2012年06月23日

電力を抑えるアイディア

先週の放送で、大飯原発の再稼働が決定した事をお伝えしましたが、
それを受けて、6月22日(金)には、主催者発表で
45000人を超える人が、総理官邸前に集まり、
原発反対、再稼働の撤回を求めるアクションがありましたね。

実際に行かれた方、ツイッターの情報やyoutubeの映像をご覧になった方、
いると思いますが、今までのデモと違うのは、
会社帰りや子供連れ、つまり今まで政治や原発とは無関心だった人、
デモなんかに自分は参加しない、と思っていた人が
これだけ集まったということです。
ぜひ政治家の皆さんには、この国民の声を聞いてほしいと思います。

電力が足りないからという理由で原発を再稼働するなら
電気が足りるように暮らしを見直していけばいい。
夏至の日にキャンドルナイトが行なわれましたが、
これも一年に一回のムーブメントじゃなくて、
毎月1回やるとか、ノー残業デイみたいに週1日はみんなが
スローに夜を過ごす国民キャンペーンをやるとか、
クールビズだけじゃなくて、アイディアはいっぱいあると思うんですよね。

私が2008年に読んだ本 「マイクロソフトでは出逢えなかった天職」。、
著者であり、途上国の子どもたちに本を届けたり、図書館を作ったりする
NGO『Room to Read』を立ち上げた社会起業家【ジョンウッド】に
インタビューした時に、彼はこういったんですね、

「僕は、『できない理由』ではなくて『どうすればできるか』を考えたいんだ。
君はどうだい? 「最悪の選択肢は、何もしないこと」。だよって。」

人間ってちょっと難しいことや、問題が起きると蓋をしたり、
忙しいからと目を背けてしまいがちな弱い生き物ですが、
だからこそ、そんなときこそ、周りの人と一緒になって
助け合って、尊重しあって、意見を出し合って、知恵を共有して、
どうすればできるか、ということを真剣に考えていきたいですね。

私もこの言葉に出逢ってから、壁にぶつかったり
辛いときには、出来ないと思い込んだり、出来ない言い訳をするより
どうしたらできるようになるか、というように
ポジティブに思考をシフトするようになりました。

科学技術、情報技術がこれだけ発達して、
人間はとってもスマートな頭脳をもっていますから
どうすればできるか、考えに考え抜けば可能なんです。

電気が足りないなら、生活を見なおしてみればいいと思うんです。

ぜひみなさんも、どうしたら自分の暮らしをもっとスマートに、
持続可能なものに、未来の子どもたちに
誇れるようなものにできるか、一緒に考えていきましょう。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 21:11 | コメント(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー