2012年03月25日

「幸せの経済学」とは?

丹羽順子さんナビゲートの「LOHAS SUNDAY」
最後の今朝は、3月23日から25日までの三日間、
アメリカのバークレーで開かれています
「幸せの経済学 国際会議」についてピックアップしました。

「幸せの経済学=Economics of Happiness」
もとは、【ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ】さんという方が
作った映画のタイトルで、
ふくれあがるグローバル経済ではなく、
もっと小さな地域単位で、ローカルな経済活動をしていこうという
メッセージなんですが、
「LOHAS SUNDAY」でも何度かご紹介してきました。

この映画、世界中で上映されて、とても反響があったということで
今年始めて開かれているのが「幸せの経済学 国際会議」

一体どんな会議で、どんなことを話し合っているのか。
今朝はこの会議に日本から出席されるために、現地にいっていらっしゃる
NPO法人「懐かしい未来」 代表の【鎌田陽司】さんに
電話がお話を伺いました。


Q. 「幸せの経済学 国際会議」どんな会議なんでしょう?
世界の経済の仕組みを読み解き「持続可能な生活」のために何が必要か
世界各国の人々が話し合う会議です。

Q. 昨日が初日、ということですが、雰囲気は?
とても賑やかで、様々な案が出てきています。

Q. 鎌田さんは、どんな発表を?
日本におけるローカリゼーションの運動の発表。
マスコミに報道されないような福島の有機農業の農家の方や私たちの不安を話しあう予定です。
どこかで作られたものではなく、自分たちで作ったものを取り入れていく生活をしようと訴えます。

Q. 鎌田さん、この国際会議にどんなこと期待されていますか?
ローカリゼーションの運動に世界が動き始めています。
世界をどのように変えていくのか。様々な動きがどのように繋がるのかを話し合いたい。


原発事故をはじめ、あちこちで危機が勃発している中、
世界の構造的変革はもう待ったなし!
では、どうしたらよいのか、
キーワードの一つは、GO LOCAL、地域に根ざそう!
と言えるんじゃないでしょうか。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/54821

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー