e-STATION SHUFFLE! blog
みんしる
番組登録方法
RSS - iTunesから番組登録
iTunesをインストール済みの方はクリックするとiTunesが起動し、簡単に番組を登録できます。
RSS - Podcasting
iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
RSSでPodcastingを楽しむには…?
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE



HOME
« 「私の頭の中の消しゴム」来日記者会見 | メイン | 夏らしいこと、してみた・・・その1 »
2005年08月11日
「ハッカビーズ」★★★☆☆
「人生のスーパーマーケットへようこそ。“幸せ”あります。」

ハッカビーズ」キャッチコピーを見て、てっきりスーパーマーケットを舞台に、豪華キャストがコミカルな演技を見せるコメディ映画だと思っていた。チラシもポスターも、キラキラしていてなんか楽しそうだし。しかし作品を見てみると・・・「実存主義」やら「how am I or myself?」なんて言葉が登場し、とっても哲学的なのである。む、むずかしい・・・。でも、「天才マックスの世界」で主役を演じたジェイソン・シュワルツマン(この映画の主役はこの人です)が、放送禁止用語を機関銃のように発しながら森から登場。自らが守った(この人は環境保護活動家です)大きな岩の隣で、その岩を題材にした詩を読む、というオープニングシーンに、「わけわからん!」と言いながら大笑いしてしまった私は、結局、この映画にはまっていたのであった。

ストーリーは・・・うーん、簡単に説明できないから、今回は割愛させていただきます(笑)!主要な登場人物は、何でもお手頃価格で販売するスーパーマーケット「ハッカビーズ」を目の敵にしている環境保護活動家(ジェイソン・シュワルツマン)と、自分自身を理解する為に彼が雇った<哲学探偵>夫婦(ダスティン・ホフマン&リリー・トムリン)。ハッカビーズの自信過剰のエリート社員(ジュード・ロウ)、その彼女で「ハッカビーズ」のキャンペーンモデル(ナオミ・ワッツ)。さらに、<哲学探偵>の宿敵であるフランス人女性(イザベル・ユペール)と、彼女の唱える説に入れ込むエコな消防士(マーク・ウォルバーグ)。他にもヒッチコックの「鳥」で有名なティッピ・ヘドレンや、カントリー・シンガーのシャナイア・トゥエインなども登場する。この映画の最大の見所はやはり、この豪華な出演者達。今まで見たことがないような、強烈キャラを楽しそうに演じている姿は一見の価値あり。私が一番好きなキャラはやはり<哲学探偵>の2人。何をやっても笑える。ダスティン・ホフマンがいけてないヘアスタイルで、悩めるジェイソン・シュワルツマンに「全ては一枚の毛布の中で繋がっている」と話すシーンは笑いを抑えることが出来なかった。あと、マーク・ウォルバーグが“無”を論じる姿も!これは絶対に、観客が「猿の惑星」を思い出すことを逆手にとった、監督の仕掛けにしか思えない。

結局、どんな映画なのかというと、目一杯噛み砕いて言えば「自分探し」をする人たちを描いた作品、でしょうか。でも、見る人によって感想は違うだろうなと思う。監督は「スリー・キングス」で絶賛を浴びたデヴィッド・O・ラッセル。監督曰く「僕の最大の狙いは、ただ楽しもうということ」らしいので、難しいことは考えずに楽しんだもの勝ちかも。愉快な幻想シーンや、量子理論に基づき演出された映像など視覚的にも面白い。

私の頭の中にはまだ、?マークが一杯だけどね(笑)。


| 16:22 | カテゴリー:映画
2014年 10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


バックナンバー
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年6月 (2)
2014年5月 (2)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (1)
2014年1月 (1)
2013年12月 (1)
2013年11月 (2)
2013年10月 (2)
2013年8月 (1)
2013年7月 (1)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年3月 (2)
2013年2月 (2)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (3)
2012年8月 (2)
2012年7月 (3)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (2)
2012年1月 (2)
2011年12月 (3)
2011年11月 (2)
2011年10月 (4)
2011年9月 (1)
2011年8月 (4)
2011年7月 (4)
2011年6月 (3)
2011年5月 (2)
2011年4月 (4)
2011年2月 (4)
2011年1月 (4)
2010年12月 (3)
2010年11月 (1)
2010年10月 (3)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (4)
2010年6月 (2)
2010年5月 (3)
2010年4月 (4)
2010年3月 (4)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (6)
2009年11月 (5)
2009年10月 (3)
2009年9月 (3)
2009年8月 (3)
2009年7月 (3)
2009年6月 (6)
2009年5月 (3)
2009年4月 (5)
2009年3月 (3)
2009年2月 (3)
2009年1月 (2)
2008年12月 (2)
2008年11月 (4)
2008年10月 (2)
2008年9月 (4)
2008年8月 (3)
2008年7月 (3)
2008年6月 (1)
2008年5月 (1)
2008年4月 (2)
2008年2月 (1)
2008年1月 (4)
2007年11月 (2)
2007年9月 (4)
2007年8月 (6)
2007年7月 (8)
2007年6月 (6)
2007年5月 (4)
2007年4月 (6)
2007年3月 (6)
2007年2月 (9)
2007年1月 (8)
2006年12月 (4)
2006年11月 (10)
2006年10月 (6)
2006年9月 (9)
2006年8月 (10)
2006年7月 (7)
2006年6月 (9)
2006年5月 (10)
2006年4月 (8)
2006年3月 (11)
2006年2月 (10)
2006年1月 (10)
2005年12月 (7)
2005年11月 (7)
2005年10月 (11)
2005年9月 (7)
2005年8月 (14)
2005年7月 (11)
2005年6月 (15)
2005年5月 (11)
2005年4月 (10)
2005年3月 (10)
カテゴリー
PRIVATE (49)
エンターテイメント (32)
セレブ (4)
プライベート (8)
映画 (135)
映画館で・・・ (6)
韓国情報 (27)
最新記事
ミリオンダラー・アーム
猿の惑星 新世紀 ライジング
悪魔は誰だ
ソニはご機嫌ななめ
her/世界でひとつの彼女
グランド・ブダペスト・ホテル
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
ラスト・ベガス
とらわれて夏
ブルージャスミン
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.