2012年09月30日

星を見に行こう!

今月のロハスサンデーは「アウトドア」をテーマにお届けしていますが、
夜のアウトドアの楽しみといえば、天体観測。

今朝は、星のスペシャリスト!
国立天文台 天文情報センター 広報普及員の【石川 直美】さんに
電話でお話をうかがいました!

Q:今夜の中秋の名月は、お天気が 難しいかなぁというところですが
 秋の星、、、すぐにでも分かる有名な星とか星座とかって、ありますか?

 
秋の星座は明るい星が少なくて、少し地味な感じがしますが、
ペガサス座の一部の「秋の四辺形」という大きな四角形、
アルファベットのM字型に星が並んだカシオペヤ座などが見つけやすいです。

Q:それは、どのあたりを見るといいですか?

今の時期、秋の四辺形は、日が暮れて東の空に見えています。
真夜中頃になると、頭の真上あたりに見えます。
カシオペヤ座は、北の空。早い時間のうちは、東よりのやや低めの空で、
Mというよりは、Wに近い向きで見えます。真夜中頃になると、
北の空の高いところできれいなMの形に見えます。

Q:この秋、注目の星の動きはありますか?

10月8日頃には10月りゅう座流星群(ジャコビニ流星群)がありますが、
多きときと少ないときの差がはっきりしている流星群ですので、
運が良ければ見えるかな?といった感じです。
また、今の時期は明け方の空には明るい星が多くてにぎやかな冬の星座たちや
木星、金星が見えていて、とても豪華です。早起きするのもおすすめです。

Q:ちなみに、石川さんはこの秋から冬にかけての星空、
  どんなことを楽しみにしていますか?

これからは涼しくなって、夜空が澄んできますので、
星の輝きがいっそう美しくなります。
今日はお天気が悪くてお月見は無理そうですが、
10月27日は、旧暦の9月13日にあたり、この日の月は「後の月」といって、
この日にもお月見をします。お月見リベンジをぜひしたいですね。
また、秋の星座には、古代エチオピア王家の神話に
まつわる星座(カシオペヤ、アンドロメダ、ペルセウス、ペガサス、ケフェウス)など
たくさんあります。読書の秋なので、星座の神話の本を読んでみてもいいですね。

キャンプ場なんて、星を見るにはいい場所だと思いますよ。
星の説明ができたらもちろんモテると思います。望遠鏡はなくても、
小さな双眼鏡でも持って行くと、さらに楽しめると思いますよ。


みなさんも、秋の星空、ぜひ楽しんでみてください!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー