2011年11月27日

空き屋バンク

今朝は「空き屋バンク」についてご紹介しました。

「空き屋バンク」、、、
自治体が、地元の方から空き屋物件情報を集めて
それを移住したい人に提供するという試みで、
自治体の職員の方が運営していることもあり、
移住に真剣な方の相談に、より熱心に、きめ細やかに対応して、
情報を提供してくれるので、掘り出し物件を見つけることができるかもしれません!

田舎ぐらしに関心がある方が増えるなか、
最近、広がりを見せているということなんですが、

実際に空き屋バンクを使って、おうちを見つけて
茅ヶ崎から山梨県の南西部にある、身延町に移住された
佐藤けいごさんにお話を伺いました。


Q. どんなお家で、おいくらだったんでしょうか?
空家バンクはもともと噂で知っていて、色々見ていて身延町に落ち着いた。
現在住んでいる家は、築80年6DKで蔵もついてて100万円だった。

Q. 今のおうちや、暮らしはいかがですか?
季節の移り変わりも感じられて、こんなところが気に入っています!
家もコンポストトイレにしたり、
ロケットストーブに変えたり自分で改良している。

Q. 仕事はどうしていますか?
ミュージシャンとして活動しているので、
渋滞に巻き込まれなければ1時間〜2時間見ておけば
東京についてしまうので、あまり困っていません。

全国の市町村で、すでに約半数の自治体が
「空き屋バンク」をやっています。
このあたりで、ライフスタイル変えたいなぁ、
子どもたちのためにも自然の多いところがいいなぁと思う方いたら
是非「空き屋バンク」チェックしてみて下さい!

全国空き家バンクナビ

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:LOHAS SUNDAYスタッフ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/53900

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー