2012年04月22日

地球のこと、私たちのこと

4月22日は、地球のことを考える日、アースデイ。
21日、22日と東京は代々木公園で、市民による最大級の環境フェスティバル、
アースデイ東京が開催されています。
私も昨日参加してきました。


アースデイは、もともと1970年、
カリフォルニアのスタンフォード大学院生だった、
デニスヘイズ氏が中心となって始まったムーブメントで、
今では世界中にひろがっています。
私がはじめてアースデイ東京に参加したのは、10年ほど前。
ドレッドやタイダイの服、道ばたでジャンべやディジリデュの演奏など、
まさにヒッピーたちのお祭り!みたいな雰囲気で、
「日本にもこんなにまだ、オルタナティブな人たちがいたんだ!」というのが印象でした。

今では、2日間の来場者が13万人を超えるビッグイベントに成長し、
昨日もたくさんの人で賑わっていました。

今年のアースデイのテーマは、

「Another World is Possible」 新しい未来は自分たちの手で

ということで、未来をつくる新しいアクション、
取り組みがたくさんありました。
中でも、今年初の取り組みとして注目したいのが、個人的に2つ!
1つは、アースデイキッズウェークエンド!
子どもたちが楽しめるプログラムがなんと67個!
例えば、草木染め体験で、てぬぐいをそめたり、
いらなくなったTシャツでぬいぐるみをつくったり、
被災地の子どもたちにメッセージを書いたり。
子どもたちも楽しめるイベントがアースデイの魅力。

そして2つの目の今年初の取り組みが、オーシャンピープルズ!
こちらは、6月8日の世界海の日、にむけて、
海を、水をテーマにし団体のブースが出展しているエリアで、
もちろん、サーフライダーファウンデーションジャパンも出展、
普段は海での活動が中心ですが、時には陸にあがって、
海とはあまり接点のない方々にも、
海から環境問題をみつめるきっかけの場になってもらえればとおもっています。

そして、J-WAVE xChangeも、かなり盛り上がっていましたー!

会場の装飾もひとつひとつ丁寧に手作りで、かわいくデザインされていて、
たくさんのボランティアもきてくれて、DJもはいって、
もう、そこは、パーティー会場!って感じでした。

さまざまなアクション、NGO/NPOのブース以外の見所といえば、
やっぱりお買い物と食べ物!でしょうか。フェアトレードの雑貨だったり、
オーガニック野菜のマーケットだったり、ひとつひとつストーリーのある、
手作りの商品がたくさんあります。
私は、九州の五島列島でつくられた、さつまいもの甘酒を買いました!
これが、自然な甘みですっごくおいしーんです。
4月8日に発売されたばかり、ムラサキ芋バージョンもあるということです。


そんなアースデイ東京は、今日も朝10時から代々木公園にて。
お出かけの際は、マイバッグ、マイ食器などをお忘れなく!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/55030

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー