2012年05月27日

スマート=?

6月は環境月間です。
J-WAVEでも、去年につづいて、「Smart Life」という
キャンペーンをはじますが、スマートライフときいて、
みなさんはどんなライフスタイルを想像しますか?

私は、「スマート=シンプル」だと思います。

以前、アウトドアブランド、パタゴニアの創業者、イヴォンシュイナードの
講演を聞いていたら、彼がいった一言が印象にのこっています。

「It’s so easy to make your life complex. It’s so hard to make it simple.」

暮らしを複雑にすることは簡単。暮らしをシンプルにすることはすごく難しいと。

モノや情報にあふれた現代社会は、暮らしをべんりに、効率的にしてくれて
見た目にスマート、かっこいいかもしれませんが、
ほんとうに必要なモノかどうかを吟味することが少なくなり、
はやりだから、もう使わなくなったから、便利だから、という理由で、
古いものを捨て、新しいものをどんどん消費していきます。
そうなると、何がほんとうに大切か
わからなくなってきてしまいますよね。

でも、暮らしの中でほんとうに必要なものって、そんなにないんですよね。
ほんとうに大事なもの、ほんとうに必要なものだけに囲まれて暮らすと、
ひとつひとつのものに愛着がわいて、
その結果、毎日の暮らしはぐっと豊かになるし、
シンプルになっていくと思います。

そこには、ないものをねだるより我慢や節約ではなくて、
あるものをつかって楽しもう!というクリエイティブ思考になるので、
暮らしも楽しくなります。

たとえば、我が家には、テレビはありません。
テレビを消すことが一番の節電になることは
あまり知られていませんが、テレビは、
暮らしのなかでほんとうに必要かどうか考えてみたら、
いらないなと思ったんです。
情報は、ラジオやインターネットから得られるので、テレビがなくても
困ったことはあまりないですね。
そしてテレビをみる時間のかわりに、読書をしたり、ゆっくり
ご飯をつくって食べたり、ゆっくりお風呂にはいったり、そして早く寝たり!

そして、我が家にはあまり家電もありません。
エアコンはありますが、ほとんどつけませんし、
我が家のアンペアは15Aですが、3人でルームシェアしていた時の電気代も
平均3000円ぐらい。シンプル、スマートライフはお財布にもやさしいですよ。

それから、不要になったものも、できるだけリメイクしたり、リユースしたり、
あるいは誰かにあげたりするようにしています。今日、ゲストにご登場いただく
「ゴミを知れば経済がわかる」という本を書かれた瀬戸さんが本のなかで
「捨てられるゴミも誰かにとっては価値のあるもの」とおっしゃっていますが、
自分にとっては不用品であっても、誰かの役に立つかもしれない、
そんな使い捨てから、シェア、エクスチェンジのスピリットをもっと広めていきたいですね。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/55273

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー