2012年05月27日

スマート=?

6月は環境月間です。
J-WAVEでも、去年につづいて、「Smart Life」という
キャンペーンをはじますが、スマートライフときいて、
みなさんはどんなライフスタイルを想像しますか?

私は、「スマート=シンプル」だと思います。

以前、アウトドアブランド、パタゴニアの創業者、イヴォンシュイナードの
講演を聞いていたら、彼がいった一言が印象にのこっています。

「It’s so easy to make your life complex. It’s so hard to make it simple.」

暮らしを複雑にすることは簡単。暮らしをシンプルにすることはすごく難しいと。

モノや情報にあふれた現代社会は、暮らしをべんりに、効率的にしてくれて
見た目にスマート、かっこいいかもしれませんが、
ほんとうに必要なモノかどうかを吟味することが少なくなり、
はやりだから、もう使わなくなったから、便利だから、という理由で、
古いものを捨て、新しいものをどんどん消費していきます。
そうなると、何がほんとうに大切か
わからなくなってきてしまいますよね。

でも、暮らしの中でほんとうに必要なものって、そんなにないんですよね。
ほんとうに大事なもの、ほんとうに必要なものだけに囲まれて暮らすと、
ひとつひとつのものに愛着がわいて、
その結果、毎日の暮らしはぐっと豊かになるし、
シンプルになっていくと思います。

そこには、ないものをねだるより我慢や節約ではなくて、
あるものをつかって楽しもう!というクリエイティブ思考になるので、
暮らしも楽しくなります。

たとえば、我が家には、テレビはありません。
テレビを消すことが一番の節電になることは
あまり知られていませんが、テレビは、
暮らしのなかでほんとうに必要かどうか考えてみたら、
いらないなと思ったんです。
情報は、ラジオやインターネットから得られるので、テレビがなくても
困ったことはあまりないですね。
そしてテレビをみる時間のかわりに、読書をしたり、ゆっくり
ご飯をつくって食べたり、ゆっくりお風呂にはいったり、そして早く寝たり!

そして、我が家にはあまり家電もありません。
エアコンはありますが、ほとんどつけませんし、
我が家のアンペアは15Aですが、3人でルームシェアしていた時の電気代も
平均3000円ぐらい。シンプル、スマートライフはお財布にもやさしいですよ。

それから、不要になったものも、できるだけリメイクしたり、リユースしたり、
あるいは誰かにあげたりするようにしています。今日、ゲストにご登場いただく
「ゴミを知れば経済がわかる」という本を書かれた瀬戸さんが本のなかで
「捨てられるゴミも誰かにとっては価値のあるもの」とおっしゃっていますが、
自分にとっては不用品であっても、誰かの役に立つかもしれない、
そんな使い捨てから、シェア、エクスチェンジのスピリットをもっと広めていきたいですね。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

2012年05月20日

ゴミではない資源

昨日5月19日は、横浜赤レンガ倉庫にて開催されていた「greenroom festival」 に
サーフライダーファウンデーションジャパンとしてブース出展してきました!
このgreen room festivalのコンセプトは、『 SAVE A BEACH 』
全国で急速に減少しているビーチを守りたい。
そんな思いからスタートし、サーフカルチャー、ビーチカルチャーをルーツに持つ、
音楽とアートのカルチャーフェスティバル。
このFestivalを通して、Music と Art を通して、海やビーチのLifestyleとCultureを伝え、
自分達の子供達に大切なビーチを残していきたい、という願いが込められています。

昨日は汗ばむぐらいの気持ちのいい晴れで、たくさんの人で賑わっていましたよ。
海に面した会場は芝生もあって、まさにピクニック気分。
ライブを聴いてノリノリな人いれば、芝生でまったりする人、
海やサーフカルチャーのアートが展示されているギャラリーをみてまわったり、
みなさんおもいおもいに過ごしていましたね。

中でも、すごく人気があったのは、【ヘザーブラウン】。
先週ロハスサンデーにも生出演してくれたハワイ在住のアーティストです。
彼女のサイン会は長蛇の列!
そして、ライブといえば、やっぱり、この人、サーフミュージックとして人気の
【ドノバンフランケンレイター】が昨晩のとりをかざり、会場の興奮はピークに!
今日もライブを披露するそうですよ。
ちなみに、ドノバンはロハスサンデーにもゲスト出演がきまっています。

そして、私は、サーフライダーファウンデーションジャパンのブースで、
活動紹介をしたり、オリジナルグッズの販売をしていました。
今年初出展でしたので、話題性のある何かを仕掛けたいと思って、
アメリカカリフォルニアから来日中の、ファッションデザイナー、
マリーナデブリーとコラボし、とあるパフォーマンスを行いました。
彼女は、ビーチで拾ったごみ、多くは自然界では分解されないプラスチック製のもの、
例えばお菓子のパッケージとか、ペットボトルとか、
あるいはライターとかプラスチックの容器などのごみをファッションによみがえらせて、
ごみからコスチュームをつくっている世界中で活躍中のデザイナーです。
そんな彼女がつくった衣装はどれもクリエイティブで
パッと目をひくその奇抜なデザインは、とても海でひろったごみから
つくられたとは思えないクオリティの高さです。

モデルたちがその衣装をきて会場を練り歩くたびに、
写真撮影のラッシュになっていましたね。
で、なんでこんな企画をやったかというと、
海にはほんとうにいろんなモノが流れ着きます。
毎年、5000億枚のプラスチック袋が世界中で消費され、
206キロ(1秒あたり))のごみが海に流れ込み、
そのほとんどは人の手によってつくられた、
自然界では分解されないプラスチック製のごみと言われています。
確かに、私たちのまわりを見渡すと、たくさんのプラスチック製品、
使い捨ての製品に囲まれています。

私たちが使い捨て商品として、日々廃棄するペットボトル、カップ、トレイ、玩具、
生活用品などのプラスチック製品。
その内わずか5%のみが従来の形で再利用されていますが、
約50%は埋め立て地に送られます。そして残った莫大な量の廃棄物は、
環境中に放出された後に、やがて海に流れつき、海洋を漂流しているのです。
そして、魚や鳥たちがそれを餌と間違ってため、
海の生態系を破壊している問題があります。
海守る、時勢代にキレイに残していくためには、
そんな生分解性じゃないプラスチックの消費をへらし、リデュースし、
例えば、エコバッグやマイボトルをもって、
リユース、リサイクル、リスペクトすることが大事でしょう!とアピールしてきました。
今日5月20日も引き続きやってますので
ライブエリは有料、当日券もあるそうですから、ぜひ足を運んでみてくださいね!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

2012年05月13日

オープンなニュースポット、オープン!

私は普段、千葉県、外房は一宮町といすみ市のあたりをベースに
活動をしているのですが、
一宮にはサーファーが多く、東京からのアクセスの良さから
移住するサーファーも増えていて、サーフカルチャーが濃いエリアです。
一方、いすみは手つかずの里山が残り、
農的なライフスタイルやオーガニックな暮らしを実践する
子育て世代の移住者が多いのが特徴です。

そんな一宮といすみに、嬉しいコミュニティスポットができました!
一宮にあるのは、私もかかわっている、「アイリーカフェ」。
5月4日にリニューアルオープンし、オーガニックな食材をつかった
フレッシュスムジーやピタパンサンドを提供しています。
これからの季節、海上がりにぴったりです!

アイリーとは、ジャマイカの言葉で、「ご機嫌だね」とか、
「人生楽しいね」という意味の言葉で、
もともとは、外房波乗り不動産という不動産会社の
1階の打ち合わせスペースだったんですが、
物件を借りているお客さんや家を建てた人、
これから外房暮らしをしてみたい人がつながって、
外房のライフスタイルや 東京にはないカルチャーを発信できる
コミュニティスペースになればいいなーということで、始まりました。
私もカフェの2階で仕事をしていることも多いので、
ぜひお気軽に遊びにきてくださいね。

そして、もうひとつのコミュニティスポットは、私が住むいすみにできた
マクロビオティック料理研究家 中島デコさんと
ご主人のエバレットブラウンさんがつくった、ブラウンズフィールドにつぐ
コミュニティスペース。その名も「慈慈の家」。
こちらは、古民家をリノベーションしていて、
私も土壁塗りや日干しレンガづくりのワークショップン参加したのですが、
先日地域の住民のために開かれたお披露目会にいってきて、
なんともほっこりする空間に仕上がっていました!
内装もかわいいし、土壁の暖かみや、タイルの装飾、曲線を帯びた設計には
デコさんのこだわりがぎゅっとつまっています。

こちらは、料理教室ができる大きめのキッチンスタジオがあって、
宿泊もできるそうですよ。週末は1泊2日のワークショップの企画が満載で、
私は、平日ここでヨガのクラスでも教えようかなーと思っています。

アイリーカフェも、慈慈の家も、共通しているのは、
とってもオープンであるということ。
いろんな人のいろんな想いがあつまって
みんなでつくっているから、よりよくしていこう、
よりハッピーで楽しいことをやっていこうよ、
というポジティブなスピリットにあふれていると思います。

外房へのドライブのついでに、サーフィンの帰りに。
ぜひ遊びにきてみてくださいね。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

2012年05月06日

リフレッシュの旅

今年は1日と2日休めば大型連休ということで
旅行に出かけた方も多いのでないでしょうか?
私は、昨日、新島から戻って来ました!
本当は、1日から3日の2泊3日のキャンプ&サーフィン予定だったのですが、
嵐で海がしけって、船が欠航となり、そしてその次の日の船は満席で、
予定より2泊も延長して昨日帰宅しました!

わざわざ重たい思いをして持っていったサーフボードですが、海に入れたのが
最終日の朝、1回のみ!朝4時起きで友達たちをたたき起こして、海にむかいました。
快晴だったので最高に気持ちよかったです。コバルトブルーの海の色にも癒されました。

キャンプも大自然の中で最高でしたが、今回は天候が荒れて、
2日間は雨、強風、嵐で、キャンプ場はかなりサバイバル状態でしたね。
なかにはテントが強風に煽られて飛ばされている人もいたり、
悪天候を想定していない夏のような軽装で寒い思いをしている人もいたり。。。
自然を甘く見てはいけませんね。

今回のキャンプは、総勢60人ぐらいの仲間がそれぞれに現地集合して
ともに寝食をともにしたのですが、不思議とみんなで役割分担が生まれました。
思いやり、尊重で、素敵な生活を送ることが出来ました。
ただ、不規則な生活で口内炎ができてしまいました…(笑)

不規則な理由その1;寝不足!
これは、連日連夜、飲み会があるからです!もっとも私はお酒がまったく飲めないのですが
その雰囲気が大好きでつい明け方まで話が盛り上がってしまいます。

不規則になる理由その2:偏った食生活!
キャンプといえばBBQ.!普段お肉を食べない私も、キャンプでみんなで
食べるとおいしーので頂いていますが、毎日続くと野菜不足になるし、
簡単に大人数分調理できるものとなるとレトルト食品になったり。

ということで、最終日は疲れた胃と疲労回復のために、料理を担当して
ブイヤベース、そばとオクラのネバネバサラダ、厚揚げとあしたばのしょうが炒め
をふるまいました!で、思ったんですが、キャンプ場に畑が併設されていればいいのに!と。
どうせスーパーに買出しにいくわけですから、キャンプ場の隣にあったら
便利だし、地の野菜をつくったりしたら売れると思いました。そして、大量にでる
生ゴミをまた堆肥化するとか。。。そんなキャンプ場ないですかね?

でも、携帯がつながらないキャンプ場で、そのおかげで仕事的には
ちょっと大変でしたが、とってもリセットできました!旅はいいですね!

皆さんのGWはいかがでしたか?

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ


バックナンバー