e-STATION SHUFFLE! blog
みんしる
番組登録方法
RSS - iTunesから番組登録
iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録できます。
RSS - Podcasting
iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
RSSでPodcastingを楽しむには…?
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE



HOME
« 夏らしいこと、してみた・・・その3 | メイン | 夏らしいこと、してみた・・・その4 »
2005年08月18日
「さよならCOLOR」★★★☆☆

8月も半ばを過ぎると、ひょんなことで切なさを覚えるようになる。夜風にふと、秋を感じる瞬間だったり、花火が夜空に散った後の空気だったり・・・。湘南育ちの(でも、今じゃ海には殆ど行かない)私は、この時期の夕方、小田急線に乗るとなぜか切なくなる。車内には、海水浴に出かけた人たちがいっぱい。こんがりいい色に焼けた肌と、遊び疲れて気持ちよさそうに熟睡している姿。そろそろ終わる夏の空気が、そこにはゆっくりと流れていて、私は訳もなく胸がキュン、としてしまうのである。この感覚を、映画「さよならCOLOR」で感じた。

音楽好きな人ならもうご存知だと思いますが、この映画のタイトルは2001年に発表されたSUPER BUTTER DOGの名曲。「さよならCOLOR」にインスパイアされた竹中直人監督が、当時、進行中だった主演映画の脚本を書き直し、監督を引き受けた形で出来上がった作品。もちろんその曲は、ホロリと哀しい、でも新しいスタートを感じさせる物語のエンディングを飾ります。

海を臨む病院で外科医をしている佐々木正平(竹中直人)。ある日、高校の同級生・笈川未知子(原田知世)が子宮ガンを患い入院してきた。実は、彼女こそ正平にとって20年来の憧れの女性。長年、独身を貫き、居酒屋の女将(中島唱子)や、女子高生と付き合ってはいるものの、ずっと未知子のことだけを思い続けてきたのだった。しかし、当の未知子は正平のことを全く覚えていない。自分のことを思い出してもらおうと必死の正平に、少々迷惑気味の未知子だったが、いつしか心を開いていく。そんな未知子の命を救う為に、正平は献身的に治療をしていくのだが・・・。

最後まで静かなトーンで描かれていくこの作品。結末は切なく哀しいけれど、どこかクスッと笑わせてくれるシーンがたくさんある。竹中直人のコミカルな演技はもちろん、数々のアーティスト達が俳優として登場するのも必見忌野清志郎を筆頭に、映画の音楽も担当した永積タカシ原田郁子ビッケ。その他、スチャダラパー田島貴男斉藤和義浜崎貴司などなど。ほんとにチョイ役だったりするから、できることなら巻き戻してもう一度見たい!と思う人も多いことでしょう。個人的には、女性執刀医役で登場する中島みゆきの演技が良かった。

でも、やっぱり一番はヒロイン役の原田知世。学生時代に彼女のファンだった男子は、きっとこの映画をみたら、改めてファンになるのでしょうね。男性がずっと心に秘めている、絵に書いたような「永遠の憧れ」的女性像が本当にぴったり。最初は、竹中さんの同級生って無理があるんじゃ…なんて思っていたけど、見ていくうちに違和感がなくなっていく。だから、竹中さんとのやりとりも絵になって、距離が近づいていく二人を見守りたくなる。竹中さんの本当の同窓生が多数出演しているという同窓会のシーンで、原田知世が忌野清志郎とも同い年、という設定にまたまたびっくりしたけど、病魔と闘っている未知子の挨拶の言葉にウルッときた。

主演のみならず、脇役も素晴らしいし、美しい鎌倉の風景や音楽は心に心地よい風を送ってくれる。色んなところから、作り手とこの映画に携わった人々の愛を感じる映画だった。ブロックバスター・ムービーに飽きたら、こんな映画で心をリセットしてみては?

| 17:28 | カテゴリー:映画
2014年 10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


バックナンバー
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年6月 (2)
2014年5月 (2)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (1)
2014年1月 (1)
2013年12月 (1)
2013年11月 (2)
2013年10月 (2)
2013年8月 (1)
2013年7月 (1)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年3月 (2)
2013年2月 (2)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (3)
2012年8月 (2)
2012年7月 (3)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (2)
2012年1月 (2)
2011年12月 (3)
2011年11月 (2)
2011年10月 (4)
2011年9月 (1)
2011年8月 (4)
2011年7月 (4)
2011年6月 (3)
2011年5月 (2)
2011年4月 (4)
2011年2月 (4)
2011年1月 (4)
2010年12月 (3)
2010年11月 (1)
2010年10月 (3)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (4)
2010年6月 (2)
2010年5月 (3)
2010年4月 (4)
2010年3月 (4)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (6)
2009年11月 (5)
2009年10月 (3)
2009年9月 (3)
2009年8月 (3)
2009年7月 (3)
2009年6月 (6)
2009年5月 (3)
2009年4月 (5)
2009年3月 (3)
2009年2月 (3)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (4)
2008年10月 (2)
2008年9月 (4)
2008年8月 (3)
2008年7月 (3)
2008年6月 (1)
2008年5月 (1)
2008年4月 (2)
2008年2月 (1)
2008年1月 (4)
2007年11月 (2)
2007年9月 (4)
2007年8月 (6)
2007年7月 (8)
2007年6月 (6)
2007年5月 (4)
2007年4月 (6)
2007年3月 (6)
2007年2月 (9)
2007年1月 (8)
2006年12月 (4)
2006年11月 (10)
2006年10月 (6)
2006年9月 (9)
2006年8月 (10)
2006年7月 (7)
2006年6月 (9)
2006年5月 (10)
2006年4月 (8)
2006年3月 (11)
2006年2月 (10)
2006年1月 (10)
2005年12月 (7)
2005年11月 (7)
2005年10月 (11)
2005年9月 (7)
2005年8月 (14)
2005年7月 (11)
2005年6月 (15)
2005年5月 (11)
2005年4月 (10)
2005年3月 (10)
カテゴリー
PRIVATE (49)
エンターテイメント (32)
セレブ (4)
プライベート (8)
映画 (135)
映画館で・・・ (6)
韓国情報 (27)
最新記事
ミリオンダラー・アーム
猿の惑星 新世紀 ライジング
悪魔は誰だ
ソニはご機嫌ななめ
her/世界でひとつの彼女
グランド・ブダペスト・ホテル
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
ラスト・ベガス
とらわれて夏
ブルージャスミン
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.