2012年11月25日

料理と気持ちを持ち寄って

秋といえば、食欲の秋!
アメリカではこの時期、サンクスギビングとして
家族で集まってターキーを食べたりして感謝祭を祝いますね。
日本では、新米がでてきたり、食材が豊富な季節ですよね。
私は、一昨日勤労感謝の日、ご近所のコミュニティ、ブラウンズフィールドで
収穫祭があり、大地の恵みをみんなで分かち合い、頂きます。
ブラウンズフィールドは、以前ゲストでご出演頂いた
マクロビオティック料理研究家の中島デコさんが
主宰する農園とカフェと宿泊施設があるコミュニティです。

生憎の雨でしたが、新米でお餅つきをしたり、ブラウンズフィールドで
収穫された新米が振る舞われ、40名ぐらいの方が参加されていました。
このイベントに参加する条件はひとつ!
それは、マクロビオティックのご飯を一品持参する、
という「ポットラック形式」なんです。

ポットラックとは、一人一人が自分がお腹いっぱいになる量より
ちょっと多い分の食べものを持参する、持ちより方式のパーティーです。
そうすることで、主催者が全員分のご飯をつくる手間もかからず、
参加者はいろんな味を楽しみながら、お腹いっぱいになれる、
というメリットがあるんですね。

さて、このブラウンズフィールドで開催される収穫祭、
オールマクロビオティック/ベジタリアンという縛りがあります。
つまり、お肉、魚、乳性品などの動物性のものは一切禁止なんです。
にもかかわらず、参加者の料理のクオリティは高くて美味しい!
マクロビオティックな料理は地味、と感じる人も多いかも知れませんが、
全くそんなことないんですよ!
例えば、シンプルな玄米塩むすびから
れんこんと柿酵母のマリネ、野菜餃子、手作りのべったら漬けなど、
私はブラウンズフィールドから頂いたさといもに、
大豆ミートとたまねぎを甘辛く炒めたものをあんかけにして
とろみをつけたものを絡ませたお料理を持参しました♪
しかも、このイベントでは、参加者による人気料理の投票も行って、
票を多く獲得した人には豪華景品があたる、というご褒美つき!
優勝は、私も一票投じた水菜の納豆ドレッシングあえ!

食欲の秋、ぜひ、みなさんも収穫物はお裾分けしながら、
ポットラックパーティー開催してくださいね!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:09 | コメント(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー