2012年02月19日

タイでの体験

今朝は、先日まで行っていたタイについてお届けしました。

二週間弱、行っていたのは、
バンコクから南へ車・船などを乗り継いで、約3時間、
Koh Samedという島で、ほとんどそこに家族で滞在していました。

本当に何もしないで
日の出とともに起きて、すぐ泳ぎに行って砂浜で遊んで、ご飯食べて
ハンモックで昼寝して、また泳いで、
夜はランプをともして波打ち際でディナーして、寝る
携帯やインターネットもありません!

全身の細胞が生まれ変わる!
気候も暖かくて快適なので、心身ともに解放しました。

旅で感じたことは、いろいろありましたが、
一つはこうやって一カ所にのんびりと
長期間滞在するバカンスって、いいよなーということ。

どうしても日本人だと、あそこみてここを見て、写真とって、
観光名所みて終わり、ってなってしまいがちだけど
欲張らないで、ただひたすらのんびりする 「住むように旅する」…

そうすると顔なじみもできるし、現地のタイ人とも友達になったりしました。

あと何もしないことに美しさがある、
普段、忙しいけれど、、、たまにはそういう時間をとる
将来の夢を考えたり、語ったり、計画を練ったり、、、
人生に潤いをあたえるとても大切な時間。

あとは、びっくりするぐらい日本人に会いませんでした。
前は、このKoh Samedという島にもそれなりに来てたらしいですが、
最近は、減っているようです。

でも海外にちょっと出て、客観的に自分の国を見ることは大事でした。
311以降、放射能のこともあり、東京も地震でちょっとナーバスになっていましたし、
どうしても意識が内向きになりがちだったけど、、、、
もう一度、自分の立ち位置を確認できるというか
それぞれの場所でみんなが逞しく生きているんだから、頑張ろう!という
エネルギーをもらいました。

残念ながら、日本の原発事故のことは、話題になりませんでしたが、
全ての「システム」—政治、経済、教育、医療を作りかえなきゃね
という意識は、
それぞれの国の文脈こそ違えど、共通しているように思いました。

こういうことが情報としてではなく、体験として理解できる、というのが
旅のよいところ。
みなさんも機会があれば是非!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/54622

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー