2011年11月13日

自給自足ワークショップ

今朝は、11月9日に神奈川県鎌倉市の
古民家カフェ一花屋で行なわれました
「自給自足ワークショップ」についてお伝えしました。

自給自足。
とくに町に住んでいる人は、
出来ない人がほとんどだとは思うんですけども
震災を経験したりして、少しでも食べ物を育ててみたいとか
遠くから来るエネルギーとかいろいろなものに頼って生きていないで
なるべく自分たちで自立して住んでいる地域でつながり合って
いろんなものも作りたい、と感じてる人って多くなってると思います。


会場に集まった30人ぐらいの参加者、
車座になりまして何が自給したいのか、
それを自給するのには何が必要なのかを話し合いました。

自給したいものは、
まずは食べ物、それから家とか食器とか家具とか
自分たちのメディアなんていうのもありましたし、
学校を作りたいとか、薬っていうのもありました。

それらをみんなで協力して作るのに必要なものとしては
信頼とか、愛とか、やる気とか
太陽のエネルギーとか、健康な水や土っていう深い話にもなったんですけど
みなさんはいかがでしょうか?
もっと手足を動かして、知恵もつかって
お金で買うんじゃなくて、自分で作ってみたいもの
何かありますでしょうか?


「生活の場」と「仕事の場」、
たしかに離れている人って都会で住めば住むほど多いと思うんですけれども
この距離を縮める人が多くなればなるほど、生活の現場が豊かになって
自給率もアップしていく。
これからの暮らし方、働き方をデザインするヒントになるかもしれません。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/53770

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー