2013年02月10日

趣味と私の人生と

2月のテーマは、ココロとカラダのメンテナンスということで、
先週のロハトピでは私の健康の秘訣である、
サーフィンやヨガ、ランニングといった 運動大好きっぷりをお伝えしましたが、
今日は私の海好きの原点ともいえるお話です。

みなさんは、いままで全身全霊捧げて、
「あの時の自分は輝いていたー!」とか
「あの時頑張った自分がいるから、いまの自分がある!」
みたいな趣味や青春時代の部活ってありますか?

私の場合は、ウィンドサーフィンがそれですね!
大学に入学したとき、新しいスポーツにチャレンジしたいと思って
偶然であったのがウィンドサーフィン。
それまで陸のスポーツ、球技はなんでも器用にこなせたのですが、
海や風などの自然を相手とするウィンドサーフィンは、
一筋縄でいかなかったんですね。
そこに、負けず嫌いの根性に火がついて、大学4年間は
まさに海とともにある生活でした。
いまよりももっともっと筋肉むきむきで、一年中真っ黒で、
毎週鎌倉での練習に加えて
日本各地での合宿や大会に、全てを捧げていました。

私がやっていたウィンドサーフィンは、いわゆる競技で
オリンピック種目にもなっていて、海の上に<マーク>といわれる
ブイを浮かべて、そのコースをまわって順位を競う種類で
そよ風のような微風から、風速15mぐらいの爆風コンディションの中でも
海に出て練習していました。
おかげで、荒れ狂う海にも挑む度胸や負けない気力、
過酷な自然環境にたえる体力は培われましたね。
でも一番の収穫は、どんなに苦しくても泣きそうになって、
手足がパンパンになって体力の限界を感じても、
そのさきにゴールは必ずあるから、
自分を信じて、目標を見失わずに、前を見て、突き進む
チカラかもしれません。諦めたら、そこで終り、リタイアです。

人生も似ていますよね。
ウィンドサーフィンと一緒で、穏やかな海もあれば荒れた海もある。
楽しいときもあれば、誰だって辛い時もありますよね。
でも、生きていると、いろんなことがおきて、
刻々と自分もまわりも変化していくからこそ、
エキサイティングだし、チャレンジングですよね。
どんな状況にも対応できてその状況を楽しめるよう、
日頃から自分のココロとカラダのバランスを
整えていけたらと思っています。

皆さんはいかがですか?

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:09 | コメント(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー