2012年03月04日

311、どのように過ごしますか?

今朝は、2012年の3月11日、
東日本大震災から一年という節目の日、みなさんはどのように過ごされますか?
ということを考えました。

静かに1人でお過ごしになる方。追悼式に参加される方。
普段どおり、仕事したり、家族で過ごしたり、さまざまだと思います。

この間、友達がtweetしていたことに「はっ」としました。
こんな風に書いてありました。

「ふと、311のことを思った週末。今年、なにをして過ごすかが決まった。
我が家をオープンハウスにして、同じマンションの同じフロアの方々をご招待する。
次に何かあったら、遠慮なく、助けに来たよ、と言えるように。
どんな助けが必要か、聞いておけるように。
災害対策の話は横においても、ご近所がもっとお近づきになれるように。」

被災地のことを思って痛みを分け合うのはもちろん大事、
でももし何かあったら自分たちが助け合うように、
ご近所さんとのつながりを作る、そんなことをする良いタイミング!
いろいろな人に、このtweetの話をしたところ、大好評!みなさんも是非。

また、3月11日は、自然災害への対処法だけでなく、
原発のことをどうするか?ということを考える一つのタイミングでもあります。
方々で脱原発デモやイベントも予定されていて、
こういうのに参加して意思表示をするのもいいかと思いますが、
その前日にあたる3月10日(土曜日)の夜に、
誰でもどこでもできる「イマジンナイト」というアイデアを広めている方がいらっしゃいます。

主催者の【瀬能ふえりこ】さんとお電話をつないでお話を伺いました。

Q. 「イマジンナイト」どんなことを呼びかけていますか?
震災後に感じることの多かった恐怖や怒りをこの日はなくし、
恋人や恋人との空間をつくるとこを目的に。

Q. 「イマジンナイト」開催のコツは?
キャンドルナイトをオススメします。
改めて作文を書いておいて、それを発表するのもと良いかもしれません。
「脱原発」ではなく、「どんな未来にしていくか」をみんなとディスカッションしましょう。

Q. 鎌倉でもイマジンナイト、やりますか?
3月10日(土)午後6時半から、「moWa」というお店にて行います。

Q. ふえりこさんは、どんな未来、イマジンしていますか?
自然が溢れ、お金に左右されず、文化を大切にし、ゴミを減らし共有する気持ちが当たり前になる。
人を感謝しあう世の中にしていく。それが大切だと考えます。


ふえりこさんたちがやっている、
イマジン 原発のない未来」という活動のサイト。
みなさんもぜひ、チェックしてみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/54720

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー