と書かれたTシャツを来たマドンナ先輩は客席に降りてコミュニケーション。少人数しかいない一番前のセクションの観客に「これは何かのお仕置きなの?」と突っ込み、今回のツアーをずっと追っかけているらしい白人男性のコアなファンを発見すると「またあなた来てるの?」と一言。ファンがくれた大きなミッフィーのぬいぐるみを抱えステージに戻るマドンナ先輩、ちょっとかわいかったです。

そして真っ白なパンツスーツ姿のマドンナ登場。両脇には昔のツアーにずっと参加していたコーラス2人、ドナ・デロリーニッキー・リチャーズを従えているじゃありませんか〜っ! 感激…。“Music”を歌いながら「サタデー・ナイト・フィーバー」のジョン・トラボルタばり踊る彼女達にしびれました。私はこのシーンが一番好きだったかも。でもって、ここから東京ドームはメガ・ディスコ化していき、ボルテージは最高潮! 全身レオタード(!)姿のマドンナに大騒ぎしながら“La Isla Bonita”や“Lucky Star”で踊りまくり。締めはあの紫のレオタードで“Hang Up”の大合唱。

アンコールはなかったけど、これほど完璧な2時間を見せてくれたのだから、何も言うことありません。それにしても48歳であのパワー! 10cmくらいのヒールで歌い踊っても息切れせず、汗だくになることもなく、レオタードまで着こなし、美しいままでステージを終える。5万円出した甲斐がありました。5万円分、存分に楽しませてもらいました。この体験はpricelessですよ。5万円の高級クリームよりも効果あると思う(笑)。女性にとっては、美意識にも生き方にも刺激をくれたからね。これが世界の頂点に立つ人のステージなんですね。

35ドルを手にNYへ向かいチャンスを掴み、今や世界で最も影響力のある女性アーティストになったマドンナが、次に向かうところは一体どこなんでしょう?

P.S 踊りすぎてはしゃぎすぎて、肩と背中がちと痛い、そんな私です。。。

| 14:58 | カテゴリー:エンターテイメント
2006年09月19日
マドンナ先輩…PART3
ブロンドヘアがス・テ・キ
捨てられないの〜
赤いほうがすき
例の写真集…

いよいよ明日です。なんかドキドキしますぅ。どんなステージなんでしょう!? あぁ、楽しみ楽しみ。

今回は(きっと最後だろうから)、マドンナ先輩の思い出の品をいっぺんにご紹介!

まずは、“ブロンド・アンビシャスツアー”のパンフ。この頃のマドンナのヘアスタイル最高でしたね。

続いて、彼女の初ツアー“ヴァージン・ツアー”のビデオ。はい、録画したものです。今もちゃんと見れるのかなぁ、これ。ウェディング姿で歌う“LIKE A VIRGIN”は名シーンでした。確か、お父さん(役の人!?)が出てくるの。何度、見たことでしょう。

そしてお約束のコンサートTシャツ。サイズが大きすぎてパジャマにしかなりません。今回はどんなTシャツがあるんでしょうね。

最後に、先週の放送でこっそり持っているお父さん続出!だった話題の写真集“SEX”。中身はお見せで着ません…。

そんなわけで、明日、マドンナ@東京ドーム行ってきます。レポートをお楽しみに〜

| 04:24 | カテゴリー:PRIVATE
2006年09月18日
マドンナ先輩…PART2

マドンナ@東京ドームの日まで、あと2日!大阪ドームのライブに行った方が“マドンナに近づける方法”なるものを教えてくれた。なんでも、花道から客席に降りるらしく、運がよければ握手が出来る。さらに、マドンナが声を掛けてくれるかも!というのである。その方法は…

う〜ん、やるかどうか、悩んでます。
13年ぶりのライブなんだから、勇気を振り絞ってみるべきか。
でもなぁ…う〜ん。

悩んでいたら、今朝の夢にマドンナが出てきました。マドンナは「こうすればいいのよ!」って私の悩みを解決してくれました。これって正夢なのでしょうか?

いつかは大きな額に…

ま、とりあえず、どうするかはもうちょっと考えるとして(笑)、今日、ご紹介する思い出のマドンナグッズはかなりのレアアイテム(だと思う)。以前、マドンナ先輩は宝焼酎のCMに出ていらっしゃったんですけど、その際、私は都内で宝焼酎のイベントMC(マスター・オブ・セレモニーよっ)をさせてもらいました。その時のポスターがあまりにもステキだったので、スタッフの方にお願いして頂いてしまいました。手掛けたのはフランスの有名なアートユニット、ピエール&ジル。かなり大判のポスターで、当時は私の狭い部屋に飾られていました。久々に広げてみたんだけど、やっぱりキッチュでゴージャス!私の宝物で〜す。

| 14:43 | カテゴリー:PRIVATE
2006年09月14日
「トンマッコルへようこそ」★★★★★
2005年、韓国で800万人の観客動員数を記録した話題作「トンマッコルへようこそ」は、1950年代の朝鮮戦争を舞台にした映画。でも、今まで見てきた戦争映画とは、ひと味もふた味も違う趣で、なんとも不思議な作品です。それは、歴史に刻まれた戦争という爪痕を描きながらも、ファンタジーに溢れたストーリーになっていて、見るものの心を温かくし、人間の本来あるべき姿を気付かせてくれる、そんな映画だからです。

タイトルにある“トンマッコル”というのは、映画の舞台である架空の村の名前で「子供のような純粋な村」という意味(“コル”というのは韓国語で“村”の意)。ある日、この村で、連合軍、韓国軍、人民軍という、互いにいがみ合うひとびとが鉢合わせします。一触即発な彼らなのに、村人達はびっくり顔。なぜなら、彼らは戦争が起きていることはもちろん、人を憎むという気持ちも知らずに、この村で幸せに生きてきたのです。思いやりと優しさと笑顔で満ち溢れた“トンマッコル”は、戦いというものとは無縁のユートピア。最初は敵意をむき出しにしていた軍人達も、村人達との触れ合いの中で、人間本来の豊かな心を取り戻していきます。しかし、彼らが村にやって来たことで、“トンマッコル”に危機が迫るのです。

この映画、まず、ストーリーのアイデアが秀逸。よそから来た3組の兵士たちが、村で重ねていくエピソードがユニークなんです。悲劇が喜劇に変わる、魔法のような瞬間が何度も訪れる。ポップコーンの場面はこの映画の名シーン。彼らに笑顔が戻る頃、見ている私達も笑顔になります。人を憎むこと、人と争うことが、どんなにバカバカしく哀しいことかを、村人達が教えてくれる。兵士達にしたように、私達の心も溶かしてしまうのです。

韓国の人達にとって忘れらない朝鮮戦争の傷跡。数年前、韓国で当時の観客動員新記録を打ち立てた「ブラザーフッド」では、「思想の違いの為に、なぜ殺しあわなきゃいけないんだ」というセリフが印象的でした。この映画では、言葉のイントネーションで、その人間がどちら側なのか、と問われるシーンが登場します。ちなみに村人たちは強烈な方言。字幕は標準語になっていますが、喋りを聞いているだけで笑ってしまうほどなんです。英語が出来ないため、村人がアメリカ人兵士と意思の疎通が出来ないシーンもあって、そこには、言葉や人種、国籍に関係なく、人は皆、助け合い思いやらなきゃいけない、というメッセージが込められているような気がしました。

原作は「ガン&トークス」の監督としても知られるチャン・ジンの舞台劇。それを美しい映像で仕上げたのが、これが長編初監督となるパク・クァンヒョン。彼の映像に久石譲の音楽もぴったり合っていて、トンマッコルという“ユートピア”を浮き立たせています。シン・ハギュンチョン・ジェヨンをはじめ、子役からおじいちゃん役まで俳優陣も素晴らしい。中でも、不思議な雰囲気の少女ヨイル役のカン・ヘジョンはやっぱりうまいですね。

戦争映画は苦手、という人にもぜひ見て欲しい、心温まる韓国映画です。

| 17:13 | カテゴリー:映画
2006年09月14日
マドンナ先輩・・・PART1

明日のe−voteは、祝13年ぶりの来日公演!ということで、マドンナ先輩のNO.1ソングを選ぶことになりました、パチパチパチ。いやぁ、難しいよねぇ。どんな結果になるんでしょ・・・。

ところで、5万円のプレミアシートをGETした私。ライブ当日は何を着ようかと今から悩みながら、先日、家に散らばっているマドンナグッズをかき集めてみた。う〜ん、結構あるんだな、これが。そんなわけで、20日のライブの日まで、私が大切にとってある思い出の品々を紹介することにしました。

若いね、マドンナ先輩

PART1は、映画「マドンナのスーザン探して」が公開された頃に出た、マドンナ特集のローリングストーンズ誌!祐さんのようのような保管上手じゃない為、ロザンナ・アークエットとマドンナの写真がクールだった表紙はどこかに行ってしまいましたが、中身はこんな感じ。今は亡きハーブ・リッツ撮影の若かりし頃のマドンナでございます。あの頃は、まさかこんなに凄いスターになるとは思ってませんでした。こんな風にイケメン囲まれてみたいなぁ、と思ったりもしました。マドンナを真似て、ジャラジャラとアクセサリーをつけてみたりもしました。あぁ、恥ずかしい…(笑)。

そんなわけで、マドンナ先輩のライブ、楽しみっす。

| 14:44 | カテゴリー:PRIVATE
2006年09月13日
ポップコーンとX−MEN
手が汚れるからね…
トンマッコル試写会受付中!
早く見たい映画No.1!
「X−MEN:ファイナル・ディシジョン」を見てきました〜。日曜洋画劇場で放送された「X−MEN」「X−MEN2」で復習もバッチリ。1も面白いけど、2はさらに面白いことを改めて実感。こうなると3作目を期待せずにはいられない!しかも“ファイナル”と銘打っているのだから…。

さて、感想。
若かりし日のプロフェッサーとマグニートーが、少女だったジーンを迎えに行く回想シーン、天使のような羽を持つ少年のエピソードと、オープニングから釘付け。展開はスピーディだし、アクションも満載。マグニートー率いる“ブラザーフッド”の手下ミュータントもいっぱい登場するんだけど…

重要だと思われる謎が解明されないまま、話が終ってしまったのがちょっと物足りない。おなじみのキャラクターの活躍も不完全燃焼で、「2」で見られるようなミュータントの心理やストーリーの深みもあまり感じられず。ここが先代のブライアン・シンガー監督と、今回メガホンをとったブレッド・ラトナー監督の違いかなぁ。でも、エンドクレジットが終った後、意味深な映像があるっていう事は、つまり・・・う〜ん。
ぜひ、あなたの目で確かめてくださいね。

それにしても、マイカルシネマのポップコーンはうまいね。映画見る前に、完食してしまいました(笑)。久々の映画館だったんで、劇場で遊ぼうと思ったけど、イマイチ、面白いものがなかった。残念…

| 14:31 | カテゴリー:映画
2006年09月07日
「マイアミ・バイス」★★★☆☆
最近の私の楽しみ…それは「特捜刑事マイアミ・バイス」を見ること。9月2日の映画版公開に合わせてだと思うけど、8月23日からテレビ東京で放送がスタートしたのです。お昼時と言えば「笑っていいとも!」ですが、最近は12:30になると12チャンネル。ヤン・ハマーのテーマ曲にのって登場する、水色とピンクのタイトルロゴが、う〜ん、たまりません。何故か強烈に覚えているピンクフラミンゴの群れの映像にワクワク。未だ行ったことのない私が抱くマイアミのイメージは、あのオープニングで作られたようなものです。ハードな潜入捜査は、時に問題が解決しないまま終ってしまうこともあって、「これだけの権力と金がある悪人ならば、どうにか逃げられちゃうものだわよねぇ」と子供ながらに納得。いつもハッピーエンドとは限らない、という厳しい世界にすっかりハマっていったのでした。それに、ヴェルサーチやらのスーツ、ヨットでの生活、ワニがペット、乗ってる車も超高級!これがナウなアメリカ人なんだと信じてた(笑)。もう一つ、このドラマの魅力と言えば、ドラマを彩る音楽。久々に見て思ったけど、80'sサウンドの玉手箱や〜。気に入った曲があれば、レコード探しに走ったっけ…青春だったなぁ。

ちなみに、映画のほうの「マイアミ・バイス」。舞台設定と主役の二人、ソニー・クリケットとリカルト・タブスはTVシリーズのまま。

南米と北米を結ぶドラッグ密輸コネクション合同捜査で、極秘情報が漏えい。合同捜査には関与していなかったクロケットとタブスは任務を受け、南米へ飛び現地の犯罪組織と接触。情報が漏れた原因を探るのだが…。

TVシリーズではエグゼクティブ・プロデューサーだったマイケル・マンが、監督・製作・脚本を担当しているこの作品。闘う男の美学とリアルさを追求した、渋〜い作品に仕上がっています。まさに、ポスターに書かれた「深く静かに潜入せよ」というフレーズの世界。全体的なトーンは静かで、ドラマの持っていたトレンドを全て取り除いたような感じ、でしょうか。仲間=バディ同士のジョークもないし。とにかく真剣な潜入捜査…(捜査はいつでも真剣勝負じゃないと困るんだけどね)。でも、ラブシーンは多いです。タブス役のジェイミー・フォックスの腹筋、凄いです。でも…

映画は映画で良いんだけど、TVシリーズにハマり、ドン・ジョンソンの「ハートビート」とか聞きまくっていた私のようなミーハーさんには、ちょっと寂しいんですよ。サントラを買いたくなるような心に染みる曲もないし。コリン・ファレルよりもやっぱりドン・ジョンソンのソニー・クロケットが見たい。ジェイミー・フォックスもクールだけど、やっぱりフィリップ・M・トーマスのリカルド・タブスがイイ。出来れば、隆大介&尾藤イサオの吹き替えでね。

あれ、映画の話とドラマの話、どっちがメインだったんだっけ?

| 16:39 | カテゴリー:映画
2014年 10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


バックナンバー
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年6月 (2)
2014年5月 (2)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (1)
2014年1月 (1)
2013年12月 (1)
2013年11月 (2)
2013年10月 (2)
2013年8月 (1)
2013年7月 (1)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年3月 (2)
2013年2月 (2)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (3)
2012年8月 (2)
2012年7月 (3)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (2)
2012年1月 (2)
2011年12月 (3)
2011年11月 (2)
2011年10月 (4)
2011年9月 (1)
2011年8月 (4)
2011年7月 (4)
2011年6月 (3)
2011年5月 (2)
2011年4月 (4)
2011年2月 (4)
2011年1月 (4)
2010年12月 (3)
2010年11月 (1)
2010年10月 (3)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (4)
2010年6月 (2)
2010年5月 (3)
2010年4月 (4)
2010年3月 (4)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (6)
2009年11月 (5)
2009年10月 (3)
2009年9月 (3)
2009年8月 (3)
2009年7月 (3)
2009年6月 (6)
2009年5月 (3)
2009年4月 (5)
2009年3月 (3)
2009年2月 (3)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (4)
2008年10月 (2)
2008年9月 (4)
2008年8月 (3)
2008年7月 (3)
2008年6月 (1)
2008年5月 (1)
2008年4月 (2)
2008年2月 (1)
2008年1月 (4)
2007年11月 (2)
2007年9月 (4)
2007年8月 (6)
2007年7月 (8)
2007年6月 (6)
2007年5月 (4)
2007年4月 (6)
2007年3月 (6)
2007年2月 (9)
2007年1月 (8)
2006年12月 (4)
2006年11月 (10)
2006年10月 (6)
2006年9月 (9)
2006年8月 (10)
2006年7月 (7)
2006年6月 (9)
2006年5月 (10)
2006年4月 (8)
2006年3月 (11)
2006年2月 (10)
2006年1月 (10)
2005年12月 (7)
2005年11月 (7)
2005年10月 (11)
2005年9月 (7)
2005年8月 (14)
2005年7月 (11)
2005年6月 (15)
2005年5月 (11)
2005年4月 (10)
2005年3月 (10)
カテゴリー
PRIVATE (49)
エンターテイメント (32)
セレブ (4)
プライベート (8)
映画 (135)
映画館で・・・ (6)
韓国情報 (27)
最新記事
「山猫」★★★★☆
「記憶の棘」★★★☆☆
マドンナ先輩…最終章
マドンナ先輩…PART3
マドンナ先輩…PART2
「トンマッコルへようこそ」★★★★★
マドンナ先輩・・・PART1
ポップコーンとX−MEN
「マイアミ・バイス」★★★☆☆
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.