2012年07月29日

日本人として 地球人だから

今日は「オリンピックについて」です。
といっても、我が家にはテレビがないので開会式の様子は
チェックしていないんですが、、、
でも、あのように、世界中の国がただただスポーツで競う!
という目的のために一同に会しているのを見ると、
なんだかとても平和な気持ちになりますよね。

そこには、国境も、言語の壁も、政治や文化、宗教の違いもなく、
純粋にみんながあの場を楽しみに、そして
真剣に向き合っているのが伝わってきます。

でも、ひとつひとつの国は、文化も違って
生活様式も異なって、自分の国では常識、当たり前なことが
他の国では非常識、あるいはまったく未知のこと
なんて、異文化体験に驚いたこと、みなさんも経験ありませんか?

例えば、外国人が日本にきて、「印象的だったことは?」と聞くと、
10人中7、8人は、トイレのウオッシュレット機能といいます。
あんなに清潔で、ハイテクで、音まで出るトイレが普及しているのは
日本だけだ!ってね。
先日、番組でステキなスタジオライブを披露してくれたニックサクソンも、
同じようなこと言っていました。

世界を見渡すと、いろんなモノの見方、考え方があって
みんな違うからこそ面白い、みんな違っていいと思うんですよね。
だからこそ、お互い学びあえるし、わかり合おうと努力するし
そうやって可能性を広げてくれて、
新しい自分にも出逢えるかもしれませんよね。

夏休みなどで旅行される方も多いと思います。
国内でも海外でも、ぜひいろんなものをみて
世界観をひろげ、そのうえで、
自分は何者であるか、何をいますべきか、
一人の人間として、あるいはニッポンジンとして
どんな生き様、価値観をシェアして、
アイデンティティを示していくべきか 考えてみましょう。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー