2011年08月28日

「大地を守る会」の新たな取り組み

おいしい野菜や食材を、週に1度、玄関先までお届けする
宅配サービス「大地を守る会」が出している
子どもたちへの安心野菜セット

内容は、葉物、根菜、香味野菜、きのこ、果物など7〜8品目。

できるだけ安心なものを子どもに食べさせてあげたいという
子育て世代のリクエストに応え、放射能の影響が少ない
西日本と北海道の野菜をセットにしたものです。

現在、「大地を守る会」では、
野菜や果物、全ての品目の放射線量検査を実施していまして、
そのことについて、大地を守る会の【中川啓さん】にお話を伺いました。


▼放射能測定をされているということですが、
どんな風に行われているんですか?

▽大地を守る会では、現在、2段階の検査を実施。
入荷する野菜を全品、入荷ごとに簡易測定器で放射線量を測定。
異常があれば、より高精度の測定器で測定します。
つづいて、ガンマ線スペクトロメーターという機器を使い、
優先順位の高い食材の測定をします。
今回お届けする「子どもたちへの安心野菜セット」や
稲わらが問題になった「牛肉」など。
「安心野菜セット」については、10ベクレル/1kg未満の
確認をとって、消費者のみなさんへお届けしています。
9月中旬までには、専門機関で所有しているような、現状、
もっとも精度の高い「ゲルマニウム半導体検出器」も導入し、より強固に。
放射線は目には見えず、においもありません。
大地を守る会のような流通企業がきっちり測定をし、
安全を確認して、消費者へお届けする重要性を感じています。

▼生産者への放射能測定器の貸し出しもスタートされたそうですね?

▽7月29日に、5台あったら高精度の
「ガンマ線スペクトロメーター」のうち1台を
福島県須賀川市の米生産団体へ貸し出しました。
決して、大地を守る会で機器があまっていたわけではありません。
放射能汚染問題は、数年、数十年にもおよぶことが考えられます。
今後、日本の大地を、放射能汚染から守るために、
農地から取り除く除染活動が必要になります。
そのためには、今年、農業現場でしっかりと計画的な測定をし、
未来の放射能ゼロを実現するための取り組みへ
つなげていかなければなりません。
現在、測定器が何台あっても足りない、という状況ですが、
未来の農業を守るために、産地への貸し出しを決断しました。

大地を守る会

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/53059

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー