2012年01月29日

地球サミットについて

「地球サミット」とは、今年6月20日〜22日までの三日間、
ブラジルのリオデジャネイロで開かれる国連の最大級の
環境問題を話し合う会議でして世界中から5万人の参加者が見込まれています。
今年の中盤、大きな話題となりそうな会議です。

また、こちらの会議は、通称「リオ+20」と呼ばれています。
一回目にこの会議が開かれたのが、20年前の1992年。(場所は同じく、リオ)
その時に、「地球温暖化」や「生物多様性」など、
世界が協力して なんとかしていかなくてはならない問題が認識され、
その会議の最終日には、12歳の無名の少女(セヴァン・スズキ)が、
「どうやって直すのかわからないものを壊し続けるのは、もうやめてください。」という、
伝説のスピーチをして世界が震えたということもありました。

その後、2002年には南アフリカのヨハネスブルグで、
第二回目の地球サミットが開かれ、今回が三回目。
再び20年後にリオで、といことで、「リオ+20」

希望と熱気に満ちたリオの会議から20年、
世界はあのときと比べて良くなったかというと、5秒に一人の子どもが餓死し、戦争がたえず
原子力発電所がいたるところで建設され、一年で4万の生物種が失われる、
その間にも世界人口は驚異的なスピードで増え続け、奪い合いを繰り返す。
課題が山積みです。

以後どうするか?ということで、リオ+20が注目しているのが、
ソーシャルメディアというのも国連はFUTURE WE WANTというキャンペーンを始めまして、
今までにない形で市民参加を呼びかけています。
日本でも おととい金曜日に
「地球サミット x ソーシャルメディア始まる」というイベントが
代官山で開かれました
NGO関係者、映画監督、政府の人たちなど集まっていましたが、

俳優の【伊勢谷友介】さんが
「これまでは、今までは政府と市民という分かりやすい対立の図式で、
何かあればリーダーに文句を言ってきたけど、これからは市民の関わりが、
政治を作って行く時代!そのためにソーシャルメディアが必要!」
とおっしゃっていました。

Greenz.jpというニュースサイトをやっている兼松さんは
「環境問題って、大きなことかもしれないけど、
自分ごととしてとらえることが必要だよね。
もう当事者になって発信していくしかないよね。」と。

20年前に伝説のスピーチをしたセヴァン・スズキは、今何を言っているか?
ガンジーの言葉を引用して、You must be the change!

さぁ今年6月の地球サミット。
またただ話し合うだけの国際会議で終わってしまうのか、
それとも未来をもっと素敵にする意義ある集まりになるのか?
それを決めるのは一人一人の声と行動だと思います。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/54489

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー