e-STATION SHUFFLE! blog
みんしる
番組登録方法
RSS - iTunesから番組登録
iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録できます。
RSS - Podcasting
iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
RSSでPodcastingを楽しむには…?
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE



HOME
2005年09月29日
「真夜中のピアニスト」★★★☆☆
今年3月にフランスで公開され、「ここ10年の傑作!」と絶賛された映画「真夜中のピアニスト」。私がこの映画に興味を持ったのは、ポスターの中で今までとは違う表情を見せるロマン・デュリスのカッコ良さと、70年代フィルム・ノアールの傑作「マッド・フィンガーズ」のリメイクということだった。「マッド・フィンガーズ」と言えば、ハーヴェイ・カイテル!!「レザボア・ドッグス」や「ピアノレッスン」がきっかけで、一時期ハーヴェイ・カイテルにはまり、彼の出演作を見まくった時期があるのだけれど、「マッド・フィンガーズ」は見ることができなかった。だから、この映画を見れば少しはオリジナルの雰囲気がわかるのでは?と思って見ることにしたのだけれど…。

リメイクであるということを抜きにしても、見ごたえのある映画だった。というか、久しぶりに面白いと思えるフランス映画。舞台は現代のパリに置き換えられているけど、冒頭からヒリヒリした緊張感が伝わってくる。主人公は28歳の男、トマ。彼の職業は不動産ブローカー。といっても、決して人様に自慢できるようなものではない。手に入れた物件に住む不法住民を暴力で追い出しては、その物件を転がして金を稼ぐ。しかし、トマの人生は、偶然、恩師に出会ったことから変化していく。その恩師とは、ピアニストだった亡き母のコンサート・マネージャーであり、トマのピアニストとしての才能を買っていた人物だった。恩師との出会いは、トマが長年抱いていた、ピアニストになりたいという夢を呼び覚ます。そして、オーディションの機会を与えられたトマは、10年振りにピアノに向かう。しかし、彼を受け入れる音楽学校はない。トマを助けるのは、フランス語のわからない中国人女性ピアニストだけ。コミュニケーションがうまくできず、始めはイラつくトマだったが、いつしか2人はオーディションを目指し練習に励む。長い間、心に秘めていた、母と音楽への愛情を貪るように。そして、日陰の人生から逃れるために。しかし、彼が夢を叶えるには、多くの困難が立ちはだかっていた。

この映画は様々な「対比」で、トマの人生を見せてくれる。非常な手段で貧しい不法住人を追い出すブローカーが、心の静寂を保たなければならないピアニストになれるのか。アウトサイダー的な生き方をしてきた父と、ピアニストとして苦悩した母、どちらの行き方を選ぶのか。そして、仲間の妻との不倫と、言葉の通わない中国人女性とのささやかな時間。どちらがトマの心を満たすのか。主人公トマの視線で全てを映し出す手持ちカメラの映像が、無骨なブローカーの夢を、リアルなものへと昇華させていく。

特に、トマ役のロマン・デュリスの緊張感ある演技が冴え渡っていて、「スパニッシュ・アパートメント」の時の子供っぽさはどこへやら。ピアノがうまく弾けず苦悩するシーンや、エンディングで描かれる心の葛藤など、その表情、佇まいは強烈な印象を残し、それがこの作品を現代のフィルム・ノワールに仕上げている。

BLOC PARTYから、バッハの「トッカータ ホ短調」まで、劇中に流れる音楽の「対比」も面白く、個人的には映画の結末が好き。今年のフランス映画を語る上で、はずせない作品です。

| 15:26 | カテゴリー:映画
2005年09月15日
「理想の女」★★★★☆
きっと、多くの人は、自分の理想とする人物を、心のどこかに秘めて生きている。女性の場合、その理想に近づくため、ファッション、センス、マナー、インテリジェンスを磨く努力を惜しまない人も多い。満足できる自分である為の、いくつものステップ。だけど、この映画を見て思った。醸し出される成熟した女の魅力というものは、お金をかけただけでは物に出来ないと。どんな経験をし、どのように年を重ねてきたのか、これがとても重要。成功しても失敗しても、自分自身を貫く生き方。「コムスメに負けないファッション」よりも、「コムスメにできない人生」を経験した方が、遥かにカッコいい。そして、それは年を重ねていかなければ、成し得ないことでもある。

映画「理想の女」に登場するアーリン夫人は、まさにそんな女性。彼女は女という武器を使って、様々な男の愛人として生きてきた。しかし、周りの女性から見れば、大いなる敵。彼女が現われると、皆、鋭い視線を浴びせ、噂話をする。でも、アーリン夫人はひるまない。どんな時だって、堂々と振舞う。ウィットに富んだ会話は、上流を気取る女たちより、遥かに魅力的で、男が惹かれていくのも無理はない。そんな姿を見て、女たちはアーリンを悪女と決め付け、彼女の噂話をしてうっぷんを晴らす。

この対照的な女性の姿を見て、さて、自分は、どちらの女に属したいか、と考えた。もちろん、夫が他の女にうつつを抜かし、傷つけられた妻たちに同情する。だけど、生き方としては、周りに中傷されようとも、常に自分を貫き通すアーリン夫人のほうが断然良い。彼女は言う。「噂されるより悪いのは、噂されないこと」だと。こんなカッコいいセリフ、一度でいいから言ってみたい。

この奔放な恋愛遍歴を持つアーリン夫人が、南イタリアの避暑地アマルフィを訪れるところからストーリーは始まる。そこには、ニューヨーク社交界の華、若くて初々しいメグ・ウィンダミアが夫ロバートと共に来ていた。ある日、メグのプレゼントを探しに骨董屋を訪れたロバートは、アーリン夫人と出会う。アーリン夫人のアドバイスで豪華な扇を手に入れたロバート。それから2人は密会を重ねるようになり、噂は瞬く間に社交界に広がっていく。一途に愛していたロバートに裏切られ、傷つくメグ。しかし、そこには大きな秘密が隠されていた…。

映画の原作となった戯曲「ウィンダミア卿夫人の扇」を書いたオスカー・ワイルドは、こう記している。「魅力的な人には2種類ある。全てを知り尽くした人と、何も知らない人。」 言わずもがな、アーリン夫人は前者、そしてメグ・ウィンダミアは後者にあたるわけだが、ピュアでイノセントなメグが、アーリン夫人の出現によって、変化していく姿をスカーレット・ヨハンソンが瑞々しく演じている。しかし、今回、ヨハンソンよりも注目すべきはアーリン夫人を演じるヘレン・ハントである。オスカーを獲得した「恋愛小説家」など、演技はもちろんうまいと思っていたけど、個人的には彼女の顔に好感が持てなくて、お気に入りの女優リストには入っていなかった。でも「理想の女」を見て、初めてヘレン・ハントは素晴らしい女優だな、と感じた。世間的には悪女と言われるアーリンが、内に秘めているピュアな部分。これを見事に伝えていて、久々にいい女を見た気がした。さらに、アーリンに恋心を抱く中年紳士タピィ(トム・ウィルキンソン)も魅力的。年老いても忘れない茶目っ気とゆとり、そしてマナーを併せ持ち、男の場合も、ルックスより心意気が大切であることを教えてくれる。

今回、映画の舞台になったイタリア南部・アマルフィ(原作ではロンドン)は、各国のセレブが集うイタリアの隠れ家的リゾートで、景色の美しさはため息が出るほど。さらに、1930年という時代設定の中で描かれる、上流階級の人々が集うサロンの雰囲気、ウィットに富んだ会話、うっとりする贅沢な衣装、装飾品の数々。「目の保養」にもなる文芸ドラマです。

| 14:49 | カテゴリー:映画
2005年09月08日
「銀河ヒッチハイク・ガイド」★★★★☆
タオルの謎は、映画でね!
ヴォゴン人と一緒
う〜ん、笑える。実に、面白い。「宇宙戦争」や「スターウォーズ・エピソード?V」を見た後だから、なおさら可笑しい。全世界で1500万部も売り上げた伝説的カルトSF小説を映画化した「銀河ヒッチハイク・ガイド」は、スラップスティックな笑いが一杯、さらに宇宙の真理を発見できる!?(かも知れない)、SFコメディ映画である。

映画が始まってから数分で、地球があっけなく消滅してしまう。もう、びっくりである。なんでも、太陽系を走る銀河バイパスを建設するのに、地球が邪魔だったらしい(って、そんなぁ…)。しかし、地球消滅の危機を乗り越え、運良く生き延びた男がいた。彼の名はアーサー。15年来の友人で、実は異星人だった男フォードに「君は命の恩人だ。だから一緒に脱出しよう」と助けられ、二人で宇宙船をヒッチハイク。間一髪、地球を脱出した。実はフォードの職業と言うのが、宇宙で生き抜くサバイバル術とクールな風刺に満ちた、銀河系最大のベストセラー『銀河ヒッチハイク・ガイド』の編集調査員だったのだ。最後の地球人アーサーは、何故かタオルを握り締め、フォードとこの本を頼りに、果てしなく広い宇宙への旅に出るのだが…。

オープニングのイルカの歌から、私は大爆笑してしまった。地球で2番目に高等な知性を持つイルカは、ずいぶん前から地球消滅の危機を人間に伝えていたのに、メッセージは誤解され、人間は魚をくれるばかり。もう、どうしようもないから、“so long, and thanks for all the fish”というメッセージを最後に、早々と地球を去ってしまうのですよ。そして何も知らない人間が、のほほ〜んとしている間に、地球ごとなくなっちゃう!

アーサーと共に旅をする仲間も、ヘンテコなキャラばかり。銀河系大統領のゼイフォードは脳が二つあるイカレタ男だし、人間性をプログラムされたロボット乗組員マーヴィンはいつも鬱気味。最後の地球人女性トリリアンですら、ゼイフォードにナンパされて宇宙船に乗り込んでしまったという変わった女性。さらに、行く先々で体験する不可思議(でも、宇宙ではあたりまえ)な事柄は、超キテレツである。宇宙で2番目に優秀なコンピューター“ディープ・ソート”(このデザインがまたいい!)がはじき出した答えに大爆笑!空間移動をしたら毛糸になってる(結構かわいい)とか、考え事をすると顔をはたかれるハエ取りみたいな生物(?)とか…。あぁ、また、見たくなってきた(笑)。

ベースはいわゆるSFだけれども、ストーリー、キャラクター、全てにおいて着地点に捻りがあるこの映画。最後は哲学的思想にまで迫り、納得(するかなぁ…)。原作者のダグラス・アダムスは「モンティ・パイソン」のメンバーだった人。さらに、映画化不可能と言われた原作を見事、映像化したのは、FATBOYSLIM、BLURなどのミュージック・ビデオを手掛けてきたガース・ジェニングス監督。また、サム・ロックウェル、ジョン・マルコビッチや、声で出演のヘレン・ミレン、アラン・リックマンという演技派の怪演も楽しく、映像も音響も迫力十分。ただし、笑いは全編、ゆる〜いけどね。

理屈とか科学的根拠とか抜きで、構えず、スクリーンに突っ込みありで、楽しく見てください!

| 15:42 | カテゴリー:映画
2005年09月07日
ジョニー・デップさま〜!
バートン監督&デップ&プロデューサー
ちょっぴり、笑顔!?
9月4日行われた「チャーリーとチョコレート工場」記者会見@帝国ホテル。なんと10年ぶりの来日となるジョニー・デップティム・バートンの2ショットが見られるなんて、映画好きはじっとしていられない。ということで、行ってまいりました。

会場には1000人近くの報道陣!ジョニー・デップ、ヨン様に負けてませんわよ。久々の日本でちょっと緊張気味だったのか、あまり笑顔は見せてくれませんでしたけど、丁寧に質問に答える姿、かっこいい〜。ちなみにこの日の服装は、ポロシャツにジーンズ、スエードのジャケット、そして腰にはチェックのシャツを巻き、帽子にネックレスの重ねづけという、ジョニー・デップじゃなければ似合わない、なかなか真似できないファッション。隣に座ったティム・バートンは全身黒ずくめ。で、裾から覗いたソックスは赤と黒の縞模様でした。

「チャーリーとチョコレート工場」は世界的に有名な児童書ということで、共に父親のデップとバートン監督には、子供についてもいくつか聞かれていました。父親になったことが、この映画に影響をもたらしたかと言う質問にバートン監督は「(私が生んだわけじゃないけど)、子供を生むということは、僕にとってホラー映画やエイリアンのようにショッキングな出来事だった。実はまだ、父親になったと言うことがピンと来ないんだ。」とのこと。またウィリー・ウォンカを演じたことについて、子供たちの反応はどうだったかをデップと聞くと「子供たちがトレーラーに来た時、ウォンカの格好をした僕を見て、皆、口をあんぐりあけていたよ。そして『パパ、とっても変』と言うんだ。もしかしたら、トラウマになるかも」と、優しそうな口調で話していました。

「シザーハンズ」「スリーピー・ホロウ」の強力タッグ、デップ&バートン。お互い、深い理解で完璧に通じ合っていると話す2人が再びコラボレートした「チャーリーとチョコレート工場」は、子供のみならず大人も楽しめるファンタジー・アドベンチャー。バートンだからこそ描くことが出来た、夢のように甘く、どこか毒々しさも兼ね備えた不思議な世界を、ぜひ、堪能してください。ウンパ・ルンパも必見です。お勧め!

| 08:35 | カテゴリー:エンターテイメント
2005年09月06日
チョコレートで洗顔!?
これが、チョコ・スクラブだっ!
見た目はチョコレートソース…
9月に入り、徐々に秋モードへとシフトしたい今日この頃。ファッションはまだちょっと先だけど、スキンケアはそろそろね。ということで、新宿・伊勢丹でスキンケア&バスアイテムを物色しに行った。そこで出会ったのがAqua Dessa100%天然素材で作られたフェイス&ボディケアラインで、口にしても大丈夫な製品ばかり。気をつけないと、ジュースと間違えちゃいそうなクレンジングとかもあって、匂いを嗅いでいるだけでなんか幸せ〜なのである。今回はその中で、チョコレートブラックカラント・フェイシャルスクラブを購入。匂いも見た目もチョコレートソースなのだが、中にホホバのビーズスクラブが入っていて、やさしくピーリングしているというもの。何でもチョコレートは、抗酸化、抗炎症、細胞の調節、リラックス効果。さらに、皮膚を柔らかくして、環境によるダメージから肌を守ってくれるのだとか。

家に帰って、早速、使ってみる。ビンからティースプーンで2杯くらいすくい、顔に塗る。う〜ん、甘い香りで癒されるぅ〜。っていうか、ほんと、舐めちゃいたいくらい普通のチョコレートソースである。それをくるくると、優しくマッサージしながら伸ばし、水で洗顔…。さて、効果のほどは…というと、肌がモチモチっとして、小鼻の周りのざらつきも解消。さらに、なんか毛穴がキュッと引き締まった感じ!?

チョコレートで洗顔、癖になりそうです。

| 15:24 | カテゴリー:PRIVATE
2005年09月01日
「愛についてのキンゼイ・レポート」★★★★☆
学生時代、とある女性雑誌でSEX特集なるものが登場した時、びっくりした。「えっ、表紙にこんな堂々と書かないでよ〜」って。まぁ、その雑誌は社会的にも話題になり、カミングアウトしちゃうと、私もしっかり買ってしまった人です。(今更、恥ずかしいことでもあるまい、うん)。当時は買ったことすら自分だけの秘密…。それから、月日は過ぎ、今じゃ、そんな特集にびっくりしない世の中になったけど、この映画の主人公、キンゼイ博士の時代はそうではなかった。性に関することすべてがタブー視された40年代のアメリカ。保守的な人々、間違った知識。そんな世間に風穴を開けたのが、生物学者キンゼイ博士が1948年に出版した「キンゼイ・レポート(男性版)」。全米1万8千人に対して行った性に関するインタビューを、一冊の本にまとめた学術書である。

そんな時代に、どうやって膨大な数のインタビューをこなしたのか?それは、キンゼイ博士が練り上げたインタビュー術によるものである。相手が正直に話せるよう、心理学や暗号を駆使し、さらにインタビューする助手を徹底的に訓練する。映画の冒頭に登場するこのシーンから、興味をそそられる。そもそも、キンゼイ博士はタマバチの研究者だった。そんな彼が性について研究するきっかけとなったのは、妻クララとの新婚初夜の失敗だった。しかし前向きなキンゼイ博士は医師の指導を仰ぎ、問題を解決する。自信を持った博士に、性の悩みを相談する学生たち。そして、博士は気付く。世の中は、性に関してあまりにも無知であると。

それからキンゼイ博士は、性の研究にすべてを捧げるのだが、面白いのは博士のアプローチの仕方。彼は、性であろうが、タマバチであろうが、いつも変わらず生物学的見地から全てを解き明かそうとするのである。それに加えて、研究熱心な性格ゆえ、同性愛に好奇心を持てばバイセクシャルの助手と関係を持ち、変質者だって彼にとっては興味深い調査対象となってしまう。でも、普通の人からみれば、正直、変わり者である。研究にのめりこむあまり、知らないうちに妻や家族、同僚を傷つけることもしばしば。同性愛について知るために助手と関係を持った、なんて告白されても、困りますよ、奥さんは。まぁ、奥さんのその後の行動にも、びっくりさせられますが…。

でも、それだけで終らないのがこの映画の凄いところ。男性版の「キンゼイ・レポート」で一躍有名になり、5年後に出版された女性版で、大バッシングを受けるキンゼイ博士の明と暗をしっかりと描いている。険悪な仲だった父親へのインタビューで明らかになる、父親の過去。どん底まで落ちた博士が救われた、あるレズビアンの告白。そして、妻クララと森を歩く最後のシーンは忘れられない。キンゼイ博士を演じるリーアム・ニーソンは、さすがの演技を見せてくれるし(最近の映画では一番良い)、妻クララ役のローラ・リニーは今年のオスカーにノミネートされただけあって、見ごたえ十分。久々に登場した知的で大胆、かつ面白い作品である。

但し、結構、衝撃的な映像などもあるので、ちょっとだけ心構えをしておくこと。こんなこと言ったら、キンゼイ博士に「不純だ!」と怒られそうだけど…。

| 15:45 | カテゴリー:映画
2005年09月01日
ヨン様狂想曲・・・その3
美しい主演二人
麗しのソン・イェジン&ホ・ジノ監督
こっち、見てる!!(妄想)
今日は午後2時から、六本木のグランドハイアットで「4月の雪」記者会見。ファン対策もあってか、入場は正面ではなく裏のロータリーの方からで、館内に入るときにはしっかりと招待状チェック。3Fのバンケットルームに向かうと、今回も、すんごい人である。後の発表によると、記者700人、スチールカメラマン300人、ムービーが90人!凄すぎ〜っ!!

先に入っていた仕事仲間に荷物を見張ってもらい、いそいそとスチール撮影の部屋に向かう。スタート20分前とあって、さすがに入る余地無し。でも、後方にある壇の端っこのスペースを発見して、場所取り完了。ただ、ヨン様を撮るには、腕を目一杯、頭上に上げて撮らなければならない。これは、筋肉痛覚悟だわね。そしていよいよ、ヨン様&ソン・イェジン&ホ・ジノ監督が登場。とにかくシャッターを押しまくる。与えられた時間は10分間。もうそろそろ終わりですと、担当者が秒読みを始める。「あと、5秒です。4〜、3〜…」。「こっち向いて!」「手振って!!」とカメラマンが一斉に叫ぶ。その声に、本人達はどこを見ればいいのかわからず、思わず苦笑い。そして撮影終了。実は、今回、記者会見場での写真撮影はNG。だから、この機会を逃すと、もう終わり。カメラマンがいつも以上に必死なのも、わかる気がする。

その後、足早に部屋を移動し、記者会見場へ。2時15分過ぎ、記者会見がスタートした。映画に関しての質問に答えるヨン様は、ベージュのジャケットに、チャコールグレーのパンツ。真っ白のシャツにシャンパン色のネクタイ。そして茶色の革靴といういでたちでした。この日の一番面白かった質問は、メガネ専門誌の記者による「映画の中でポール・スミスのメガネを掛けていますが、それは自分で選んだのか?」というもの。細かい質問に思わず笑ってしまったヨン様でしたが、「自分ではなく、役柄にぴったり合ったメガネをスタイリストや広告ディレクターが決めます。ちなみにポール・スミスのメガネはホ・ジノ監督が選んだもので、最初はどこのブランドか知りませんでした。」とのこと。そしてヨン様に「じゃ、今日、私が掛けているのはわかりますか?」と反対に質問を受け、「わかりません。」と答える記者。「私もわからないんですよね」とあの微笑で返し、場内は笑いに包まれた。そしてなぜか開場にいた、レイザーラモンHG。派手な方法で挙手するも司会者に当ててもらえず…。でも、ヨン様もソン・イェジンも監督も、あのインパクトある姿に興味深々のようだった。

ちなみに「4月の雪」の前売りチケット、もう15万枚も売れているそうです。もう、何もかもが凄すぎる!ヨン様なのでした。

| 14:44 | カテゴリー:韓国情報
2014年 10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


バックナンバー
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年6月 (2)
2014年5月 (2)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (1)
2014年1月 (1)
2013年12月 (1)
2013年11月 (2)
2013年10月 (2)
2013年8月 (1)
2013年7月 (1)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年3月 (2)
2013年2月 (2)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (3)
2012年8月 (2)
2012年7月 (3)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (2)
2012年1月 (2)
2011年12月 (3)
2011年11月 (2)
2011年10月 (4)
2011年9月 (1)
2011年8月 (4)
2011年7月 (4)
2011年6月 (3)
2011年5月 (2)
2011年4月 (4)
2011年2月 (4)
2011年1月 (4)
2010年12月 (3)
2010年11月 (1)
2010年10月 (3)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (4)
2010年6月 (2)
2010年5月 (3)
2010年4月 (4)
2010年3月 (4)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (6)
2009年11月 (5)
2009年10月 (3)
2009年9月 (3)
2009年8月 (3)
2009年7月 (3)
2009年6月 (6)
2009年5月 (3)
2009年4月 (5)
2009年3月 (3)
2009年2月 (3)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (4)
2008年10月 (2)
2008年9月 (4)
2008年8月 (3)
2008年7月 (3)
2008年6月 (1)
2008年5月 (1)
2008年4月 (2)
2008年2月 (1)
2008年1月 (4)
2007年11月 (2)
2007年9月 (4)
2007年8月 (6)
2007年7月 (8)
2007年6月 (6)
2007年5月 (4)
2007年4月 (6)
2007年3月 (6)
2007年2月 (9)
2007年1月 (8)
2006年12月 (4)
2006年11月 (10)
2006年10月 (6)
2006年9月 (9)
2006年8月 (10)
2006年7月 (7)
2006年6月 (9)
2006年5月 (10)
2006年4月 (8)
2006年3月 (11)
2006年2月 (10)
2006年1月 (10)
2005年12月 (7)
2005年11月 (7)
2005年10月 (11)
2005年9月 (7)
2005年8月 (14)
2005年7月 (11)
2005年6月 (15)
2005年5月 (11)
2005年4月 (10)
2005年3月 (10)
カテゴリー
PRIVATE (49)
エンターテイメント (32)
セレブ (4)
プライベート (8)
映画 (135)
映画館で・・・ (6)
韓国情報 (27)
最新記事
「真夜中のピアニスト」★★★☆☆
「理想の女」★★★★☆
「銀河ヒッチハイク・ガイド」★★★★☆
ジョニー・デップさま〜!
チョコレートで洗顔!?
「愛についてのキンゼイ・レポート」★★★★☆
ヨン様狂想曲・・・その3
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.