2010年01月31日

エコクッキング

0131lohatopi.jpg

エコクッキングというのは、環境のことを考えて「買い物」、「料理」、「片付け」をすること。クッキングといっても、料理だけではなく、買い物から片付けまで、食生活全般に関することを言います。

私が普段心がけているエコクッキングのポイントは、まず「献立を考える時はなるべく家にある食材を使うことを第一に考えること」です。買い物に行く時は、事前に冷蔵庫の中をチェックして食材がかぶったりしないように。買い物メモを作って無駄な物を買わないように心がけています。

また、「作る過程や輸送に余計なエネルギーがかからないので国産のもの、旬のものを選ぶこと」も大事です。野菜もなるべく近いところでとれたものを選んだほうが、新鮮だし、長持ちします。

そして、料理をするときに気をつけたいことは、やはり「食材はできるだけ使いきること」です。国産の安心安全な野菜を買えば皮ごと調理できます。野菜の栄養は皮のすぐ近くに多く含まれていたり、大根やにんじんは葉のほうに栄養があったりします。

他には、調理の段階ではパスタを茹でる時に野菜も一緒に茹でたり、同じ鍋を使って時間差で茹でる。オーブンを使うときは2段使って2品作ってしまうなど、同時調理もポイントの1つです。

毎日のことだからこそ「エコクッキング」、みなさんも心がけてほしいと思います。

東京ガス : エコ・クッキング

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2010年01月24日

FOODNIPPONA WARD発表!

0124lohatopi.png

未来の子供たちが安心して食べていける日本にしようという運動「FOODACTIONNIPPON」をご紹介します。

全国で始まっている取り組みを応援しようということで設けられた「FOODNIPPONA WARD」。私も審査員をつとめさせていただいて、先日、表彰式がありました。
「FOODNIPPONA WARD」への応募総数は1204。
ロハスサンデーでもお馴染みの方々もたくさん優秀賞に選ばれていました。
コミュニケーション啓発部門では、山形庄内の地産地消レストラン「アルケッチァーノ」、「丸の内朝大学」。
プロダクト部門では、使用する野菜をすべて国産に切り替えた「リンガーハット」。
流通システム部門では、「大地を守る会」のフードマイレージキャンペーン。

そんなたくさんの素晴らしい取り組みの中、大賞、農林水産大臣賞をダブル受賞したのが、青森県常盤村養鶏協同組合の「飼料用米の活用が日本を救う」という取り組みでした。
県内に増えている休耕田を利用して飼料米を作り、お米を食べさせて鶏を育てるというものです。
このお米で育った鶏の卵が「こめたまご」というのですが、黄身がレンイエロー。
黄身の色が濃いほうがおいしい卵というイメージ。
黄身の色は鶏が何を食べたかによって違うんだそう。
価格は6個入りで600円。一般的な卵の3倍の1個あたり100円とかなり高い。
でもおいしいのと、この取組みを理解してくれる消費者に支持されて、ほぼ完売状態だそうです。
「安いから買う」から「納得して買う」消費者は確実に増えているようです。

FOODACTIONNIPPON

LOHAS SUNDAYスタッフ| 05:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2010年01月10日

七草粥

0110lohatopi.jpg

1月7日に七草粥を食べると邪気が払われて大病をしないと言われていますが、今は、ごちそうを食べすぎてそろそろ疲れてきた胃を休めるという意味合いが強いそうです。確かに七草の中の「せり」や「すずしろ」、「大根」には消化を助ける効果があります。おせち料理は葉物の青い野菜はあまり使われていないのでビタミンやカロテンを補給するにもぴったりです。

七草以外にも私たちが普段食べている食材にも、それぞれ体調を整える働きがあるものがたくさんあります。例えば「ねぎ」。日本でも風邪をひいたらねぎを首に巻いて寝るなんていうおばあちゃんの知恵的な言い伝えがありますが、薬膳的にも「ねぎ」は身体を温めて発汗作用がるので風邪のひきはじめに食べるとよいとされています。また、今が旬の「大根」は消化を助けて胃もたれを防いだり、「かぶ」は腸の働きを助けくれます。

旬の食材には気のパワーが凝縮されていて、その季節におこりやすい身体の不調を整えるものが多いので、みなさんも身近な食材を使って、自分の体質に合った簡単な薬膳を取り入れてみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2010年01月03日

王理恵、親子2人旅

0103lohatopi.jpg

大晦日から2日まで、父と初めて親子2人旅に行ってきました。
場所は箱根!
箱根は、10年位前まで毎年お正月に親族で旅行に行っていた思い出の地。
私が小学生の頃は中国から来た祖父、富山出身の祖母を筆頭に総勢30人にもなったことも。
祖父が亡くなり、私たち孫の代も社会人になり、祖母も足が悪くなってしまったりして行かなくなってしまっていた。
今回泊まったのは、強羅温泉。
単純硫黄泉で冷え性や神経痛に良いとされています。
箱根の温泉は20も泉質があってそれぞれの温泉で効能もちがうので自分に合ったところを探してみるのもいいかも。
また箱根には、ケーブルカーにロープーウェイ、遊覧船に登山鉄道と箱根ならではの乗り物がたくさんあります。
ということで今回初めて登山鉄道に乗ってみました‥
箱根湯本と強羅を結ぶ、大正8年に開業した国内唯一の山岳鉄道。
標高差が527メートルと急こう配を走るのでユニークな工夫が。
スイッチバックといって電車が進行方向を変えながらジグザグに登って行きます。
走行中、3回あってその度に運転士さんと車掌さんが入れ替わるのです。
そして、大平台という駅にはロハスなアクションが。
地元の方のご好意で「貸し傘」が置いてありました。
お天気が変わりやすいところならではの心遣いで喜ばれているそうです。
強羅からケーブルカー、ロープーウェイを乗り継げば、のんびりと景色を楽しみながら芦ノ湖まで行くことができるので、箱根に行かれる方は参考にしてみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年12月20日

野菜で冷え対策!

1220lohatopi.jpg

冷え性というのは簡単に言うと血行不良で、手や足の先の血の巡りが悪くなっているということ。女性の2人に1人は冷え性と言われています。放っておくと肩こり、腰痛、肌荒れなど、色々な症状につながります。

また、暖房の設定温度を高くしても空気が温まるだけで身体の芯の冷えはなかなか取れません。CO2はたくさん出すし、空気が乾燥して喉を痛めたり、肌荒れの原因にも。
そこで、取り組みたいのは、食べ物からの冷え対策。

食材には身体を温めるものと冷やすものがあります。簡単に見分ける方法は暑い地域や季節にとれるものは身体を冷やすものが多いんです。野菜で言えば、トマトやキュウリ、レタスなど水分の多い夏野菜やオレンジ、バナナといった果物。野菜を食べなきゃと言って、この時期に生野菜ばかり食べていると冷えてしまいます。

逆に身体を温めるのは、秋から冬に出回るイモ類や大根、カブといった根菜類や、しょうが、にんにくなどの香味野菜。他にも、クルミや松の実、ゴマなどの種子類や胡椒や山椒、唐辛子など香辛料をうまく使うのも効果的です。

飲み物の中で、私がオススメしたいのは「ジンジャーティ」。熱い紅茶に生姜の絞り汁を入れ、身体を冷やす白砂糖ではなく、ハチミツやきび砂糖で甘みをプラスします。もう1つは「梅醤番茶」。種をとった梅干し1個を湯呑に入れてつぶし、醤油小さじ1杯、生姜の絞り汁少々を加えて番茶を注ぎ、よくかき混ぜます。すぐに冷え性が改善される、という訳にはいきませんが、日々の積み重ねで少しずつ良くなってくるので是非、試してみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年12月13日

植物工場について

1213_lohatopi.jpg

経済産業省主催の『植物工場』に関するフォーラムに参加してきました。
植物工場とは、施設内の光や温度といった環境条件を人工的にコントロールすることによって、野菜などの植物を季節に関係なく生産するシステムで、『野菜工場』とも呼ばれています。

現在、全国で20〜30の『植物工場』が事業展開されているそうで、厳密にいうと工場には2種類あるんだとか。
まずは、「完全制御型」。蛍光灯やLEDといった人工光のみを使うもの。
もう1つは、「太陽光併用型」。太陽光で足りない分を人工光で補うもの。
どちらも自然条件の制約が少ないので、一定の野菜を、決められた時間で、決められた量を安定して栽培できます。
例えば、リーフレタスといった葉物野菜は20毛作、1年に20回も収穫することができるそうです。

様々なメリットデメリットがありますが、研究もかなり進んでいて、葉物野菜やハーブだけでなく、トマトやじゃがいも、枝豆の栽培も可能だそう。
気になる味も今回は「ほうれん草」「小松菜」などを試食させていただきましたが、言われなければ気がつかないくらい力強いかったです。

経済産業省・植物工場

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年12月06日

トマトのお話

1206tomato.jpg

夏野菜の代表のトマトですが、実は旬が2回があるんです!
夏から秋に収穫する「夏秋トマト」と秋から冬に収穫する「秋冬トマト」。
夏秋トマトは気温が高いので輸送する時にどうしても熟しすぎてしまったり、やわらかくなりすぎたり。
青いうちに収穫して売るまでに追熟させるそうなんです。
しかし、秋冬トマトは樹の上で真っ赤に熟してから収穫するため、うまみやお栄養価が高いんです。

そろそろ鍋シーズン到来!ですが、今年は、なんといっても「トマト鍋」が大人気。
お勧めの作り方は、ニンニクを炒めてホールトマトと鶏スープを加えるというもの。
鶏スープは、骨付きのぶつ切りや手羽先など、いろんな部位を長ねぎと生姜と一緒に煮込んでください。
丁寧にあくさえ取ればとても簡単にできあがります。
そして、このトマトと鶏スープのベースにさらにトマト、そしてキャベツや白菜、キノコ類など冷蔵庫にある野菜はもちろんお肉や魚介、好きな具材を煮込んでいくだけ。
しめは、うどんでもリゾットでも。チーズを入れるとさらにおいしいです。
ちなみに、具材に使うトマトは、何でもOKですが、オススメは「シシリアンルージュ」。
コクがあって余計な水分が出ないので加熱調理に向いているのでトマト鍋にぴったりです。
今年の冬は、野菜たっぷりのトマト鍋、是非、試してみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年11月29日

新潟県十日町「地そばまつり」へ!

1129lohatopi.jpg

書芸家の平野壮弦さんのお誘いで新潟県十日町の「地そばまつり」に行ってきました。

十日町の蕎麦は、つなぎに布海苔を使っているのが特徴。
この地方は、昔から麻織物の生産がさかんで、麻織物の糸を糊付けするのに使っていた布海苔を間違って、蕎麦粉に落としてしまったのがルーツとも言われています。
この「布海苔蕎麦」は「へぎ」と呼ばれる木の器で出されることから「へぎそば」と呼ばれています。

そんな蕎麦を楽しめる「地そばまつり」は今年で2回目。
地元の新蕎麦粉を使っているおそば屋さんが15店舗集まって出店する『そばの食べ比べのイベント』なのですが、私は15店すべていただきました!
同じ地元の蕎麦粉、そしてつなぎに布海苔を使っているのに、ツルツルしているのもあり、田舎蕎麦のようにザラザラしているのもあり、それぞれに特徴があって配合で全く違う蕎麦になるのに驚きました。

みなさんも「へぎそば」を食べる機会がありましたら、ぜひ、食べ比べしてみてくださいね。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年11月22日

鹿児島に行ってきました!

昨日、鹿児島県のイベントに参加してきました。
このイベントは、県民一人一人が地産地消、食料自給率アップを実践することを目指すという主旨のフォーラムで、私はオブザーバーとして今年の夏の設立から関わらせていただいています。

今回は、『みんなで学ぼう身近な食・環境』をテーマに、県産の「あきほなみ」という新しいお米のおにぎりや、県産の野菜がたっぷり入った600人分の具だくさん味噌汁がふるまわれました。
おいしいお米ができないというイメージがある鹿児島ですが、この「あきほなみ」は粘り気と甘味が強くておにぎりにして冷めてもおいしかったです。

そして、鹿児島大学の先生と学生が「ダンボールコンポスター」のレクチャーをしてくださいました。
材料は、丈夫な段ボール箱にスポーツテーピングテープ、おがくずや腐葉土などホームセンターやスーパーで手に入るもの。
テーピングテープを使って、組み立てた段ボール箱の隙間や穴をしっかりふさぎ、おがくず、腐葉土、水を加えてよく混ぜる。と、作り方はいたって簡単でした。

市販のコンポスターは価格も高いですが、手作りならお手軽。家庭から出るごみのうち7割以上が生ごみと言われています、私もさっそく作って使ってみようと思います。

091122.jpg

091122_2.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年11月08日

富山で出会った秋の味覚

富山県の入善町に行ってきました。
入善町は、富山県の北東部に位置し、北アルプスと立山連峰を望むとても自然豊かなところ。
黒部峡谷から黒部川が流れ、その水は全国名水百水にも選ばれています。
水がきれいなのでお米もおいしいし、20kgもあるジャンボすいかやチューリップが特産品。
4年前に食育基本法ができて、富山県は全国でもいち早く食育に取り組み始めた町です。

昨日は、入善町が毎年、行っている「食育健康フェスタ」でした。
地元の小学生の食育の取組みの発表や、骨密度や血管年齢を簡単にチェックできるコーナーが設けられていましたが、私はトークショーと地元の野菜を使ったクッキング講座を開設。
旬の「さつまいも」をくり抜いて作るグラタンと富山県産のお米で作った麺で野菜がたっぷり入ったフォーをつくりました。

そして、2月に入善町の農家の女性たちのグループと一緒に作った「海洋深層水を使ったお味噌」が食べ頃に。
蒸した大豆とコシヒカリから作った麹と塩を混ぜて、海層深層水を加えながら練っていく、すべて地元の材料を使って、添加物を使わないお味噌。
海層深層水をつかっているのでカビが生えにくくて味がまろやかなんだそう。
自分が仕込んだお味噌で、野菜たっぷりの味噌汁を作るのが今から楽しみです。

1108_lohatopi.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年11月01日

野菜ソムリエとして考える食育とは

1101.jpg

昨日、食育に関するフォーラムに参加し、「野菜ソムリエとして考える食育とは?」というテーマでお話ししてきました。

私は、食べることを大事にする家庭で育ちました。
母は、父の健康管理にすごく気を配っていて、特に《食事》に関しては、いつもバランスの取れた沢山の品数の献立を父のために用意していました。

私が、「野菜ソムリエ」の資格をとるきかけになったのは、そんな母が病気になったこと。
病気のせいで食べることがままならなくなり、点滴生活になった母が日に日に弱っていくのを間近で見て、
食べること=生きることなんだ‥だったら自分が食べるものについてもっと考えなくては‥と思ったからでした。

「野菜ソムリエ」の資格をとったことをきっかけに、野菜のレシピを提案したり、イベントや講演会に呼んでいただいたり。
他にも、雑穀米やマイ箸、エコバッグのプロデュース、食料自給率アップを目指す農水省のプロジェクトへの参加など、食に関する様々なお仕事をさせていただくようになりました。

今回、食育に関するフォーラムに参加し、改めて《食育》について考えてみました。
自分の経験を通じて、食に興味をもつこと。
知識を身につけたうえで心と体を健全に保つための食を選ぶ力を養うこと。
そして、食べることを楽しむこと。
このための日々の行い、すべてを含めて《食育》ということなのではないか、と思います。

食料自給率が41%と先進国の中で最低レベルなのに食品の廃棄量が多い国、日本。
食べるものがない子供たちが、世界には、たくさんいます。
こういう恵まれた環境にいるからこそ、食としっかり向きって食べることを大事にしていきたいと改めて思いました。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年10月18日

ファーマーズマーケット二子玉川

1018_LO_map.gif

車で出かける際、楽しみにしていることがあります。
それは直売所に立ち寄ること!
家の近くに、直売所があればいいのになーと思っていたら、ナントありました!
世田谷区鎌田。
東急田園都市線・東急大井町線の二子玉川駅からだと徒歩15分くらい。
名前は、『ファーマーズマーケット二子玉川』と言います。

こちらは、「せたがやそだち」と呼ばれている世田谷でとれた野菜を販売していた「砧園芸直売所」を昨年、リニューアルした施設。
世田谷ものづくり学校が企画したプロジェクトなんだそうです。

実は、世田谷区、23区の中で、2番目に農地面積が多いところですが、各農家さんは収穫量が少ないので一般には流通せず、直売所で販売。
そのため、無人販売も含めると世田谷区には直売所が100ケ所もあるんだとか!

朝8時半、『ファーマーズマーケット二子玉川』に行ってみると、農家さんたちが軽自動車でぞくぞくと野菜を運んできて、店内に並べている真っ最中。
邪魔をしない程度にお話をうかがってみると、みなさんすぐ近くに住んでいる方ばかり。
野菜は、朝収穫したばかりの新鮮そのものですし、市場で買うより早く手に入るし、まるで自分の家に畑があるような感覚が味わえます。
昨日、私は、葉つきの大根、ルッコラ、インゲンなど8種類を買って、合計1230円でした。

ちなみに、9時の開店前には30人近い行列ができていて、人気のものは1時間もしないうちに売り切れてしまうのだそう。
みなさんも早起きして『ファーマーズマーケット二子玉川』、立ち寄ってみてくださいね!

1018_LO02.jpg

ファーマーズマーケット二子玉川

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年10月11日

亀屋万年堂

navona_main.jpg

お菓子のホームラン王ナボナでお馴染みの亀屋万年堂。

父が現役時代からコマーシャルをさせていただいているご縁で、今回一緒にオリジナルバッグを作りました。

「秋の味覚まつり」ということでキャラメルりんごクリームのナボナなど秋限定のお菓子が6個入ってます。

ポケットもついていてとても便利なので、おいしいお菓子を食べたあとは是非マイバッグとして使ってください。

今朝は、この「亀屋万年堂のオリジナルエコバック入り秋限定パック」をプレゼントしています!

番組を聴いて、プレゼントにご応募ください!

亀屋万年堂

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年10月11日

女神まつり 情報!

1011.jpg

今朝は、11日と12日に開催される、自由が丘「女神まつり」をご紹介。

自由が丘といえば雑貨やスイーツで有名ですが、最近では、使ったあとの食用油で走るコミュニティバスを運行させたり、『エコな街』としても注目をあつめています。

ロハスサンデーでも、去年から商店街のみなさんと駅前ロータリーの花壇でゴーヤを育てたり、スイーツフォレストのエコスイーツや、ミツバチを飼って、そのはちみつでオリジナルスイーツを作る「丘ばちプロジェクト」を紹介しました。

そして、「女神まつり」でも3年前からエコイベントを展開。
今年は、参加する人一人一人が楽しみながら環境について考えて、何かアクションを起こすことを目的にエコチャレンジを提案しようということで、ペットボトルのキャップの回収、古本の回収、町の清掃活動を行います。

当日、ペットボトルのキャップを10個または古本を5冊持ってくるか、ごみ拾いに1回参加するとくじ引きに1回チャレンジでき、モンサンクレール辻口シェフのオリジナルリトグラフや自由が丘でとれたハチミツなどが当たる他、参加賞として両日とも先着500名の方に私、王理恵と自由が丘のキャラクター「ホイップるん」のコラボのドギーバッグがもらえます。

レストランで食べ残した料理を持ち帰るためのドギーバッグ、、、
日本では、まだあまり普及していませんが、アメリカでは当たり前の習慣です。
食料自給率や食料廃棄の問題はもちろん、食べ物を大切にするという気持ちを自由が丘から発信しようという想いで作りました。
衛生上の問題もありますが、是非自己責任でこのドギーバッグを活用していただきたいと思います。

自由が丘オフィシャルガイドウェブ

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年10月04日

10月は木づかい推進月間です!

rogo-1.jpg

10月は、「木づかい推進月間」。
林野庁が実施している、国産材の利用拡大に向けた普及啓発活動で、漢字の「十」と「八」を組み合わせると「木」という漢字になることから、10月8日を「木の日」と定め、その日のある10月を「木づかい推進月間」としています。

みなさん、ご存知の通り、京都議定書では、2012年までに日本のCO2の排出量を1990年に比べて、「6%」削減することを約束していますが、その「マイナス6%」のうちの、約3分の2に相当する「3.9%」は森林による吸収を見込んでいます。

しかし、たくさんCO2を吸収してほしい「森」がピンチなんです。
ほとんどが人工林の日本の森では「下草刈り」や「間伐」などの手入れの行き届いていない状態でこのままでは、京都議定書のCO2削減目標達成が危ぶまれています。

そのためにも、間伐した木で作られた家具や文具、また、割り箸も、国産材の割り箸なら使っていただきたいと思います。そうした行動が、間伐、つまり森作りに必要なことを促進してくれることにつながります。

林野庁

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年09月27日

種子島特産の安納芋!

0927_LOHAS_PRE.jpg

安納芋は、紫芋と並んで種子島特産のサツマイモ。
私は5年程前に初めて食べたのですが、それまでの焼き芋のイメージとあまりに違うので驚きました。
焼き芋は、普通ホクホク。
でも安納芋は水分が多いお芋なので、ねっとりクリーミーなんです。
そして甘い。
安納芋の糖度は生の状態で16度以上。普通のサツマイモの倍近い甘さです。
オーブントースターで焼いただけでスイートポテトのようになる、まさに天然のスイーツです。

オススメは「さんこうファーム」という会社が作っている種子島甘芋という安納芋。
「さんこうファーム」は種子島の中央部、中種子町に農場をもち、お芋の栽培だけを行っています。
今年4月にこちらの甘芋を食べたとき、あまりのおいしさに感激して7月に実際に種子島に行った程。
みなさんも機会がありましたら、ぜひ、お試しください!

ちなみに、安納芋の美味しい食べ方は、水洗いしたお芋の水気をふいてオーブントースターで30分。
竹串がスーッと通れば出来上がり。
蒸し器で20分ほど蒸してもおいしくいただけます。
そのままでも十分おいしいのですが、加熱したお芋を半分に切って中身をくり抜き、無塩バターを加えて滑らかなペースト状にしたものを皮に詰めてオーブンで焼くと立派なおもてなしスイーツに。
食べきれない分は冷凍庫で凍らせるとアイスクリーム感覚で楽しめます。

さんこうファーム

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年09月20日

国産野菜100%、リンガーハットの取り組み!

0920_lohatipi.jpg

長崎ちゃんぽんでお馴染みの「リンガーハット」の取り組みをご紹介します。

「ちゃんぽん」には、キャベツ、玉ねぎ、もやしなど、7種類の野菜が使われています。
その量はグループ全体で年間11000トン。
特にキャベツのは6100トン。4トントラック1500台分も必要なんです。

「リンガーハット」では、真空パックになった冷凍カット野菜をアメリカや中国から輸入して使っていました。
しかし、安心安全でフードマイレージも低く、食料自給率アップにつながるとして、1986年から商品に国産の野菜を導入する事業を展開。
7年がかりで全国25か所のキャベツ農家と契約、使用するキャベツを全て国産のものに切り替えたそうなんです。

そして、いよいよ10月から「リンガーハット」の商品に使われる野菜が、全て『国産』になります。
先日、工場や契約農家さんに行ってきたのですが、驚いたのは、野菜は1つ1つ形が違うので、どうしても全てを機械任せにはできないということ。
玉ねぎの上下をカットしたり、キャベツの芯をくり抜くのは人間がやらなくてはならならず、機械も働く人の数も増やさなければいけません。
また、今年は日照時間が少なかったので、契約農家さんの畑には根ぐされしてしまったキャベツもたくさん。
国産の野菜を大量に安定して確保するのは大変なことなんです。

実際に国産の野菜だけを使った「ちゃんぽん」を試食しましたが、野菜の量は以前より増えて255グラム。
新鮮な野菜をさっと炒めてあり、歯応えがしっかり残っていて、1つ1つの野菜の味もはっきりしてるので、おいしい野菜をたくさんたべているなーと実感できました。

今は、渋谷店と赤坂見附店で先行販売されていますが10月からは「リンガーハット」全店舗で国産野菜だけを使った長崎ちゃんぽんが食べれれます。
みなさんもおいしくて安心安全な野菜たっぷりの「ちゃんぽん」を食べてみてください。

リンガーハット

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年09月13日

丘ばちプロジェクト!

0913_hachi.jpg

今朝のロハトピは、J-WAVEの「Glow Green Project」に賛同し、LOHAS SUNDAYのゴーヤを一緒に育ててくださっている自由が丘商店街のエコな取り組みについて。

名前は「丘ばちプロジェクト」。
自由が丘の街を緑でいっぱいにする「自由が丘森林化計画」の一環で、ミツバチを飼育して、樹木や草花の受粉を活発化させよう!という取り組みです。

今年の春から、およそ4万匹のセイヨウミツバチをビルの屋上を借りて有志で飼育を開始。
今では、11万匹ほどにまで増え、定期的に採蜜活動をするまでになったそうなんです。

また、これまでに採取されたハチミツは、約80キロ!
一度に採れる量が少ないため、小売りはしていませんが、自由が丘商店街のスイーツショップでは、このハチミツを使ったお菓子が個数限定で販売されています。
例えば、ハチミツレモンの「パウンドケーキ」。ハチミツだけで甘みをつけた「丘ばちプリン」。ハチミツを使ったシュークリーム「丘ばちばくだん」などなど。どれも《スイーツの街・自由が丘》らしい、美味しいスイーツに仕上がっているそうです。

ちなみに、ハチミツは、4月は桜、5月はツツジやバラなど採取された時期によって味や香りが異なるそう。
この夏、ミツバチがゴーヤの花に来ていたことが確認されています。ということは、8月はゴーヤの香り‥なーんてことも。

自由が丘商店街が取り組む「丘ばちプロジェクト」、興味を持たれた方は公式ブログ『自由が丘みつばち便り』をご覧ください。

自由が丘みつばち便り
パウンドケーキ&プリン
シュークリーム
自由が丘オフィシャルガイドウェブ

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年09月06日

さんまの目利き

さんまの目利き!上のさんまが脂がのっています!

090906_3.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 14:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年09月06日

今日のロハトピは「さんま」!

s-2009082921585229469.jpg

今日、9月6日は、有名な古典落語にちなんだ「目黒のさんま祭り」が行われます。
私は、先週、さんまの「たたき」を食べましたが、程良く脂がのっていて、たっぷりのしょうがと大葉とおいしくいただきました。

そして、昨日、いつもお世話になっている魚屋さんで、さんまのお話を伺ってきましたので、ご報告したいと思います。
秋と言っても、さんまが市場に出始めるのは、7月中旬から。
7月、8月と北海道の南東沖にいたさんまは9月に入った頃から南下して三陸へ、10月から11月は銚子あたり、12月になると紀州で捕れます。

北海道から、ずっと南下していくわけなんですが、南下するにつれて脂が抜けてくるとのこと。
ご主人によると、脂がのりすぎていると食当たりや胸やけを起こしやすいので、脂ののっている今の時期は「塩焼き」、もう少しして脂が抜けてきたら鮮度のいいものを「お刺身」など生で食べるのがオススメだそうです。

また、大事なのは選び方。
鮮度を見るには眼に注目。濁りがなくて透きとおっているのものが新鮮。
脂の乗り具合は頭のすぐ後ろの部分が盛りあがっていて全体的にずんぐりしているもの。
脂が抜けてくるとまさに刀のように細長くなっていくのだそうです。

さんまの塩焼きの付け合わせの定番といえば大根おろしですが、これは大根に含まれる消化酵素が脂の消化を助けてくれるから。
他に消化を助ける野菜としては、山芋、なす、トマトなど。かば焼きにした「さんま」をとろろと合わせたかば焼き丼、お刺身の上に角切りトマトをオリーブオイル塩、こしょうで和えたものをのせてカルパッチョ風もおすすめです。

食欲の秋、、旬の食材を美味しくいただきましょう♪

●目黒のさんま祭り

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年08月30日

8月31日は野菜の日!

0830.jpg

野菜ソムリエは、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会が認定している資格。
野菜や果物の美味しさ、楽しさを理解し、伝えることができるスペシャリストです。

私も野菜ソムリエとして、野菜についての講演をしたり、レシピを紹介したりして活動をしていますが、
野菜に関する仕事をしている私でも、地方での仕事や外食が続いたりすると野菜不足になることがあります。
そんな時、茹でた野菜を冷蔵庫にストックしておいておやつに食べたり、外出先では洗うだけで食べられるリンゴやトマトを朝ご飯に食べたりと、ちょっとした工夫を心がけています。

そして明日、8月31日は野菜の日!ということで、六本木ヒルズの多目的スペースでイベントが開催されます。
今年のテーマは「ベジフルワンダーランド・農業を知ろう!野菜を知ろう!」です。
たくさんの方に農業を身近に感じてもらい、野菜の魅力を再発見してもらおうという内容です。
私は11時から、野菜ソムリエ仲間の山口もえさんとトークショーに参加します。
農家さんを訪ねて感じたこと、農作業体験で感じたこと、オススメの野菜レシピなどを話す予定ですので、みなさん、ぜひ、遊びに来てください。

日本ベジタブル&フルーツマイスター協会

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年08月23日

ゴーヤ

0823goya.jpg

今年もJ-WAVEはGROW GREEN PROJECTに取り組んでいて、ツルをのばして緑のカーテンを作るゴーヤの種を番組でリスナーのみなさんにプレゼントしたり、イベントの時にお配りしたりしました。
みなさんの家のゴーヤは、どんな感じでしょうか‥?

LOHAS SUNDAYでは自由が丘みなさんのご協力のもと、駅前ロータリーの花壇で育てていますが、昨日、見に行ってきました。
すると、収穫された後が!?
振興組合の方に伺ったところ、先週、はじけそうになったものを収穫したとのこと。

ゴーヤは虫に強く、育てやすい野菜なのですが、難しいのが収穫のタイミング。
完熟したものを収穫するのが一番おいしいトマトと違って、ゴーヤは未熟な実を収穫して食べます。
熟してしまうと緑色は黄色に変わり、実がはじけて中から汁が噴き出て種も真っ赤に。苦みも増すんですね。
目安としては花をつけてから15日から20日ぐらいが収穫のベストタイミングです。

沖縄野菜の代表格で「長寿を支える」とも言われるゴーヤ。
あの鮮やかなグリーンとくせのある味から緑黄色野菜と思われがちですが、実は淡色野菜。
ベータカロテンは少ないものの、ビタミンやミネラルをバランスよく含んでいて、ビタミンCはきゅうりの5倍も含まれています。
しかもビタミンCはふつう加熱すると減ってしまうんですがゴーヤは例外。
沖縄の代表的な料理、ゴーヤの炒め物、ゴーヤチャンプルーは本当に理にかなった食べ方かも。

ちなみに、表面のでこぼこが大きく、グリーンの色が薄いほうが苦みが少ないと言われています。
あとは、しっかり種とわたを取って、塩もみをし、チャンプルーはもちろん味噌炒めや肉詰めなど肉と一緒に油で調理すると食べやすくなります。
ビタミンCたっぷりのゴーヤで、残り少ない夏を乗り切りましょう!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年08月16日

野菜の上手な保存方法

0816yasai.jpg

北日本を中心とした長雨と冷夏で野菜の収穫量が少なくなり、市場ではジャガイモやニンジン、トマトなどが昨年の2〜3割高で取引されているというニュースを番組でも取り上げました‥

野菜売り場で気をつけて見てみると、確かに北日本でとれる野菜は値段が高いんです。
となると買ってきた野菜をいかに長持ちさせるかが大事。

野菜は収穫された後も呼吸しています。
呼吸を続けることで養分を消費して、水分を発散させながら成長を続ける。
そのまま時間がたつと成熟が進んで老化して見栄えやおいしさなどの品質が落ちる。
葉物がしなびたり、水分が抜けてしまったりする。
野菜の保存とは、野菜を低温で休眠状態にして呼吸をできるだけ抑えること。

ただし野菜によって保存の適温が違います。
冷蔵庫の野菜室の温度は大体の野菜の保存に適する10℃位なんですが、保存適温が7度から10度位のなすやきゅうり、トマトでも1週間以上入れておくと低温障害をおこして品質が落ちることも。

野菜がどれだけ生きられるかは野菜によって違って、ほうれん草などの葉物野菜、キノコ類は冷蔵庫の野菜室できちんと管理して5日から10日位。やはりまとめ買いは長くても1週間で食べきれる量に。

温度と並んで大事なのは、どういう状態で保存するか‥です。
ほうれん草やキャベツ、白菜などの葉物、カリフラワーやブロッコリーといった花野菜、アスパラガスなどの茎野菜は立ち型野菜で寝かせると立ち上がろうとしてエネルギーを消耗します。
養分を消費しないように、こういった野菜は野菜室に立てて保存すると良いでしょう。
牛乳パックを利用しても○。

なすやきゅうりトマトなどぶら下がって実る野菜は、ぶらり型野菜で立てても寝かせても大丈夫。
根菜類は土をつけたままにしておくと長持ちします。

あと私は市販の野菜保存用の袋を活用しています。
表面に小さな穴が空いていて、袋の中を保存に最適な酸素と二酸化炭素のバランスに保つものなんですが、切った野菜も3,4日は新鮮さを保てるのでとても便利です。

野菜を無駄にしないためには使いきれる量を買うこと、長持ちする工夫をすること。これがポイントです。


090816_3.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年08月09日

すいか

090809.jpg

7月の中旬に、すいか農家に取材に行く機会がありました。
訪れたのは、長野県波田町。おいしいすいかの産地として有名なところです。
日照時間が多い、水はけのいい土壌、標高が600メートルを超える高原の気候、昼夜の寒暖差があるので糖度が高くなる。
すいか栽培に最適の条件がそろっています。

ちょうど出荷が始まったタイミングだったのですが、長く収穫できるように時期をずらして種を播いているので、まだ交配の作業をしている畑もあり、私もお手伝いさせていただきました。
波田町では雄花と雌花を1つ1つ手で交配させていくのですが、2回ほどポンポンと合わせれば受粉完了。
広い畑を腰をかがめた状態で横に移動していくのでかなりきつい作業でした。
交配させてから40日位で収穫を迎えます。

この後、畑で収穫もお手伝いして、その場で切って食べさせていただいたんですが、シャリシャリ感といい甘さといい、驚きのおいしさでした。
農家の方においしいすいかの見分け方を伺ったところ、縞模様がはっきりしているもの、へたの回りが少しくぼんでいるもの、叩いた時にコンコンと少し高い音がするものとおっしゃっていました。

さて、すいかの種には法則があるのをご存じでしょうか。
種は縞に沿って並んでいるので縞を外して切れば断面に種が見えないので、食べるときに種を出すのが面倒だという方に朗報。
まず、大玉すいかを縞に対して垂直に半分に切る。その後、種のすぐ近くを切れば断面に種がきれいに並ぶのでそれをとってしまえば後は種なしすいかのように食べることだけを楽しめます。

最近はカットしたものや小玉が人気のようですが、是非家族みんなで夏の味覚、すいかを食べてくださいね。

090809_4.jpg
畑で食べるすいかは最高です。

090809_3.jpg
こんなに小さくてもちゃんとすいかです。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年07月26日

エコスイーツとは?

自由が丘スイーツフォレストで8月1日からスタートするエコ活動について。

0726_topi1.jpg

まずは『エコサービス』!
お持ち帰りで購入した《エモ・カフェのプリン》や《ホンコンスイーツ・カカのマンゴープリン》の容器を返却すると、それぞれ「ゴマのフィナンシェ」、「杏仁豆腐」がもらえるほか、《パティスリーアンファンス》では、紙袋を断って持参したマイバックを使うと「マカロン」がもらえたりします。

発案者は自由が丘スイーツフォレストの斉藤さん。パティスリーのお店に行って買い物をした際にもらう、手さげの紙袋をはじめ、ケーキ箱、保冷剤、ココットは家に溜ってしまいがち。これらを再利用したり、誰かの役に立てたりできないかな〜と思い、スイーツフォレストに入っている各お店のパテシエに相談して決めたそうです。

0726_topi2.jpg

続いては『エコスイーツ』!
本来、廃棄されてしまう柑橘類の皮をコンフィ、砂糖漬けにして販売。旬の柑橘類をコンフィにするので季節によって種類が異なるそうです。この日、グレープフルーツのコンフィを試食させていたいだいたのですが、少し苦みがありますが、お砂糖で食べやすいというか、ちょうど良い甘さになっていました。パテシエのひと手間でこんなに美味しいスイーツに♪フルーツのゼリーみたいなスイーツです。なお、柑橘のコンフィは、神戸の青果卸売店がプロデュースする《フルベジ》で買うことができます。

0726_topi3.jpg

自由が丘スイーツフォレストは、東急東横線、大井町線の「自由が丘」駅南口から徒歩5分。10時から夜8時まで。年中無休となっています。

自由が丘スイーツフォレスト

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年07月12日

ファームエンタテイメントとは?

調布にある「遠藤農園」で農作業をしてきました。
朝9時に畑に集合して、まずは3月から土づくりをして4月に種を播いた野菜たちの最後の収穫作業。
トマト、きゅうり、なす、とうもろこし…普段スーパーで見る野菜とは違う、形は悪いけれど力強い野菜たち。
30cm位あるきゅうりや傷のあるトマト、私たち人間だって背が高い人、痩せている人がいるように、野菜にだって個性や特徴があって当然。
そして、収穫が終わって、少し休ませていた畑を耕してにんじんの種播きをして、ブロッコリーの種を播いた部分に虫よけのネットを張りました。

これは日本ベジタブル&フルーツマイスター協会が、この6月から始めた「ファームエンタテイメント」というプロジェクトの一環。
農業体験は野菜ソムリエの資格を持っている人や一般の方が6月、7月の2ヶ月間、週1回畑で農作業をして、楽しみながら農業を学ぶものです。

第1回目の今回は14名が参加。
陽射しはそんなに強くないものの、気温が高くて作業は大変。
虫も多くて作業に熱中していると顔を刺されることも。
でも土をいじり、野菜たちと触れ合うことは本当に楽しくて、参加している人たちはみんな笑顔でした。

「遠藤農園」の遠藤さんにお話をうかがったところ、きちんと収穫できる状態に育てるには、草取り、保護のための支柱たてやネット張りなどの作業、病原菌との戦いの繰り返し。
14年間農業をしている遠藤さんでさえも日々発見や驚きがあるんだそう。
暑さや雨、風など天候の影響も受けながら、日々作物を観察して対処していく必要がある。
そして、さらに売れる作物にするのはすごく大変なこと。
そんなふうにお話してくださいました。

9月からは第二弾も始まるので興味のある方は是非、参加してみてください。

ファームエンタテイメント

090712_1.jpg


090712_2.jpg

090712_3.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年07月05日

ロハスなラーメン店「雲南米線」!

yunnanbeisen01.jpg

今朝、ご紹介したのは、四谷三丁目駅から徒歩2分、外苑東通り沿いにある『雲南米線』というラーメン店。

稲作の発祥の地と言われている中国 雲南省は、お米の麺「米線」が、朝・昼・夜と食べられてるほど人気だそうで、そういった中国の食文化に見習って、日本のお米でラーメンを作ったのが『雲南米線』です。

また、お店では、食料の輸送距離を意味する「フードマイレージ」を100グラムのCO2を「1ポコ」としてメニューに表示。
店内で「鶏肉とキノコの米線」を食べた場合、アメリカ産小麦を使ったラーメンだと、2.32ポコのCO2が排出されますが、秋田県産の米線を使ったラーメンだと、0.3ポコに押さえられることから、メニューに「2ポコ」と表示されていました。

そして、気になるラーメンの味は、、、あっさり系。
スープは、地鶏や雲南ハム、干し貝柱、漢方などで仕上げた化学調味料無添加の薬膳スープ。
麺がツルツルなので、スープが絡みにくいかなー?と思ったら、しっかり絡んでました。

栄養バランスが良く!フードマイレージが低い!
さらに、お米の消費拡大に貢献できるラーメン、ぜひ、お試しください!

yunnanbeisen03.jpg

●雲南米線
新宿区左門町13-2小田ビル1階
http://www.yunnanbeisen.com

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年06月28日

種子島の安納芋!

0628.jpg

九州本土の最南端から南に約40劼飽銘屬垢觴鏤凖隋
鹿児島から飛行機なら30分、高速船なら1時間30分で着きます。
種子島というと鉄砲伝来の地、宇宙開発機構の宇宙センターがあるロケットの島として知られています。

種子島の最高地点は282メートルしかなく、島全体が平坦な地形なので、農業がもっともさかん。
さとうきびやさつまいも、お茶や米が主な作物。
お米は超早場米で3月に田植えをし、7月の終わりには新米がたべられるんだそうです。

今回の目的は安納芋の畑の視察。
実は種子島はさつまいもが初めて栽培されたところなんで、安納芋というのは紫芋と並んで種子島を代表するさつまいも。
甘いさつまいもとしてここ何年かで全国的に知名度が上がり、高値で取引されるようになったので鹿児島や宮崎でも栽培されているんですが、種子島の水はけのいい赤土が最も適しているそうで、ダントツに味がいいそうです。

東京でも時々手に入るので食べたことはあったんですが、知人に送ってもらった安納芋があまりにおいしくて、生産者の山中さんを紹介してもらったところ、3年前から作り始めて今年から本格的に全国展開するということで、そのPRをお手伝いすることになりました。

種子島の安納芋は水分が多く、生の状態で16度にもなる糖度が特徴。
熟した甘いマスクメロンの糖度が15度位なので、かなりの甘さです。
焼き芋にするとクリームのようにねっとりとした食感になり、そのままでスイートポテトのようなんです。

山中さんは酪農もしていて、お芋を食べて育った牛の堆肥を使って循環農業を行っています。
12月から苗床を作り始め、3月下旬から苗を植え、今は雑草とりの真っ最中。
これが一番大変な作業で、朝8時から夕方5時まで、すべて手作業で雑草を取り除きます。
野生の鹿がたくさんいるので、食べられないようにネットを張って育て、10月に収穫を迎えます。

私も収穫まで何度か通ってお手伝いをすることになっているのでまたご報告します。
そしてリスナーのみなさんへもプレゼントしたいと思っているので楽しみにしていてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年06月21日

しあわせロハス 21日のテーマはキャンドルナイト!

●ジーンズでしあわせロハス♪
〜今朝は『Levi’s Forever Blueキャンペーン』をピックアップ!
 リーバイズが着用しなくなったデニムジーンズを回収し、
 その内リーバイス商品に限りフリーマーケット形式で販売。
 その全売上金をエイズ予防団体「日本エイズストップ基金」に
 寄付するという仕組みです。

0621_LOHATOPI.jpg

もっと知りたい!という方は特設ページへ!

●ロハス婚活塾 第3回
〜今朝は、初デート編!
 出会いが街の中ならデートは自然の中へ。
 車なら葉山。夕陽は、立石駐車場がおすすめ。
 電車なら休みをとって箱根へロマンスカーで。
 温泉日帰りプランがGOOD!

0621_KONKATSU.jpg

もっと知りたい!という方は特設ページへ!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 13:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年06月21日

中田英寿発!『+1クリックアクション』

0621_01_NAKATA.jpg

今朝のロハトピは「TAKE ACTION FOUNDATION」の『+1クリックアクション』について。

このプロジェクトは、サッカー元日本代表の中田英寿さんが先週水曜日からスタートしたもの。
中田さん曰く、「これまでは、会場に来てもらうことが多かったのですが、今回のプロジェクトは、インターネットがあれば誰でも参加できる、より多くの人が参加できるプロジェクトになる」とのこと。

そして、『+1クリックアクション』では、東芝とWFPの協力により、まず、ケニアの子供たちに給食を配布することにより、学校への就学率UPするというプロジェクトを実施。今回は10万食という結果を目標にやることにしているそうです。

私たちがクリックをすると、東芝が、WFPへ募金を行い、そのお金が、WFPの「学校給食プログラム」にあてられる、、、という仕組み。
1クリックすると、ケニアの子供たちへの1食分の給食になる!これはすごいですよね!

以前、WFPの方にアフリカの食についてお話うかがった際に、「給食があるから、親は子供たちを働かせるより通学させることを選ぶようになる」ということをおっしゃっていました。
教育の機会があるか、ないか、これは大きなことです!

中田英寿さんが提案する、クリックだけで参加できる仕組み、ぜひ、みなさんもご参加ください。

<<「+1クリックアクション」のホームページへ行くにはココをクリック!>>

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年06月20日

21日のLOHAS SUNDAYは‥?

●6:05「LOHAS TOPICS」
中田英寿さんの「TAKE ACTION FOUNDATION」新プロジェクト始動!

0621_NAKATA.jpg

●6:30「LOHAS DESIGN&GOODS」
greenz.jpの世界最新おもしろロハス情報。

0621_D%26G.jpg

●7:05「WATCH THE EARTH」
不要ジーンズを回収する『Levis Forever Blue』とは?

0621_LOHATOPI.jpg

●7:30「Enjoy Natural Style」
野村友里×UA。UAにとってのしあわせ音楽とは?

0621_ua.jpg

●8:00「ロハス婚活塾」
恋愛エッセイストの潮凪洋介さんに聞く「初デート編」♪

0621_KONKATSU.jpg

●8:10「LOHAS EVENT INDEX」
キャンドルナイト特集。今夜オススメのイベント情報☆

0621_INDEX_01.jpg

●8:30「LOHAS PEOPLE」
社会貢献活動にも熱心に取り組む、知花くららさんご登場。

0621_chibana.jpg

(C) emiko tennichi/ magazine house


●プレゼント

◎ロハスデザイン大賞2009・モノ部門で大賞に輝いた「ヤシノミ洗たくパウダー・ネオ」をメッセージをご紹介した方にもれなく。

0621_LOHAS_Pre1_NEO.jpg

◎キャンドルナイトにふさわしい‥Candle Juneさんが選ぶ「キャンドル」を10名様に!

0621_LOHAS_pre2_candle.jpg

◎21日は父の日!お父さんのために‥とっておきのプレゼントもご用意しています♪

0621_LOHAS_Pre3_TAI.jpg

●メッセージテーマ
今週のメッセージテーマは、大きなものから小さなものまで『しあわせエピソード』大募集!!!幸せを感じる時ってどんな時?最近、幸せだなーと思ったことは?希望する『プレゼント』と『メッセージテーマ』に、お名前、〒、ご住所、お電話番号、年齢、職業を添えて「LOHAS SUNDAY」までご応募ください!当選者の発表は番組の最後に行います!




<<<LOHAS SUNDAY ホームページへはココをクリック>>>

LOHAS SUNDAYスタッフ| 21:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年06月14日

しあわせロハス 14日のテーマはお弁当!

●お弁当でしあわせロハス♪
〜今朝は、香川発!「弁当の日」をピックアップ!
 弁当の日は、今から8年前、香川県にある滝宮小学校の
 校長先生だった竹下和男さんがはじめた食育です。

0614_WATCHbentou.jpg

もっと知りたい!という方は特設ページへ!

●ロハス婚活塾 第2回
〜今朝は、出会い編!
 まずは「大きな声での挨拶」を忘れずに。
 男女共学の「友達」に話すような気持ちでいけばOKです。

0607_KONKATSU_01.jpg

もっと知りたい!という方は特設ページへ!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 08:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年06月14日

お弁当に合う「お米」とは?

0614-lohatopi.jpg

今朝は「お弁当」には欠かせない「お米」について!

LOHAS SUNDAY米のコーディネートをお願いしている目黒のお米の専門店スズノブの社長、西島豊造さんに「お弁当とお米」についてお話をうかがいました。

まず、お弁当にオススメの「お米(銘柄)」について‥です。

お弁当に合うお米は、冷めた時にくっつかないもの、味も濃くなりすぎないもの。佐賀県の「天使の詩」が一番人気。あとは山形の「はえぬき」。女性には北海道の「ななつぼし」など、薄い食材に合わせるものが人気です。

そして、お弁当のお米を「炊く時のポイント」があるそうで。

お弁当というと、朝早くに作るので、ついつい前日の夜に炊飯器のタイマーをセットして、お米を炊くという方も多いと思いますが、それだとお米が水を吸いすぎて粘り気が強くなってしまいます。ですから、朝、少し早く起きて、早炊きモードで炊くのがオススメです。

さらに、もうひとつ「おにぎりにオススメな「お米(銘柄)」も教えていただきました!

おにぎりは、相変わらず「コシヒカリ」が人気。最近、握らない感じの食べやすいフワっとしたおにぎりが流行っているので、コシヒカリで軽く中に空気を入れるカンジで握るのが良い。佐渡、富山、茨城のコシヒカリがオススメです。また、甘みのあるお米なら「ミルキークイーン」「夢ごこち」「おぼろづき」。こちらの銘柄のおにぎりなら一個で満足。

お出かけの際、お弁当&おにぎりを作ってみてはいかがでしょう?

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年06月13日

14日のLOHAS SUNDAYは‥?

テーマは「お弁当でしあわせロハス」!!!

●6:30「LOHAS DESIGN&GOODS」
ソトコト編集部の食のスペシャリストが語る「ロハス弁当」。

0614_01.jpg

●7:05「WATCH THE EARTH」
全国に広がりを見せる「弁当の日」に込められた想いとは?

0614_02.jpg

●7:30「Enjoy Natural Style」
野村友里×ハナレグミ。しあわせ音楽の生演奏もー♪

0614_6.jpg

●8:00「ロハス婚活塾」
恋愛エッセイストの潮凪洋介さんに聞く「出会いがうまくいく編」。

0614_4.jpg

●8:10「LOHAS EVENT INDEX」
キャンドル・ナイト特集。しあわせって何だっけ?辻先生からメッセージ☆

0614_3.jpg

●8:30「LOHAS PEOPLE」
アルピニスト野口健さんのしあわせ弁当って?

0614_5.jpg

<プレゼント>
*お弁当と一緒に持ち歩いてほしい「マイおしぼり」を10名様に!

0614_LOHAS_Pre_MYOSHIBORI.jpg

*ロハスデザイン大賞2009・モノ部門で大賞に輝いた「ヤシノミ洗たくパウダー・ネオ」をメッセージをご紹介した方にもれなく。
0614_LOHAS_Pre_NEO.jpg

<メッセージテーマ>
あなたの「お弁当」メッセージを大募集!
どんな愛情弁当を作ってますか?最近マイブームのおかずは?子供の頃のお弁当の思い出は?
たくさんのメッセージ、お待ちしています!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 11:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年06月07日

しあわせロハス 7日のテーマはエコ!

●エコでしあわせロハス♪
〜今朝は、トヨタ自動車「新型プリウス」をピックアップ!
 トヨタ自動車「新型プリウス」は5月の新車販売台数、第1位。
 6月に購入しても11月の工場出荷‥という話題のエコカーです。

0607_PRIUS_03.JPG

もっと知りたい!という方は特設ページへ!

●ロハス婚活塾 第1回
〜ロハスな婚活と普通の婚活の違うところは、自然の中で、
 ありのままの姿で、恋を楽しむということ。
 最初の出会いはパーティでも、次に会う時には
 「星を見に行こう」とか「海に行こう」とか、
 自然の中へお出かけください!

0607_KONKATSU_03.jpg

もっと知りたい!という方は特設ページへ!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 12:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵王理恵

2009年06月07日

しあわせロハス 7日のテーマはエコ!

●エコでしあわせロハス♪
〜今朝は、トヨタ自動車「新型プリウス」をピックアップ!
 トヨタ自動車「新型プリウス」は5月の新車販売台数、第1位。
 6月に購入しても11月の工場出荷‥という話題のエコカーです。

0607_PRIUS_03.JPG

もっと知りたい!という方は特設ページへ!

●ロハス婚活塾 第1回
〜ロハスな婚活と普通の婚活の違うところは、自然の中で、
 ありのままの姿で、恋を楽しむということ。
 最初の出会いはパーティでも、次に会う時には
 「星を見に行こう」とか「海に行こう」とか、
 自然の中へお出かけください!

0607_KONKATSU_03.jpg

もっと知りたい!という方は特設ページへ!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 12:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵王理恵

2009年06月07日

CLEAN PARADE!

090607.jpg

6月5日は環境の日。J-WAVEはgreenbirdのみなさんとお掃除しながら街を歩くCLEAN PARADEを行いました。

greenbirdは、原宿・表参道発信のプロジェクトできれいな街は人の心をきれいにするというコンセプトのもと、都内はもちろん福岡や沖縄、海外ではパリやスリランカなどでもお掃除活動をされています。
代表の長谷部健さんとお話したら5月30日「ゴミゼロの日」にパリのエッフェル塔で行った時はフランス人の方もたくさん参加してくれて、メディアからの取材もたくさんあったそうです。

当日は700に新橋駅のSL広場に集合。まず軍手とトング、可燃用、不燃用のゴミ袋をもらって広場周辺のゴミを拾いました。
一番多かったのはたばこの吸い殻。あとは噛み終わった後の紙に包んでいないガム、そして爪楊枝にビールの缶やペットボトル、ライターなど。

人目につきにくい植木の陰や止めてある自転車のかごの中に多く捨てられていました。
危ないな〜と思ったのは割れたびんやまだ使いきっていないライター。
区によって分別のルールは違いますが、港区はガラスや割れたびんは不燃物。
ライターやカセットボンベ、スプレー缶は車両火災をおこす危険があるので使いきったうえで他の不燃ごみとは別の袋に入れて危険物と表記するのがルールです。
そしてペットボトルはキャップとラベルをはずしてすすいでから資源ごみへ。
回収できるのはPETと書かれたマークののもので、油の入っていたもの、中身が入っているものは資源ごみではなく、可燃ごみになります。

greenbirdのゴミ拾いもまず可燃、不燃に分けて集めてそのあと中身を捨てたり、ラベルを剥がしたり、缶をつぶしたりしています。
2時間ほど拾って集まったゴミはゴミ袋20袋分。
私は新橋だけの参加でしたが、みなさんはこの後六本木ヒルズまで2時間位歩きながらゴミを拾われました。
今回私が感じたのはどんなに見えないところに捨てても、ゴミは絶対に消えてなくならないということ。
SL広場はとってもきれいになりましたが、やはりきれいな街って気持ちいいんです。
誰もが心地よく過ごせるようにきれいな街をみんなでつくっていけたらなーと思いました。
みなさんも機会があったら是非greenbirdの活動に参加してみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年05月31日

LOHAS SUNDAY米 2009

今年のLOHAS SUNDAY米は千葉県の香取市でつくることになりました。
千葉県は気候が温暖で、生産高が全国1位の食材が20品目もある農林水産県。
香取市はそんな千葉県の北東部にあり、茨城県との県堺に接しています。
また、LOHAS SUNDAY米を作っている田んぼは佐原という地域にあり、東西に利根川が流れていて水資源の豊かなところです。

そして、昨日、都立大学のお米屋さん「スズノブ」の西島さんと一緒にこちらの田んぼを見に行ってきました!
第一印象はとにかく広い!田園風景がどこまでも広がっているという感じ。
風がかなり強かったのですが、5月2日に田植えをした稲は西島さん曰くしっかり根付いているとのことでした。

LOHAS SUNDAY米2009の品種はコシヒカリ。
コシヒカリというと、甘みが強くて粘り気がというイメージがありますが、この地域でとれるお米はあっさりとしていて食べやすいのが特徴とのこと。
まだ身体が目覚めていない朝に食べても胃にもたれない。ずっと食べても食べ飽きない味なのだそうです。
味噌汁や梅干。野菜のおかず等に合うお米‥朝ごはんをしっかり食べる、日本の伝統食を見直すということにもぴったりです。
そしてなにより、東京のお隣りの千葉県のお米ということでフードマイレージも低い!
今年のLOHAS SUNDAY米はまさにLOHASなお米になりそうです。

090531_1.jpg
左から西島さん、王さん、今回ロハスサンデー米を育ててくれる香取市認定農家の宮本興一さん。

090531_2.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年05月24日

ロハスデザイン大賞2009!

RIMG0215.JPG

先週の木曜日から今日まで開催中の『ロハスデザイン大賞2009新宿御苑展』。
昨日は、陽射しも強くて、最高気温29度と本当に暑かったんですが、ロハスサンデーは公開ライブを行いました。
出演してくださったのは、女性コーラスグループの「AURA」と「羊毛とおはな」。
AURAのみなさんの透きとおるような歌声、羊毛とおはなの心地よい曲‥
芝生の上に座って聴くライブは最高でした。

090523_1.jpg

090523_2.jpg

090523_3.jpg

090523_4.jpg


今年で4年目を迎える『ロハスデザイン大賞』。
今年のテーマはローカーボンスタイル・低炭素化へのチャレンジ。
広い新宿御苑に、人と人、人と地球が健やかに、いつまでも暮らしていける社会をつくるためのヒト・モノ・コトが展示されています。
いいなと思うものに会場でもらえるチラシについている投票券で投票し、ロハスデザイン大賞を決定するという参加型のイベントです。

例えばモノ部門では、トヨタの新型「プリウス」やホンダの「インサイト」といった大きいものから、大橋マキさんがプロデュースしているアロマや、野村友里さんがイベントで使っていたカトラリー、私が仕事をさせていただいている雑穀発酵調味料のナチュラルクックなどなど。
ロハスサンデーメンバーとも関わりのあるエントリーも多数ありました。

展示以外にもライブやトークショーが行われるステージや隣人祭り、フェアトレードマーケットなど盛りだくさん。昨日は、環境&健康ゾーンのキッチンステージでオテルドゥミクニの三國シェフとイルギオットーネの笹島シェフのデモと試食会があり、思わず見入ってしまいました。

私も北海道の滝川町とのコラボレーションで、滝川のお米、アスパラガス、菜種油を使ったライスコロッケを作りました。
今日はこのキッチンステージで12時30分から野村友里さんのトークイベント&試食会がありますので、ぜひ、お立ち寄りください。

また、とても有り難かったのが「ウォーターリフィリングステーション」。
マイボトルや飲み終わったペットボトルにおいしい水が給水できるマシン。
昨年も展示されていたんですが機械がコンパクトになっていたのでお話を伺ってみたら、コンビニエンスストア用に開発されたものなんだそう。
1日も早くコンビニで給水できるようになってほしいと思いました。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年05月17日

子供の野菜嫌いについて

090517_1.jpg
先日、目黒区のPTAの会に参加した際、先生方や保護者のみなさんと『子どもの野菜嫌い』についてお話ししました。
私が子供の頃、嫌いな野菜といえば、ピーマンや人参が定番でしたが、今は定番はなく、保護者の方からいろいろな野菜の名前が挙がるのが印象的でした。
ちなみに、ピーマンも人参も品種改良されて、アクや苦みが少なくなって食べやすくなっているそうなんです。

ある調査によると、子供の好きな野菜は1位からトマト、きゅうり、じゃがいも。嫌いな野菜はゴーヤ、セロリ、水菜でした。
やはり、子どもは『苦み』がある野菜が苦手なようなんですが、これは当然といえば当然で、人間はもともと『苦み』を毒と認識するもの。
それが成長する段階で味覚の幅が広がり、嗜好が変わってくるとのこと。子供の頃は嫌いだった野菜も、大人になれば食べらるようになるんですね。

そんな中、気になったのは、親が「野菜が嫌い」と答えた子どもの45%が「野菜嫌い」ということ。
私も母が苦手だった銀杏はなんとなく嫌いでした・・・
そういう面を見ても、親が子供に与える影響は食生活に関しても大きいことがわかります。

そして、好きな野菜にも嫌いな野菜にも挙がる「トマト」「ナス」「アスパラガス」。
嫌いな理由を子どもに聞いてみると「トマトのゼリー状のじゅるじゅるした部分が嫌い」とか「ナスは皮が口に残るから嫌い」など理由がありました。
そういう時は、トマトはゼリー状の部分をとるとか、ナスは皮をむくとか工夫ができますよね。

しかし、「とにかく嫌い!」「なんとなく嫌い!」の場合は興味を持たせることが大切。
家庭菜園で栽培してみたり、「おいしいよ、身体に良いよ」といった声をかけたり。
また、キャラクターを使う、歌を歌うといった演出など楽しい食卓を作ることがポイントだと思います。
子どもが楽しみながら新鮮なおいしい野菜を食べるような環境作りをよろしくお願いします!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年05月10日

フリマ報告会♪

先週の土曜日と日曜日、「J-WAVE フリーマーケット」が開催されました。
ロハスサンデーは、番組終わりで出店させていただいたんですが、「今朝、聞いてきました。」とか「この間プレゼント当たりました!」とか声をかけていただいてとってもうれしかったです。
来てくださったみなさま、ありがとうございました。

そして今年は、リサイクル、リユースのNPOや団体の出店の出店がありました。
まずは『ケータイゴリラ』。
初めてこの名前を聞いたときは、ゴリラの形をしたエコグッズかなと思ってしまったんですが、私たちにとって生活必需品である携帯電話に使われているレアメタルの1つ、タンタルを採掘するためにアフリカのジャングルが荒らされていて、そこに住むマウンテンゴリラが犠牲になってきたという事実があります。
今、次々に新しい機種が発売されていて、まだ使えるのに新しい携帯に買い替えたことがある方も多いと思います。どのように処分をされるのかよくわからないし、データが読み取られたりしないのかなどの不安もあって、それまで使っていた携帯を家に持ち帰り、引き出しにしまったままにでした。
今回は自分のと父のと2つ持っていきましたが、書類にサインして、専用の機械を使って電源のボタンに自分の手で穴を開けるので、お世話になった携帯の最後を見届けられるし、係の方とお話もできるので安心してお願いできました。
2日間で807台の携帯電話を回収したそうです。

さらにもう1つ。履かなくなった子どもの靴を回収していたのが『スマイルアフリカプロジェクト』。
私たちは当たりまえのように毎日靴を履いているけれど、アフリカには裸足で生活している子供たちがたくさんいます。
裸足でいるためにけがをして、その傷から菌が入って健康を害する子供たちがいます。これはアフリカの子どもたちが日本の子どもたちと同じように思いっきり走ったり、スポーツをしたりできるように、みなさんの家にあるサイズの合わなくなった靴を届けるプロジェクトです。
こちらは2日間で777足の靴を回収することができたそうです。

家にある自分にとっては不要なものを必要な人の譲って使ってもらう…フリーマーケット自体エコなアクションだけれど、遠く離れた国に住む方たちとのつながりも感じられるそんな1日でした。

●『ケータイゴリラ』の様子

20090510_LOHATOPI_01.JPG
※自宅から持参した携帯電話(不要品)を受付に提出し、参加します!のサインをします。

20090510_LOHATOPI_02.JPG
※持参した携帯電話(不要品)はこのように・・・

20090510_LOHATOPI_03.JPG
※穴開け機のようなものを使って携帯電話の電源部分に、ガチコーン!と穴を開けます。

20090510_LOHATOPI_04.JPG
※電源の入らなくなった携帯電話(不要品)。マウンテンゴリラも喜んでくれている?

ケータイゴリラは、寄付だけでなく、携帯電話リサイクルもできて、一石二鳥!
夏フェスやエコイベントで出展することが多々ありますので、みなさんもぜひ、参加してみてください。

詳しくは、『ケータイゴリラ』のホームページをご覧ください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年05月03日

八十八夜

20090503LOHATOPI.jpg

昨日は、立春から数えて88日目、八十八夜でした。
春から夏に移る節目の日で、この頃からお天気もだいたい安定してくるいので昔から茶摘みをする目安の日とされてきたそうです。
新茶の出始めに時期は新芽を手で摘んだものが手摘み茶として出回り、八十八夜に摘まれるお茶は不老長寿のご利益があり、縁起がいいとされています。
そんな緑茶には抗菌作用のあるカテキンや風邪予防に効果のあるビタミンCやミネラルなど、健康効果の高い成分がたくさん含まれていて、日本人の長寿の秘訣は緑茶を飲むからだという説もあります。
そして、緑茶は空気に触れると酸化して香りが損なわれたり、温度が高いところや湿気が多いところに置くと質が落ちるので、袋の口はきっちり閉めて密封することをお薦めします。
ちなみに、気温が高いときは冷蔵庫に。私は真夏は冷凍庫に入れて保存しています。
また、緑茶はお米と一緒で少しずつこまめに買うのが一番で、開封したら大体1か月くらいを目安に使いきりたいところ。
でも古くなってしまった緑茶って家にあるもの。昨年の新茶がまだあるなんていうことも。
以前、金沢に行った時に教わったんですが、そんな時は「ほうじ茶」を作るといいそうです。
作り方は簡単で、まず、フライパンに緑茶を入れて弱火にかけます。
その後、焦がさないようにかきまぜながら10分間。いい香りがしてきたら出来上がりです。
緑茶を加熱する時に出る香りは、気持ちを落ち着かせるアロマテラピーとしての効果や、消臭作用もあるんだそう。
新茶のおいしさも楽しみつつ、古くなったお茶も工夫しておいしくいただきたいものですね。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年04月26日

宮崎産のマンゴー

090426.jpg

先週、宮崎産のマンゴーの初競りのニュースがありました。東国原知事のPRもあってすっかり全国ブランドになった宮崎産のマンゴー。今年は東京の大田市場で、最高級ブランドの太陽のタマゴが2玉で20万円!ご祝儀価格とはいえ驚きました。ちなみに宮崎中央卸売市場では同じものが7万500円だったそうです。

そんなニュースを聞いた後、すぐのタイミングで宮崎に行く機会があったので、マンゴー農家を訪ねてきました。お話を伺ったところ、今年は日照時間が少なかったので例年より少し遅れて、まだ収穫が始まったばかりとのことでしたが、ビニールハウスの中にはたくさんのマンゴーの実がなっていました。

マンゴーは2メートル位の高さのところに棚を作って栽培するんですが、場所によっては腰をかがめないと作業ができないところもあるそうで、1つ1つネットをつけていくのは本当に大変・・家族みなさん腰を痛めながらがんばっていらっしゃるとのこと。

以前番組でも取り上げたみつばちの数が減っているというニュース。マンゴーの受粉にもみつばち働きが必要なんですが、なんとみつばち泥棒もでるほど深刻な状況なんだそうです。今までは高すぎるとしか思っていなかったマンゴーですが、栽培するのにものすごく手がかかることを知りました。
マンゴーの収穫はこれから7月頃まで。6月にピークを迎えます。農家の方によると完熟してから収穫するといってもやはり食べ頃があるとのこと。果肉が桃よりやわらかい位、濃厚な香りがちょうどよく熟している目安だそうです。ただマンゴーはウルシ科の植物なので食べるとかぶれる方がいるそうなので注意してください。お値段も高いし、農家の方が丹精こめてつくったマンゴー。手に入ったらおいしくいただきたいものです。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年04月19日

「王理恵が行く」シリーズ第3弾

今回、取材に伺ったのは、大田区城南島にある、バイオマス発電所。

バイオマス発電は、日本ではその多くが森林整備で発生した間伐材を利用していますが、
ここでは、ホテルや結婚式場、飲食店からでる食べ残し、
コンビニやスーパーからでる、賞味期限切れのお弁当などを受け入れ、
メタン発酵させて発生するメタンガスを燃料にして、
燃料電池やガス発電機を使って発電しています。

では、なぜ生ごみをもとにしているかというと、
東京などの大都市部では、ホテルや飲食店が多く、
大量の生ごみが発生します。
ですが、これらは、水分が多く、焼却処理に適していません。
ということで、東京など、飲食店が多い都市では、生ごみを使用したバイオマス発電が効果的とのこと。

この発電所では、1日あたり110トンの生ごみを受け入れて
2万4000キロワットアワー、2400世帯分の電力を発電しています。

生ごみを使ったバイオマス発電、生ゴミの有効活用、という意味では いい方法だと思いますが、
まずは、食べ残しを減らすことを考えることが大切。
そして、もうひとつの問題点が、運ばれてくる110トンの生ごみのうち、約10トンが割り箸や容器だとか。
こちらもしっかりと考えなければいけない問題です。

エネルギー問題だけでなく、食の問題も一緒に考えさせれた取材でした。

090419_1.jpg

090419_2.jpg

090419_3.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 10:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年04月12日

京都小旅行

今回の旅の一番の目的は桜を見ることでしたが、京都といえば食!ということで、京の台所「錦市場」に行ってきました。錦市場は、京都市外のほぼ中央にある商店街で魚や野菜といった生鮮食品から乾物・漬物やおばんざいなどの加工食品まで老舗や専門店が軒を連ねています。朝の9時頃に行ったんですが京都の食材がほとんど揃うとあって、飲食業の方はもちろん一般の主婦のかたや観光客ですでに賑わっていました。

「錦市場」に行くといつも立ち寄る八百屋さんで、京野菜についてお話をうかがったところ・・「都があったころ、京都にはたくさんの食材が集まってきた。野菜や野菜の種も全国から集まり、地元の農家で栽培されていた。たくさんの品種の野菜が長い時間をかけて淘汰されて、京都の気候や風土に合ったものが残り、京都の伝統野菜、京野菜として確立された。ただ、戦後日本人の食生活ががごはんや野菜、豆、海藻を中心とした伝統的な和食からパンや肉を多く食べるように変化すると、日本中どこでも同じような食事をするようになり、地方の食文化がだんだん失われて、個性のある京野菜もあまり作られなくなった」そうなんです。

それを受けて、京都の伝統野菜を守ろうと、20年以上前に府が京の伝統野菜34種を決めて、その維持と復活に取り組むようになったとのこと。京野菜と言えば全国ブランドです。「錦市場」には賀茂茄子、聖護院かぶ、九条ねぎ、京竹の子など、朝掘りのものがたくさん並んでいました。

京野菜の他にも加賀野菜、難波野菜など日本では古くからその地域独特の野菜が育てられ、食べられてきました。ブランド化されていなくても、規模が小さくても、その地域で種を採って栽培されつづけてきた野菜は立派な伝統野菜。東京でも練馬大根や小松菜をずっと作り続けている農家さんがいらっしゃいます。全国から食材が集まる東京だからこそ、京都の人が京野菜を大切にするように、意識して地元で作られた野菜を食べるようにして、東京の食文化を守っていきたいものです。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年04月05日

全国初のフードマイレージカフェ「ツチオーネ」!

オーガニックの野菜やおいしくて安心な調味料、加工品を宅配している大地を守る会。先週、この大地を守る会のカフェがオープンしたということで、早速、行ってきました。

お店の名前は「ツチオーネ」。大根の古い呼びかた「つちおほね」からきているんだそう。場所は、自由が丘のお隣、大井町線の「九品仏駅」を降りてすぐ。

大地を守る会で扱う有機野菜や無添加食材を使った野菜たっぷりのおいしくて身体にやさしいフードメニューや無農薬栽培米からつくった日本酒、酸化防止剤を使っていない国産ワインなどアルコールも楽しめます。

そして、ここはなんと全国初のフードマイレージカフェ。ツチオーネのランチメニューを見てみると、野菜たっぷりプレート:1.2ポコ、本日の干物ごはん:1.4ポコ、鶏肉のキーマカレー0.7ポコと書かれていました。
はっきり数字になるとカロリー表示よりも気になってしまいます。あまりこだわりすぎても楽しくないけれど、おいしいごはんをいただくということは、これだけエネルギーもかかっているんだと、意識を持つことが大事なのでは?と思います。

また、お店には、ベビーカー置場や国産の井草の畳スペースがあったり、絵本やおもちゃが置いてあったり、お子さん連れの方も安心して過ごせますよ。みなさんも足を運んでみてください。


●ツチオーネ
東京都世田谷区奥沢6-26-10
03-5706-0707
10:00〜22:00、日祝10:00〜18:00
火曜日定休

LOHAS SUNDAYスタッフ| 08:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年03月15日

健全な森づくりを!

栃木県の那須野ヶ原の地域づくりフォーラムに参加しました。栃木県の北部に位置する那須野ヶ原は那珂川と箒川に挟まれた高大な扇状地。山から流れ出た水がふもとの近くで地下にしみこんでしまい、明治時代にはほとんど水が流れていなくて、ここに住む人たちは4キロも離れた箒川から水を運ぶのが日課だったそうです 。たくさんの人たちの苦労があって1885年にやっと水路が完成し荒れた荒野から豊かな土地へと生まれ変わったという歴史的な背景を持っています。


そんな那須野ヶ原の「森を手入れし、農業に生かす」という取り組みが、国の「地方の元気再生事業」に選ばれ、今モデル事業の調査を行っている真っ最中です。具体的には、長い時間放置されている森を間伐を行うことによって健全な森にし、発生した木のチップでバイオマス発電を行う。この電力と森から湧き出る水を使 って農業を行い、出来た農産物は道の駅やファーマーズレストランで販売する。というエネルギーと食の地産地消を目指す内容。


農家さんに行く機会が多かったり、食料自給率の問題など、つい農業ばかり注目してしまっていた私。しかし、林業も食料問題、環境問題を考える上でとても重要。健全な森づくりにかかせないのが間伐作業。たくさん木があったほうがCO2を吸収してくれるのではと思っていましたが、間伐を行わないと1本1本の木の力が 弱くなり、ひ弱な森になる。日光が下の地面まで届かないために下草が育たず、土壌が流出したり、災害の原因にもなる。そして何よりも手入れの行きとどいた健全な森にすることで農業用水が確保できたり、地球温暖化の原因となるCO2を効率よく吸収し、蓄えてくれます。この取り組みの原点にある森の手入れは環境問題、農業 問題に重要なかかわりがあるんです。


那須野ヶ原では間伐材を資材やバイオマス燃料として資産化することでこの問題をクリアしようとしています。国産の間伐材を使うことが日本の農業を応援することにつながることを知り、食べ物だけでなく木も国産のものを選ぼうと思いました。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年03月08日

めざせ自給率アップ!

090308.jpg

日本の食料自給率はカロリーベースで40%足らず。半分以上を外国からの輸入に頼っています。オーストラリアの237%、アメリカの128%、フランスの122%と比べると圧倒的に低く、日本は先進国の中では最低基準。昭和40年に73%あったのがここまで下がってしまいました。原因は私たちの食生活の変化。自給できるお米、ごはんを食べる機会が減り、原料を輸入に頼っているパンやパスタを食べることが増えたこと。牛肉や乳製品の消費が増えたことなどたくさんの要素が原因になっている言われています。

では、自給率を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?国としての大きな取り組みももちろんですが、私たち一人一人が出来ることから始めて、みんなで力を合わせることが必要。例えば『地元でとれる今が旬の食材を選ぶこと』。その土地の風土や環境に合ったとれたての農産物はとにかく新鮮で栄養価も高い。もっとも適した時期に育てられた旬の食材は余分な手間や燃料を必要としないので身体にも環境にもやさしい。地元の農家さんの応援になり、国産農産物の応援につながります。そして『食べ残しを減らすこと』。自給率の低さと並んで食料の廃棄率も日本はとても高い。食料をたくさん輸入して、たくさん捨てているとでもったいない国なんです。輸入した材料を使った料理の食べ残しを減らすことは自給率アップになります。

そんな食べ残しを減らすことに役立つのが「ドギーバッグ」です。ドギーバッグはレストランで食べ残したお料理を持ち帰るための容器。ドギーバッグ普及委員会で広めているのは折りたたんで持ち歩くことができて、洗って繰り返し使えるマイドギーバッグ。確かにたくさん頼み過ぎてしまって残してしまうことってありますよね。まずは食べられる量だけ頼むことが大事ですが、もし残ってしまったら、衛生上の問題もあるのでお店の人に持ち帰れるかどうか聞いて、マイドギーバッグに入れて帰る。このちょっとしたアクションが自給率アップにつながり、日本の食の未来を安心なものにする。そんなドギーバッグの普及に私も参加したいと思います。

ドギーバッグ普及委員会

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年03月01日

SAのレストラン

東日本の高速道路のサービスエリアにあるレストランのメニューコンテストの審査員をやらせていただきました。3回目となる今年は「あんしんこだわりご当地メニュー」がテーマ・・食の安全が問題になっていることを受けたテーマでした。


そんなコンテストで優勝したのは「那須高原サービスエリア」。メイン食材は「那須とり」という鶏肉で、抗生剤を使わず、植物性の餌だけで育てられた安心安全な健康な鶏なんだそう。この「那須とり」を照り焼きにして中華の花巻のようなものでサンドしたものなど、バラエティに富んだ6種類の料理が並んでいました。 また、那須高原は、野菜も豊富。料理にも「那須白美人」という生で食べても甘い長ねぎや、パプリカ、ヤーコンなどが13種類が使われていましたが、すべて地元でとれたものでした。


私が印象的だったのは「赤城高原サービスエリア」のポトフをメインにしたメニュー。キャベツ、じゃがいも、大根が大きいままゴロゴロ入っているんですが煮崩れていないんです。また、食べるお客さんにとって一番おいしく食べられるタイミングで提供したいということで野菜は蒸しておき、固形燃料を使ってテーブルで スープごと温める仕組み。最後は、この野菜のうまみと栄養たっぷりのスープに五穀米をいれておじやに…これがまたおいしいんですよね〜


最近のサービスエリアのレストランメニューは、わざわざ食べに行く価値がある位レベルが高いことを実感。みなさんも機会があったら是非、サービスエリアのレストランをチェックしてみてくださいね。

080301.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年02月22日

今週は『水』について。

「水」をテーマに、今回取材に行ってきたのは、
葛飾区にある金町浄水場。

090222_1.jpg

090222_5.jpg

東京都で浄水している水の22%がこの金町浄水場で
浄水処理されています。

金町浄水場では、オゾン接触と生物活性炭吸着という
高度浄水処理で、おいしい水が作られているのですが、
この高度浄水処理施設を導入したのは、東京都では金町浄水場が初めてとのこと。
現在は、従来の浄水処理施設と高度浄水処理施設の両方で稼動していて、
処理後の水を見比べることができたのですが…全然違いました。
高度浄水処理された水は、本当にクリアでおいしい!
しかもカルシウムやマグネシウムも入っています。
この水は「東京水」として都庁や東京駅で販売されているので、
見かけたらぜひ買って飲んでみてくださいね。

そして、今回の取材でわかったことがもうひとつ。
金町浄水場のろ過施設の屋根には太陽光パネルが設置されていて、
自然エネルギーを有効活用しているのですが、
大量に設置された太陽光パネルでも、金町浄水場で消費する電力の
1%程度しかまかなえないとのこと。

090222_2.jpg


実は高度浄水処理には、オゾン発生装置とポンプに非常に多くの電力を使用していて、
東京電力の消費電力の1%を東京都水道局が占めているとそうです。

090222_4.jpg

090222_3.jpg

ということは…普段何気なく使っている水道水ですが、
節水を心がけることによって、節電にもつながるということです。
そして、ミネラルウォーターではなく、東京の水を飲むことが、地産地消にもなります。

ぜひ、この機会に東京の水道水について、考えてみてくださいね。

「安全でおいしい水プロジェクト」オフィシャルサイト

東京都水道局

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年02月15日

今週は『食』について。

今月は『THINK GREEN』と題して「GREEN」をキーワードに様々なテーマに迫っていきます。今週のテーマは、『食』

そこで、今回、私が取材に行ってきたのは、東京の住宅街の中で農業を営む、小金井市の阪本啓一さんの畑。

西武鉄道多摩川線の新小金井駅から歩いて3分程のところにあり、1.1ヘクタールの大きな敷地にビニールハウスが11煉。なんと、350年前から小金井で代々続いている農家さんです。

現在、阪本さんの畑では、水菜、ルッコラ、スイスチャード、サラダ用のホウレン草を栽培していますが、冬はマルチチングをせずに露地栽培。しかもビニールハウスには暖房も入れていないとのこと。

そして、阪本さんは、30年前から有機栽培で野菜を作っているオーガニック食材の先駆者でもあります。畑で使う堆肥は、馬事公苑からもらってきた馬糞に水や発酵剤をかけて、栄養分として足りない分は「油かす」を足したりするなどしているそう。

東京での農業は、畑を住宅に囲まれているので、風通しが悪かったり、日影の部分では栽培しにくかったり、街頭の灯りで作物ができなったりするのも苦労あるそう。しかし、消費地の中にあるので、鮮度の良いものが供給できるのが一番の利点ともお話くださいました。

今回、私が取材に行った阪本さんの作った野菜を食べてみたい!という方は「大地を守る会」の食材宅配サービスに野菜を出されていますので、こちらもチェックしてみてください。

大地を守る会

080215_01.jpg


080215_02.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年02月08日

今週は『エネルギー』について。

今月は『THINK GREEN』と題して「GREEN」をキーワードに様々なテーマに迫っていきます。
今週のテーマは、『エネルギー』。


そこで、今回、取材に行ってきたのは、横浜市にある風力発電所、通称『ハマウイング』。


この『ハマウイング』は、風速4mから発電を開始し、風速25mになると自動で停止する仕組みになっていて、平成19年の4月から、平成20年の3月までの1年間で、233万キロワットアワーの電力が発電されました。
これは、一般家庭が1年間で使用する電力の、670世帯分にあたるそうです。


そして「ハマウイング」は、横浜港の真ん中に位置する、瑞穂ふ頭にあるのですが、この場所は、風だけでなく、横浜市の環境行動のシンボルになるようにとの思いもこめられて、この場所に建設されました。
その結果、ハマウイングが建設されてから、見学に訪れた人は、これまでに4000人を超えていて、地元の住民や関係者など、非常に多くの人に注目されているそうです。


ハマウイングは、普段、一般の方が立ち入れない区域にありますが、定期的に見学ツアーを行なっているので、間近で見たいという方は、ぜひ、この見学ツアーにご参加ください。


夜、横浜に行くことがあったら、ぜひご覧になってみてくださいね。


ここで「ハマウイング」の豆知識。


日没から、夜10時までは風車がライトアップされるのですが、風の向きによって、照明の色が変わるんです。


*東風⇒ 西風⇒黄色 南風⇒ 北風⇒

090208_1.jpg

090208_2.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 08:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年02月01日

今朝のロハトピは「薬膳」について。

先日、仕事で薬膳中華とうたっているレストランを訪れた際、普段、私たちが食べている食事にも薬膳料理といえるものが、たくさんあるということを知りました。

例えば「ねぎ」。日本でも風邪をひいたら「ねぎ」を首に巻いて寝るという、おばあちゃんの知恵的な言い伝えがありますが、薬膳的にも「ねぎ」は身体を温めて発汗作用がるので、風邪のひきはじめに食べると良いとされているそうです。

また、「香菜」も立派な生薬です。気の巡りを良くして消化を促す薬効があり、しかも「ねぎ」と「香菜」を一緒に食べると発汗作用も促します。

そして、雑穀の「はと麦」。日本では殻付きの「はと麦」を煎じた麦茶が夏の定番ですが、生薬としては殻を取り除いた白い部分を使います。漢方ではヨクイニンといって水分の代謝をよくしたり、イボとりや肌の老化防止などの効果があるとされています。
ちなみに、「はと麦」の下ごしらえはとても簡単で、やわらかくなるまで茹でるだけ。スープに入れたり、サラダに入れたり、いつものお料理にプラスするだけでOKです。

身近な食材を使って、自分の体質に合った簡単な「薬膳」、是非、取り入れてみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年01月25日

うちエコ!応援団

チームマイナス6%が、地球温暖化のポジティブな解決策を見つけよう!と結成したのが「うちエコ!応援団」。実は私もその一人なんです・・・

私が、提案しているのは「季節の野菜で、気がつけばエコ」というアクション。
野菜には旬があって、夏野菜は暑い夏にほてった身体を冷やし、秋から冬にとれる野菜には身体を温める効果がありますが、寒いこの季節には、根菜類や身体が芯から温まる鍋料理を食べましょう〜と提案しています。

また、飲み物も葛湯やジンジャーティ―、番茶に梅干しと醤油を入れた梅醤番茶などがオススメです。どれも飲むと身体がジワジワと温まっていくのがわかりますよ。

女性の天敵「冷え」は、食べることで身体の中から温めることが改善のポイント!(もちろん男性の方も)暖房の設定温度を上げても、温まるのは表面だけです。

暖かい春までもう少し。是非、「季節の野菜で、気がつけばエコ」、参考にしてみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年01月18日

地震対策してますか?

0118LOHATOPI.jpg

今朝は「地震イツモノート」と「災害用伝言ダイヤル171」をご紹介しました。

地震イツモノートは、阪神・淡路大震災の被災者167人の声から生まれたキモチのノートであり、「モシモ」ではなく「イツモ」という心構えで地震と向き合って生きていくための防災マニュアルでもあります。

また、災害用伝言ダイヤル171は、地震、噴火などの災害の発生により、被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になった場合に提供が開始される声の伝言板です。

備えあれば患いなし、みなさんも、一度、チェックしてみてください!

詳しくは・・・
『地震イツモノート』
『災害用伝言ダイヤル171』

LOHAS SUNDAYスタッフ| 08:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年01月11日

今朝のロハトピは「おにぎり」のお話・・・

うちは父がごはん党で、現役時代はパンをほとんど食べなかったこともあり、私は小さい頃からごはんが大好き。小学生の頃、普段の日はお菓子をあまり食べさせてもらえず、学校から帰ってきて食べるおやつが「おにぎり」のこともよくありました。中学、高校時代はバレーボール部に入っていたんですが、お弁当だけ ではお腹が空いてしまって、練習の前にシーチキンや焼き肉といったコンビニの「おにぎり」を食べたりしました。今でも朝早く飛行機で移動するときなど、「おにぎり」を持って出かけ、空港の待合室でたべたりします。そして家にいても、あえて「おにぎり」にすることも。

先週撮影で「おにぎり」をつくることがあり、準備も含め何十個と握ったのですが、私なりのおいしい「おにぎり」をつくるコツ、見つけましたので、ご紹介します。基本の塩むすび編・・・まず、ごはんは固めに炊く。普段よりすこし少なめの水加減で炊きます。炊きあがったら底から返すように軽く混ぜる。手に水を 軽くつけます。つけすぎるとべちゃべちゃになるので注意。塩を両手の人差し指、中指、薬指の第二関節くらいまでつけ、ごはんが温かいうちに三角、丸、俵…好きな形に、中央のごはんがつぶれないように素早くにぎります。これで冷めてもおいしい「おにぎり」の出来上がりです。ちなみに私の好きな具は塩昆布。お出かけの際 は、是非おいしい「おにぎり」を持って出かけてみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年01月04日

今朝のロハトピは今年の決意!

あけましておめでとうございます!さて、みなさんは、どんな年末年始を過ごされたでしょうか。私はほとんど家にいました。しかも父と二人きり…今までの人生の中で一番一緒にいたのではないかと思います。普段1人でマイペースに暮らしている私には食事が特につらい。父は胃がないのでお腹が鳴ったり、お腹がすいたーという感覚がないんです。時間で食事をするので朝ごはんを9時頃食べたとしても12時には昼ごはんは?
となるんです。片付けたと思ったらすぐ次のごはん…食べて寝て文字通りの寝正月というかんじでした。私はよく太らない体質と思われるんですが、実は太りやすい。友達と外食するときはお酒も飲むし、楽しく何でも食べますが、家では雑穀ごはんに野菜をたくさん入れた具沢山の味噌汁、納豆といった食生活。こんな バランスのとり方をしているんですが父が一緒となるとそうもいかず、3食しっかり食べ、間食もしていたら3、4日でジーンズがきつくなってしまい、慌てて家の周りをウォーキングしました。

年末に2009年のテーマは健康と環境にいい食を提案していくこととお話しました。昨年父が50年着続けたユニフォームを脱ぐことになったのですが原因はやはり健康の問題でした。体力が落ちていた真夏、体調を悪くして試合に出られないことがあったんです。このことが父の決断のきっかけになったんですが、出来ればグランドで死にたいとまで言っていたのできっとすごくつらかったと思います。 私も自分の不注意で番組の時に声が出なかったこと、お休みしてしまったことがありました。体調が悪かったり、不安があったりするとたくさんの方に迷惑をかけるし、やりたいこともできない。年末には病気一つしたことがなかった叔父が亡くなったこともあり、昨年は健康の大切さを実感しました。

ストレスや遺伝…自分ではどうしようもないこともあるけれど、食は自分で気をつけたり、変えることができます。仕事や家庭環境などそれぞれに生活スタイルがあって食生活をがらっと変えることは難しいけれど、家にいるときお腹がすいたらお菓子ではなくて茹でておいたブロッコリーを食べたり、外食するときはラ ーメンや丼ものといったものより定食を選ぶとか、意識するかしないは長い目でみると大きな差なんです。無理せず出来る範囲でバランスのいい食事を心がける。野菜や雑穀をテーマにみなさんの健康な食生活のお手伝いができたらと思っています。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年12月28日

王理恵今年の振り返り!

今年最後の放送…今朝のロハトピは、私自身のロハスを振りかえってみたいと思います。

昨年の10月に大橋マキさんの後を引き継いで1年と少したちましたが、いろんな変化がありました。それまでは野菜や雑穀をテーマにした講演をしたり、レシピを提案したりという仕事が中心だったんですが、ロハスサンデーを始めてから環境という部分での仕事のお話をいただくことが多くなりました。夏にはapbankでトー クショーのmcをやらせていただいたり、エコをテーマにしたイベントに呼んでいただいたり、取材を受けることが増えました。

この1年私が一番感じたのは、私たちが生活していく中でしているたくさんの選択…どこかに行ったり、モノを買ったり、食事をしたり、ひとりひとりの小さな選択すべてが地球環境という大きな問題につながっているということ。この産業の発達した現代社会に生きるということはそれだけでエネルギーを使うということでC O2を出さないことは不可能です。でもその中でも何をどう選ぶか、個人レベルでできることは少ないかもしれないけれど私たちはその選択にきちんと責任をもたないといけないんだということを考えるようになりました。

ただ仕事や家庭環境、みんなそれぞれ生活スタイルが違うし、出来ること出来ないことがあるというのも事実。例えば私は福岡や秋田での仕事が多く、飛行機に乗る機会がどうしても多くなります。こうでなきゃいけないのではなくて、それぞれの立場で出来ることをみんなが今よりちょっとずつ考えて行動する。そしていい アイデアがあったらみんなで取り入れる…そんな社会になればいいなと思います。

来年の私のテーマは環境にもやさしい食をみなさんに提案していくこと。来年もロハスサンデーを通していろんなことを勉強しつつ、みなさんにもお伝えてしていきたいと思っています。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年12月07日

今朝のロハトピは「やまのいも」のお話。

やまのいもと聞いてみなさんはどんな形のいもを思い浮かべますか?やまのいもとは世界中で約600種類あると言われている野生のいもの総称。日本がその栽培地の北限です。日本で一般にやまのいもとして売られているのは「やまのいも」で、いもの形から円筒形の長芋、平べったく扇形のいちょう芋、丸い塊状のつくね芋 と大きく3つに分類されます。栄養的な特徴は、いも類の中では水分が多くてカロリーが低い。ダイエット中も安心して食べられます。そして、大根の3倍位の消化酵素を含んでること。二日酔いの朝食べると胃がすっきりします。加熱しないで食べると消化吸収が悪いでんぷん質を多く含んでいるいも類は生では食べませんが、やま のいもはでんぷんを消化する酵素をたくさん含んでいるのでいも類の中では唯一、生で食べられる。すりおろすとさらに消化酵素の働きが強くなるので、とろろはとても合理的な食べ方。


先日、秋田で、やまのいもの生産農家さんとの交流会に参加しましたのですが、お母さん方が地元のやまのいも料理を作ってくださいました。かきあげはさくさくした食感。すりおろしてじゃがいもと合わせたサラダはねっとりとして後をひく不思議なおいしさ。そして、大文字鍋。これは秋田の郷土料理です。私たちがよく 食べる長芋は千切りにしたり、すりおろしてとろろにしたりしますが、やまのいもはすりおろしただけで丸められるほど粘り気が強い。大文字鍋は比内地鶏でとったスープにせりやきのこ、そしてすりおろしたたやまのいもをスプーンで丸めて入れた鍋。このやまのいも団子がふわふわもちもちしてとってもおいしいんです。東京だ とあまり見かけないやまのいもですが、置いてあるスーパーや八百屋さんもあるので見かけたら是非やまのいも料理にチャレンジしてみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 10:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年11月30日

「自治体のホームページ」について

昨日、元旦に目黒区に住む方々の元に届く区の広報誌の企画で目黒区の青木区長と対談させていただきました。

私は3歳の頃からずっと目黒区に住んでいて、自由が丘のガイドブックでお気に入りスポットを紹介したり、女神まつりや環境シンポジウムといったイベントに参加させていただいたりしているんですが、今回対談の前に下調べをしておこうと思って区のホームページをチェックしてみました。

みなさんは自分の住んでいる自治体のホームページってご覧になっていますか?
手続きや証明書…私は自分が調べたいことがあった時に見るぐらいでした。でも実は役にたつ情報や知っておきたい情報がたくさん載っているんです。

夜中に具合が悪くなったときに24時間対応してくれる窓口や気軽に参加できるイベント情報…包丁の研ぎ方やアクアビクス教室、今だったらクリスマスリースづくりなんていうのもあり、参加費用も格安なんですね。

今回の青木区長との対談では、目黒川沿いを散策したり、公園も何か所か行ったんですが、すれ違う方とあいさつしたり、みなさんの清掃活動の甲斐があって目黒川が想像以上にきれいなことに驚いたり、自分が住んでいるところの良さを再発見しました。ホームページには区内のお散歩コースや癒しスポットがたくさん載っ ています。

そして私が一番参考になったのはごみの出し方。以前番組でも取り上げましたが、資源の有効活用と埋め立て処分場のスペースがもうあまりないことから、10月からごみの分別の仕方が変わった自治体がけっこうあるんです。地域によって異なりますが、自治体のホームページを見ていくと勘違いしているもの、間違えやす いものがたくさんありました。年末に大掃除をされる方も多いと思うので是非自分の住んでいる自治体の出し方を調べてみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年11月23日

『新米』についてのお話

今、新米?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、まだまだ新米シーズン。新米の定義は、JAS法によると今年収穫して年内に精米して包装されたお米のこと。そして、お米には米穀年度というものがあって、11月からが新年度になります。一般的には、年が明けると新米という言い方はしなくなりますが、今年収穫し たお米は来年の10月31日までは新米なんですね。

今日は、そんな新米をおいしく食べるために、私が実践していることをいくつかご紹介しましょう。

まずは「保存方法」。お米は一度にたくさん買わず1か月分位を目安にお米やさんで精米してもらったものを買います。精米するとお米の劣化が進んでしまう。保存は食品保存用の密閉できる袋や容器に入れて冷蔵庫へ。米びつで保存するという方は備長炭や鷹の爪を一緒に入れておくと防虫効果があります。

続いて「研ぎ方」。お米をなぜ研ぐかというと表面の糠をおとすため。最初に入れる水は、炊きあがりの味を決めるほど大事。カルキ臭をとばしたものを使います。そして落ちた糠の匂いがまたお米についてしまわないように出来るだけ早く捨てます。あまりゴシゴシ研がないこと。今は精米技術も進んでもともとそんなに糠 が付いている状態ではないので2〜3回水を変えながらやさしく研げばOKです。お米の表面が乾燥してひびが入ってしまうので、ザルにあげたままにしないで、そのまま1時間位水につけて水分を含ませたらいよいよ炊飯です。

「炊飯方法」は、水加減はお米1にたいして水1.2が基本ですが、新米の場合は水分が多いので気持ち少なめに。でもお米によっても違いがあるので、まず炊飯器の目盛通り基本の水加減で炊いてみて、好みで調整してみると
いいと思います。

そして、おまけに。炊きあがったら固まらないように軽く全体を混ぜておきます。炊飯器で保温したままにすると香りも落ちるし、電気も無駄なので、1膳分ずつラップにつつんで冷蔵庫か冷凍庫で保存します。

農家のみなさんが真夏の暑い日も田んぼに出て一生懸命作ってくださった、新米。私たちもおいしく食べる努力をしたいものですね。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年11月16日

冷え性対策!

今朝のロハトピは「冷え性」について。冷え性は、簡単に言うと血行不良で、手や足の先の血の巡りが悪くなるということ。女性の2人に1人は冷え性と言われていて、原因は、低血圧や女性ホルモンの量だったり、筋肉の量が男性に比べて少ないことや、きつい下着で身体を締め付けているなど色々ありますが、放っておくと肩こ り、腰痛、いろいろな症状につながります。私は、低血圧や貧血で小さい頃から冷え性に悩まれてきました。寒くなると、暖房の設定温度を高くしたりもしましたが、空気が温まるだけで身体の芯は温まらず。CO2も排出するし、空気が乾燥して肌荒れに。そんな私を救ってくれたのは「食事」なんです。食材には身体を温めるもの と冷やすものがあります。トマトやキュウリ、レタスなど水分の多い夏野菜。また、オレンジ、バナナといった果物も冷やすものです。(ちなみに、今の時期は、りんごならOK。柿はNGです。)どうしても果物が食べたい!という人はドライフルーツをオススメします。逆に温めるものは、冬に出回るイモ類や大根、かぶといった根 菜。また、唐辛子、ごま、胡椒、山椒をうまく使うと効果的です。そして飲み物も、冷たいものは極力避けたいところ。私がオススメする飲み物を2つご紹介しますと・・まずは『ジンジャーティ』。熱い紅茶に生姜の搾り汁を入れて、蜂蜜やキビ砂糖で甘みをプラス。続いて『梅醤番茶』。梅干を1つ、湯のみの中に入れてつぶし ます。醤油小さじ1、生姜を搾り汁を少々。番茶を注ぎ、よくかき混ぜれば完成です。すぐに「冷え性」を改善‥というわけにはいきませんが、日々の積み重ねで少しづつ良くなってくるので、ぜひ、試してみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 08:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年11月09日

福岡県 柳川市 白秋祭

081106.jpg

今朝のロハトピは、先週、お邪魔した、福岡県の柳川市で行われた白秋祭について。 白秋祭は、日本を代表する詩人、童謡作家、北原白秋に関するお祭り。11月2日が北原白秋の命日で、もともとは前日の1日に地元の人たちが川下りをしながら故人を偲んでいたのがはじまり。川沿いで唄や詩の朗読が披露されるようになり、年々参加希望者が増えてきたことから15年前から3日間にわたって行われるようにな り、今年で49回目。 私は今年初めて参加。今までに体験したことのない素晴らしいお祭りでした・・・柳川中の川下りの船130艘が3時間位かけてパレードするために、夕方5時位にみんな舟に乗り込みます。各舟でお弁当や飲み物を事前に手配してあって、柳川名物の鰻のせいろ蒸しあり、おでんあり、周りの舟の人たちが何を食べているのか見 るだけでも面白い。 5時半に全ての舟が集まって開会式があるものの、すでに宴会が始まっていてスタートの時点でかなりの盛りあがり。1艘1艘細い水門をくぐって、連なって進んでいくのでスタートしても動きだすまでかなり時間がかかります。動きだすと橋の上から花火が配られ、みんな花火をしながら川下りをするのにはびっくりしました。 また、普段の川下りと違ってこの日は、川のあちこちで出し物が行われます。お囃子やお琴の演奏、柳川に古くから伝わる「おにぎえ」というお祭りにちなんだ舞台や地元の高校生のブラスバンドなどなど、次々にステージが現れてとにかく飽きることなく楽しめます。ディズニーランドのジャングルクルーズを地域色を出し て素朴に温かくした雰囲気。そして、川沿いには家もたくさんあって、子供たちが手を振ってあいさつしてくれたり、地元の人たちの歓迎もとてもうれしかったです。そして、最後は、一か所に全ての舟が再度集まって仕掛け花火や打ち上げ花火など30分にわたる花火ショーでフィナーレを迎えます。 隣の舟の人たちと食べ物や飲み物の交換をしたり、感動的な時間を共に過ごしたことで地元の人たちや参加したみんなの間に連帯感のようなものが生まれる…この独特の雰囲気にすっかりハマってしまいました。一度参加すると必ずといっていいほど毎年訪れるようになるというのも納得。私もさっそく来年の予約をしてきま した。新しく予約を入れるのは大変みたいなんですが、興味のある方は是非柳川の観光協会に問い合わせてみてください。
LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年11月02日

カナダにいってきました!

081102.jpg

今朝のロハトピは、テレビ番組のロケで行ったカナダについて。今回訪れたのはアルバータ州。カナダ西部に位置し、日本の国土の1.75倍の面積。芸術・文化の町エドモントンや活気のあるカルガリー、3か所の世界遺産がある南部や手つかずの自然が残る北部などエリアごとに同じ州とは思えない違う趣きがあります。 日本から約9時間。バンクーバーで乗り継いで、まず訪れたのはカルガリー。西のカナディアンロッキーと東の広大な大平原が交わる町で、ダウンタウンには緑豊かな山々をバックに近代的な高層ビルが並びちょっと不思議な光景です。この地域はもともと豊かな牧草地帯だったこともあって牧場がたくさんあり、精肉業も盛 ん。カナダ産の高品質牛肉の7割がアルバータ州で生産されているんです。この地の牧場で生まれ、ずっと牛を育て続けてきたおじいさんを訪ねました。日本の牧場との一番大きな違いは牛舎がないこと。とにかく広―い草原に150頭ぐらいの牛が放し飼いにされていて、できるだけストレスのない環境で牧草や地元で収穫された大麦 を食べている牛たちは、飼われているというより自分たちのペースでのびのび暮らしているといったかんじ。牛が小屋の中に入るのはお産のときくらいで、氷点下20度にもなる寒い時期でも草原で眠ります。こんな環境の中で育てられたアルバータ牛は肉質が良く、世界的にも評価が高 いのです。この日私もアルバータ牛のステーキを食べましたが、やわらかくて旨みがあっておいしかったです。 次の日はバンフへ移動。バンフはカナディアンロッキーの玄関口。大自然の中、動物と人間が共生しています。絵本から出てきたようなかわいらしい街並みのメインストリートにはアルバータ産の小麦にこだわったパンが食べられるカフェもありました。宿泊したバッファローマウンテンロッジでは敷地の中にリスや鹿、コヨ ーテなどがすぐ近くまで寄ってきました。このロッジにあるレストランは地元の食材をふんだんに使った料理で人気。バッファローのステーキやフェンネルを使ったサーモンのマリネなどをいただきました。 短い滞在でしたがアルバータで感じたのは人々が自然と食に対する感謝の気持ちをとても大切にしているということ。まだまだ広いカナダ。また違う大自然を感じに必ず訪れたいと思います。
LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年10月26日

EAT JAPAN IN TOKYO MARUNOUHI

先週の木曜日(23日)から今日(26日)まで、丸の内エリアで開催されてる『EAT JAPAN IN TOKYO MARUNOUHI』というイベントに参加してきました。私は金曜日(24日)に、秋から冬へのべジフルライフというタイトルで、これから冬に向けて身体を温める秋冬野菜を食べましょうというワークショップをやらせていただきました・・・

このイベントは、農水省のFOOD ACTION NIPPONというキャンペーンの一環。その背景には、地球規模で深刻化する食料問題があります。アジアやアフリカにおける人口増加、気候変動によって将来世界的な食料不足になるのではないかと言われているカロリーベースの食料自給率でいうとオーストラリアが230パーセント、アメリカが120パーセントあるのに対して日本は4 0パーセント弱。なんらかの事情で外国から食料が入ってこなくなると、私たちは食べるものが確保できないという事態に陥る。FOOD ACTION JAPANの目標は「おいしい日本を残す、創る」こと。そのために2015年までに食料自給率45パーセントの実現を目指しています。

でも、どうしたら自給率ってあがるんだろう・・自分一人ががんばっても何も変わらないんじゃないかと思うかもしれませんが、でも環境問題と一緒で、みんなが自分のできることを少しずつやることが大きな変化につながる。たとえば、国産のものを選ぶ。余計な手間や燃料を必要としない今が旬のものを食べる。無駄な買 い物をしない。食べ残しをしない。などなど、すぐに出来ることってたくさんあるんですね。東京に住んでいるとなかなか地元で採れた新鮮な野菜を買うことは難しいけれど、東京朝市のように生産者さんから直接買うことができるイベントもけっこうあります。

実は、今日(26日)から毎週日曜日、私の知人が企画した朝市が開催されます。場所は、広尾橋の交差点近くのマクドナルドの2階にある「トラットリア・エネルジーア」というイタリアンレストラン。茨城の生産者の方が今朝収穫したばかりの新鮮な野菜を運んできて販売してくださいます。朝収穫してから運ぶので開始 時間もちょっと遅め…その名も「あさねぼう朝市」。出荷予定は、大根、人参、さつまいも、京芋、ベビーリーフ、キャベツ、 なす、トマト、柿、梨、唐辛子などもりだくさん。生産者も方と仲良くなるいい機会かもしれません。朝寝坊しても間に合う朝市は、毎週日曜日11時30分から広尾橋交差点すぐのマクドナルドの2回黄色い庇が目印の「トラットリア・エネルジーア」でおこなわれています。お近くのかたは是非のぞいてみてください。


EAT JAPAN IN TOKYO MARUNOUHI

※トラットリア・エネルジーア
東京都港区南麻布5-15-14有栖川マンション2F

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年10月19日

しょうゆ物知り博士

081019.jpg

今朝のロハトピは「しょうゆ」について。「しょうゆ」は、ここ何年かで海外での需要が急上昇。まさに世界に誇る日本のスローフードです。かける、つける、料理の下味にするなどのほかにも、砂糖やみりん、お酢など他の調味料との相性がいいのも特徴。そして、生臭さを消したり、日持ちをよくしてくれる働きもあるのでしょ うゆは家庭で大活躍の調味料。ところが、いざスーパーの売り場を見るととにかく種類が多すぎて、どれを選んでいいかわからないなんていうこと、ありますよね。しょうゆは大きく分けて5種類。まず、一般的にしょうゆと言えば「濃口しょうゆ」のこと。深い旨みとまろやかな甘み、爽やかな酸味でバランスのよい味わい。これ に対して「薄口しょうゆ」はもともとは関西で使われていた淡い色のしょうゆ。素材の色を美しく仕上げるような煮物などに向いています。 ただし塩分は濃口しょうゆよりも2%ほど高いので注意してください。3つ目は「溜まりしょうゆ」。主に中部地方で使われている、とろりとした濃厚なもの。大豆の深い味わいと独特な香りが特徴。4つ目は材料に塩ではなく、しょうゆそのものを使う「再仕込しょうゆ」。色、味、香りとも濃厚で刺身、寿司、冷奴などと相性が いい。最後は「白しょうゆ」。小麦や大豆を精白して使うので色の白いしょうゆができる。すっきりした味わいながら甘みがしっかりあるので私はお吸い物や茶わん蒸しに使っています。この他にも減塩しょうゆや有機しょうゆなどもよく見かけます。ちなみに福岡のしょうゆはかなり甘みが強い。同じメーカーのものでも 味が全然違うので父は東京で買って持って行ってます。基本の調味料だからこそ、自分の口や食生活にあったものを選びたいものです。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年10月12日

ワイルドブルーベリー・フェスタ2008

081012_1.jpg

081012_2.jpg

今朝のロハトピは、現在、自由が丘「スイーツフォレスト」で開催中の『ワイルドブルーベリー・フェスタ2008』で、目に良いとされているブルーベリーを美味しくいただいて、更に、アイセラピーで目のケアをして、女性に磨きをかけちゃおう!というイベント・・『美人アイセラピー』についてお届けしました。
『ワイルドブルーベリー・フェスタ2008』では、ワイルドブルーベリーのスイーツが8種類の用意されていますが、私はその中から3種類いただいてきました!ワイルドブルーベリーを贅沢につかったクレープは、フワフワの生クリームとワイルドブルーベリーの濃厚ソースが絶妙のバランスで楽しめます。つぎは、3種類のワ イルドブルーベリーとカッテージチーズのワッフル。これは、甘いだけじゃなくて、カッテージチーズの酸味もあって大人が食べて美味しいスイーツ、アイスでした、。最後は、ワイルドブルーベリーの濃厚チーズタルト。ぜひ、写真を見てください。タルト生地が竹炭を練り込んであるのでタルトが黒いんです。どれのスイーツも 美味くいただきました。ごちそうさまでした。
また、ワイルドブルーベリーは普通のブルーベリーに比べて小さくて味が濃いのでスイーツやお料理にぴったり。甘いものが苦手な人もワイルドブルーベリーのスイーツなら美味しく食べられるのではないでしょうか。
そして、この後、自由が丘の隠れ家サロン「プアメリア」さんによる『アイセラピー』も体験させていただきました!10分程のセラピーの後は、視界がスッキリ。さらに、顔のラインもシャープになった気が・・(小顔効果もあるのかも!?)肩や足のマッサージは頻繁にするのに、顔や目はマッサージをする機会はなかなかあり ません。この機会にぜひ、アイセラピーお試しください。
『美人アイセラピー』は14日火曜日と15日水曜日に開催。『ワイルドブルーベリー・フェスタ2008』は11月3日まで。自由が丘「スイーツフォレスト」での開催です。

ワイルドブルーベリー・フェスタ2008
LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年10月05日

ピンクリボン月間

今朝のロハトピはピンクリボン月間について。10月1日、東京タワーや都庁がピンク色にライトアップされたのを見た方もいらっしゃると思いますが、10月はピンクリボン月間です。乳がんを早期に発見して死亡率を減らすことの大切さを訴えるために乳がんに関する正しい知識や検診受診などの啓蒙活動…先日、父と私の主治医の先生がこのキャンペーンに協力しているのでお話を伺いました。こちらの先生によると乳がんは若い年代層に多く、20歳代後半から増え始め、仕事や育児で忙しい30歳代から40歳代にかけて急激に増えるのだそう。原因は女性ホルモンのバランスの乱れや高カロリーで脂肪分の多い食事。気をつけるといってもなかなか難しいそう。ただ乳がんは自分で見つけることのできる数少ないがん。自己検診や病院で検診を受けることがとても大事とのこと。検診をなかなか受ける機会がないという方も多いと思うけれどこのピンクリボン月間をいいきっかけと思って自分の健康について改めて考えてみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年09月28日

食材マーケット「イータリー」

今朝のロハトピは、代官山にオープンするイタリア食材マーケット「イータリー」について。「イータリー」はトリノに本店を持つ、高品質な食材や産地にこだわった地産地消を重視した食材を扱う食品マーケット。また、その土地の風土や概念までを感じ楽しむことができます。店内での一番のお楽しみはイートイン。パン コーナー、ピッツアコーナー、パスティッチェリアというお菓子コーナー、ジェラートコーナーがあり、商品を買ってその場で食べることができます。もちろんテイクアウトも可能。天然酵母を使って焼いたパンはバターでなくオリーブオイルを使っているので軽いテイスト。食事と一緒に楽しむにはぴったりです。ピッツアはまき 窯で焼いたアツアツの本格的なもの。私はマルゲリータを食べましたが生地がモチモチしていておいしかったです。そしてジェラート。フルーツやミルクなどいろいろある中でおすすめはピスタチオ。香りが高く濃厚でまた食べたいおいしさでした。他にも、レストランはミシュランで星を獲得したリストランテ「グイド」が日本初 出店。エデュケーションスペースではイタリア料理やワイン、チーズについて学べるそうです。イタリアの食文化を見て買って食べて学んで楽しめる「イータリー」。みなさんも是非立ち寄ってみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年09月21日

雑穀料理教室

080921.jpg

長野県伊那市で雑穀料理講習会。アマランサスの明太子風パスタとダッタンそばプリンを作りました。

080921_2.jpg080921_3.jpg

これは…アマランサス。炊くとプチプチした食感でたらこやキャビアにそっくりなんですよー。
LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年09月07日

CROCS

080907.jpg

自由が丘にCROCSのショップが!携帯ホルダーをカスタマイズしてみました。右はよく忘れる父用なので紐付き。
LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年09月01日

すいかのミルフィーユ

080907_3.jpg

初トシヨロイズカ@ミッドタウン。果物はそのまま食べるのが一番ど思っていたけれど、美味しすぎる!そして美しい。
LOHAS SUNDAYスタッフ| 08:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年08月31日

フルーツティー

080831_1.jpg

柳生真吾さんを訪ねて八ヶ岳へ。八ヶ岳クラブのフルーツティー。このフルーツの量!なんとも贅沢です。 080831_2.jpg
LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年08月28日

きりたんぽカレー鍋

今朝のロハトピは秋田レポート。きりたんぽ鍋のPRで行ってきました。きりたんぽは、お米が美味しい秋田の代表的な郷土料理。比内地鶏のガラで取った出汁に醤油やお酒、みりんで味付けしたスープで、ゴボウやネギ、セリ、鶏のつみれときりたんぽを煮込んだ鍋。ちなみに、たんぽとはつぶつぶしたごはんを長い杉の棒につけたもの。このたんぽを切ったものを「きりたんぽ」と言います。このきりたんぽをみんなが大好きなカレー味の鍋で味わおうということで「きりたんぽカレー鍋」を発案。ごはんとカレーなので相性は抜群ですし、具ではキャベツも美味しかったです。また、カレースープが染み込んだきりたんぽも格別でした。今年の冬は「きりたんぽカレー鍋」、家族みんなで楽しんでいただければ…と思います!

ハウス食品

080831_3.jpg

秋田県とハウス食品のコラボ、きりたんぽカレー鍋のイベント。カレーだしがきりたんぽにしみしみでおいしかった!

080831_4.jpg

梨も今が最盛期です。

080831_5.jpg

秋田のメロン 農家さんにて。ジューシー♪
LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年08月08日

ハイブリッド電車。

080810.jpg

8月8日。ロケで長野に来ました。この電車はなんとハイブリッド車両!静かだし燃費もかなりいいそうです。

080811.jpg

キャベツキャベツキャベツ…キャベツ畑〜。長野は高原野菜の収穫最盛期!
LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年08月03日

映画「画家と庭師とカンパーニュ」を観ました!

0803top2.jpg

「画家と庭師とカンパーニュ」はフランス映画・・フランスでは4か月間にわたってロングラン上映され、150万人を動員した大ヒット作作品です。
登場人物は、画家のキャンバス。画家として名声を得て家族もいて、はたから見れば人生の成功者。でも実は度重なる浮気のせいで妻から離婚を迫られ、娘との関係もうまくいっていない。そんなパリでの生活や家族との関係に疲れたキャンバスは生まれ育ったカンパーニュに移り住みます。
そして、荒れ果てた庭の手入れをしようとキャンバスが出した広告を見てやってきたのは小学校で悪ふざけをして一緒に遊んだジャルダン。ジャルダンはカンパーニュを離れることなく、定年まで勤めたあと庭師の仕事につき、地味だけれども愛する妻と穏やかで幸せな生活を送っていました。
そんな全く違う人生を送ってきて、趣味も考え方も相容れないキャンバスとジャルダンが、カンパーニュの豊かな自然の中で、お互いのことを語り合っていくのですが、そこには相手に嫉妬したり競ったりすることはなく、それぞれが生きてきた今までの人生を認め合っている、男の友情って純粋で素敵だな…そんな印象を受けた作品でした。また、映画を観終わった後、やさしい気持ちになって、小さい頃一緒に遊んだ友達に会いたくなる・・・そんな作品です。
映画「画家と庭師とカンパーニュ」はBunkamuraル・シネマにて上映中です。

画家と庭師とカンパーニュ

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年07月31日

秋田の野菜・果物のPRイベント

080731.jpg

東急ストア中央林間店で秋田の野菜・果物のPRイベントがありました。 この時期のおすすめはモロヘイヤ。 カロテンやカルシウムたっぷりのスーパー緑黄色野菜です。 おひたしにしたり、炒めたり、スープにしたり…ほうれん草と同じように 使います。 秋田特産のすいか、あきた夏丸もおいしいですよー。
LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年07月30日

究極の卵かけごはん

080730.jpg

鹿児島の方からいただいた日本一早い新米とこれまたいただきものの日本一こだわり卵(と書いてあった)で究極の卵かけごはん。天然醸造しょうゆをたらり…最高です!感謝。
LOHAS SUNDAYスタッフ| 08:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年07月27日

ap bank fesに行ってきました!

MC: 王 理恵 GUEST:枝廣淳子(環境ジャーナリスト)/ 田中律子(タレント) (C) Kazushige Suzuki

先週の日曜日(13日)、ap bank fesに行ってきました。
今年は3日とも最高のお天気♪音楽フェ ス初参加の私は、その暑さと熱気に圧倒されました・・・
そんな中、私は、アル・ゴア前アメリカ副大統領の著書「不都合な真実」の翻訳を手がけられた枝廣淳子さんと沖縄で珊瑚を守る活動をしているタレントの田中律子さんのトークショーの司会をやらせていただきました。テーマは「温暖化を伝えること」。枝廣さんの「環境問題との関わりかたのホップステップジャンプはまず知ること、行動すること、伝えること。あきらめずに根気よく、手を変え品を変え伝えていくことが大切。」というお話が印象的でした。
ライブは、Mr.Children、小田和正さん、GLAY、絢香さんにコブクロといった超豪華アーティストが勢ぞろいで最高の盛りあがり。また、フードエリアは、地元静岡の食材をを使ったもの、オーガニックにこだわったものなど環境にも身体にもやさしいメニューがたくさんあり、ゴミのリデュース・リユース・リサイクルも徹底していました。ちなみに、このライブの電力は市内の風力発電施設で発電されたもの。フードエリア、ツアーバス、シャトルバスの燃料は使用済みの天ぷら油などから作られたバイオディーゼル燃料。3日間で8万人もの観客、スタッフの移動で出たCO2はラオスのビール工場で削減されたCO2とオフセット・・と素晴らしい取り組みがたくさんありました。
初の音楽フェスはとにかく暑かったけれど、なんだかとてもすがすがしい気持ちになり、来年も必ず参加したいと思いました。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 00:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年07月21日

ap bank fes

ap bank fesでトークショーのMCをやらせていただきました。 テーマは「温暖化を伝えること」 ゲストは環境ジャーナリストの枝廣淳子さんと田中律子さん、リハーサルの合間を ぬって 小林武史さんも来てくださいました。 みなさんに伝わったかな。
LOHAS SUNDAYスタッフ| 18:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年07月18日

陶芸教室に参加しました

080720_2.jpg

お友達でもあり、陶芸家の中里花子さんの陶芸教室に妹と参加してきました。 ご飯茶碗のつもりがどんぶりに…。出来上がりが楽しみです!
LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年07月13日

1億人のグリーンパワーキャンペーン

今朝のロハトピは「1億人のグリーンパワーキャンペーン」について。
このキャンペーンは私たち1人1人が自分の意思でグリーン電力を選択することで環境に対応した循環型社会を実現しよう!グリーン電力による自立した社会を目指そう!というものです。
7月7日七夕の夜に、このキャンペーンのキックオフイベントが行われたのですが、私は司会を務めさせていただきました。夜8時の一斉ライトダウンに向けて、オーガニックコットンのファッションショー、コトリンゴさんのライブ、とーくショーなどが行われました。
グリーン電力は、石油や化石燃料から作られる従来型のエネルギーではなく、太陽光、風力、バイオマスといった自然エネルギーによって発電されたCO2排出量の少ない、再生可能なエネルギーです。そして日本は、先進国の中でもグリーン電力に対する取り組みが遅れているのが現状です。ドイツは昨年、5%だったグリーン電力の割合が12%になり、2030年には45%という目標を掲げています。
このまま地球温暖化が進めば、食糧不足、生態系の異常、海面上昇など、地球は大変な状況になってしまいます。温暖化ストップのためにもエネルギーの在り方について、今一度、考えてみてください。

1億人のグリーンパワー
http://www.1okunin.net1okunin_150_50.gif

LOHAS SUNDAYスタッフ| 09:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年06月29日

富良野写真集

今週末、富良野では、夏のゲレンデを利用した音楽祭が行われています。
私も取材の合間をぬって見に行ったのですが、会場でなんと鴨下一郎環境大臣にお会いしました!
こちらの音楽祭では何か一つグリーン(緑)のものを身に着けて会場へ足を運ぶことを呼びかけていることもあって、この日の大臣はグリーンのキャップにジャケットとグリーン姿。爽やかな出で立ちでした。
また大臣は来週から開らかれる洞爺湖サミットについて必ず意味のある会合になるだろうとお話くださいました。
鴨下一郎環境大臣、お忙しい中インタビューにお応えくださいましてありがとうございました。

http://furanofes.com

080629.jpg

080629_2.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年06月09日

トマトトマトトマト!

080609.jpg

雑誌の企画でトマトとトマトジュースの食べ比べ。それぞれ10種類以上…おなかいっぱいだけど面白かった!


080609_2.jpg


LOHAS SUNDAYスタッフ| 14:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年06月01日

えだまめ旬宴会のお知らせ

初もの、穫れたて、茹でたての枝豆を食べる「えだまめ旬宴会」に、私、王理恵が参加します! 旬宴会は、6月8日(日)午後1時から。野田市清水公園松風苑にて。 現在、参加者を募集していますが、定員(1000名)になり次第締め切りです。 興味のある方、近所の方、ぜひ、お早めにご応募ください! 野田商工会議所まちづくり協議会

http://www.nodacci.or.jp
LOHAS SUNDAYスタッフ| 08:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年06月01日

焼梅湯

080601.jpg

麻布十番にある梅芯庵の焼梅湯。 昆布だしに焼いた南高梅…しみじみうまい。
LOHAS SUNDAYスタッフ| 08:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年06月01日

福岡県久留米市へ

080531.jpg

5月30日土曜日、福岡県久留米市で筑後川の河川敷で清掃活動をしてきました。
今回の清掃活動は久留米の雑穀王ベストアメニティの内田社長が環境問題をテーマにつくった映画「KIZUKI」の公開を控えてのイベントで、主演の小学校5年生の男の子や、お母さん役の中嶋朋子さんも参加して行われました。

筑後川に着いた時はゴミなんてほとんどないように見えていたのですが、実際に歩いてみてビックリ!
吸いがらはもちろん看板やテレビや自転車まで、たくさんのゴミがあり、特に、人目が届かない少し影になったところなどにはまるで集積所のようにゴミが山積みになっていました。

この清掃活動を企画した内田さん曰く「地元のみなさんは美しい筑後川にこんなにゴミが捨てられていることをしらないのではないかと思い、現実を自分の目で見てほしかった。そしてゴミを捨てる人はおそらくそんなに悪気があるわけではなく、気づいていないだけ。この活動に参加すれば、久留米が誇る筑後川が何気なく捨てられたゴミで汚れていることに憤りを感じたり、それぞれに気づくことがたくさんあって、この先何気なくゴミをポイ捨てすることはなくなるのではないか。今後もこういった活動をとおして気づきの輪を広げていきたい。」とおっしゃっていました。

6月末に公開になる映画「KIZUKI」。
私もメッセンジャーとして参加していますが、たくさんの《気づき》が詰まった作品です。ぜひ上映スケジュールなどホームページをチェックしてみてください。

http://www.eigakizuki.com

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年05月30日

陶芸家中里花子さんのアトリエ

アップ遅くなりましたー。 先週唐津の陶芸家中里花子さんのアトリエに行ってきました。 高台にあるアトリエからの眺めは最高! 手前に置いてあるのが作品です。
LOHAS SUNDAYスタッフ| 08:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年05月30日

食育授業

久留米市大木町の小学校で食育授業をやらせていただきました。 みんなメモをとりながら熱心に聞いてくれました。


LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年05月25日

ロハスデザイン大賞 フォトレポート


気持ちよさそうに演奏中のオレンジペコー


LOHAS SUNDAYスタッフ| 13:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年05月25日

ロハスサンデー米プロジェクト第一弾

今日のロハトピは『ロハスサンデー米プロジェクト第一弾』。
長野県佐久市の五郎兵衛新田に田植えに行った時の模様をお届けしました。
当日はお天気も良く、風も心地よく、まさに田植え日和!
私はTシャツ、ハーフパンツ、帽子、首からタオルをさげて挑みました。

苗3本をお箸を持つように親指と人先指で田んぼに植えていきます。
中腰での作業でしたが、筋肉痛にはならず…よかったです。

田植えをしている最中、かえるやカブトエビなど生き物を見ることができました。
五郎兵衛新田がキレイな水だからこそ、こういった生き物が生息できるんですね。

この後、田んぼを干す作業をし、穂が出るのは8月のお盆くらい。
そして稲の花が咲いて、9月下旬から10月上旬に稲刈りを行います。
ということで、みなさんにお届けできるのは、早くて10月下旬かなーと思います。

そして、お米といえば地球温暖化の影響で、
お米そのものや産地に異変が出てきているというニュースを耳にしますが、
ロハスサンデー米(五郎兵衛米)にも影響が出ているとのことでした。
美味しいお米を食べ続けるためにも気候変動を止めなければと改めて思いました。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年05月18日

ロハトピ

今日のロハトピは新宿御苑で開催中の『ロハスデザイン大賞』です。
私は昨日(17日)行ってきたのですが、なんと言ってもメインはデザイン大賞のノミネート作品の展示。
ロハスなコト、モノ、ヒトが8本の長さ12メートルのスケールにジャンル別に並んでいました。
ステージでは、映画「KIZUKI」のプロデューサーであるベストアメニティの内田さんと女優の中嶋朋子さんとのトークショーが行われていたり、木の下でコンサートが行われていたり、隣人まつりが開催されていたり、みどころたくさん!でした。
そんなロハスが会場に溢れている中、私が注目したのは「RO水」。
逆浸透膜でろ過をし、あらゆる不純物を取り除いたお水です。
いろいろな浄水器との比較を実際に見ることができるのですが、そのろ過度の高さにビックリ!
マイボトルを持参するとRO水を給水できるので、ぜひ、お試しください。
そして、今日12時からはLOHAS SUNDAYの公開録音もあります。
アカペラグループAURA、羊毛とおはな、オレンジペコーのライブと大橋マキさんとのトークもあり。
みなさんと一緒に、ロハスな時間を過ごせることを楽しみにしています。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年05月17日

ロハスデザイン大賞

080517.jpg

ロハスデザイン大賞行ってきました。
暑いくらいのいいお天気、緑いっぱいの新宿御苑ではイベント盛りだくさん。
ノミネートの中には野口健さんや一村一品大作戦などロハスサンデーでおなじみのも
のありました。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年05月16日

あきたべジフル大使です。

080518.jpg

秋田県知事から任命され、昨年からあきたべジフル大使として活動しています。
今日はあきる野のスーパーで秋田のアスパラガスを使ったレシピを紹介しました。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年05月10日

今日の晩ごはん

080511_5.jpg

今日の晩ごはんはタイフェスティバルで買ってきたタイの焼きそばパッタイ。
モチモチしていておいしかったー。

食後には… タイフェスティバルの後、フェアトレードのイベントに行ってきました。 マーケットで見つけたドライフルーツは西アフリカのブルキナファソのマンゴーと東 アフリカウガンダのパイナップル。 どちらも自然農法で育てられたものをスライスして太陽熱で乾燥させただけ…でも自 然な甘さでしみじみおいしい! アフリカに思いを馳せながらいただきました。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年05月09日

すくすくと。


千葉県野田市で枝豆を育てている根本さんを訪ねました。
すくすくは残念ながらゴーヤではなくて3月に種を播いた枝豆。
今日まで根本さんのお世話になっていました。
左が京娘で右が湯上り娘。
車に乗せて家に連れて帰り、今はゴーヤの隣にいます。


赤ちゃん。



野田のおとうさんとおかあさん


自給率90%のお昼ごはん!お米もトマトもふきも天ぷらのアスパラもいんげんも根本さんがつくったもの。
なんと卵も飼っている軍鶏が朝産んだそう!
おいしかったー。


LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年05月04日

5月2日金曜日、J-WAVEフリーマーケットに参加してきました。

080504.jpg

080504_2.jpg

この日、朝10時から六本木ヒルズアリーナで、
数年前に着ていたブランドのスーツ、使わなくなったバッグ。
いただきもので、なかなか使う機会のなかった食器や置物など、
いろいろ売ってきました。

そして大きな声では言えませんが、
父のサインボールをこっそり持って行きました。
こちらは高額な品物を買ってくださった方に
オマケとして差し上げたのですが、
喜んでいただけましたでしょうか?

フリーマーケットは、自分には必要ないものでも
誰かにとっては必要だったり。
リユース・リサイクルって、こういうところから始まるんだな、
と肌で感じられるいい経験でした。

なお、LOHAS SUNDAYでは
今回のフリーマーケットの売り上げの一部を
「海の森プロジェクト」「WWF」に寄付させていただきました。

LOHAS SUNDAYのブースでお買い物してくださった皆さん、
会場に足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年04月30日

この直後・・・

080430.jpg

久し振りに西武ドームで野球観戦。勝利までもうすぐだったのにこの直後に逆転負け…。がんばれソフトバンク!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年04月29日

坂東英二さんと。

080429.jpg

6月にイベントでご一緒させていただく坂東英二さんと打ち合わせ。
父と同じ昭和15年生まれ…若い!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年04月27日

greenbirdとゴミ拾い

080427_1.jpg
080427_2.jpg

表参道や渋谷、歌舞伎町などで街のお掃除をしているNPO法人
「greenbird」の代表ハセベケンさんと一緒に、先日、ゴミ拾いをしてきました。

この日、参加していたのは50人くらい。
青山方面と代々木方面に2班に分れ、ゴミ拾いへ出かけました。
私の担当した代々木方面は、タバコの吸殻や空き缶、ペットボトル、
そして壊れた傘(先日が雨だったので…)などのゴミが目立っていました。
しかも、代々木公園の道路の脇には不法投棄も!
およそ2時間の掃除で集められたゴミは45Lのゴミ袋20個分。
よくもまぁ、こんなに落ちていたな…隠れていたな…と思いました。

ゴミ拾いを体験すると、道にゴミを捨てるという行為をしなくなる…と思います。
みなさんも、お友達やご家族とgreenbirdに参加してみてはいかがでしょうか?
もちろん、地元のゴミ拾いをするだけでもよいですよね。

http://www.greenbird.jp

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年04月26日

何の行列でしょう。

080427_3.jpg
土曜日の午後2時。祐天寺の住宅街にこの行列!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 10:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年04月22日

またまた井出迫さんと。

井出迫さんのラジオ番組にゲストで呼んでいただきました。 隣に立つとこのキメポーズが自然に出てしまう私…。

080422.jpg
LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年04月20日

アースデイ東京

080420_4.jpg

GROW GREEN PROJECT、アピールということで 19日、アースデイ東京のソーラーパワートラックでイベントを行ってきました。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年04月19日

増え続けてます…

080420_6.jpg

ふと気付けばこんなにたくさんのお箸が…といってもこれはほんの一部。食事に合わ
せて使い分けてます。
納豆箸やうどん箸なんていうのもあります。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 19:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年04月19日

アースデイの戦利品

080420_5.jpg

アースデイに行ってきました。あまりにテンションが上がってしまい、写真を撮るの
を忘れてしまったので戦利品のみ紹介します。左から有機の三年番茶(三年間熟成させたお茶)、7種類の海藻を乾燥させた海藻七草
きのこのおやきにくるみとクリームチーズのパン。明日の朝ごはんです!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 18:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年04月13日

王理恵、走る

080413_2.jpg

谷川真理さんに弟子入り(?)した私ですが、今回は、いよいよ実践編。
まずは「ハイテクスポーツ塾」にお邪魔して、自分の体の中の軸をまっすぐにし、
足の動きをスムーズにするマシン(Kandokun)にトライ!
自力では上手でにできず、谷川さんに終始、お手伝いしてもらっておりました。

続いて「せっかくですから・・」ということで低酸素質でルームランナーに挑戦。
ちょっと走っただけで(時速7km)心拍数は180,181,182・・とあがるあがる。
結局、体力チェックということで「走る」までにはおよびませんでした。

私に出た課題は「最初は30分の早歩きからはじめましょう」ということ。
それができるようになったら50分の早歩きに。次は50分の中で強弱を付ける。といった具合です。

マラソンをこれから始める方、いきなり走らず、早歩きがよさそうです。私と一緒にがんばりましょう!

ハイテクタウン


LOHAS SUNDAYスタッフ| 09:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年04月08日

今日の朝ごはん

080413.jpg

久し振りに家でゆっくり朝ごはんを食べました。玄米ごはん、春キャベツの味噌汁(手作り味噌です!)、納豆、明太子などなど。
1人でもちゃんとお気に入りの器の盛って、いただきまーす。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年04月06日

ロハスな温泉旅館ご紹介!

以前番組にも来てくださった雑穀王・ベストアメニティ内田弘社長が今月20日に久留米にオープンする天然田園温泉ふかほり邸に行ってきました。180年の歴史があった旧家をリノベーションした宿で、4000坪の敷地に離れが5棟という贅沢なつくり。自家菜園で採られた旬の野菜や雑穀をつかったお料理、無農薬の畳に漆喰の壁、柿渋で色付けした柱など内田社長のこだわりがぎっしり詰まった素晴らしい空間です。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年03月30日

「発酵文化のまちづくり」

29日土曜日、秋田県の横手市に行ってきました。

横手市は、米作り、酒造りが盛んで、昔から麹を利用した発酵文化が根付いている所。

そんな横手市が「発酵文化のまちづくり」と目指して、全国で初となる発酵をテーマにしたイベントを開催しました。

そのイベントで私は、発酵料理についてのトークショーに参加して、いろいろな発酵料理をいただきました!

秋田でよく獲れるハタハタをヒシオという発酵液に漬けて焼いたものや、鶏肉のぬか漬け、またたびのかす漬け、碁石茶という発酵茶などなど。

どれも初めての味で、最初はクセがあるのかな〜?と思ったのですが、妙に後を引く美味しさ。

やはり日本人は発酵食品を美味しいと感じるDNAを持っているかもしれません。

美味しくて身体にも良い日本の伝統的な食文化、発酵食品。みなさんももっと取り入れてみてはいかがでしょうか。



写真右:発酵トークショー。永島敏行さんと料理人、山本さんと私で発酵について熱く語りました。

写真中:発酵料理がずらり。鳥の糠漬け、野菜の糠漬け、チーズの燻製…色は地味だけど味は最高!

写真右近所の桜もいい感じです。思わずカメラを構える父。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 14:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年03月23日

王理恵の今日のロハトピ♪「富山へ」

22日土曜日、今年開通する東海北陸自動車道沿線の交流のためのイベントに参加するため、富山県に行ってきました。

会場では、石川県輪島市の漆を使って絵を描く蒔絵を体験したり、石川県七尾市の和ろうそくを見たり、とても充実した時間を過ごすことができました。



写真左:石川県七尾市の伝統工芸花ろうそく。春夏秋冬の花が1本1本手書きで描かれています。
写真中:蒔絵体験中。黒いお箸に赤い花の絵を書いてます。うまく塗れないー。

写真右:なんとか完成!大感激です。まさにマイ箸ー。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 14:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年03月16日

王理恵の今日のロハトピ♪「味噌作り」

今日のテーマは「味噌」です。何年も味噌を作っている知人に弟子入りして昨年から始めた味噌づくり。自分でつくったいわゆる「手前みそ」のみそ汁のおいしさにすっかりハマり、先日今年の分の仕込みをしてきました。

味噌の作り方…材料は大豆、米こうじ、塩、のみ。 一晩水につけた大豆をやわらかく蒸してペースト状につぶしたら、米こじと塩を合わせたものとよく混ぜ密閉容器に入れて熟成させます。東京だと夏は暑すぎるので、私は長野に別荘のある方にお願いして預かってもらっています。これで秋にはMy味噌ができあげるというわけです。いろいろな料理に活用できる日本人の伝統食 味噌。みなさんもグループで是非手作りしてみてはいかがでしょうか?



LOHAS SUNDAYスタッフ| 14:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2008年03月09日

王理恵の今日のロハトピ♪



王理恵がえだまめ親善大使を務める千葉県野田市は枝豆の出荷高全国2位。初仕事として種まきをしてきました。

6月の収穫が今から楽しみです。(写真左)

枝豆農家の根本さんに千葉県の郷土料理花寿司をご馳走になりました。一本巻くのにものの5分!地元の小学校でも教えているそうです。(写真中)

■枝豆は野田市の町おこしで、こんなコミュニティバスも走っています。距離に関係なく料金は1回100円です。(写真右)

blog MASTER| 12:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵


バックナンバー